社会

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選

私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。

色々な本が入るので、テーマが決まりづらいのですが、気になったものは、読んでみることをオススメします。

どれも良い本ですので、気になった本だけでも大丈夫です。

ミライの授業 滝本 哲史

アマゾンのリンク

個人的、オススメ度:

中学生向けに作られた勉強することの意味、そして、昔の人は、どの様にして、世界をよりよくしていったのか。世紀の発見をする事ができたのか。その部分を知る事ができる一冊です。

中学生むけに作られており、かなり読みやすくしていると共に、どちらかと言うと大人の方が、学べる部分が多い一冊ですね。

個人的にも、非常に好きな本で、何か物事に挑戦している人、先の見えない課題に挑んでいる人には、オススメです。

過去の偉人が、どの様にして、自分の理解の範疇を超えたものに対して、アプローチしたのか。どの様にして、改善策を出したのか(考えたのか)。その点に関しては、非常に学ぶべき事が多い本でもあります。

チーズは、どこに消えた? スペンサー・ジョンソン

アマゾンのリンク

個人的、オススメ度:

世の中や物事が変化する様子をチーズにたとえ、かつ、自分達は、それを探すネズミと小人として、お話が進んでいきます。

この本の優れているところは、世の中の真理を非常に簡単に、そしてわかりやすく表現しているところです。

世の中は、常に変化していくものであり、絶対的なものはありません。これは、仕事の面でも、物事の面でも、同様です。

この世の中を生きていくにあたり、重要な部分をかなり簡単に書かれた、自己啓発書になります。

正直、この本を読んでいるのと、読んでいないのとでは、人生は、全く異なるものになると言えるほど、すごい本です。

Give&Take 与える人こそ成功する時代 アダム・グラント

アマゾンのリンク

個人的、オススメ度:

これも好きな本になるのですが、Give&Takeに関する人との関係性、そして、どの様な人がうまく行きやすいのか、成功しやすいのか。を記載した本です。

よく親切な人は、利用されやすい傾向を感じますが、その様な場合において、どの様に対応すると良いのか。という部分も記載されています。

いろんな意味で、学びがあった一冊ですね。

なお、余談ですが、著者のアダム・グラント氏の本は、どれもハズレがないので、個人的には、オススメです。

影響力の武器 ロバート・B・チャルディーニ

アマゾンのリンク

個人的、オススメ度:

こちらは、結構、有名な本なのですが、人間の心理に関して書かれた本で、行動がどの様に人の心理に働きかけるのか。その点が書かれた本です。

個人的には、自分が欲しくないものを買わされたり、騙されないために知っておくと良い。と思った本になります。

この本を読めば、世の中の行動やしている事が「こういう効果を期待してやっているんだな」的なものが非常によくわかります。

本自体がかなり厚いので、その点だけがネックで少し減点していますが、読み物としては、非常に優れています。

Willpower 意志力の科学  ロイ・バウマイスター

アマゾンのリンク

個人的、オススメ度:

意志力、いわゆる自己コントロール力に関する本です。

人の中にある意志力には、限りがあり、その意志力が低下すると、判断能力まで下がる事がわかってきており、それが低下すると、自分が望んでいないことをしてしまったり、それをしてしまう自分自身に嫌気がさしてしまう事もあります。

その自己コントロール力をどの様につけていくのか。そして、どう活用していくのか。その部分に関して、語られた一冊です。

スタンフォードのストレスを力に変える教科書 ケリー・マクゴニガル

アマゾンのリンク

個人的、オススメ度:

ストレスに関する新事実。という意味で、非常に学びがあった一冊です。

正直、この考えを人に押し付けるのは、あまりオススメしませんが、自分自身が読み、ストレスに関して、どう向き合うのか。そして、どう自分にとって、力にしていくのか。その点に関しては、非常に勉強になる一冊になります。

個人的には、かなり価値観、考え方、思考に影響した一冊でもありますね。

マインドセット「やればできる!」の研究 キャロル・S・ドゥエック

アマゾンのリンク

個人的、オススメ度:

マインドセットに関する本。マインドセットというよりも、物事に対する心構え。として、捉えた方がわかりやすいですね。

しなやかマインドセットと硬直マインドセットの2つのケースをだし、どの様に物事に影響するのか。どの様な心構えがあると、物事に挑戦したり、能力を身につけやすくなるのか。それらに関して、まとめられた本です。

個人的には、自然としなやかマインドセットになっていた事もあり、状況を俯瞰する意味では、非常に役に立った一冊ですね。

なお、この考えは、知っているのと、知らないのとでは、結構な大きな差に繋がると思います。

まとめ

私自身が本を読んでみて、これは、いい!と思ったのは、上記の7つになります。

どれも自分の価値観や学びに大きく貢献したものになります。

影響力の武器だけ、かなり厚い(約500ページくらいあります)ので、読むのが大変なのですが、それ以外は、平均的な量になります。

アマゾンのレビューなどをみていただき、面白そうだ。と思うものがあれば、読んでみてください。

若干、自己啓発の様な内容が多い様に感じますが、多くは、エビデンスベースで書かれた本になりますので、「私は、こうしてうまくいった」という様なものとは、異なるものとなります。

ということで、お役に立てたのであれば幸いです。

自分の状況を改善するシリーズ

補聴器での基本の改善思考

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(自己紹介〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、どう改善させたか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器購入後のケアについて

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える方法

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係を学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:仕事でオススメする本

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

仕事編:耳のことは、伝える?

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

人生観:ものの見方を広げる(←今、これ)

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【お困りの方へ】個室による予約制の補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

只今、適切に聞こえを改善する個室による予約制の補聴器相談、実施中です。日常生活で試せるよう補聴器の貸出、試聴も、無料で行なっています。

  • 以前、別のところでうまくご相談ができなかった方
  • 近くに安心して相談できるお店が見当たらない方
  • 補聴器の事を相談したいけれども不安がある方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめにまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
社会

ミライの授業を読んで学んだ3つの事

2016年8月11日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
滝本哲史さんのミライの授業という本を読んでみました。私、この人のファンで、この方が書いている本は、ほとんど読んでいるのですが、今回の内容は、14歳向けに書かれた本で、過去の偉人がど …
社会

意外に多くの人が、世の中をよくしようとしているんだなと実感

2018年12月3日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
先日、またまた、他の事業の方とお話する機会があったのですが、そこで、感じたのは、意外に多くの人が、世の中をよくしようとしているんだな。という …
社会

耳や補聴器以外の要素で、よりよくできる時代にとっくになっていた

2017年9月29日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
さてさて、まだまだ続く「神奈川県聴覚障害者福祉センターの難聴者サロンに参加してみた」関連ですが、こちらを書いていて思ったことが一つ。  …