修理&故障

補聴器修理の概要と金額や保証に関するまとめ

補聴器を購入する前に気になる要素として「補聴器が故障したらどうなるのだろう?」「どうしたら良いのだろう?」というところもあると思います。補聴器は修理をし続けて使用し続ける製品です。無いに越した事はありませんが、故障は、どうしても起こりうる現象となります。

では、故障した場合、修理についてどのような事を知っておけば良いでしょうか。そして、気になる金額や保証というのは、どのようになっているのでしょうか。

こちらについても見ていきましょう。

補聴器の修理の概要

基本的に補聴器が壊れた場合は、購入したお店か、お持ちの補聴器のメーカーを取り扱っている販売店に行けば対応してくれます。その際は、購入した際に、発行してもらった保証書を持っていく事をお勧めします。

保証期間内なら、補聴器の修理は、無償でしてくださいますし、お店の人もどのくらい使用しているものかがわかれば、修理に関する見積りもしやすくなります。

修理の期間は、大抵7〜10日ほどかかります。夏の期間は、もっとかかり、14〜20日くらいかかるケースもあります。夏場は、補聴器が故障しやすく、多くの補聴器が送られてくるため、どうしても長くなりがちです。修理の期間は、ご自身の補聴器が使えなくなりますので、ご注意ください。

販売店によっては、修理期間中の代替機の貸出をしてくれるところもあったりします。予備のものがない場合や聞こえにくい状態だと困ってしまう方は、相談してみる事をお勧めします。

私のところでも、代替機は、用意しています。私のところは、若い方が多く、お店に来られる方の平均年齢は30代です。この世代は、働いているケースが大半ですので、補聴器が故障すると死活問題になりがちです。その困った状態を軽減させるために、貸出しています。

修理の金額

修理の金額は、補聴器の形状やメーカーによって様々です。全体をお話しさせていただきますと、修理の方法には、

  • 交換部品式
  • 区分修理式

の二つがあります。交換部品式は、交換する部品をそのまま計上する形式です。例えば、音がでるイヤホンのみ交換したら、その分の代金だけ請求するのが、交換部品式です。

一方、区分修理式とは、部品がA、B、C、Dとあった場合、A〜Cは、同じ区分として修理する……としますと、Aのみ壊れた場合、Bのみ壊れた場合、あるいは、A、B、C全てが壊れた場合でも同じ区分として修理します。一見一つだけ壊れた場合は、高くつきそうに見えますが、実際には、あまり変わらず、全体の修理金額で見ると、交換部品式よりも区分修理式の方が安く済みます。

それを踏まえたうえで、

  • 耳あな形補聴器
  • 耳かけ形補聴器

の二つについて記載していきます。ポケット形補聴器は、台数として少ないので、記載はしません。

なお、以下の内容は、私が扱っているフォナックのものとなります。補聴器メーカーごとに金額が異なりますので、その点は、ご了承ください。フォナックは、区分修理式です。

耳あな形補聴器の修理金額

耳あな形補聴器の主な部品の修理金額は、こちら。

おおよその耳あな形補聴器の修理金額。補聴器の修理は、このくらいかかる。おおよその耳あな形補聴器の修理金額。補聴器の修理は、非課税なので、このままの金額となる

補聴器には大きくわけて、

  • 音を操作するボリューム
  • 音を切り換えるスイッチ
  • 音を出すイヤホン
  • 音を拾うマイク
  • 音を加工するアンプ(CPU)

の5つがあります。これらの内訳は、上記の通りです。アンプに関しては、機種により、金額が異なります。高額の機種だとこの部分の修理は高くなります。アンプの場合、30,000〜80,000円まで大きく差が出ます。

仮に部品が壊れている事により、音が出ない場合、壊れている可能性があるのは、イヤホン、マイク、アンプになります。このようなケースでは、最低でも16,000円以上かかります。その他、補聴器の取り出しにつかうテグスが取れてしまった場合、付け直すのは、5,000円で、スイッチが効かない、ボリュームが効かない場合は、それぞれ10,000円です。

