老人性難聴の改善

【職場で聞きやすく】老人性難聴で聞きにくくなった方を補聴器で改善

50代、女性。老人性難聴により、聞きにくさを感じていたため、当店へご来店いただき、聞こえの改善を行いました。50代半ばから徐々に聞きにくさを感じるようになり、主に職場での聞き取りに難が出てきた状態でした。

状況を確認し、改善を行なった結果

  • 職場での会話はしやすくなった
  • 今まで聞きにくかったアラーム系も聞きやすくなった
  • 周囲の人とのお話もしやすくなった

とのことでした。聞きにくさが改善でき、こちらとしては、何よりです。

では、どのように改善を行なっていったのでしょうか。その点に関して、まとめていきます。

お客様の状況

まず、お客様の状況ですが、

  • お名前:Y・Sさん
  • 性別:女性
  • 年齢:50代
  • 聴力:軽・中等度の難聴
  • 病状:老人性難聴と診断
  • 主訴:主に職場で聞きにくさを感じる

となります。

聴力は、お店で測定した限り

このような状況でした。低い音は、まだ聞こえやすく、音が高くなるとなるほど、聞こえにくさを感じるようになります。両方とも同じような聴力でした。

ご自身の今の状況ですが、まだまだ働いており、職場の人との会話がしづらくなってきた。また、オペレーションの受け答え(電話)がしづらい。という状況でした。

日常生活も聞きにくいことにより、ちょっとしたことでわからないこともあるようですが、それ以上に職場、仕事上で聞きにくさを感じている状況でした。

ということで、状況を見つつ、改善を行なっていきます。

改善への考え

改善への考えには、

  • どのような補い方をするのか
  • どこまで補聴器で補うのか

の二つがあります。それぞれ、別に記載していきます。

どのような補い方をするのか

結論から言いますと、聴力低下している耳、両方に補聴器を装用し、改善していくこととなりました。

聴力に関しては、高い音が低下しており、音声がはっきり聞こえにくくなる傾向がある聴力になる。聴力に関しては、高い音が低下しており、音声が理解しづらくなる聴力になる。

状況ですが、聴力は、上記の通りです。補聴器で改善させていく場合、そのほかの判断材料として、音声の理解度がどれくらいあるのか。があります。

それを実施した結果がこちらです。こちらが低いと残念ながら補聴器の効果は乏しくなってしまうため、そもそも補聴器を装用して、改善して良いのか。効果が上がるのか。を見ていきます。

数値の意味は、このようになります。補聴器の効果の有無は、一番良い部分を見て、判断していくのですが、基本的に50%以上あれば、補聴器の効果は望めるとされています。

Y・Sさんの場合、両耳とも良い状態で、かつ、あげられることがわかったため、両耳とも補聴器を装用し、できる限り、聞きにくくならないようにしていくこととなりました。

どこまで補聴器で補うのか

聞こえにくくなった耳に補聴器を装用する場合、どこまで聞こえを補うのか。その点も見ていく必要があります。

結論から言えば、上記の状態がY・Sさんの状況から出した目標値です。△が補聴器なしの状態で、赤い△が補聴器で目指す目標値になります。

まず補聴器で改善できる数値を説明しますと

世界保健機関WHOの基準。補聴器は、だいたい30〜40dBくらいまでの改善ができる。逆にいえば正常の範囲内には、行かないとも言える。なお、無理にやれば数値上は達成可能。ただし、周囲の音がやたらと大きくなってしまったり、周りの音に阻害される。ということも起こりやすくなる。難聴の基準は、世界保健機関WHOの基準。補聴器は、だいたい30〜40dBくらいまでの改善ができる。逆にいえば正常の範囲内には、行かないとも言える。なお、無理にやれば数値上は達成可能。ただし、周囲の音がやたらと大きくなってしまったり、周りの音に阻害される。ということも起こりやすくなる。

このようになります。0~10dBが聞こえている人が反応する数値で、0~24dBは、正常の範囲になります。そして、それよりも下になると難聴の分類になります。

では、補聴器を装用して改善できる数値はどこか。というところなのですが、今現在の状況では、30~40dBくらいの間が多いです。上記の図で表すと▲で表されている部分です。その改善できる数値、いわゆるこの方の目標改善値を出したのが、先ほどの図となります。

