使用の注意

補聴器が影響を受けるものと検査を受けるための心得

補聴器を使用していると、ある機器により、補聴器からノイズが聞こえたり、検査の種類によっては、補聴器を外した方が良いものもあります。

こちらでは、補聴器で影響を受けるものと検査を受けるための心得に関して、記載していきます。

結論から言いますと、ある検査類では補聴器を外し、検査を受ける際は、補聴器を使用している旨、伝えられるようになると、より活用しやすくなります。

補聴器が影響を受けるもの(影響度:小)

補聴器が影響を受けるもので、基本的なものは、

  • 防犯ゲート類(お店にあるもの)

になります。

防犯ゲートなどを潜る際、ブーン……みたいなノイズが聞こえることがあります。

防犯ゲート類には、いくつか種類があり、全てで音がするかまでは、確認していないのですが、これは、補聴器をつけている私自身も感じます。

ただ、これらは、聞こえていても、特に問題ありません。こんな音も聞こえる。程度に思っておけば大丈夫です。

補聴器を外した方が良いもの(影響度:大)

補聴器が影響を受けるもので、影響度が高いもの、即ち、補聴器を外した方が良いものですが、

  • MRI(病院)
  • 金属探知機(空港)

があります。

MRIは、強力な磁場が発生しているため、補聴器をつけていると、補聴器(補聴器に限らず、金属系全部)が装置にくっついてしまい、取れなくなります。

その前に「金属系のものは、外してください」というアナウンス(説明)があるかと思いますので、その場で、必ず、外すことが大切です。

補聴器をつけていると、ほぼ壊れたり、くっついて、取れなくなるため、次の補聴器を考えざるを得なくなります。

この際、補聴器をつけている旨、必ず、お伝えし、補聴器に限らず、そのほかの説明など、聞いておけるとベストですね。

金属探知機も影響を受ける。といえば、受けますが、実際には、外した方が良いもの。として、カウントしています。

空港での荷物チェックなどの際は、補聴器をつけている旨、お伝えし、外すことが多いです。

その場合は、補聴器をつけている旨、お伝えし、先ほどのMRIと同じく、説明を伺い、検査を受けた方が良いでしょう。

検査を受けるための心得

ここまで見ていただくと、補聴器が影響を受けるものは、ほとんど検査類であることがわかります。

空港でも、病院でもそうで、特に病院が多いです。

これは、私自身も行なっていることですが、検査類を受ける際は、必ず、補聴器をつけている旨、検査技師の方にお伝えしましょう。

すると、補聴器を外した方が良い場合は、外してください。と言われますし、補聴器をつけたままでも良い場合は、そのまま検査してくださいます。

一応、検査で外す必要があるものは、今の所、MRIだけだったと記憶していますが、今後、新しい検査も出てくる可能性があるため、検査の際には「補聴器をつけている」ということを言えるようにできると、壊したり、予期せぬことが起こりにくいです。

私の場合は「補聴器をつけているのですが、補聴器をつけたまま検査を受けても大丈夫ですか?」と検査技師の方に毎回、伝えています。

レントゲンなどは、そのままで良かったりしますが、それでも、私の場合は、毎回伝えていたりします。

と言いますのも、検査の中には、検査中に「○○してください」と言われることも多いためです。

耳が聞こえにくいことを検査技師の方に伝えられると、たとえ補聴器をつけたままでも、中には、しっかり伝えようとしてくれる技師の方もいます。

検査は、然るべき事をして調べられた方が現状をしっかり調べられますので、そのような意味も込めて、私の場合は、伝えています。

補聴器をつけていることは、別に恥ずかしいことではありません。補聴器の事を伝えられるようになると、検査類に関しては、対応しやすくなります。

まとめ

基本的に補聴器が壊れるほど、影響を受けるのは、今の所、MRIのみになります。

空港での金属探知機は、少し特殊で、外す必要がありますが、それ以外には、防犯ゲート系が多いですね。

磁場や電波といったものは、たまに影響を受けますので、それによるノイズが入ることは、私自身も感じています。

ただ、これらは、ノイズが聞こえるだけですので、別にそのままにしていても問題ありません。

注意する必要があるのは、MRIや検査類になります。検査類を受ける場合は、補聴器の事を伝えられるとベストです。

私のように「補聴器をつけているのですが、このまま検査を受けても大丈夫ですか?」と聞けるようになると、検査技師の方も指示を出しやすくなりますので、臆せず、どんどん伝えてみましょう。

このようなことができると、より補聴器を活用できるようになります。

補聴器に関する他の内容

8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめ軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

補聴器の定期点検

補聴器購入後の定期点検と聞こえをキープする環境作りの大切さ補聴器を購入後は、聞こえの良い状態をキープする事が大切です。その方法である定期点検とその理由に関して記載してみました。良い状態で使い続けられると、結果的に困ることを少なくできます。...

故障を防ぐ

補聴器購入後、故障して困らないようにするための三つのポイント補聴器を購入後は、補聴器のケアを知ること。補聴器のリカバリー方法を知ること、定期点検を行うこと、これらを行えると、困りにくくなります。その内容についてまとめてみました。...

補聴器の修理

【修理手順付】こんな症状が出れば補聴器の故障!すぐに修理しよう補聴器でこのような症状があったら修理した方が良いものをまとめると共に修理する際の手順も記載してみました。補聴器で何か感じた場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう...

補聴器の再調整

補聴器購入後、聴力が変わったら、再調整してもらおう補聴器を使用していて聴力が下がった場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう。再度、補聴器の状態を調整し直し、今現在の状態に合わせ直してくれます。補聴器屋さんでは、このような事もしています。...

補聴器の電池

損をしないための補聴器電池の注意点と性能の良い電池補聴器電池の基礎、注意点、電池アラームの仕組み、お勧め電池メーカーについて記載してみました。電池は、適切に使用しないと使用容量の半分しか使えなかったり、うまく動作しなくなる事があります。電池は適切に使用しましょう。...

補聴器の使用注意

補聴器が影響を受けるものと検査を受けるための心得補聴器を使用していて、影響を受けるものがあります。それは、防犯ゲートや金属探知機、そして、MRIなどの検査機器です。こちらに関する内容と検査を受けるための心得についてまとめてみました。...

補聴器を無くさない

補聴器を紛失する原因と失くさないための2つの工夫補聴器を購入して、気をつけたいことの一つのは、補聴器を失くす事です。 今現在、補聴器の種類によっては、紛失補償。というものも出てき...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を一人でも多く、より良い生活が送れるよう、支援しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お困りの方へ】聞こえのご相談、承っています。

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

補聴器を使っている人の視点で、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方がより良い生活が送れるよう、支援しています。

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

適切なご相談ができるよう時間をとってご対応させていただき(予約制)、補聴器のご説明から、日常生活〜職場で補聴器を試せるよう、補聴器の無料貸出も行っています。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。

お店の特徴を見るお客様の改善事例