そして、耳の中に入る肌色の部分(ものによっては、赤や青の部分)をシェルと呼ぶのですが、その部分が耳に合わなかったり、破損したり、割れてしまった場合、作り直すケースにおいては、25,000円となります。

なお、フォナックの場合、区分修理になりますので、仮にボリュームもスイッチも、イヤホンもマイクも壊れていた場合は、合計、16,000円で修理ができます。それぞれ、前の区分のものを入れての金額となります。

耳あな形補聴器の修理金額に関しては、概ねこのようになります。

耳かけ形補聴器の修理金額

耳かけ形補聴器の主な部品の修理金額は、こちら。

耳かけ形補聴器の修理金額。なお、金額は、フォナックになります。耳かけ形補聴器の修理金額。なお、金額は、フォナックになります。

耳あな形補聴器と同じく、主な部品で比較しますと、スイッチとボリュームに関しては、耳かけ形補聴器の方が安くなります。アンプに関しても、機種によって異なり、20,000〜80,000円と幅があります。

補聴器のケースが破損した場合は、ケースの交換となり、こちらは、5,000円です。ボリュームやスイッチが効かなくなった場合も同様で、一律5,000円。音が出なくなった場合は、耳あな形補聴器と同じく、イヤホン、マイク、アンプのいずれか、もしくは、複数、全部の可能性があり、最低でも16,000円かかります。

耳かけ形補聴器の場合は、概ね、このようになります。

補聴器の保証期間

補聴器には、二つの保証期間があります。

  • 補聴器故障時に無償修理する保証期間
  • 保証期間終了後の修理価格上限設定の期間

の二つです。なお、メーカーによっては、保証期間終了後の修理価格上限設定の期間はありませんので、ご注意ください。フォナックはあります。

補聴器故障時に無償修理する保証期間

補聴器には、保証期間があります。基本的には

  • デジタル補聴器:2年保証
  • アナログ、自立支援法:1年保証
  • 最上級機種:3年保証

となります。ほとんどの補聴器は、2年保証となり、メーカーの中で最も金額が高い機種は、3年保証となります。そして、一部の補聴器は、1年保証となります。保証期間内の故障に関しては、無償で修理ができます。ただし、過失による故障は、対象外になります。例えば、補聴器を洗濯した、補聴器を踏んづけたなどが当てはまります。

なお、それ以外の機器は、おおよそ1年になります。例えば、クロス機器や通信機器などのオプションで購入する機器は、大抵1年が保証期間となります。

保証期間終了後の修理価格上限設定の期間

こちらは、保証期間が過ぎた後の第二の保証です。上限は、

  • 保証期間終了後、1年目:20,000円
  • 保証期間終了後、2年目:40,000円

となります。修理の金額の上限を設け、それ以上かかる場合は、上限までしか請求しないのが、こちらの保証です。

もっとも、これ以上請求になるのは、アンプと呼ばれる部分が故障したケースにのみ当てはまりますので、そこまで使用する機会があるかと言いますと、そこまでありません。

しかし、不意に壊れる事もありますので、上限が設定されていると安心ではあります。なお、上記に記載されている金額は、あくまでもフォナックのものとなりますので、ご注意下さい。

修理に関するまとめ

補聴器の修理に関しては、おおむね、上記の事を理解されていれば対応に困る事はないかと思います。故障した際やそうかもしれないと感じた場合は、すぐに販売店に持っていきましょう。見てもらい、もし悪いのであれば、早々に対応いただいた方が、良くなりやすいですし、場所によっては、代替機を貸してくれますので、自分にとって良い状況にしやすくなります。

補聴器は、修理をしながら使い続ける製品です。補聴器の平均使用年数は、約5年と言われており、それよりも短い期間で買い換える方もいれば、それよりも長く使用する場合もあります。

