修理&故障

【修理手順付】こんな症状が出れば補聴器の故障!すぐに修理しよう

補聴器を使用していて、何か聞こえにくい。音がしなくなった。という場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう。

お店の中で直るものであれば、その場で直し、もし、その場で直せるようなものではない場合は、メーカーへお送りして、直してくれます。

その間、補聴器をお預かりすることになるのですが、販売店さんによっては、代わりの機器を貸し出してくれたりもします。

こちらでは、故障かも?という状態から、修理する際の手順について、記載していきます。

補聴器の故障は、どんなものがある?

補聴器で、このような症状が出たら、修理依頼してみましょう。

  • 音が出ない(音が出たり出なかったりする)
  • ノイズがする
  • 音が小さい
  • 補聴器が破損した
  • 補聴器の使用時間が短い
  • スイッチが効かない

補聴器の故障には、主にこれらのものがあります。

音が出ない(音が出たり出なかったりする)

こちらは、新しく電池を入れ替えて補聴器の電源を入れても、音が出ないケースです。

この場合、補聴器の内部が故障しているケースと、音がでる部分が目詰まりを起こしているケース。の、どちらかが考えられます。

そして、音が出たり、出なかったりするケースでは、内部が壊れていることが多いですね。

このようなケースは、補聴器屋さんに持っていき、早々によくしてもらいましょう。

ノイズがする

こちらは、今でこそ珍しい、テレビの砂嵐のような音がしたり、機械的なノイズ(ガーガーあ、ジージー…など)がする場合になります。

夏の暑い時期や内部に汗が入り込んだ際にも、似たような症状がでるのですが、あまりにも機械的なノイズがする場合は、故障が考えられますので、補聴器屋さんにみてもらった方がいいですね。

音が小さい

聞こえてくる音が全体的に聞きにくくなるケースから、高い音だけ聞きにくくなる。など、様々な内容があります。

こちらも補聴器の内部の故障により、そうなる場合と補聴器の音がでる部分の目詰まりによって、聞きにくくなるケースがあります。

こちらも聞きにくい場合は、早々に持っていき、対応してもらいましょう。

破損した

補聴器を落としてしまったり、ケースにヒビが入ってしまったケースも、早々に修理した方がいいです。

ヒビが入っている状態で、使い続けると、つけている部分を傷つける(耳に傷ができる)可能性は、もちろん、内部に湿気や汗が入り込みやすくなっていますので、そこから、さらに故障する可能性があります。

この場合も早々に持っていき、修理してもらいましょう。

補聴器の使用時間が短い

補聴器を使っていて、いつもなら、このくらい使えていたのに、短い……という場合は、故障の可能性があります。

ただ、この点は、非常に判断が難しいです。例えば、夏使えていた時間と冬、使える時間は、異なります。

夏は、電池を使いやすいのですが、冬は、寒さと環境にり、電池の使用時間が、最大半分くらい減ります。

冬の場合は、夏の2〜3割くらい減る。と考えていただき、仮に電池が1日、2日しか持たない。というようなケースは、故障が考えられますので、みてもらえると安心です。

スイッチが効かない

補聴器には、ボリューム、スイッチがあります。どちらも聞かなくなった場合は、故障が考えられます。補聴器には、ボリューム、スイッチがあります。どちらも聞かなくなった場合は、故障が考えられます。

補聴器には、スイッチがありますが、こちらの効きが悪い場合も、故障になります。

この部分は、単に汚れが詰まっているだけで、内部が故障していないケースもあります。

その場合も含めて、補聴器屋さんでみてもらえると、ベストですね。

修理手順

修理の際の手順は、基本的に

  • 補聴器屋さんに補聴器を持っていく
  • できれば保証書も持っていく

の二つをしていただければ大丈夫です。

補聴器を補聴器屋さんに持っていくのは、そうですが、

保証書の例です。こちらは、私が扱っているフォナックさんの保証書です。保証書の例です。こちらは、私が扱っているフォナックさんの保証書です。

このような保証書も持っていけるとベストです。

ただ、購入した場所であれば、保証書は、持っていかなくても大丈夫です。そのお店で保管している保証書があります。

購入したところではない場合は、保証書を持っていきましょう。保証書の期限がきれていても、持っていくと、補聴器屋さんとしては、安心です。

補聴器の世界には、修理金額保証というものがあります。※メーカーによってあるものとないものがあります。

例えば、3年目の場合は、2万円まで、4年目までは、4万円まで、とメーカーによっては、修理金額の上限を決めています。

保証書の期限が切れていても、持っていけると、仮にその金額をオーバーする場合は、上限までしか請求されません。

ですので、保証書は、購入した場所でない場合は、必ず持って行きましょう。

補聴器修理の概要

補聴器修理の概要ですが、

  • 期限:1〜2週間
  • お金:無償〜場合によっては、6〜7万
  • 備考:保証期間中は、無償修理

となります。

補聴器によって変わりますが、大抵のものは、2年間の保証期間があります。その間で、過失による故障でない限り(自分で落として壊した。踏んづけてしまって壊したなど)、無償で修理できます。

