補聴器のこと

聴覚医学会が出した補聴器適合検査の指針が異常に効果が高い理由がわかった気がする

本日は、お休みなのですが、自分にとってちょっとした発見があったため、ブログへ。個人的に考えさせられるツイートがあったため、自分の発見と共に共有しようと思います。

基準について考えさせられるツイート

内容に関しては、こちら。

こちらの内容は、放射線に関わるツイートで、国が出した基準に関して信じられない人たちへ向けた一言ですが、個人的には、非常に考えさせられました。

私の場合、思ったのは、補聴器業界のあることに関してです。この内容をみた際に「なるほど、それで!」と感じることがありました。そう補聴器の効果、適合検査に関して、一つの見解を示した聴覚医学会が出した補聴器適合検査の指針2010です。

リンク:補聴器適合検査の指針(2010):聴覚医学会

なぜ基準が高いのか、それは、発言に責任を持つから

この適合検査の指針ですが、補聴器を調整する側からすると結構、基準が高い状態です。この点に関して、普段から私の方で疑問を感じていまして、その疑問は

  • 補聴器適合検査の指針を参考にすると改善の評価が高い
  • なぜこれほどまでに良い内容を作ることができたのか

の2つです。

私の場合は、こちらの内容のいいとこ取りをしていまして、補聴器を装用した状態を必ず測定し、数値化して、今どのような状態かを見るようにしています。

そして、ここまで聞こえると良いという目標値を定め、調整しているのですが、その目標値は、ほとんど聴覚医学会が出した補聴器適合検査の指針を参考にしています。その理由ですが、単にそこまで改善できれば効果が高いためです。

補聴器適合検査の指針は、補聴器販売店が行うことを考えた内容ではなく、医師がおこなうことを前提にした検査指針です。が、「補聴器販売店は、こちらの検査をやっちゃダメ!」と言われていないことをいいことに、私の場合は、応用できるものは応用してやっています。お客さんの聞こえが、それにより、よくなるなら、やらない手はありません。

しかし、一方でこれらのことを行い、効果が出るのは、非常にありがたい限りなのですが、気になったのは、どうしてこれほどまでに良い内容を作ることができたのか。という点でした。

その理由は、上記のツイートを見たときに全てが理解できました。医師会の見解として出すなら、それなりの根拠やそこまで達成できたら「聞こえの効果(改善)が得られる」というところまでやらなければ信用を落とすことになりかねません。

もちろん、補聴器は耳を治す道具ではないため、聞こえを改善させるのも限度があります。が、指針を出すことにより、できるかぎり、補聴器の効果や聞こえにくさを改善させることは、必要です。その効果をなるべく出すための指針が上記のものです。

個人的に「なるほど、それでか!」と思いました。これは、自分なりに大きな発見です。

この内容をどう利用するかはあなた次第

さて、この内容をどう利用するかは、この内容を読んだあなた次第です。

販売する側であれば「なるほど、このようにやればいいんだな」と考えれば、お客さんにより尽くすこともできますし、補聴器を使う側であれば「これだけ聞こえるようになれば良いのか」という勉強にもなります。※書いてある内容は、専門書レベルですので、解読できなくても無理はありません。そこだけ要注意。

今は、知識社会。なんだかんだ言って調べることで、どのようなものなのかはわかります。いや〜今日はいい発見があった。

ABOUT ME
深井 順一 / 難聴の補聴器調整者
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧

関連する記事
補聴器のこと

私がクロス補聴器の情報発信をしている理由

2016年8月15日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
最近、クロス補聴器の件で「こんな道具があると初めて知りました」「医師にも紹介されなかったのですが、これを使ったら良くなりました」と御礼を言われる事が徐々に増えてきており、自分自身で …
補聴器のこと

補聴器とスマホを連動させるアプリについて、考えてみた

2015年6月9日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
今現在、音声認識に関する内容が増えてきていますね。実際に、難聴の方、聴覚障害の方、向けに音声認識技術を利用したシステムを提供しているところも …