補聴器のFAQ

補聴器を購入した後は、なるべく耳を守ろう

補聴器を購入したり、補聴器を使い続けていく場合、大事になってくるのは、耳を守る事です。

今現在、補聴器は、聞こえを改善できる量には、限りがあり、聴力低下が大きくなると大きくなる程、補える量が限定的になります。

そのため、今現在の耳の状態。聴力に関しては、守っていく事がとても大切です。

こちらでは、

  • 補聴器には、補える量に限界がある
  • 耳を守るために

の2つに分けて、こちらについて、記載していきます。

補聴器には、補える量に限界がある

まず、補聴器で知っておきたい事は、補聴器は、聴力によって、補える量、聞こえの改善値は、異なる。という事です。

だいたい70dB未満ぐらいの聴力であれば、それなりに補うことができるのですが、これよりも、聴力低下が進むと、聞こえを補える量がさらに減り、補聴器を使ったとしても、聞きにくさがより強くなってしまいます。

補聴器は、残念ながら耳を治すことができない機器であり、かつ、聴力低下のレベルによっても、聞こえの改善度が変化します。

つまり、今現在の状態が一番、補聴器で聞こえを改善しやすい状態であり(補聴器を使った時の聞こえの改善効果が高くなりやすい状態)、ここから先は、仮に聴力が下がると、より聞こえが改善しづらくなる事を意味します。

仮に聴力が低下したとしても、もしくは、どのような聴力だったとしても、一律にここまで、改善できる。というような状態であれば、そこまで気にしなくても良いかもしれません。

しかし、実際は、そんな事はなく、聴力低下が大きくなると大きくなる程、聞こえの改善効果も薄くなってしまいます。

ここのところが理解できれば、なぜ耳を守ることが大事なのか。そこが自ずとわかると思います。

耳を守るために

では、耳を守るために大事な事は?というと、ありきたりには、なってしまうのですが、

  • 必要以上に音を大きくしない
  • 健康に気をつける

の2つが大事になってきます。

必要以上に音を大きくしない

基本的に補聴器は、大きい音に対する制限というのをかけています。

ですので、そんなに大きい音が強すぎる状態で入り続ける事は、ないと思いますが、補聴器のボリューム等で明らかに自分の耳に対し、音が強い。と感じる感覚で、長時間使うのは、あまりオススメできません。

自分自身で音が大きいと感じる感覚は、言い方を変えれば、耳に負担がかかっている状態になりますので、そこまで無理に大きくする必要はありませんし、大きすぎる感覚で、音を聞き続けなければならない理由もありません。

この点は、ちょうど良いくらいの音の音量で聞き続ければOK。ということですね。

なお、こういったお話をすると、適度に補聴器を外した方が良いか。というお話が出てくるのですが、基本的には、補聴器は、付けっ放しにして、大丈夫です。

必要以上に音を大きくしすぎなければ、聴力低下を引き起こす可能性は、低いとされています。

健康に気をつける

2つ目は、健康ですね。具体的には、

  • 適度な運動(できれば毎日1万歩)
  • 栄養価のある食事(バランスの良い食事)
  • 睡眠(できれば7〜8時間睡眠)

になります。

こちらは、耳。といより、体全般の部分になります。結局、耳も体の一部ですので、耳を良くする。ではなく、体、全体を良くする。と考えた方が良いですね。

上記のものは、ハードルが高いのですが、大事な部分になります。

なお、これを書いている私自身も、全然ここまでは、できていません。

睡眠は、ほぼ必ず、7〜8時間寝るようにしていますが、運動がほとんどできておらず、毎日1万歩というと、距離にして、だいたい7km〜8kmぐらい歩く計算になります。

栄養に関しては、新型コロナウイルスの影響により、家で自炊することが増えたため、以前より、栄養に気を使って、自炊する事ができているので、少しずつ良くなっています。

個人的に運動だけ、かなりハードルが高いので、自分でも、どうやったらその習慣を作れるのか。良い環境を作るのかどうか。試行錯誤していこうと思っています。

できるだけ、耳は、守ろう

今現在、残念ながら補聴器で聞こえを改善できる範囲。補聴器を使用して、聞こえにある程度、満足しやすい聴力。というのは、限定されています。

ですので、聴力低下が進んでしまうと、今現在、聞こえている感覚より、補聴器での聞こえも悪化してしまうため、基本的には、悪くならないに越した事はありません。

それは、ご自身の耳のためにもそうですし、聞きにくくなり、よりご自身の生活が困難にならないようにするためにも、そうですね。

健康の部分は、まだまだ私もわからない事はあるのですが、基本的には、運動、睡眠、食事。この3つがキーになります。

この3つは、耳だけではなく、その他の病気にも有効です。

特に運動は、適切な運動をする事により、肥満や糖尿病、高血圧、心臓病、脳血管疾患、ガン、認知症など、ありとあらゆる病気のリスクを下げることがわかってきています。

私のブログの副タイトルは、難聴の体でも豊かに暮らすために。こちらです。

補聴器屋さんだからと言い、補聴器や耳の事だけ、扱うのではなく、こういった事も個人的には、大事な事だと、思い、今回は、こちらについて、載せてみました。

私もまだまだな部分がありますので、一緒に良くしていきましょう。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。聞こえにくさを抱えている方が、聞こえを改善し、より良い生活ができるようになるお店。という考えのもと、お店の内容やサービスを考え、補聴器による聞こえの改善をしています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【聞こえにくさにお悩みの方へ】補聴器使用者対応の補聴器専門店、パートナーズ補聴器

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞きづらくてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

当店では、補聴器を初めてお考えになる方や他の場所でうまくご相談できなかった方でも、安心してご相談できるよう、完全予約制にして、補聴器のご相談をしています。

聞こえの改善相談を行い、実際に日常生活や職場で使ってみて、補聴器があると良い。あると生活が楽になる。という方のみ、ご自身に合った補聴器を提供しています。

当店でのご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

なお、当店の内容や聞こえの改善に関しては、

こちらにまとめています。