長く使用する場合は、補聴器の修理対応年数も覚えておいた方が良いかもしれません。補聴器は永続的に修理ができるわけではなく、ある程度、修理が対応できる期間を設けています。その機種が販売中止になった後、5年ほどは、部品の供給をしていますが、それを過ぎると、修理そのものもできなくなります。その後に故障してしまった場合は、直す事ができなくなりますので、補聴器を別のものに買い換える必要があります。

補聴器は長く使い続けたい派とできるだけ自分自身を良くできる製品が欲しい派の二つにわかれます。もし、できるだけ長く使い続けたい派であれば、補聴器が修理できる期間には、限りがある事も覚えておきましょう。

以上、修理に関する内容で、知っておきたい事をまとめてみました。お役に立てば幸いです。

このページに関連する内容

【修理手順付】こんな症状が出れば補聴器の故障!すぐに修理しよう補聴器でこのような症状があったら修理した方が良いものをまとめると共に修理する際の手順も記載してみました。補聴器で何か感じた場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう...
知っておきたい異常なしで補聴器の音が止まる原因補聴器は、本体に異常がなくても音が止まったり、小さく聞こえることがあります。これらのものは、補聴器屋さんで見てもらうことで改善できたり、...
補聴器装用時、今までより聞きにくくなった場合の対応方法補聴器を装用していると、ある時を境に、急に聞きにくさを感じたり「最近、妙に聞きにくいような?」と疑問を感じる事があると思います。 ...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

補聴器の定期点検

補聴器購入後の定期点検と聞こえをキープする環境作りの大切さ補聴器を購入後は、聞こえの良い状態をキープする事が大切です。その方法である定期点検とその理由に関して記載してみました。良い状態で使い続けられると、結果的に困ることを少なくできます。...

故障を防ぐ

補聴器購入後、故障して困らないようにするための三つのポイント補聴器を購入後は、補聴器のケアを知ること。補聴器のリカバリー方法を知ること、定期点検を行うこと、これらを行えると、困りにくくなります。その内容についてまとめてみました。...

補聴器の修理

【修理手順付】こんな症状が出れば補聴器の故障!すぐに修理しよう補聴器でこのような症状があったら修理した方が良いものをまとめると共に修理する際の手順も記載してみました。補聴器で何か感じた場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう...

補聴器の再調整

補聴器購入後、聴力が変わったら、再調整してもらおう補聴器を使用していて聴力が下がった場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう。再度、補聴器の状態を調整し直し、今現在の状態に合わせ直してくれます。補聴器屋さんでは、このような事もしています。...

補聴器の電池

損をしないための補聴器電池の注意点と性能の良い電池補聴器電池の基礎、注意点、電池アラームの仕組み、お勧め電池メーカーについて記載してみました。電池は、適切に使用しないと使用容量の半分しか使えなかったり、うまく動作しなくなる事があります。電池は適切に使用しましょう。...

補聴器の使用注意

補聴器が影響を受けるものと検査を受けるための心得補聴器を使用していて、影響を受けるものがあります。それは、防犯ゲートや金属探知機、そして、MRIなどの検査機器です。こちらに関する内容と検査を受けるための心得についてまとめてみました。...

補聴器を無くさない

補聴器を紛失する原因と失くさないための2つの工夫補聴器を購入して、気をつけたいことの一つのは、補聴器を失くす事です。 今現在、補聴器の種類によっては、紛失補償。というものも出てき...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【改善事例あり】聴力別、聞こえの改善方法をまとめてみました

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

聞こえにくさにお困りの方のために、こちらでは、聴力別、補聴器による聞こえの改善方法に関して、まとめてみました。

もし、

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • 他のところで相談したけど、よくわからなかった

などありましたら、参考にしていただき、聞こえの改善にお役立ていただければ幸いです。

なお、こちらのページには、実際のお客様を改善した事例まで、載せています。同じような症状の方、聴力の方を参考にしていただき、改善のヒントを掴めたのであれば、幸いです。

聴力別、改善方法お客様の改善事例