2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:オージオグラム

検査後に理解したいオージオメーターの数値の見方

old-1130738_640

オージオメーターといえば、耳鼻咽喉科にある聴力を検査する道具です。様々な音を出したり、計り方を変えて、耳の状態を確認するために使われます。耳の聞こえを計ったけれど、その数値の意味までしっかりとご理解されている方は、少ないのではないでしょうか。そして、実際に自分の耳は、どうなんだろう?と疑問を感じていても不思議ではありません。

そのような方のために、今回は、このオージオメーターで計った数値の見方について記載していきます。数値の見方がよくわからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

難聴の方は、聴力検査のデータを必ず保管しておこう

耳の聞こえを図ったデータといえばオージオグラムです。病院で検査したオージオグラムは、どのようにされているでしょうか。今回、申し上げるのは「聴力検査のデータは、必ず保管しておこう」という事です。耳の聞こえは、測定するだけでは、判断ができない場合があります。状況によっては、過去に測定した内容と比較する事で、状況を把握します。

それは、どのような意味なのでしょうか。今回は、聴力検査でわかる事、どのようにして耳の判断しているのか、これらについて記載していきます。この二つを理解できれば、なぜデータを保管しておく事が重要なのかが理解できるようになります。

続きを読む

オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

library-488681_640

オージオグラムとは、耳の聞こえを図で表したものです。見方がわかれば、自分の耳がどのような状態なのかを理解する事ができます。ここで重要なのは、数値が表す意味を理解する事です。どのように数値を記載しているのかを知れば、数値を見るだけでおおよそのことがわかるようになります。

オージオグラムの見方は、他のサイトにも載っていますので、見方だけでなく、数値が表す意味に重点を置き、記載していきます。オージオグラムの数値を知れば、ご自身の耳の状況もよく理解できるようになります。

続きを読む

検索フォーム