使った時に起こる事

クロス補聴器の音の感覚を使った人に聞いた感想と聞こえるようになる音

クロス補聴器に興味がありつつも、実際に使ってみると、どんな風に聞こえるのだろうか。その点に関して、気になる方は、多いかと思います。

体験していただくのが、一番わかりやすいのですが、こちらでは、クロス補聴器を使うと起こることや実際にどのように改善しているのか。そして、それを使った時、どのような感覚になるのか。

これらについてまとめていきます。使った時の感想は、実際に使っていただいた方の声を参考に記載していきますので、ご参考にして見てください。

クロス補聴器を使うと聞こえる音

クロス補聴器に限らず、補聴器は、基本的に音響機器になりますので、電話でお話するような感覚、少し前のビデオカメラで撮影した音声のような機械っぽい感覚で聞こえることが多くなります。

クロス補聴器を装用すると、良くも悪くも、様々な音が聞こえてくるようになります。今まで聞きにくく感じていた声の部分も聞こえやすくなりますし、それに伴い周囲の音も聞こえやすくなります。

身の回りには、実に様々な音があります。それが、良くも悪くも聞こえるようになってきます。

聞こえやすくなりやすいのは、

  • 離れたところからの音声、音
  • 周囲の細かい物音

などです。

そして、音響機器ということもあり、

  • 人が多い環境や騒がしいところでは、ザワザワした音が聞こえる
  • 高い音が少し耳につきやすい
  • 風がマイクに当たると、ザーザーいう

という音が聞こえてきます。これらは、特に始めは、気になりやすいかもしれません。

それぞれ、少し補足をしますと、人が多いところや騒がしいところですと、細かい物音を拾い、常にザワザワしたようななんとも言えない音が聞こえてきます。

また、高い音は、新聞や紙の音、レジ袋のカシャカシャした音、などが始めは、特に気になりやすくなります。残りの風は、電話をする際に息や風がマイクに当たると、大きくヴォーヴォーという音がするのと似ています。

どちらも音響機器ですので、このような現象が起こります。ですので、補聴器の性能の欄では、このように不当に大きくなりやすい音を抑制する機能が良い補聴器の場合は、ついていたります。

これが、クロス補聴器で聞こえやすくなると起こることです。

クロス補聴器で聞こえを改善する範囲

クロス補聴器は、聞こえを改善させてくれる機器ですが、全部の部分をよくしてくれる訳ではありません。

右側が聞こえていると仮定した場合の聞こえ。右側が聞こえており、左側が聞こえない場合は、左側にクロスを装用することで、このように聞こえの範囲は、大きくなります。ただし、聞こえている耳側に近づけようとするとするほど、逆に右側からの聞こえが阻害されやすくなり、結果的に聞きにくさに繋がることが増えます。右側が聞こえていると仮定した場合の聞こえ。右側が聞こえており、左側が聞こえない場合は、左側にクロスを装用することで、このように聞こえの範囲は、大きくなります。ただし、聞こえている耳側に近づけようとするとするほど、逆に右側からの聞こえが阻害されやすくなり、結果的に聞きにくさに繋がることが増えます。

あくまでも私がお客様に使用した感覚や私自身がクロス補聴器を調整している感覚上ではありますが、クロス補聴器がよくできているのは、このくらいになります。

聞こえの範囲が広がることにより、聞こえない側からの音や音声に気がつく反面、周囲の音や細かい物音も聞こえやすくなる。

それがクロス補聴器です。

少し補足なのですが、一時期、聞こえる範囲を同じくらいにすると、どのようになるのか。を、してみたことがあります。結果としては、大きくしすぎると、逆に聞こえる耳側からの音がわかりづらくなってしまう傾向が強くなりました。

片方の耳で音の判別をしなければならないため、どちらの方が大きく聞こえるかで、どの方向からの音を優先するか。が、決まるようです。

それらのことから、あくまでも私の場合は、聞こえる耳側を優先し、聞こえにくくなった耳側の音も、なるべく改善させるようにしていたりします。聞こえる耳側の優先度は、変えず、聞きにくくなった耳側を改善できるだけ、改善させる。と言えば、わかりやすいかもしれません。

