クロス補聴器のFAQ

片耳難聴は、なぜ聞きにくいのか

片耳のみ難聴の場合、静かな所や聞こえる耳側からの音については、問題なくわかる事が多いのですが、聞こえない耳側から話されたり、その方向からの音に非常にわかりづらくなってしまいます。

また、騒がしい中での聞き取りが非常に悪くなってしまう点も、片耳難聴の大きな特徴です。

では、なぜこんな事が起こるのでしょうか。

その点を理解するポイントは、

  • 聞き取りのSN比
  • 頭部陰影効果(とうぶいんえい効果)

の二つがあります。

今回は、片耳のみ難聴の方が聞きにくくなるポイントに関して、なるべく簡単にお話をしていきます。

音が理解できる状況とは?

基本的に人が音を理解できる環境というのは、SN比(エスエヌひ)が良い状況に限ります。

このSN比とは、S(シグナル)、N(ノイズ)の比率になり、S(シグナル)というのは、聞きたい音、あるいは、音声を表します。そして、Nのノイズは、邪魔する音を表します。

例えば静かな環境であった場合、邪魔する音がないので、片耳難聴の方の場合、ほぼ問題なく聞こえる事が多いかと思います。

これが、SN比が良い状態です。

表現としては、SN比+4dBとか、SN比+6dBとか表現されます。ポイントは、必ずプラスになっているという事ですね。

逆にSN比が悪い状態というのは、Sの音声の音量が低く、さらにNのノイズ、周りの音が大きい事でSN比がマイナスになっている状態です。

表現としては、SN比-5dB、SN比-4dBなどと記載されます。

ポイントとして、音声が理解できる状況というのは、必ずSN比がプラスの時だけである事です。

SN比がマイナスになると、例え健聴の方であっても、聞きにくさを感じやすくなります。

正常な方は、どう聞き取っている?

では、正常な方はどう聞き取っているのでしょうか。

それは、両方の耳が聞こえている事により、上記で記載したSN比を上手に調整し、SN比が良い側の耳で音を聞くことにより聞き取っています。

ここでのポイントは、頭がある事により、左耳から右耳までに音が移行するまでだいたい10〜13dBぐらい減衰する事です。

これを頭部陰影効果(とうぶいんえい効果)と呼びます。

これをうまく使って、健聴の耳は、様々な状況でも聞き取りをなるべく下がらないようにしています。

例えば、左側から話された場合、左側の耳で受け取る事により、SN比が悪くならないようにしています。

左側からきた音を右側で受け取ろうとすると、上記に記載した通り、頭が邪魔して、その音が右側で受け取る際は、10〜13dB減衰した状態で音が届きます。

仮に右側でなにやら大きい音がしていた場合は、右側から左側に音がくる際に、10〜13dB減衰し、左側からの音は、そのまま減衰しないで入るので、S(シグナル)の部分は、そのまま入り、N(ノイズ)の部分は、減衰して入る事になります。

このようにする事で、Nの部分を効果的に抑え、そして、Sの部分は、減衰しないようにして入れる事で、聞き取りがなるべく悪くならないようにしています。

上記の言葉を使うとSN比をプラスにしている。という事ですね。

なお、こう書くと仮に右側から話している人がいるとして、右側から大きい音がしていた場合はどうか?と思う方がいるかもしれません。

その場合は、もちろん健聴の方でも、だいぶ聞き取りづらくなります。

話している人の声より、大きい音が後ろでしている場合は、かなりわかりづらくなります。

このようにして、なるべく健聴の人は、音声が聞き取りづらくならないようにSN比の調整を頭があるお陰で、できているんですね。

片耳のみ難聴になると何が起こるのか

さて、本題ですね。

片耳のみ難聴になると何が起こるのか。それは、上記に記載したSN比の調整がうまくできなくなります。

例えば、上記のような聴力の方がいるとします。 左側は、聞こえるけれども右側が全く聞こえない状態ですね。

この場合、左側から話されたものは、左側が聞こえているので、ほとんど問題なく聞こえる事が多いです。

ただ、右側から話された場合、頭があるお陰で、その話された音声が通常の音量より、10〜13dBほど減衰した状態で左耳に届きます。

静かな環境だったり、距離がかなり近ければあまり問題には、ならなかったりするのですが、声が小さかったり、距離が離れると、先ほどのSN比がプラスからマイナスへ簡単に逆転します。

そして、距離が離れた場合、離れると離れるほどSのシグナル、音声が小さくなるのにプラスして、周囲のノイズが、たとえ静かだったとしても、だいたい40〜50dBは常にしています。

すると音声は距離が離れる事で小さくなり、さらに聞こえる耳側に移行する際にも音が小さくなり、ノイズはそのまま常時している。そうなると簡単にSN比は、マイナスになります。

仮に距離が近くても周囲で少しごちゃごちゃ音がしている場合、周囲のノイズは50〜60dBぐらいはありますので、聞こえない耳側からきた音は、だいぶわかりづらくなります。

逆に左側からお話され、右側に大きな音がしていた場合は、このような聞こえの方は、だいぶ聞きやすくなります。

右側からしている大きな音は、頭のお陰で、左耳で受け取るのに10〜13dB減衰し、音声は、そのままで聞こえるのでSN比がプラスになりやすくなります。

健聴の方は、両方の耳がある事と頭のお陰で、SN比の調整がうまくしやすいのですが、片耳難聴の方は、それがだいぶしづらくなります。

その事により、片耳のみ難聴の方でも、聞き取りづらさが出やすくなります。

これが片耳のみ難聴の方が聞きにくくなるメカニズムです。

まとめ

片耳難聴の場合、聞こえにくい耳側からの音、音声は、状況によってだいぶ聞き取りづらくなります。

その原理について、こちらに関して、なるべく簡単に記載してみました。

聞こえている耳側からの音は問題なかったりはするのですが、騒がしい環境下だったり、聞こえない耳側からの音、音声は、思っている以上に聞こえていなかったり、気づいていない事があります。

たまに片耳が聞こえているので問題ない。というような方はいますが、そのような事は決してありません。

人の耳は、両方ある事で、様々な環境下において、聞こえるようにしていますので、片耳のみ聞きにくいと上記のように聞こえにくさは、必ず発生します。

以上、片耳難聴がなぜ聞こえにくくなるのか。そのメカニズムについて、記載してみました。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、難聴の方や補聴器を使っている方の状況をきちんと理解できるお店を作り、安心して相談できる環境作りを心掛けています。

その事から、実際に補聴器を使っている人が対応させていただき、今現在の状況からお困りごと。さらに耳の事や補聴器の事をご相談しやすくしています。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容や聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