両耳とも難聴の聴力別、改善

中等度難聴を補聴器で改善する【後編】〜聞こえの改善〜

前回は、中等度難聴を補聴器で改善するという事で、合う補聴器の選び方について記載していきました。

今回は、その続きで、聞こえの改善編となります。

補聴器は、ご自身に合う補聴器を選ぶ。というパートと聞こえを改善する。というパートがあります。

そして、この2つを合わせて、初めて聞こえの改善ができるようになります。

補聴器の場合、良い補聴器を購入する。というより、この聞こえを改善するための方法を理解しておくことの方が、聞こえの改善につながりやすくなります。

今回は、この聞こえを改善する。というところについて中心的に記載していきます。

前編:中等度難聴を補聴器で改善する【前編】〜合う補聴器の選び方〜

中等度難聴の聞きにくさ

まずは中等度難聴の聞きにくさ、耳の状況に関して、把握していきましょう。

聴力によって変わる部分はあるのですが、だいたい上記のような感覚になることが多いです。

具体的には、

  • 対面でのお話は聞きにくさを感じやすい
  • 周囲が騒がしいとさっぱりわからない
  • 複数の人との話は、離れている人は、わからない
  • 距離が離れると呼ばれても気がつかない

こういったことが起こりやすくなります。

中等度難聴の特徴は、対面でのお話でも、だいぶ お話のわかりづらさが強くなる事です。

対面でのお話は、この4つの中で一番聞きやすい部類になるのですが、その対面でのお話ですら、大きい声の方以外は、わかりづらくなってしまいます。

このぐらい聞きにくくなると、離れたところから呼ばれたり、あるいは、離れたところから鳴っている音には、ほぼ気がつくことができません。

音は、匂いがするわけでも、体で感じるわけでもありませんので、聞こえていなければ反応することができなくなります。

さらに周囲が騒がしくなってくると、正直、どうしようもなく、かなり聞きづらい状況になってしまいます。

そして、複数の人とお話しする場合は、近い人は、なんとかわかることもあるのですが、離れている人のお話は、ほぼ何をいっているのかわかりません。

中等度難聴というと、中くらいの聞きにくさ。というイメージかもしれませんが、中等度難聴ぐらいから、かなり聞きにくさが強くなります。

上記の通り、一番まだ聞こえやすい対面でのお話ですら、大きい声の方以外は、聞きにくさを感じるとなると、ほぼ全ての部分で聞きにくさを感じることになります。

その事から、この辺りからどうにもならなくなり、補聴器を装用して聞こえを改善したり、自分の状況を良くしようと動く方が非常に多くなります。

これが、中等度難聴になります。

中等度難聴の聞こえを改善していくために

さて、聞こえにくい状況を補聴器で改善していきましょう。

補聴器で聞こえを改善していくためには、

  • 補聴器を使う耳
  • 補聴器の調整

この2つを押さえる事が大事です。

補聴器は、この2つによって、聞こえの改善の8割が決まります。

補聴器を使う耳

補聴器を使う耳というとわかりづらいかもしれませんが、こちらは、単純にどちらの耳に補聴器を使うのか。という点です。

両耳に使うのか。そして、片方の耳に使うのか。片方の耳に使うのであれば、左側、右側、どちらに使うのか。こちらになります。

なかなか表現が難しいのですが、仮に両耳とも補聴器を装用して、聞こえの改善効果が見込める耳でしたら、両方の耳に補聴器を装用し、聞こえを改善していく事が大事になります。

両方の耳に装用するのと片方の耳に装用するのとでは

  • 騒がしいところでの改善効果が変化する
  • 片耳のみの場合、つけていない側からの音、お話が分かりづらい

この2つがあります。

騒がしいところでの改善効果が変化する

まず、大きな変化は、騒がしいところでの改善効果が変化する事です。

片方の耳に装用した場合は、静かなところでの聞こえの改善はしやすいのですが、騒がしい環境下になると、改善効果が大きく下がりやすくなります。

両方の耳の場合も、静かなところでの改善効果よりは下がるのですが、まだ下がりにくくする事ができます。

中等度難聴の方の場合、聞きにくさが強くなるのは、特に騒がしい中でのお話です。ですので、この部分は、改善できるに越したことはありません。

さらに今現在、騒がしい環境下の改善効果を最も上げる方法は、両方の耳に 補聴器を装用することになります。

仮に両方の耳が補聴器に適合するのであれば、両方の耳に装用し、なるべく騒がしい環境下での聞き取りを下げないようにする事が大事です。

片耳のみの場合、つけていない側からの音、お話が分かりづらい

仮に左側に補聴器をつけ、右側に補聴器をつけていない場合の聞こえの範囲。改善されていない部分からの音や呼びかけには、どうしても反応しづらくなります。

それ以外には、つけていない側からの音声や音、それは、今まで通りになる事です。

中等度難聴の方の場合、距離が離れると、呼びかけられても、その方向から音がしても、まず気がつきません。

そして、この部分は、聞こえを改善していく上で、とても大事な部分となります。

というのも、問題は、聞こえていない事に気がつかず、呼ばれているのに反応できなかったりすると、その事により、対人関係が悪化してしまう事があるからです。

耳の事を予め、周囲の方に伝えている場合は、大丈夫なケースもあるのですが、それをしていない場合は、周囲の方は、なぜ反応しないのか分からない状態になりますので、最悪の場合、どんどん仲が悪くなってしまいます。

ですので、できれば周囲の人とコミュニケーションしやすくするために、どの方向からも聞こえるようにするのが理想です。

改善できるところは、改善し、周囲の方とやりとりしやすくなるように聞こえの改善を考えられると、お困りの状況は改善しやすくなります。

補足・両耳の場合のデメリット

両方の耳に補聴器を装用する場合、デメリットとしては、補聴器の金額が高くなりやすい事が上げられます。

補聴器は、片耳分だけでも少々高く、両耳に装用するとなると、料金は、単純に2倍になります。

その場合ですが、良い性能の補聴器を片方の耳に使うということではなく、価格を抑えたものでも良いので、そういった補聴器を両方の耳に装用する方が聞こえの改善効果は、高くなります。

仮に両方の耳に補聴器が適合するのでしたら、両耳ベースで考え、厳しい場合は、お求めやすい値段の方から選択していきましょう。

補聴器の調整

次は、補聴器の調整になります。

補聴器の調整とは、低下した聴力の部分に音を入れて、聞こえを改善していく部分となります。

ここは、非常に難しい部分ではあるのですが、なるべく簡単にお伝えしていきます。

改善前の下準備

まずはじめに記載していくのは、改善前の下準備として、聞こえの改善状況については、できれば、把握できるようにしていきましょう。

補聴器は、耳に装用するだけでは、どんな風に音を感じるのか。はわかっても、どのぐらい聞こえが改善されているのか。自分の聴力から補えると良いところまで改善できているのかは、わかりません。

今現在、改善状況を把握しやすいものとしては、

  • 補聴器の調整画面
  • 補聴器の効果測定

の2つがあります。

補聴器の調整画面

一つ目は、補聴器の調整画面です。

今現在、補聴器は、パソコンとつないで補聴器を調整していくのですが、その画面には、現状の改善値と改善目標値を出してくれます。

そのおかげで今現在、どのような改善状況なのか。を把握しやすくしてくれています。

補聴器の効果測定(音場閾値測定)

