耳が痛い

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を

補聴器を使用していて、耳に痛みを感じた場合は、なるべく早めに補聴器屋さんに相談してみましょう。

どのような補聴器を使っているか。により、改善方法は、変わりますが、家にあるものでどうこうできる事は、ほとんどありません。

痛みが酷い場合は、一旦、使用するのを休め、耳の痛みが引いてから、また、使用することをお勧めします。

痛みが出た時の基本

痛みが出た場合は、一旦、耳を休ませるか。使っていても、辛くなりすぎない場合は、そのまま使っても大丈夫です。

ただ、痛みを感じている。ということであれば、辛くなくても、徐々に酷くなる可能性もありますので、なるべく早めに補聴器屋さんに行き、状態を見ていただいた方が良いです。

痛みというのは、耳の中で痛くなったり、耳にかける補聴器を使っている場合は、かけている部分が痛くなったり、様々です。

どのようなケースにおいても、早めに対応できると、酷くなる前に対応していただけます。

痛みの原因とその改善方法

これは、使用している補聴器によります。

  • 耳にかける補聴器(耳かけ形補聴器)
  • 耳の中に入れる補聴器(耳あな形補聴器)

で分けていきます。

耳にかける補聴器(耳かけ形補聴器)

耳にかけるタイプでは、このような種類があります。ものにより、少し変わります。耳にかけるタイプでは、このような種類があります。ものにより、少し変わります。

耳かけ形補聴器の場合、痛みを感じる部分は、

  • 耳の上の部分
  • 耳の裏の部分
  • 耳の中の部分

の計、三つがあります。

そのうち、耳の上の部分、耳の裏の部分が痛む場合は、対策が同じです。

耳の上の部分&耳の裏の部分が痛む

こちらは、この耳にかかっている部分と

耳の裏の部分が痛くなった場合になります。

この部分が痛くなる場合は、補聴器によって変わります。

こちらは、RIC補聴器(リック)と呼ばれるもので、小型の耳かけ形補聴器です。こちらは、RIC補聴器(リック)と呼ばれるもので、小型の耳かけ形補聴器です。

このような細い線を使用するタイプ、これは、RIC補聴器。というものになるのですが、この場合は、結構複雑で、

この線のサイズは、色々あり、変えられるようになっています。ご自身に合うものを試しながら、探してみましょう。この線のサイズは、色々あり、変えられるようになっています。ご自身に合うものを試しながら、探してみましょう。

線(サイズ)を変えるか

耳の上が痛くなるケースの中には、補聴器が大きく、その重みで、痛むケースがあります。その場合は、補聴器そのものを小さいものに変え、負担を軽くする。というのも改善する方法の一つです。耳の上が痛くなるケースの中には、補聴器が大きく、その重みで、痛むケースがあります。その場合は、補聴器そのものを小さいものに変え、負担を軽くする。というのも改善する方法の一つです。

補聴器そのものを変えるか。になります。

補聴器そのものが大きく、耳に食い込みやすい形のものですと、痛みを感じやすい傾向があります。

その場合は、耳のサイズが合っていないか。補聴器そのものがその耳に対して、少し重く、耳に負担がかかっているケースが多いです。

どの補聴器にも、このようにサイズがいくつかあります。どの補聴器にも、このようにサイズがいくつかあります。

サイズが合っていない場合は、その部分を交換することにより、改善できます。

また、補聴器そのものが重い、大きくて耳に負担がかかっている場合は、小さいタイプに変更することで改善しやすくなります。

ただ、この部分は、試聴の段階だと、簡単なのですが、補聴器を購入した後の場合は、なかなかできることではありません。※実質、新しいものを買うことを意味します。

そのような場合は、まず、サイズを変えてみて、痛みが引くかどうか。行なってみると良いです。

上記のものと、異なる耳かけ形補聴器。こちらは、標準形になります。上記のものと、異なる耳かけ形補聴器。こちらは、標準形になります。

次は、標準タイプのものです。

白い透明なチューブの部分の長さは、自由に調整できますので、ここのサイズを調整し、痛みが引くようにします。白い透明なチューブの部分の長さは、自由に調整できますので、ここのサイズを調整し、痛みが引くようにします。

