音が大きい(辛い)

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法

補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくしているせいか、様々な音も聞こえてきますし、中には、聞こえてくる音そのものが辛い方もいらっしゃいます。この場合、耳の状況が特殊なケースから、単に補聴器から音が強すぎる場合まで様々です。

どのような状況下も現状をお伺いし、その状況から考えられる事を推測。そして、調整に繋げていきます。あくまでも当店でやっている事ですが、参考になれば幸いです。

結論から

結論から記載しますと、耳の状態を調べ、補聴器の状態も調べ、ヒアリングをしながら、調整していきます。音が辛いという場合、考えられるケースは

  • 全体的に音が大きいケース
  • 大きな音がキツいケース
  • 音の質が気になるケース

の三つしかありません。

全体的に音が大きいケースでは、ヒアリング&補聴器の特性を調べながら、音を下げ、大きな音がキツいケースは、不快閾値という数値を測定を行って、それを元に調整し直します。音の質が気になるケースは、単純に補聴器の音質を変化させます。

全体的に音が大きいケース

全体的に音が大きいケースは、単に全体的に音量を下げて対応します。こちらが原因の場合、単に物音が大きい、補聴器を装用すると全体的に騒がしいという方が多くなります。

こちらの線を調べる場合は

  • 聴力測定
  • 音場閾値測定
  • 補聴器の特性測定

の三つを使います。聴力に対し、どのくらい音を入れているのか、そこを見る事で、おおおよその部分が理解できます。

なお、測定をすると大きすぎるというケースは、ほとんど見受けられません。うるさいと言われる場合でも、実際には、聞こえるようになると良いラインまで来ていないケースの方が多くなります。

大きな音がキツいケース

大きな音がキツいケースは、出力の制限をかけて改善させます。その後、全体的な音の音量調整も行うとより改善しやすくなります。

補聴器には、最大出力と呼ばれる出力の制限をかける事ができます。耳の不快閾値測定というものを行い、その方の、不快に感じる音量を測定。その後、その数値を入れたうえで、補聴器の調整を行っていきます。このようにすることで、大きな音は、効果的に抑える事ができます。

不快閾値測定とは、その方が大きい音を聞いて耐えられる部分と耐えられない部分を調べるものです。耐えられる限界値まで調べる事で、それ以上の音量を抑えられます。

しかし、これだけでは改善しない事が多いため、こちらを利用した調整の後、全体的に音に関して整えれば、良好になる事が多いです。

不快閾値測定に関して知りたい場合は、こちらをどうぞ

リンク:補聴器を耳に合わせる際に使われる不快閾値測定とその活用方法

音の質が気になるケース

音の質が気になるケースは、単に音の質を変化させます。補聴器は、音響機器ですので、イコライザーのような形で音質も変化させられます。

基本的に1000Hz(中音域)を起点として

  • 低域を大きくして、高域を下げると音がマイルドに
  • 低域を低くして、高域を上げると音がシャープに

それぞれ音質が変化します。色々と試してみて、音を変化させる事もできます。

補聴器の調整には、

  • 医療的観点で行う調整
  • 音響機器上の観点で行う調整

の二つがあります。医療的観点で行う調整は、単に聴力に対し、足りない部分を補うやり方です。言い換えれば耳にフォーカスしたやり方と言えます。しかし、この方法だけではうまくいかないのは、周知の事実で、こちらがあるため、補聴器の音の微調整があります。

一方、音響機器上の観点で行う調整は、単に音の質を変化させたり、声の部分をより強調させるという調整です。耳の状態というよりも、聞こえてくる音にフォーカスして調整するやり方といった方がわかりやすいかもしれません。

補聴器から聞こえてくる音の質がキンキンしすぎて辛かったり、低い音が入りすぎて、モコモコするような事があれば、上記のような調整をすると、楽になる傾向があります。

聞こえてくる音が辛いという場合は、ご参考に

聞こえてくる音が辛いという場合は、このような事をして、改善させていきます。基本的には、音を下げる事が中心になりますので、聞こえにくくなって音が楽になるけれどもその部分の音は、聞きにくくなります。人は、音を物で認識しますが、機械は、周波数と音量でしか認識できません。この違いがあるためです。

しかし、もしお辛い事があれば、調整または、買い換えの時に、このような事をしてもらってみてはいかがでしょうか。少しでも状況の改善に繋がれば幸いです。

このページに関連する内容

補聴器使用時に起こるこもり(自分の声がこもる)を改善するには補聴器を使用する際に気になりやすいのは、耳の閉塞感や自分の声がこもる、低く頭で響いた感覚がある。などになります。これらのものは、補聴器を使用する際に必ず起こるものです。こちらの軽減方法についてまとめてみました。...

補聴器に関する他の内容

8つ+αの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめ軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお困りの方へ】お気軽にご相談ください

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

  • ご自身のペースで相談できる予約制によるご対応
  • 実際の職場や日常生活上で試せる補聴器の無料貸出
  • 図解による説明や補聴器の効果を可視化してご説明

これらを行い、聞こえにお悩みの方の改善やご対応をしています。お困りの方は、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。

お店の特徴を見るお客様の改善事例