事故で聴力低下した方の改善

【聞き返しが少なく】事故で片耳が聞こえなくなった方、クロス補聴器で改善

30代、男性。子供の頃に事故に合い、それ以降、左側が聞こえなくなってしまった方より、ご相談をいただきました。

現状についてお伺いしてみますと、職場で左側から話されたり、呼びかけられたりする際に、気がつかないことが多く、そのような状況を改善したい。とのお話でした。

ご相談の結果

  • 左側から話されても、わかりやすくなり、明らかに聞き返しや聞き逃しが少なくなった
  • 特に離れたところからの音や呼びかけは、わかりやすくなった
  • ミーティング、会議でにわかる事が多くなった

との事でした。聞きにくさを感じていた場所での聞こえを改善でき、何よりです。

では、どのように改善していったのでしょうか。こちらに関して記載していきます。

お客様の状況

まず、お客様の状況ですが、

  • お名前:K・Sさん
  • 性別:男性
  • 聴力:左耳、重度難聴
  • 症状:感音性難聴
  • 備考:事故により、左耳聞こえなく。耳鼻科にかかるものの、治療はできず

となります。

聴力に関しては、こちらの通りです。

聴力には、それぞれレベルというものがあるのですが、下にくると来るほど、聞きにくくなります。K・Sさんの場合、重度の難聴、という分類になり、音そのものをもう左耳は、何も感じないくらいまで、低下しています。

今現在の状況についてお伺いしてみますと、耳の状況は、小学生の頃に事故にあった際、左耳を強打し、その際に耳に障害をおってしまったようで、その後から聞こえなくなってしまったとのことでした。

その後、病院さんにももちろん行きましたが、治療する術がなく、左側は、聞きにくいまま、過ごされてきました。

今現在、聞きにくさを感じるところは、主に職場で、聞こえない左側に人がきたり、その方向から、話しかけられた際に気がつかない、もしくは、かなりわかりづらい時があるとの事でした。

そして、聞きにくいことにより、どのように返答したら良いかわからなかったり、意図せず、無視してしまっている状態になったりしてしまい、今まで、気まずい思いを何度かされている状態でした。

ということで、この現状を改善して行くことになります。

状況改善のための考え

このブログだと、お馴染みですが、片耳側の聞こえの低下が非常に大きく、片耳が正常で聞こえている場合は、クロス補聴器という、少し変わった機械で改善していくと良くしやすくなります。

