補聴器のFAQ

就職やアルバイトの際に耳の事は、伝えるか

補聴器で聞こえを改善したとしても、気になるのが就職する際やアルバイト(パート)をする際、耳の事を伝えるのか、伝えないのか。という部分です。

あくまでもこの部分は、人によって、分かれて来る部分だと思いますが、私は、今まで耳の事を伝えてきました。

耳の事を伝えると、もしかしたら断られるのではないか、という心配は、確かにあるかもしれないのですが、それ以上に、理解が得られない職場や、そういった環境で働くことは、難聴の方にとって、だいぶキツい行為になります。

その事から、私の場合は、耳の事を伝えるようにしていました。

今回は、こちらに関して、どうすると良いのか。という所も含めて、記載していきます。

伝えた方が良い理由

まず、私自身は、耳の事について、就職の際やアルバイトの際の面接の時に、伝えた方が良いと考えている人間です。

その理由は、

  • 隠しても、バレる可能性が高い事
  • 耳の事を隠した上で働くのは、かなりキツい事

の2つがあります。

隠しても、バレる可能性が高い事

一つ目は、耳の事を隠しても、バレる可能性が高い事。こちらになります。

難聴の耳に対して、補聴器を装用して、聞こえを改善していく訳ですが、今現在の技術では、難聴を治すことはできません。

補聴器でできる限り改善したとしても、聞きにくさは、出てきてしまうため、意思疎通がしづらい部分や時には、相手が言っていることがわからない事。それが出てきてしまいます。

特に「働く」という事は、同じ環境で同じ人達と長く関係が続くことが多いため、聞きにくさがあったり、気付かないことが増えると、直接的な指摘は、ないかもしれませんが、感づかれる可能性があります。

そして、ここからが大事なのですが、仮に難聴である事を後で伝えた場合、面接などでなぜ言わなかったのか。という問題になる可能性があり、隠して入る事は、リスクしかありません。

はじめは隠しておけば大丈夫かもしれませんが、そのリスクを抱えたまま働くのは、正直、精神的にもキツい事だと感じています。

耳の事を隠した上で働くのは、かなりキツい事

2つ目は、こちら。耳の事を隠した上で働くのは、かなりキツい事です。

難聴の問題点は、聞こえにくい事により、周囲の方と意思疎通がしづらくなり、それにより、相手と仲が悪くなりやすかったり、人間関係が崩れやすくなる事です。

今現在、難聴は、治すことができないため、それを隠す事は、できたとしても、聞きにくい事には変わりません。

聞きにくい事で意思疎通がしづらい場合、周囲の人とうまくやりとりしづらくなる事を意味しますので、隠して働くのは、だいぶキツい事だと感じています。

特に難聴の場合は、周囲の人の理解があるか、ないか。それにより、だいぶ働きやすさが変化します。

それをはじめから、悪い状況に持っていくのは、個人的には、あまりオススメは、しません。

伝えると採用されない?

心配になるのは、耳の事やデメリットに関して、伝えると、採用されないのでは?という部分かと思います。

その点に関しては、正直、全くないとは言いません。もしかしたら、あるかもしれないですし、それ以外の要因で、採用されなかったのかも、しれません。

ただ、私の方から伝えさせていただけるのであれば、耳の事や難聴の事に関して、理解がない職場で働くのは、かなりキツい事です。

私も、そういった場所で働いたことがあるため、その部分は、よくわかりますが、正直、だいぶきつかった事を覚えています。

ですので、個人的には、長期的に考えて、そういった理解があるところ。言い方を変えれば、なるべく働きやすいところを探す。という考えの方が、大事だと思っています。

耳の伝え方

耳の伝え方に関しては、あくまでも我流ですが、

「生まれつき耳が悪いので、補聴器をつけています。たまに聞きにくい事がありますが、近くで話してくれれば、この通り、理解できます」

と伝えていました。

ポイントは、

聞こえにくいけれども、補聴器をつけて、聞こえを改善している事。たまにそれでも聞きにくい事があるけれど、その場合は、近くで話してくれれば伝わる事。この2つです。

ちゃんとこちらでできる事は、している事。そして、仮に聞こえていなさそうなら、こういう風にしてくれると、わかる。という事を伝えておけば、相手の方(面接官)も、おおよそ受け入れてくれる事でしょう。

この部分を意識して、伝えるようにしておく事をオススメします。

まとめ

就職の際やアルバイトの際に関して、耳の事を伝えるのか。その点について、記載してみました。

あくまでも、私の考えではありますが、長期的に物事をみていただく。という事は、大事な視点かと思います。

特に難聴の場合、働く環境により、だいぶ働きやすさが変化しますので、その点は、気をつけていただければと思います。

私の場合は、耳の事は、必ず伝えていました。その理由は、あとでとやかく言われるのが嫌だったためです。

幸い耳の事を伝えても、案外採用されるんだな。という事がわかった頃から、耳の事を伝えるのは、あまり躊躇しなくなるのですが、そのように伝え慣れておけると良いですね。

以上、こちらの内容が少しでもお役に立ったのであれば幸いです。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、難聴の方や補聴器を使っている方の状況をきちんと理解できるお店を作り、安心して相談できる環境作りを心掛けています。

その事から、実際に補聴器を使っている人が対応させていただき、今現在の状況からお困りごと。さらに耳の事や補聴器の事をご相談しやすくしています。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容や聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ

関連する記事