使用している方に伺ったクロス補聴器の感覚

クロス補聴器を使用した感想をお客様に伺ってみますと、

  • 聞こえない耳側から話されてもわかる事が増え、聞こえる範囲が広がった感覚を感じる
  • 始めは、機械っぽい感覚を感じるが、使い続けてくると軽減する
  • 聞きやすくなる事で、聞こえにくいことによるストレスは、軽減しやすい

という声を聞きます。

クロス補聴器をつけるようになりますと、聞こえない側からも音が聞こえるようになりますので、聞こえるようになる反面、様々な方向からの音が、片耳に集中することになります。

これは、聞こえない側に人がいても聞こえるようになるのですが、聞こえの範囲が広がったように感じる。と答える方が、一定数います。

聞こえにくい側が聞こえるようになることで、聞こえる範囲が広がり、結果的に聞こえにくさの改善に繋がっているのではないか。と、考えられる。聞こえにくい側が聞こえるようになることで、聞こえる範囲が広がり、結果的に聞こえにくさの改善に繋がっているのではないか。と、考えられる。

こちらは、先ほどの図のようにクロス補聴器をつけることで、聞こえる音の範囲が広がっているのだと思います。

使った感覚に関しては、思ったより、普通というように答える方が多いです。そして、今までの感覚で、そのまま聞こえの範囲が広がった感覚になるようです。

ただ、改善できる部分は、上記の通りで、音は聞こえるようになるものの、音の方向感覚は、改善しにくい状態です。

たまに「機械っぽい感覚が強い事で、なんとなく聞こえない側から音がきているのでは?」と感じる方もいるようですが、その部分は、なんとも言えない状況です。もしかしたら、なんとなくわかるのかもしれませんが、単なる気のせいかもしれません。

クロス補聴器に関して評価が高い方は、聞こえない耳側から話されるストレスや聞きにくかった時に起こるなんとも言えない空気を軽減できたり、聞こえない側に立たれた際の気まずさ、ストレスを軽減できることが、評価そのものに繋がっているように感じます。

もちろん実際に聞こえるようになることで、会話できるようになる。気まずくなくなる。というのもあるのですが、そのような事を考えなくなったり、相手からとやかく言われることが少なくなる事で、ストレスそのものが、大きく減っているのでは、と、聞いている身からは、感じます。

なお、クロス補聴器の使い始めは、機械っぽい感覚を感じやすいようですが、使い続けていくと、その感覚に少しずつ慣れ、より自然に使えるようにもなってくるようでした。

しかし、この部分は、少し、注意が必要で、高い音などが入りすぎていたり、クロス補聴器を装用していて、気になりやすい音が身近にある場合は、抑えた方が良いケースもあります。

共通するのは、そのようなことはあまりなく、一般的な使い方をしている方であれば、使い続けていくことにより、少しずつ、聞こえる感覚は、慣れてくる方が多くなります。

あくまでも私自身が片耳のみ難聴の方で、クロス補聴器に関して使用してみた方から、聞いたのは、このような内容になります。

まとめ

クロス補聴器を装用することで、聞こえの範囲が広がり、結果として、今まで聞きにくく感じていた部分をよくする事ができます。

しかし、それは、今まで聞きにくいと感じていた部分全体になりますので、音声以外にも様々な音も入るようになります。特に補聴器は、音響機器の一つですので、他の音響機器で起こることも起こるようになります。

性能の部分では、この音響機器であるがゆえの欠点を軽減してくれるものがあったりしますが、それが、性能の一部になります。

ただ、聞こえに関しては、少し難しいところがあり、実際に使ってみて、ある音が気になる、すごく大きく感じる。という場合は、その部分を下げていただく事や使える範囲内に抑える事も大切です。

慣れる……という言葉は、非常に便利ですが、不当に耳に負担をかけても仕方がありませんので、使用してみて、気になる部分があれば、補聴器屋さんや相談しているところへ相談してみる。ということは、覚えておいた方が、いいでしょう。

こちらの内容は、私自身がクロス補聴器を使った方にお話を伺いながら、記載したものとなります。クロス補聴器に関して、参考になれば、幸いです。

クロス補聴器をより知りたい方へ

こちらは、クロス補聴器についてより詳しく知りたい方へ向けたクロス補聴器に関する内容をまとめたリンク集です。見たいところからご覧ください。

クロス補聴器の対象者から基本や効果について

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器での改善事例

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

クロス補聴器の音の調節について

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさやお悩みの改善にお役に立てば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