補聴器のFAQ

補聴器を使っても、耳は悪くならない?の疑問

補聴器をお考えの方の中には、補聴器を使うと大きく音が入る事で、逆に耳が悪くなるのではないか。とお考えの方も、いるかもしれません。

結論から記載しますと、補聴器は、耳を守るために音の制限をつけ、大きい音は、入れすぎないよう、音を抑える事で聴力が低下することを防いでいます。

それにより、だいぶ聴力が低下する危険性を低くするようにしています。

実際に聴力が低下した場合は、新たな病気にかかったり、元々の病気の進行によるものなどもあるため、原因の究明は非常に難しいです。

しかし、補聴器側も、なるべくリスクは、減らせるよう、補聴器の設計はしています。

こちらでは、補聴器を使う事で、耳は悪くならないのか。の疑問について、お答えしていきます。

補聴器で一番大事な事は?

さて、補聴器で一番大事な事は?と聞かれたらなんと答えるでしょうか。

多くの方は、聞こえを改善させる事。とお考えになるかと思いますが、これは、一番大事かと言われると、そうではありません。

一番大事なのは、耳を守る事になります。

耳を守ることがなぜ大事なのか。という観点が非常に大事なのですが、今現在、補聴器の聞こえの改善効果は、聴力、耳の状況によって、ほぼ決まります。

聴力の低下は、少ないと少ないほど、聞こえの改善度は、高くなり、逆に聴力の低下が大きいと、大きいほど、聞こえの改善度は、下がります。

ですので、補聴器は、聞こえを改善させることも大事なのですが、今以上に聴力が低下すると、補聴器での聞こえの改善効果も下がってしまうため、耳を守る。という事が一番大事になります。

その事から補聴器は、聞こえを改善する事と耳を守る事。この2つに関して、シビアに考え続け、補聴器の設計をしてきました。

どのように補聴器は制限をつけている?

補聴器の調整画面を見ていただくと、わかりやすいのですが、補聴器には、いくつか線があります。

この中の黒い線が、最大出力と言われるもので、出力の制限(音の制限)になります。

ここまでしか音を出さないようにして、制限している訳ですね。

補聴器がしなければならないのは、聞きにくくなった状況を改善する事と、必要以上に大きい音が入らないようにする事です。

そのため、足りなくなった聴力を補いつつ、出力の制限を設けて、耳を守る。という事もしています。

聞こえを改善しつつ、耳は守る。このようにする事で、なるべく聞こえにくい人の状況をよくしようとしているのが、補聴器になります。

このお店でしている耳を守る事

このお店の場合は、この制限がしっかりとある補聴器、あるいは、ある補聴器メーカーの製品を扱い、聞こえの改善をしています。

この出力制限は、メーカーによって変わり、かつ、中には、開放的なもの(音が大きく入りやすいもの)もあったりします。

ただ、上記にも記載した通り、聴力が低下するリスクは、できる限り、低くした方がよく、聞こえを改善するのが目的な補聴器が、最終的に聴力が下がってしまい、補聴器から得られる改善効果が下がってしまうのは、本末転倒とも言えます。

その事から、このお店の場合は、この出力の制限が安心して働いているものを扱い、かつ、耳を守りながらも、聞こえの改善は、できる限り、できる様にする。という事をしています。

まとめ

補聴器は、聞こえを改善させる事の他に耳を守る。という事もしています。

上記の通り、聴力が低下してしまうと、聞こえの改善度が減ってしまうため、聴力の低下は、起こらないに越した事はありません。

音の制限をつけ、なるべくリスクを減らす。そのようにして、耳を守るようにもしています。

これが、補聴器がしている事になります。

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、聞こえにくさにお困りの方へ、一対一で、お困り事やご相談してみたい事をちゃんと相談できる環境を作り、補聴器を実際に使っている人が、お一人、お一人のご希望に合わせた聞こえの改善や補聴器のご相談を行なっています。

もし、聞こえにくさにお困りの方や使用している補聴器が不調な方がいましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

ご相談ごとがございましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、このお店の内容や場所、聞こえの改善内容については、以下にまとめています。