耳・難聴のこと

高校生の時、アルバイトで挫折、失敗した経験から学んだ事

私自身、生まれつき聞こえにくく、小学2年生の時から、補聴器をつけているのですが、今に生きるまで、耳の事、聞こえにくい事。これらのことで、ちょくちょく失敗したり、挫折しています。

仕事に関する挫折は、アルバイトの時。高校生の時に初めてアルバイトをする事になるのですが、その時の挫折、失敗は、個人的にも良く覚えています。

この挫折は、良くも悪くも、私自身に大きく影響を与えており、今となっては、いい思い出ですし、ちゃんと働くという事。そして、ちゃんと働く環境も考える事が大事だな。ということを教えてくれました。

「挫折」「失敗」こういった言葉は、すごく悪く聞こえるかもしれませんが、大事なのは、そこから何を学べるかです。

そして「成功を目指すのではなく、自分自身の成長を目的とする事」このように考えが変われば、徐々に環境をよくすることもできるようになります。

今回は、ちょうど良い機会ですので、仕事、働く、というところに関して、私が挫折したこと、そして、そこから学んだ事に関して、記載していきます。

アルバイトでの失敗

私が初めて仕事、アルバイトをしたのは、高校二年生の時です。遊ぶお金欲しさに「アルバイトをしよう!」となるのですが、当時「アルバイトといえば、飲食店やろ!」という印象を持っていました。

ですので、何も迷いなくアルバイトを募集している飲食店に連絡し、そこでアルバイトをする事になります。

面接の際は、そのまま耳の事は伝えていました。

だいたい店長さんが面接してくれたのですが「生まれつき耳が悪いので、補聴器をつけています」とか「補聴器をつけているので、このように普通に会話できています」とか、当時から耳の事は伝え、無事、採用される事になります。

元々、新しいことをしたり、自分が体験した事がないものを体験するのは好きで、アルバイトの時も不安もありつつ「仕事をするってどんな感じなんだろう?」と思った事もあります。

で、いざ仕事をしていく事になるのですが、はじめのうちは、耳の事を伝えていたので、聞きにくい事があったり、間違えても、耳の事、事情を話している店長さんによく聞きにいっていました。

そういった事が出来たので、何らか失敗する事、うまくいかなかった事は、もちろんあったのですが、耳の事を伝えていた事もあり、なんだかんだ、うまくいっていました。

しかし、その状況というのは、長くは続かなく、耳の事を伝えていたり、さらに事情を知っている人。店長さんや他の人が移転したり、辞めていった後、別の方とうまくコミュニケーションできなくなり、そこから、なかなかうまくいかなくなってしまいました。

元々、飲食店でガチャガチャうるさかった。という事もあり、聞き逃し、さらには、聞き間違えてしまった事もあり、職場での関係は、徐々に悪化していく事になります。

そして、自分のストレスが限界になった所で、アルバイトは、辞める事になります。これが一度目の挫折ですね。

初めてアルバイトした時は、初めの時は、よかったのですが、環境の変化、あるいは、状況の変化に対応する事ができず、私は、辞めています。

私にとっては、この経験は、当時、とてもきついものでしたが、同時に色々な事を教えてくれ、今となっては、良い経験です。

この時の失敗、挫折から学んだ事

今だからこそ言える事ですが、この時、この失敗、挫折から学んだ事は、

  • 音環境が厳しいところは、避ける
  • 一人に依存した環境は、やめる

の2つです。

音環境が厳しいところは、避ける

当時は、全く考えずにアルバイト先を決めましたので、その結果、大敗したいのですが、そこから言えるのは、音環境が厳しいところは、避ける。という事です。

やはり補聴器で聞こえをある程度、改善しているとはいえ、騒がしい環境下は、聞こえづらく、聞こえづらい状況だと周りの人とうまくコミュニケーションも取りづらくなりますし、何よりも、聞きにくい事で消極的になってしまう事もあります。

「そこで働きたい!」という意思、やりたい事、自分が興味ある事なら良いのですが、そうでないのであれば、自分が苦しくなる環境であえて働く必要はないな。と思いました。

これは、魚が「陸で働きたい!」といっているようなもので、魚が陸に上がってもピチピチ跳ねるだけしかできません。

そうではなく、魚なのであれば「水の中での仕事」すなわち、自分が自然にできるもの。他の生き物と比べると、スムーズにできるもの。そういった所で、自分の能力を活かした方が良いですよね。

当時、私は、自分のできなささ。「自分はアルバイトすらできない人間なのか」「アルバイトすらできないとなると、私は一体何をすれば良いんだ?」と苦悩した経験はありましたが、今は「働くのを目的にするんじゃなくて、自分が自然に動ける所、相手や仕事先に貢献できる事をすれば良いんじゃないか?」と考え方は変わりました。

大事なのは「何をして働くか」ではなく「自分が貢献できる事で働く事」すなわち、自分が社会や人に貢献できるようにしていく事が大事で、飲食店で働く事や百貨店で働く事が目的ではないはずです。