そして、お金ですが、5,000円から、場合によっては、6万、7万と大きくかかる場合もあります。

補聴器の修理は、基本的に5,000〜20,000円までで収まることが多いのですが、コンピューター(アンプ)部分が壊れると、6万、7万、場合によっては、数十万かかるケースがあります。

高額な金額が請求されるケースは、4年以上使っており、修理金額保証も切れた場合にのみ起こりますが、古いものほど、修理金額は、大きくなってきますので、注意が必要です。

また、修理の日数は、おおよそ、1週間〜10日。長い場合は、2週間くらいかかります。

通常は、1週間〜10日ほどですが、夏など、故障や修理が多い時期は、2週間ほどかかったりします。

その間は、補聴器が無くなりますので、ご注意ください。

補聴器がなくて困る場合は、借りてみよう

補聴器屋さんによっては、修理で補聴器をお預かりする際に、代替機を貸してくれるところもあります。

ご自身で他の補聴器を持っている場合は、それを活用し、もし、補聴器がない場合は、補聴器屋さんで代わりの機器を借りる。というのも一つの手です。

場所により、行なっているところと行なっていないところがありますので、お困りになる場合は、補聴器の修理の際に「補聴器がないと困ってしまうのですが、代替機は、借りれますか?」と伺ってみると良いですね。

良心的な場所であれば、貸してくれるかと思いますので、困る場合は、お伺いしてみましょう。

修理に関するまとめ

何か様子がおかしく感じたら、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう。

お店で直るものであれば、その場で直してくれ、その場では、直せないものは、メーカーにお送りし、直してくれます。

その際、補聴器が無くなり、お困りになってしまう方の場合は、代替機に関しても伺ってみましょう。場所によっては、貸出してくれるところもあります。

聞きにくい状態や使いづらい状態を長く続けても良いことはありません。気になったら、気軽にご相談してみましょう。

きっとあなたの手助けをしてくれるはずです。

このページに関連する内容

知っておきたい異常なしで補聴器の音が止まる原因補聴器は、本体に異常がなくても音が止まったり、小さく聞こえることがあります。これらのものは、補聴器屋さんで見てもらうことで改善できたり、...
補聴器装用時、今までより聞きにくくなった場合の対応方法補聴器を装用していると、ある時を境に、急に聞きにくさを感じたり「最近、妙に聞きにくいような?」と疑問を感じる事があると思います。 ...
補聴器修理の概要と金額や保証に関するまとめ補聴器を購入する前に知っておきたい事として、修理に関する全般をまとめてみました。購入する前ではなくても、修理について知りたい方は、ぜひご覧下さい。...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

補聴器の定期点検

補聴器購入後の定期点検と聞こえをキープする環境作りの大切さ補聴器を購入後は、聞こえの良い状態をキープする事が大切です。その方法である定期点検とその理由に関して記載してみました。良い状態で使い続けられると、結果的に困ることを少なくできます。...

故障を防ぐ

補聴器購入後、故障して困らないようにするための三つのポイント補聴器を購入後は、補聴器のケアを知ること。補聴器のリカバリー方法を知ること、定期点検を行うこと、これらを行えると、困りにくくなります。その内容についてまとめてみました。...

補聴器の修理

【修理手順付】こんな症状が出れば補聴器の故障!すぐに修理しよう補聴器でこのような症状があったら修理した方が良いものをまとめると共に修理する際の手順も記載してみました。補聴器で何か感じた場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう...

補聴器の再調整

補聴器購入後、聴力が変わったら、再調整してもらおう補聴器を使用していて聴力が下がった場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう。再度、補聴器の状態を調整し直し、今現在の状態に合わせ直してくれます。補聴器屋さんでは、このような事もしています。...

補聴器の電池

損をしないための補聴器電池の注意点と性能の良い電池補聴器電池の基礎、注意点、電池アラームの仕組み、お勧め電池メーカーについて記載してみました。電池は、適切に使用しないと使用容量の半分しか使えなかったり、うまく動作しなくなる事があります。電池は適切に使用しましょう。...

補聴器の使用注意

補聴器が影響を受けるものと検査を受けるための心得補聴器を使用していて、影響を受けるものがあります。それは、防犯ゲートや金属探知機、そして、MRIなどの検査機器です。こちらに関する内容と検査を受けるための心得についてまとめてみました。...

補聴器を無くさない

補聴器を紛失する原因と失くさないための2つの工夫補聴器を購入して、気をつけたいことの一つのは、補聴器を失くす事です。 今現在、補聴器の種類によっては、紛失補償。というものも出てき...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【改善事例あり】聴力別、聞こえの改善方法をまとめてみました

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

聞こえにくさにお困りの方のために、こちらでは、聴力別、補聴器による聞こえの改善方法に関して、まとめてみました。

もし、

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • 他のところで相談したけど、よくわからなかった

などありましたら、参考にしていただき、聞こえの改善にお役立ていただければ幸いです。

なお、こちらのページには、実際のお客様を改善した事例まで、載せています。同じような症状の方、聴力の方を参考にしていただき、改善のヒントを掴めたのであれば、幸いです。

聴力別、改善方法お客様の改善事例