もう一つは、補聴器の効果測定になります。

音場閾値測定(おんじょういきち測定)といい、ちょっと難しそうな名前ですが、これは、補聴器を装用した状態で調べる聴力検査のようなものです。

今現在、どこまで改善されていて、改善目標と比べて、どういった状況なのかがわかると、よりよくしていく場合、どこを改善していったら良いかがわかりやすくなります。

これで今現在の聞こえの状況を調べ、さらに改善目標の値をセルフで出し(お店側で出しています)、現状を把握しやすくできると、状況を把握しやすくなります。

2つに共通するポイント

どちらもポイントは、今現在、どこまで改善できているのか。そして、どこまで改善できると良いかを把握しやすくなる事です。

補聴器は、残念ながら耳を治すことはできないため、ちゃんと把握できる状態にしておかないと、どこまで補聴器で改善できると良いのか。がわかりません。

できる範囲で可能な限り改善していくためには、下準備として、現状を把握できる環境を整える事が何よりも大事なこととなります。

音場閾値測定での改善目標値

ここからは、改善のヒントとして、音場閾値測定での改善目標値について、記載していきます。

まず、音声に関してですが、だいたい500〜2000Hzあたりが大きく関係しますので、できればですが、このあたりは、35dBぐらいまでは、改善できると良いです。

この35dBという数値は、中等度難聴の方にとって、非常に重要な数値です。

ちょっと声の小さい方の声の大きさ、あるいは、3〜4mぐらい離れたところからの音声や呼びかけ、これが改善しやすくなる数値が、35dBになります。

ただ、一つだけ注意点があり、500〜2000Hzは、紙の音の基本周波数になりますので、あまりにも上げすぎると新聞紙の音や紙をめくる時の音が大きくなります。

あくまでも補聴器が使える範囲内で音を調整する事が大事になります。

高い音の部分は、言葉の明瞭性、そして、アラーム系、離れたところからの音に影響します。実際には、1500Hzあたりから影響します。

次は、高い音の部分です。

2000〜4000Hzに関しては、これもまた35dBぐらいまで改善できると、聞きにくさを改善しやすくなります。

この辺りは、アラーム系の音や離れたところからの音などが大きく影響します。

中等度難聴の方の場合、上記に記載した通り、離れているところからの音は、気がつかないため、ここもできるのであれば、ここまで改善できると良いです。

改善できると聞こえなくて反応できていなかったところも反応しやすくなり、周囲の方とのコミュニケーションの改善に繋がったり、周囲の状況がよりわかりやすくなります。

ただ、このあたりは大きくしすぎると、音が響きすぎてしまったり、音がキンキンして使いづらくなる事があります。

こちらもあくまでも、ご自身が使える範囲内で調整し、聞こえの改善をしていけると良いですね。

補聴器の難しいところは、音を入れすぎれば聞こえてくる音が大きすぎて、使いづらくなり、入れる量が足りなければ、聞きにくさが強くなってしまうことです。

あくまでもバランスが大事になりますので、聞こえの改善状況を補聴器の効果測定や補聴器の調整画面で確認しつつ、バランスを取りながら、改善することが大事になります。

中等度難聴の改善のまとめ

こちらでは、中等度難聴の方の聞こえの改善について、まとめてみました。

基本的には、両耳に補聴器が適合するのでしたら、両耳に補聴器を装用し、なるべく騒がしいところでの環境下でも聞こえが下がらないようにする事。そして、どの方向からもわかるようにできると良いです。

さらに、聞こえの改善については、聴力からの改善目標となる部分まで改善できると、より聞きにくさの改善はしやすくなります。

ただし、改善目標となる部分まで聞こえを改善する。という部分に関しては、無理をする必要はありません。

音を入れてキツく感じるのでしたら、まずは、その手前までで全然大丈夫ですので、一つ一つ、改善していく事が大切です。

上記には、中等度難聴の方の聞こえの改善について記載していきました。実際には、補聴器を選ぶ。という所も含めて、一つの内容となります。

こちらの内容で少しでも改善するイメージを掴めたのであれば幸いです。

前編:中等度難聴を補聴器で改善する【前編】〜合う補聴器の選び方〜

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、難聴の方や補聴器を使っている方の状況をきちんと理解できるお店を作り、安心して相談できる環境作りを心掛けています。

その事から、実際に補聴器を使っている人が対応させていただき、今現在の状況からお困りごと。さらに耳の事や補聴器の事をご相談しやすくしています。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容や聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ

関連する記事