2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

【より聞きやすく】老人性難聴の方を補聴器で改善しました

Pocket

70代、男性。お使いの補聴器が聞こえにくいとのことで、ご相談をいただき、聞こえの改善を行いました。元々補聴器をお持ちで、耳鼻咽喉科を通じてご購入になったようですが、聞こえは、よろしくなく、聞こえの改善を求め、当店へお越しになりました。

当店で改善を行った結果

  • 以前の補聴器より聞きやすくなった
  • 家族の方からも意思疎通がしやすくなった

とお伺いしました。聞きにくさがより改善でき、こちらとしては、何よりです。では、どのように改善したのでしょうか。その事柄に関して記載していきます。

お客様の状況

お客様の状況ですが

  • 名前:T・Mさん
  • 年齢:70代
  • 性別:男性
  • 症状:老人性難聴(両耳、中等度難聴)
  • 改善:両耳とも耳かけ形補聴器
  • 備考:補聴器はお持ちだが、聞きにくい状況だった。(シーメンス耳かけ)

となります。聴力に関しては、

このようになります。耳の状況に関しては、徐々に低下し、老人性難聴と診断され、その耳鼻咽喉科にて補聴器の処方を受け補聴器を購入。初めは聞こえがよかったものの、聴力が少しずつ低下し、そこに出入りしている業者に調整を頼んでも、少し調整するだけであり、状況は、あまり改善されないご様子でした。

その状況を見ていた息子さんより当店へご連絡いただき、こちらの方で状況を見ることとなりました。ちょうどブログの方で補聴器の聞こえの状況を見る方法があるとのことで、それで一旦見てもらった方が良いのではないか。そのようにお考えになり、お問い合わせいただきました。

お使いの補聴器の状況確認をすると

以上のような状況でした。補聴器は、片方しか使用しておらず、かつ聴力に対して音量が足りないことから、状況に関して改善させていくこととなります。なお、お使いの補聴器は、取り扱いメーカーではなかったため、当店にある補聴器にて、改善していくこととなりました。

現状改善への考えと実際に行ったこと

聴力の状況より、

  • 両耳へ補聴器装用
  • 音を入れる目標値決め

の2つを行いました。

まず、両耳とも同じくらいの聴力であれば、両耳装用をし、なるべく聞きにくさを軽減した方が良いとお伝えし、両耳装用を行いました。

この際、実際に購入することを考えるのではなく、両方とも使ってみてどう聞こえの感覚を感じるのか、片方のみだとどう感じるのか。それらを自分なりに体感いただくことをお勧めしました。実際に両耳に補聴器を装用すると感覚は良いようで、そのまま体感いただくことになりました。

その次は、補聴器で聞こえをどこまで改善させるかの目標値になります。それについては、

このようにしました。そして、実際に調整した際ですが、結論から言いますとかなり低く

このようになりました。初めの状況ですが、上記の目標を達成できるように音を入れたのですが、結構大きく音を感じるようで、その状況では「大きい、もう少し下げて欲しい」という要望があり、厳しいご様子から、耐えられる音量まで下げました。その結果が上記の状況です。

初めから入れられるのが理想ではありますが、その状況で長く使用できないのであれば、無理に入れることをするのではなく、まずは、使える状況を目指して調整していきます。そのため、上記の状況で貸出を行い、日常生活がどのように変化するのかを見ることになりました。

なお、初回は、息子さんとお越しになり、上記の改善状況でも普通に意思疎通ができるほどまでは、改善できました。今までの補聴器の場合は、難しいこともあったようですが、よりよくすることができました。

貸出後の状況確認

貸出を行い、状況について確認してみますと、

  • 以前より聞こえることが増えた
  • 家族との意思疎通はしやすくなった
  • テレビなども聞きやすくなった

とのことでした。音量を入れるのが厳しい状況だったため、あまり改善できないかもしれないと思っていましたが、今までの補聴器とは、異なり、聞こえるようになったところが多々あるとのことでした。両耳装用にし、片方のみで聞く状態より、左右から様々な音が入り、聞こえがその分、多く改善できた様子でした。

以前の補聴器より、より良くなるため、そのまま補聴器に関しては、購入されることとなりました。

貸出の状況ですが、補聴器の音量を1〜2段階あげる(補聴器にはボリュームの機能があり、自由に音量を上下できます)こともあれば、標準の状態で使うこともあるとのことで、大きく入れると騒がしさが上がり、厳しいこともあることから、メイン音量は今のままとし、必要に応じて、ボリュームで微調整するようなやり方にしました。

その方がご本人様も使いやすいとのことで、この状態で終了となります。ただ、補聴器の聞こえに関しては、まだまだ補える部分が多くありますので、いつでも調整する旨お伝えし、一旦終了です。

お客様の声

実際に補聴器をご購入になった方へ素直に

  • 実際に補聴器をお使いになっていかがですか?素直な感想をお聞かせください
  • 他に似たような販売店があったにもかかわらず、何(どの部分)が決め手となって当店でご購入いただけたのでしょうか?

とお伺いしてみました。

実際に補聴器をお使いになっていかがですか?素直な感想をお聞かせください

シンプルな内容ですが、前の補聴器より聞きやすくなり、何よりです。ただ、個人的には、もう少し聞こえさせたいかなと感じているのですが、状況に応じてボリュームで可変し、聞きやすくしたり、音を抑えられるようにし、よりよくなったと聞き、良かったと思っています。

他に似たような販売店があったにもかかわらず、何(どの部分)が決め手となって当店でご購入いただけたのでしょうか?

大変恐れ入ります。補聴器は装用状況がわからないと感覚のみで判断することとなりますので、状況を理解いただきつつ、どのようにしていけば良いのか。それがわかりやすかったのであれば、幸いです。

お客様からは、このような評価をいただきました。素直に評価いただき、まことにありがとうございます

なお、実際に記載いただいた内容に関しては、以下の通りとなります。

アンケートへのご協力誠に感謝いたします。

まとめ

以上、T・Mさんの症例でした。こちらは、老人性難聴で中等度難聴の方の例になります。初めは良かったものの聞きにくくなってから調整に何度か通うものの、あまり状況が改善されないため、こちらにお越しになりました。

そのような場合ですが、まず始めに行うのは、状況の確認となります。感覚だけでは、補聴器を装用してどのくらい聞こえているのか。聴力に対し、どのくらい聞こえると良いのか。その理想と現実を理解するところが重要です。それを理解せず、闇雲に調整しても、目指す方向すらわからない状況では、良くなっているのか、そもそも良い道に進んでいるのかもわかりません。

T・Mさんの件では、初めにそれを行なった結果、あまり音量に関して入っていないことがわかりました。ただ、実際に調整していくと、どちらかというと音量に関しては、大きく入れると、大きく音を感じすぎる、長時間使うことを考えると厳しいというところもありました。

そのため、その落とし所として、上記のような調整にしました。標準の音量を長く使用できる状況にし、所々、補聴器に搭載されているボリュームで調整し、使い勝手が良い仕様にし、ご本人的にも満足され、何よりです。

こちらとしては、もう少し改善させたいなというところはあるのですが、ひとまずできるところまで行い、より状況が改善されたのであれあば、こちらとしては、良かったなと感じています。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム