補聴器のFAQ

クロス補聴器を使っても、聞こえる耳側は、悪くならないの?

クロス補聴器に関して、質問される内容の中には、聞こえる耳側に補聴器を装用して、聞こえは、悪くならないの?耳に負担は、かからないの?というものがあります。

この点に関して、正直にお話しますと、負担は、何もないより、かかってしまうのですが、なるべく耳に負担がかからないよう音の制限を設けて、耳を守るようにしています。

今回は、こちらについて、記載しています。

クロス補聴器がしている事

クロス補聴器に限らず、補聴器が担う役割というのは、聞こえの改善と耳を守る事になります。

主に黒い線が、最大出力の制限の線になります。これよりも大きい音は、入れないようにして、耳を守るための線です。

どの補聴器もそうなのですが、補聴器には、最大出力と呼ばれる音の制限装置をつけています。

これは、簡単にいうと、ここまでしか音を出さない。これよりも大きい音が入ったとしても、決められた音の大きさまでしか出さない。というものです。

これがないと、どこまでも大きい音が入ってしまうため、聞こえを改善すると同時に、最大出力を設定し、聞こえは改善するけれども、耳への負担は、軽減させる。という事を補聴器(クロス補聴器)は、しています。

クロス補聴器は、耳へ負担がかかる?

クロス補聴器は、仕様上、聞こえる耳側に補聴器を装用し、クロス機器を聞こえない耳側へ装用して、聞こえる耳側へ音を転送するようにして、聞こえを改善させます。

ですので、補聴器がない状態。つまり、ノーマルの状態に比べると、聞こえない耳側からの音が入る分、何もない状態に比べると、耳への負担は、どうしてもかかってしまいます。

しかし、上記の通り、大きい音に関しては、出力の制限をかけ、大きい音は、入りすぎないようにして、耳を守る。という役割もしています。

そうしないと、聴力低下を招くリスクがどんどん上がってしまうからです。

この点から言えるのは、耳への負担は、聞こえない耳側の音が入る分、間違いなく増えます。

しかし、なるべくその負担は、軽減できるようにするため、制限装置をつけて、制御している。という点です。

この部分に関しては、100%、安全とは、言えず、申し訳ありません。

私自身も販売した方は、何名もいるのですが、幸い、一人も今の所、低下している方は、いません。

しかし、それは、単なる偶然の可能性もありますので、その点だけは、お伝えさせていただければと思います。

まとめ

クロス補聴器で聞こえを改善する以上、今までの状態より、聞こえる耳に音が入るため、それにより、聞きやすくなる反面、耳への負担は、どうしても、増えてしまいます。

耳を守る。という事をしているのは事実ですが、それと同時に耳への負担が増える。というのも事実です。

幸いにも、私のところでは、低下した方は、見ていませんが、それは、偶然かもしれない点もありますので、今回は、こちらに関して、忌憚なく記載させていただきました。

特に片耳のみ難聴の方の場合、片耳しかない。という状況もあり、特に心配される点かと思います。

そのことから、正直にこちらに関して記載させていただきました。

こちらの内容が、お役に立ったのであれば、幸いです。

お困りごとがございましたら、お話をお聞かせください

このお店では、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が補聴器に関するご相談や聞こえの改善相談を承っています。

もし、聞こえにくさにお困りの方や使用している補聴器が不調な方がいましたら、お話をお聞かせください。もしかしたら、お役に立てることがあるかもしれません。

ご相談ごとがございましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、このお店の内容や場所、聞こえの改善内容については、以下にまとめています。