クロス補聴器とは、聞こえない耳側(K・Sさんの場合は、左側)にきた音を聞こえる耳側(K・Sさんの場合は、右側)に転送する機器です。

実際のものがこちらです。聞こえる耳側に補聴器。聞こえない耳側に音を転送するクロスを載せます。

すると、クロス側に入った音を常時、補聴器(聞こえる耳側につけている機器)に送ってくれるようになります。

このようにして、聞きにくさを改善するのがクロス補聴器です。

一般的な補聴器を装用する方法もあるのですが、聴力低下が大きすぎる場合は、残念ながらほとんど効果を得ることができません。

そのため、少しでも聞きにくさを改善できるクロス補聴器でよくしていくのが、ベストになります。

実際の対応

さて、実際に対応したことについて

  • 初回の対応
  • クロス補聴器の形状選定

の2つに分けて、記載して行きます。

初回の対応

はじめ、ご来店いただいた際は、耳の状況について確認させていただきました。

改善の考えに記載した内容をお伝えし、左側の聴力低下が大きいことから、クロス補聴器で改善していくことになりました。

ちょうど、こちらへは、クロス補聴器に関して知ったことから、ご連絡いただいたようで、改めて、クロス補聴器に関して、全体的にご説明することになります。

クロス補聴器の形状には、主に、このような特徴があります。

こちらが、はじめに紹介した両耳とも耳にかけるタイプのもので、

こちらが、片耳、耳あなクロス、もう片耳が耳かけ補聴器を使用するタイプになります。

中には、このような両方とも耳の中に入れて使用するタイプもあるのですが、これは、聞こえる耳側が正常の方には、お勧めできません。

聞こえる耳側が正常の方の場合、その耳側に補聴器が入ることにより、耳に栓した状態になりやすく、今まで以上に聞きにくくなることが多くなるためです。

ですので、基本的に、K・Sさんの場合は、両耳とも耳にかけるタイプか、耳かけ補聴器、耳あなクロスのような組み合わせ。のどちらかを選択することになります。

あくまでも様々な方へ試聴や貸出を行なった際に、意見をお伺いした状態をまとめたものが、こちらになります。あくまでも様々な方へ試聴や貸出を行なった際に、意見をお伺いした状態をまとめたものが、こちらになります。

まず、両耳とも耳かけの聞こえの状態ですが、このようになります。全体的に聞きやすくなる感覚を得られるのですが、その代わり、少し騒がしいところでの聞こえに関しては、音を拾いすぎてしまい、少し低下する傾向があります。

こちらも、あくまでも様々な方へ試聴や貸出を行なった際に、意見をお伺いした状態をまとめたものになります。こちらも、あくまでも様々な方へ試聴や貸出を行なった際に、意見をお伺いした状態をまとめたものになります。

耳あなクロス、耳かけ補聴器に関しては、このようになります。一般的な人と同じような音を拾う範囲なためか、前方を中心にして、音を聞くことができるのが特徴です。

耳かけよりは、少し拾う範囲は狭くなりますが、その代わり、騒がしい中での聞き取りは、音を拾う範囲が狭いことにより、邪魔されにくくなることで、まだ、わかりやすい傾向があります。

形状の違いをお伝えしたところで、改めて、お伺いしてみますと、現在、オフィスワーカーで、オフィスの中で仕事をすることが大半との事でした。そのため、両耳とも耳かけクロスの方を試すことになりました。

このような形状ですね。両耳耳かけクロスの特徴は、上記の通り、騒がしさが強くなってきますと、聞きにくさが出やすくなる傾向があるのですが、少し騒がしい程度の騒がしさであれば聞きやすくでき、かつ、音を拾う範囲などは、広い傾向が出てきますので、仕事の際の

  • ミーティング、会議、打ち合わせなどの囲んで話をするケース
  • 聞きにくい側に人がきてしまい、呼びかけなどに気がつかないケース

は、改善しやすくなります。あまりにも騒がしいオフィスの場合は、聞きにくさを感じるかもしれませんが、そのような事が少なければ、オフィスワーカーのような環境の方は、両耳耳かけのクロスの方が、改善しやすい傾向があります。

という事で、幾日か貸出するのですが、その結果

  • 左側から話されても、わかりやすくなり、明らかに聞き返しや聞き逃しが少なくなった
  • 特に離れたところからの音や呼びかけは、わかりやすくなった
  • ミーティング、会議でにわかる事が多くなった

との事でした。補聴器に関しては、あると非常に助かるようで、クロス補聴器に関して、考えていくことになります。

クロス補聴器の形状選定

形状の主な特徴は、上記の通りとなります。

さらにご相談していくことになるのですが、結論から記載しますと、形状は、この耳にかけるタイプで決まりました。問題なく使えて、楽に使える事から、こちらに決定です。

この2つで変わるのは、形の大きさと電池の持ちのみです。性能や金額は、代わりません。ですので、好きな方を選ぶのが、ベストです。この2つで変わるのは、形の大きさと電池の持ちのみです。性能や金額は、代わりません。ですので、好きな方を選ぶのが、ベストです。

耳にかけるタイプには、大きいタイプと小さいタイプがあるのですが、K・Sさんは、小さいタイプを選びました。

大きいタイプは、電池の持ちがよくなるかわりに少し形状が大きくなります。小さいタイプは、軽く楽に使えて、形状が小さいため、目立ちにくいという特徴もあるのですが、電池が小さく、持ちが低下します。

K・Sさんの場合は、一日13時間とかなり長く使用されている状態でしたので、楽に使える小さいタイプにしました。長く使い続けていく場合、耳に乗っている感覚や違和感がなく、負担が少なく使えると、楽に使用できるためです。

という事で、こちらに決定になります。

お客様の声

実際にご相談されてみて、どうだったのか。こちらに関して、お伺いしてみました。

どのような事でお悩みでしたか?