標準タイプの場合はチューブの部分を変えることにより、改善することが多いです。

チューブの部分を短くしすぎたり、長くしすぎると変な位置に補聴器が置かれ、それにより、擦れたり、負担がかかり、痛みを感じることがあります。

まずは、一般的なチューブで、長さを合わせ、改善してみて

太めのチューブを使うと、耳に補聴器ががっちり固定できるようになりますので、擦れたりすることは、少なくなります。太めのチューブを使うと、耳に補聴器ががっちり固定できるようになりますので、擦れたりすることは、少なくなります。

それでもダメな場合は、硬めのチューブ(太めのチューブ)で、固定してあげると改善しやすくなります。

耳の中の部分が痛む

こちらに関しては、どのようなものを使っているかで分かれます。

耳の中に入れるものには、

  • 耳せん
  • イヤモールド

の二つがあります。

既製の耳せんは、あう人は良いのですが、合わない人もいます。既製の耳せんは、あう人は良いのですが、合わない人もいます。

このような既成の耳せんを使用している場合は、耳せんのサイズを変えるか、イヤモールドという耳の形をとり、その人、専用の耳せんを作れると、改善しやすくなります。

イヤモールドとは、このようなものです。その人の耳の形をとって作る、その人、専用の耳せんです。

既成の耳せんは、誰にでも合うように作られているため、誰にでも合わないようになります。

基本的に誰にでも合うように作ると、誰に対しても合わないようになります。耳の形は、人それぞれ全然違うためですね。

ですので、耳せんのサイズを変えてみたり、複数のものをやってみて、改善しないようなら、耳の型を採取して、ご自身の耳に合ったものを使えると、改善しやすくなります。

なおイヤモールドにより、耳が痛い。ということがあれば、すぐに作り直しをした方が良いです。

そのような場合は、だいたい耳につけると、耳がきつかったり、耳の中に無理矢理入っている感覚があったりします。

仮にそのようなことがなくても、靴づれのように、使用しているうちに痛くなるケースもあります。

イヤモールドは、製作から、3ヶ月以内は、無償で作り直せる期間があります。この期間内に対応してもらいましょう。

期限もあることから、早々に対応してもらえると、早く楽になりますし、お金もかからず、対応してくれます。

耳の中に入れる補聴器(耳あな形補聴器)

耳あな形補聴器の場合、痛みを感じるケースは

  • 耳の中に入れていて痛みを感じる

こちらのみになります。

こちらの場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、型の作り直しを依頼できるとベストです。

耳あな形補聴器には、製作から、3ヶ月間、無償で形の作り直しができるようになっています。その無償期間中に対応してもらえると、お金もかかりません。

そのようなケースは、耳の中がきつく感じたり、非常に圧迫感が強かったりします。

その傾向を感じた場合、しばらく使ってみて、痛みを感じるようなことがあれば、修正の依頼をした方が、今後のためにも良い状態のものを使えるようになります。

耳あな形補聴器には、いくつかありますが、これは、どのタイプにも言えます。

なお、耳の中が痛くなる。というのは、私の経験上、多くても10〜15%くらいの確率で起こります。

そう起こるものではありませんが、起こってしまった場合は、早々に対応してもらいましょう。

痛みを感じた場合は、気軽に相談してみましょう

痛みや何か気になることがあれば、気軽に相談してみましょう。早ければ早いほど、痛みも楽になりますし、酷くなる前にこちらとしても、対応できるので、対応しやすくなります。

痛みがある状態というのは、良い状態ではありませんので、なるべく早々に対応できるとベストですね。

上記に記載したのは、あくまでも、その一例になり、もしかしたら、補聴器屋さんによって、少し異なる部分は、あるかもしれません。

ただ、早々にいくことで、何かしらの対応はしてくださるかと思いますので、お願いしてみましょう。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