片耳難聴の聴力別、改善

片耳のみ難聴を補聴器で改善する【前編】〜聞こえの改善案〜

こちらでは、主に片耳のみ難聴の方を補聴器で改善する。という事で、はじめに、聞こえの改善案について、記載していきます。

片耳のみ難聴の方の場合、耳の状況がかなり特殊なケースが多く、一般的な補聴器を聞こえにくくなった耳側につけたとしても、改善できないケースも多々見られます。

今現在は、そのような方、用にクロス補聴器と呼ばれる特殊な機器も出てきていますので、どのように改善できると良いか。その点に関して、こちらでは、まとめていきます。

もし、聞こえにくさにお困りの方がいましたら、参考にしてみてください。

後編:片耳のみ難聴を補聴器で改善する【後編】〜クロス補聴器ver〜

後編:片耳のみ難聴を補聴器で改善する【前編】〜聞こえの改善案〜

片耳難聴の聞きにくさ

片耳のみ聞こえにくい場合、主にこのような聞きにくさが出やすいです。

聞きにくさを感じやすいのは、聞きにくい側からのお話や音になるのですが、特に距離が離れたりすると、全然、気が付いていなかったり、わからなかったりします。

また、騒がしい環境下になると、聞きにくい側からのお話は、ほぼわからず、だいぶ聞きにくさを感じやすくなります。

そして、意外に困りやすいのが、会議の際や囲んでお話をする機会です。

このようなケースでは、聞こえる耳側に人がいる場合は良いのですが、聞こえない耳側に人が来ると、聞きにくさを感じやすく、お話がわかるケースと、わかりづらいケースが混じり、心理的にも負担がかかりがちです。

特に会議の際などは、決められた席に座ったり、自分の意思で聞きやすいポジションを得る事ができないケースもありますので、こういった場合は、聞きにくさと共に精神的にも疲れる傾向があります。

さらに音の方向感覚は、両方の耳が同じように聞こえていないと得られないため、片耳のみ難聴の方は、音の方向感覚をつかめません。

その事から、仮に大きい音がした際、自分だけ、違う方向を向く。という事をしてしまいます。(聞こえている耳側から聞こえたように錯覚する)

いずれも特徴としては、聞こえにくい耳側からの音や音声がわかりづらい事があり、その事により、対人関係や人間関係に影響してしまう事がある事です。

聞こえる耳側から話されたり、その方向からの音は、普段通り、理解できたりするのですが、聞きにくい側からの音は、急に聞きにくさを感じやすくなります。

そうすると、聞こえている時と聞こえていない時の差が大きく、聞こえにくいことを相手に伝えていない場合、どのような時は、聞こえていて、どのような時は、聞こえていないのかが、周りの方は、わからず、周囲の人から誤解をされる機会が多くなってしまうのも、片耳のみ難聴の方の特徴です。

詳細:片耳難聴は、なぜ聞きにくいのか

改善の要点

片耳のみ難聴の方の場合、耳の状況により、補聴器で改善する方法は、変化します。

大事なのは、一般的な補聴器を装用したとしても、まるで効果がない耳の状況がある事です。

その事から

  • 一般的な補聴器で聞こえを改善する
  • クロス補聴器で聞こえを改善する

の2つがあります。

一般的な補聴器で聞こえを改善する

一般的な補聴器で聞こえを改善できると良いケースは、

  • 低下した聴力が70dB以内
  • 補聴器をつけて、改善効果が見込める耳である事

の2つです。

一言で言うと、補聴器をつけて、改善効果が見込める耳である事。になるのですが、その一つのラインが、低下した聴力が、70dB以内である事が上げられます。

低下した聴力が70dB以内

一つ目の条件が、低下した聴力が70dBの範囲内である事です。

今現在、補聴器は、どのような耳の状況、あるいは、聴力でも、聞こえが改善できるか。と言いますと、そうでもない部分があります。

片耳難聴の方の場合、その一つが、こちらになり、聴力低下が大きくなりすぎると、補聴器を装用したとしても、聞こえが改善された感覚は、感じにくくなります。

補聴器は、聞こえている耳側ぐらいまで聞こえを改善させることは、今現在の技術ではできないため、70dBを超える聴力に関しては、つけたとしても、聞こえやすくなった感覚を感じにくい。という特徴があります。

あくまでも、一般的な補聴器を装用して聞こえを改善する場合、低下した聴力は、70dB以内、個人的には、効果も考えると60dB以内が良いと感じています。

その範囲内に収まる耳の状況でしたら、一般的な補聴器を装用して、聞こえを改善した方が、結果的に良い状況にしやすくなります。

補聴器をつけて、改善効果が見込める耳である事

少し曖昧な表現を使ってしまって申し訳ないのですが、もう一つの条件が、補聴器をつけて、改善効果が見込める耳である事になります。

耳の状況には、聴力以外にも、音を認識する力。というものがあり、それらがある場合は、補聴器をつける事で、音声を理解できたり、聞こえの改善効果を感じるようになります。

しかし、片耳のみ難聴の方の場合、補聴器をつけたとしても、まるで音声の理解に繋がらなかったり、あるいは、補聴器をつけると、かなり異質な感覚に感じ、補聴器を使う事、自体が難しいケースもあります。

こういった感覚に関しては、

  • 突発性難聴
  • 原因不明の難聴

により聞きにくくなったケースに見られる事があり、仮に補聴器を使って改善効果が見込める場合は、一般的な補聴器が良いのですが、あまり見込めない耳の場合は、以下に紹介するクロス補聴器の方が、聞こえの改善は、しやすくなります。

クロス補聴器で聞こえを改善する

クロス補聴器とは、聞こえる耳側に補聴器をのせ、聞こえない耳側には、クロスと呼ばれる音の転送機をつけ、聞こえる耳側に音を転送して、聞こえを改善する特殊な機器です。

改善のイメージは、このようになります。仮に右側が聞こえない状態だとしますと、右側にクロスをつけ、左側に補聴器をつける事で、常時、右側にきた音を左側に送ってくれるようになります。

このようにして聞こえを改善するのが、クロス補聴器になります。

クロス補聴器の対象者は、一言で言うと、一般的な補聴器では、聞こえの改善ができない方です。

主に

  • 聴力低下が大きすぎる方(全く片耳が聞こえない方)
  • 音声の認識力が低下し、理解に繋がらない方
  • 補聴器をつけると異質に感じ、とても使えそうにない方

の3つのケースがあります。

聴力低下が大きすぎる方(全く片耳が聞こえない方)

クロス補聴器を使う典型的なケースは、聴力低下が大きく、片方の耳が、全く聞こえていない方です。

このようなケースは、一般的な補聴器を装用しても、まるで効果がないため、クロス補聴器で改善できると良いケースの一つです。

音声の認識力が低下し、理解に繋がらない方

2つ目は、音声の認識力が低下し、補聴器を使ったとしても、音声の理解に繋がらない方です。

音は、耳で受け取っているのですが、その音を理解しているのは、脳となり、耳の状況によっては、音は聞こえるけれども、言葉の認識に繋がらない。というケースもあります。

そのような方は、クロス補聴器の方が、聞こえにくさの改善に繋がりやすくなります。

補聴器をつけると異質に感じ、とても使えそうにない方

3つ目は、特殊なケースになり、音を感じる耳側が変化してしまい、補聴器を使うと、だいぶ異質に感じてしまい、とても使えそうにない状況です。

聞こえる耳側では、普通に音を感じているけれども、聞こえていない側は、普段の生活の中でも、音を感じると、すごくきつく感じる。というようなケースです。

このようなケースに補聴器を装用すると、その感覚を補聴器が助長してしまい、補聴器を使う事が辛く感じやすくなります。

そのような場合は、クロス補聴器で改善できると、楽に聞こえの改善がしやすくなります。

補足:一般的な補聴器とクロス補聴器の違い

一般的な補聴器で聞こえが改善できる方の中には、補聴器とクロス補聴器の違いは、どういったところにあるのだろうか。と、気になる方がいるかもしれません。

その違いは、全体的に改善しやすくなるか、それとも、部分、部分の改善になるのか。の違いです。

まずクロス補聴器に関してお伝えしますと、クロス補聴器は、音の方向感覚を改善させる事ができません。

音の方向感覚は、2つの耳が聞こえている事により、得られる事になりますので、クロス補聴器の改善のシステム上、音の方向感覚は、得る事ができません。

一般的な補聴器を装用した場合は、そこの部分も含めて、改善しやすくなりますので、このような違いがあります。

その事から、仮に一般的な補聴器を装用して聞こえが改善できるケースは、その耳に補聴器を使って、聞こえを改善できると良いです。

そうする事で、聞こえの改善及び、改善できる量を増やす事ができます。

まとめ

片耳のみ難聴の方の改善に関して、まとめてみました。

片耳のみ難聴の方は、耳の状況がだいぶ特殊になりますので、それに合った聞こえの改善方法を行う事が重要です。

一般的な補聴器では改善できないケースもありますので、その点に注意して、なるべくご自身の状況をよくできる方法で、改善していきましょう。

次回は、それぞれの改善方法について、記載していきます。

後編:片耳のみ難聴を補聴器で改善する【後編】〜クロス補聴器ver〜

後編:片耳のみ難聴を補聴器で改善する【前編】〜聞こえの改善案〜

お困りごとがございましたら、お話をお聞かせください

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、別の場所でお困り事や補聴器のご相談がうまくできなかった方や、お店でのご相談や補聴器を使う事に関して、不安を感じている方。

主にこのような方へ、お一人お一人の状況や価値観を理解しながら、その方、その方に合わせた補聴器のご相談や聞こえの改善を行なっています。

もし、聞こえにくさにお困りの方や使用している補聴器が不調な方がいましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

ご相談ごとがございましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、このお店の内容や場所、聞こえの改善内容については、以下にまとめています。