そう考え方を変えさせてくれたきっかけに私の場合は、なりました。

一人に依存した環境はやめる

2つ目は、こちら。一人に依存した環境はやめる。

当時、責任者の方、この場合は、店長さんですが、店長さんに耳の事を伝えておけば良い。と考えていました。

しかし、仕事をする。となると色々な人と関わるようになりますので、できるのであれば、一人や少数ではなく、よく関わる人には、伝えておいた方がよかったな。と今では思います。

結局、その責任者の方が移転になり、次にきた責任者の方とうまくコミュニケーション取れなかったり、やり方がうまく行かなかった事から、辞める事になりますので、一人とか、ごく僅かな人にしか伝えない。というやり方は、大失敗だったな。と個人的には、思っています。

投資の格言に「卵は一つのカゴに盛るな」という言葉があるのですが、投資をする場合、たった一つのものに全財産を突っ込むとか、あるいは、極端にお金をかけるのは、やめさない。というのが、この言葉の意味です。

この言葉は、人生訓のように感じるのですが、大事な事は、ほぼこの法則は当てはまります。

例えば、ブラック企業やきつい会社にいても、なかなかそこを辞められないのは、それ以外の収入源がなかったり、そこしか当てがない。つまり、卵を一つのカゴに盛ってしまっている状態です。

そうではなく、複数のところから収入を得られるようにできていれば、縛られる事はなくなりますので、苦しくなったらすぐに転職。あるいは、しばらく職がなくてもやっていけたりします。

人間関係も同様で、一つのコミュニティだけではなく、複数のコミュニティ。例えば、難聴の方の場合だと、仕事、職場のコミュニティ、家族のコミュニティ、趣味のコミュニティ、同じ難聴の人のコミュニティなど、複数のコミュニティに属していたり、自分の居場所がある場合は、だいぶ心が楽になります。

私の耳の事も同様で、当時は、責任者の方に話しておければOK!みたいな考え方をしていましたが、できれば、他の方にも伝える機会があれば、伝えておくべきだった。と今は、反省しています。

まさに当時の私は、卵を一つのカゴに盛ってしまっていた状態です。なので、大敗した。という事ですね。

一つだけではなく、ちゃんと分散して、リスクを軽減しておければ、あのような事は、もしかしたら、起こらなかったかもしれないな。と今では、思っています。

挫折や失敗は、いろんなことを教えてくれる

今でこそ、このように書くことができますが、当時は、そんな心境ではありませんでした。

失敗したり、挫折したりする経験は心にきついのは、私もよくわかっています。しかし、今現在、改めて思い返してみると、私自身ももう少しうまくできたところがありましたし、それと同時にどうにもできなかった所もあります。

大事なのは、そこから何を学べるか。だと個人的には、思います。私は上記のことを学びました。

ですので、実は、その後のアルバイトでは、騒がしい環境である可能性があるところは、全て、選択肢から除いています。

もちろんこの点は、就職する時もそうです。騒がしい環境になりそうな所は、そもそも選択肢として入れていませんでした。そんなところに就職したら、また二の舞になる事は、よくわかっていたからです。

そして、耳の事については、周りの方に言いすぎない程度に伝えるようにもしました。その結果、徐々にではあるのですが、その後の環境は、あまり悪くしないようにできた所もあります。

どんな人でも失敗した事がない人は、いないと思います。

しかし、失敗しないことが大事かというとそうではなく、何か起こった際に、その事から、何を学べるか、次は、どうしていこうか。という自分の成長につなげていけるか。が大事だと個人的には、思っています。

なお、最後にこちらに関して、一つだけ注意点があります。それは、頑張りすぎないことです。

実は、一つ書いていなかったことがあるのですが、私は、明らかにここは自分が居るべき場所じゃない。と思ったら、すぐに辞めることをお勧めします。

それは、このアルバイトの経験もそうですが、耳の事、あるいは、コミュニケーションの問題は、人間関係も入ってきますので、ある程度、ヒビが入ってくるとどうにもならなくなってきます。

実際、私は、どうにもならなくなり、やめているのですが、これも今思えば辞めてよかったなと感じています。

というのも壊れたもの、壊れかけたものを直す、その場で頑張るというスタンスは、とても綺麗で憧れますが、実際にはとても労力がかかります。他の場所で再スタートする方が楽だと、後々気づきました。

簡単に言えば、何もない状態、プラスもなければマイナスもない状態からスタートするのと、マイナスからスタートするのとでは、プラスもなければ、マイナスもない状態からのスタートの方が楽です。これが再スタートのイメージですね。

頑張りすぎると、自分の体を壊す事になってしまうので、そこだけは、ご注意ください。

という事で、本日も最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、難聴の方や補聴器を使っている方の状況をきちんと理解できるお店を作り、安心して相談できる環境作りを心掛けています。

その事から、実際に補聴器を使っている人が対応させていただき、今現在の状況からお困りごと。さらに耳の事や補聴器の事をご相談しやすくしています。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容や聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