補聴器のFAQ

新しい補聴器の音にうまく慣れない場合は?

補聴器をずっと使用されており、新しい補聴器に買い換えた際、昔の補聴器の音に慣れている時間が長く、今、使っている補聴器の音に慣れづらい。というケースがあったりします。

その場合ですが、昔の補聴器の音に今の補聴器を似させ、少しずつ、今の補聴器の音に慣らす。という風にしていただけると、補聴器を使いやすくなります。

慣れない場合は、似さす

あくまでも最終手段には、なりますが、昔の補聴器の音に慣れ、今現在の補聴器の音に慣れづらい場合は、昔の補聴器の音の感覚を今の補聴器で再現するようにすると、補聴器の音には、慣れやすくなります。

この場合、慣れやすくなる。というところもそうですが、補聴器の使いやすさも上がるようになります。

音の感覚が異質だと、補聴器自体がだいぶ使いづらくなってしまうため、似た感覚で使えると、この使いやすさも、あげることができるんですね。

あくまでも、新しい補聴器が慣れづらい場合、という事には、なるのですが、その場合は、昔の補聴器、ちょっと前に使っていた補聴器の状態ににさせて、使う。というテクニックがあります。

似させる事のデメリットは?

正直な事をいうと、そこまで、大きなデメリットは、ありません。

新しい補聴器での聞こえの改善の方が、聞こえを改善する機能そのものも上がっていることが多く、そちらの方が、良い事もありますが、仮にその状態がそこまで良いものではないのであれば、似させてしまっても良いかと思います。

ただ、注意点としては、もしできるのであれば、一度、新しい補聴器の方が考えている補聴器の調整を一度、体験していただき、それが合わなかったら、似させる。という風にすると良いです。

補聴器自体、どんどん聞こえの改善状況に関しては、よくなってきているのですが、その機能を体験する前に、初めから決めつけて、補聴器の音を似させてしまうと、新しい方が良い可能性を逃す事があります。

新しいものを経験し、その後に判断する。もしくは、どちらの方が良いかを判断する。それさえ、していただければ、基本的には、デメリットは、ありません。

まとめ

たまに新しい補聴器が慣れづらいケースがありますので、その点に関して、まとめてみました。

新しい補聴器でも、新しい補聴器の音、聞こえの改善で、そのまますんなり使えるケースは、全くもって考える必要はありませんが、たまに、新しい補聴器にすると、だいぶ使いづらくなってしまうケースがありますので、そういった方に向けて、記載してみました。

気のせいかもしれませんが、このようなケースは、生まれつき難聴の方、あるいは、補聴器の使用歴が非常に長い方、例えば、何十年使用している。というようなケースにみられる傾向があります。

生まれつきの難聴の方で、幼い頃から、補聴器をつけている方は、補聴器から聞こえる音の感覚が、自分の耳の感覚になっている事が多く、補聴器が変わると、新しい音に慣れるのに時間がかかるケースがあります。

そこまで違和感がなければ、そのうち、慣れてくるのですが、違和感が強い場合は、かなり慣れづらくなりますので、その場合は、似させられると良いです。

あくまでも、最終手段的なものには、なりますので、そこは、注意が必要ですが、中には、こんな風にして改善する事もあります。

お困りごとがございましたら、お話をお聞かせください

このお店では、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が補聴器に関するご相談や聞こえの改善相談を承っています。

もし、聞こえにくさにお困りの方や使用している補聴器が不調な方がいましたら、お話をお聞かせください。もしかしたら、お役に立てることがあるかもしれません。

ご相談ごとがございましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、このお店の内容や場所、聞こえの改善内容については、以下にまとめています。

関連する記事