そこを目指して、調整を行い、状況をよりよくしていきます。

なお、上記のものは、あくまでも目標値ですので、それよりも改善できるのであればより改善させますし、そこまでが難しい場合は、耐えられる範囲内に収めます。必ず、何が何でもその数値を目指さなければならない訳ではなく、状況を見ながら、

  • 使える範囲内であること(うるさすぎて外すことがない)
  • 聞きやすくなること

の二つを目指して、改善を行なっていきます。

実際の状況

実際に改善させていった流れに関しては

  • 初回と試聴
  • 補聴器選定
  • 最終チェック

に分けて記載していきます。

初回と試聴

初回時ですが、まず状況をお伺いしつつ、上記の説明を行いました。その後、実際に補聴器の試聴を行います。

初回は、耳にかけるタイプを試聴。その結果がこちら。結構音は補ってもうるさくは感じないようで、初めからこのくらい入れて改善させた。初回は、耳にかけるタイプを試聴。その結果がこちら。結構音は補ってもうるさくは感じないようで、初めからこのくらい入れて改善させた。

実際に初めて試聴した際のデータがこちら。数値に関しては、結構、改善が大きいのですが、音が大きすぎたり、きつい感覚はなく、使い続けられる音量。との状況でした。

ということで、このまま実際に貸し出しを行い、どのように変化するのか。それを見ていくことになります。

二週間ほど使っていただくと

  • オペレーションの受け答えはしやすくなった
  • 周囲の人(職場で)との会話はしやすくなった
  • 今まで聞きにくかったアラーム系の音が聞こえるようになり、良くなった

とのことで、補聴器がある方が状況の改善がされることがわかり、補聴器を考えていくこととなります。

補聴器の選択

補聴器の選択ですが、Y・Sさんの場合、選べる要素として

になります。

補聴器には、いくつか種類があるのですが、主な選択は、耳にかける耳かけ形か、耳の中に作る、耳あな形の二つがあります。

耳かけ形の対象は、RIC補聴器、通常耳かけ形タイプが対象で

耳あな形の対象は、カナルタイプ、CIC補聴器タイプが対象になります。

結論から記載しますと、CIC補聴器タイプに決定しました。オペレーターという仕事柄、どうしても電話が多く、それを気軽にできるものが良いとのことで、それがしやすいタイプにしました。

CIC補聴器を耳に装用した図。小さいため耳の中に入り、マスクを常に使ったり、ヘルメットをかぶる、メガネをかける方は、邪魔になりにくいという特徴がある。CIC補聴器を耳に装用した図。小さいため耳の中に入り、マスクを常に使ったり、ヘルメットをかぶる、メガネをかける方は、邪魔になりにくいという特徴がある。

この補聴器は、こんな感じに入れることができる補聴器ですので、極力邪魔になりにくいのが特徴です。

ただ、CIC補聴器の場合

  • 自身の声が大きく感じやすい
  • 噛む音が大きく聞こえやすい
  • 耳の中で痛みが生じることがある

というような欠点があるため、実際に制作し、そのようなことがないか。もしくは、使える範囲内なのかを確認していくこととなります。

最終チェック

補聴器で聞こえを改善させていくには、チェック項目が二つあります。それは

  • 聞こえの部分はどうか
  • 耳あな形の欠点はどうか

の二つです。

聞こえの部分はどうか

最終的に聞こえの部分は、このように改善させました。

CIC補聴器を製作して、測定した結果がこちら。初めに装用した状態のものより一部はよくなり、一部は低下。ただよくなっている部分も低下している部分もひとメモリ分しかないため、そこまで大きく変化はしていない。CIC補聴器、調整後測定した結果がこちら。初めに装用した状態のものより一部はよくなり、一部は低下。ただよくなっている部分も低下している部分も1メモリ分しかないため、そこまで大きく変化はしていない。なお、目標は、ほぼ達成。