実際にクロス補聴器をお使いになってみていかがでしょうか?

このお店でご相談(購入)されたのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

ご協力いただきましてありがとうございます。

はじめ、聞きにくい部分やお困りの部分をお伺いした時は、結構な部分で聞きにくさを感じていたような印象を受けました。そのため、しっかりとご相談させていただき、なるべく現状をより良くできるようにさせていただきました。

なぜなら、そのようにする事で、聞きにくい事によって感じているストレスやご自身の気持ちのマイナス面などをなくすことに繋がるからです。

貸出を通じながら、改善させていく事で、徐々に良くすることができ、こちらとしては、何よりです。聞き返したり、聞きにくい事で、困った状況を減らせた事は、本当に良かったなと感じています。

全てを改善する事は、残念ながらできませんが、クロス補聴器をつけることにより、だいぶ、精神的には、楽になったとのことでした。対応させていただき、より良くすることができた事は、こちらとしては、本当に何よりでした。

K・Sさんの改善のポイント

こちらには、改善のポイントについて、まとめていきます。

K・Sさんの場合は

  • 耳そのものが補聴器で補えない状態だったため、クロス補聴器で改善した
  • お困りの状況から、耳かけクロスの形状を選択した

の2つでしょうか。

一つ目は、聴力低下が大きい(大きいというよりも、残念ながらほぼ機能していない状況)ため、その耳側を補うというよりも、聞こえる耳側に聞こえない耳側にくる音を持ってくるクロス補聴器で改善させた事です。

残念ながら、聴力低下が大きすぎるケースは、その耳を補聴器で聞こえを補おうと思っても、ほぼ効果が出てきませんので、改善ができません。

そのため、聞こえなくなった耳側を改善するのではなく、聞こえる耳側へ音を転送する。という方法で、改善させられると、まだ、状況は、よくしやすくなります。

また、クロス補聴器の選定の部分では、お困りの状況をお伺いし、機器の特徴を考えた上で選んだ事でしょうか。実際には、貸出や試聴を通じて、どのように現状が変わるのか。ちゃんと使えるものなのか。というのを確認いただいた上での、購入にはなりますが、選定と実際の確認を入れて、ご自身にあったものを提供できたのが、良かったところかな、と思います。

この2つが現状をより良くさせることに繋がった2点になります。

今回のまとめ

という事で、以上の事を行い、より良くしていきました。

改善のポイントにも記載しましたが、現状をみて、一般的な補聴器では、改善ができない状況であった事、ご本人様も耳鼻科にかかりつつも、治療方法、改善方法がないというように言われていた事、クロス補聴器に関して、知りたいとの事でしたので、ご対応させていただきました。

上記のように聞こえの低下がかなり大きい場合は、残念ながら、一般的な補聴器では、ほとんど改善できないため、クロス補聴器という方法で、改善できると、現状は、より良くなります。

少々、お値は、張りますが、今現在、聞きにくさを感じているいくつかの部分は、よくすることができます。

こちらが、お困りの方の状況を改善するヒントになれば、幸いです。

クロス補聴器については、こちらにもあります

こちらは、クロス補聴器について知りたい方へ向けたクロス補聴器に関する内容をまとめたリンク集です。見たいところからご覧ください。

クロス補聴器の対象者から基本や効果について

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

クロス補聴器の音の調節について

[box class=”box29″ title=”お客様の症例集”]改善の方法から補聴器の選定まで、実際にお客様の聞こえを改善させた解説付き症例集は、片耳のみ聞こえにくい方を良くさせた症例改善集(改善解説付)、にまとめています。

また、お客様の聞こえを改善させた例、全体は、難聴症例改善集にまとめています。[/box]

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさの改善にお役に立てば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。

お店の特徴を見てみる