初回の貸し出し時の状態はかなり良い数値だったのですが、その状態で、日常生活、職場で使っていただいたところ、そこまで音が大きく感じず、かつ会話や仕事の際、かなり聞きやすくなっていたようでした。そのため、その状態を目指し、調整していきました。

数値の状態は良い状態ですね。

耳あな形の欠点は

では、耳あな形の欠点部分はどうか。と確認していったところ

  • 耳が痛む、きついということはない
  • 自分の声は、少し大きく感じるが耐えられる範囲内
  • 噛む音は少々大きく感じるが、使っているうちに慣れてきてしまった

とのことで、良い状況でした。

まとめ

補聴器を使った時の改善値、そして、耳あな形使用時の欠点は、そこまで大きくなることはなく、かつ、使用時間もかなり伸びていたため、そのまま決定になりました。

お客様の評価

実際にご相談いただいたお客様にアンケートをお取りし、お伺いしてみました。

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をつけて見ていかがでしょうか?

このお店で購入(相談)した理由はなんでしょうか?

実際のアンケート

アンケートにご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

改善のポイント

さて、こちらの方の改善のポイントは

  • ちゃんと音を入れることができたこと
  • 仕事の状況柄を理解し、それに合う形状を選択できたこと
  • 耳あな形補聴器の使用時が良かったこと

の三つです。

ちゃんと音を入れることができたこと

一番の要因は、こちら。ちゃんと音を入れることができたことです。

上記に紹介した通りですが、初めから、音を大きく入れたり、それなりに入れても、日常生活、職場での環境時で、すんなり使えていた状態でした。そのおかげで、音声に関しても聞きやすくなったり、アラーム系の音にも気がつきやすくなり、改善ができました。

補聴器の場合、一番重要なのは、この改善値です。これが良くなると良くなるほど、よく聞こえる傾向があります。そして、その部分が足りないと急激に聞きにくさを感じるようになります。この部分の改善度は、人によって少々分かれる点はありますが、調べられる周波数を全体的に改善させてあげると、それなりに効果を感じるようになります。

それでも耳を治せる道具ではないため、聞き漏らしたり、聞きにくい時は、出てしまうのですが、そのような部分をなるべく少なくすることができます。

その部分をちゃんと入れられたのが改善にとって一番大きいですね。もちろん、両耳装用し、バランスよく音を入れられたことも、大きい要素になります。

仕事の状況柄を理解し、それに合う形状を選択できたこと

補聴器の形状にはいくつかあるのですが、状況によっては、使いづらくなったりします。特にオペレーター、オペレーション的な仕事をする方には、耳かけ形は、使いづらいため、使いやすい耳あな形にしたのもよかった点ですね。

それぞれの利点を見て、使う人が使いやすいものを選べると、状況をよくする。ということはしやすくなります。

耳あな形補聴器の使用時が良かったこと

最後は、耳あな形の欠点がそこまで欠点にならなかったことです。上記に紹介した通り、耳あな形は、どうしても

  • 自分の声が大きく聞こえやすい
  • 自分の声がこもって聞こえる
  • 咀嚼の音が大きい

が起こりやすい状態です。そのほか、人によっては、耳の型を採取して作った形状が合わず、耳の中が痛くなることもあったりします。

これらの部分を確認し、使える範囲内だったり、あまりなかったのも良かった点になります。

なお、あまりにも上記の部分が気になる場合は、耳あな形ではなく、それらがまだ軽減しやすい耳かけ形補聴器の方が使いやすくなります。

老人性難聴の改善のまとめ

以上、老人性難聴の方の改善例でした。ポイントは、改善でまとめた通り、ちゃんと音を入れること、そして、補い方からしっかりと行うことです。それらができれば、おおよそ改善できるところまでは、改善できることが多いです。

それをしたとしても耳が治るというところまではいかないのですが、それなりに改善できるようになります。

あとは、ご自身の状態に合わせて使いやすい補聴器を選べると良いですね。もちろん気にいる補聴器でも構いません。形状による違いは、確かにありますが、それ以上に音をしっかり補うことの方が、聞こえの改善の影響度は、高くなりますので、その方が重要です。

ということで、こちらの内容が改善させる上で参考になれば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