老人性難聴の改善

【より聞きやすく】片耳、老人性難聴、片耳、突発性難聴の方、補聴器で改善しました

80代、女性。元々、補聴器を使用されていたのですが、以前の補聴器販売店では、うまくご相談ができず、聞きにくい状況が長く続いていた状態でした。現状聞きにくいことでお困りであることから、ご家族と共に当店へお越しになりました。

耳の状況は、複雑な状態でしたので、色々と試しながら改善をさせていった結果

  • 非常に聞きやすくなった
  • ご家族の方との意思疎通もしやすくなった

とのことでした。聞きにくさが改善され、こちらとしては、何よりです。

では、どのようにして改善していったのでしょうか。こちらに関して記載していきます。

お客様の状況

お客様の状況ですが、

  • お名前:M・Kさん
  • 性別:女性
  • 聴力:左側、重度難聴、右側、高度難聴
  • 症状:左側、突発性難聴、右側、老人性難聴
  • 備考:他店で相談するものの、あまりうまく行かず

という状況でした。聴力に関しては、

聴力は、両方とも重く、右側の方がまだ良い状態だった。聴力は、両方とも重く、右側の方がまだ良い状態だった。

このように左右で聞こえが異なる状態でした。※こちらは、耳鼻科さんで測定された聴力データ(ご持参)です。

補聴器に関しては、まだ聞こえの良い側の右側へ使用されていたようですが、他店で調整してもらったり、対応してもらうものの、うまく使えなかったり、聞きにくさが強く残ってしまっていることから、あまり使用されていない状況でした。

しかし、実際に聞きにくいことにより、ご家族からのお話やご自身がお話する機会に困ってしまうことが多く、その現状をより良くできないか。そのため、お店を探している状況でした。

ちょうど、身体障害者手帳を取得され、新しく補聴器に関して考えているということで、一から、改善できるものをお求めになり、こちらへご来店になりました。

ということで、この状況をより良くしていきます。

改善への考え

この様な聴力の場合、改善の仕方が人によって分かれる。悪い側の明瞭度が測れないのが痛い。この様な聴力の場合、改善の仕方が人によって大きく分かれる。悪い側の明瞭度が測れないのが痛い。

さて、まずは、現状を理解していきます。このような聞こえの場合ですが、左側は、これほどまでに聴力低下すると補っても聞こえの効果が薄くなることが多く、片耳のみに補聴器を装用して改善させるか、より改善させるために、バイクロスで補うか。の2択になります。

右耳は、15年ほど前から補聴器を使っており、ここまで聴力が下がる前から使用していたことから、右側を中心に改善していくことに。問題となったのは、左側で、突発性難聴になって年月もかなり経過しており、かつ聴力低下も重いことから、両耳装用というよりも、片耳かバイクロスか。と、考えをまとめていきました。

バイクロスとは、少し特殊な補聴器になるのですが、聞こえを補えない耳側にクロスと呼ばれる、まだ聞こえる耳側へ転送する機器を起き、聞こえる耳側へ、転送する機器になります。

聞こえを補える耳側は、補聴器の役割をして補い、聞こえを補えない耳側は、音を転送して補うようにします。そのため、片耳で全ての音を聞く機器になります。

そして、ご年配の方の場合は、あくまでも私が注意していることですが、

  • 補聴器をちゃんと扱えるもの(装着や操作など)
  • 聞こえを改善できるもの

の2つを考えながら行なっていきます。

実際の対応

こちらでは、

  • 初回の対応
  • 調整と改善の第二ステップ
  • 片耳のみの補聴器かバイクロスか
  • 補聴器の選定

の4つに分けて記載して行きます。

初回の対応

はじめに状況に関してお伺いさせていただき、補聴器についてご相談。ご家族様としても、できる限り改善をさせてあげたいとのこともあり、かつ、手帳での申請もあり、まずは、全体的に理解していただくため、申請の範囲内での試聴に。

▲は、補聴器をつけた時の聞こえの数値。この数値が上に行くと上に行くほど、聞こえがよくなっている。▲は、補聴器をつけた時の聞こえの数値。この数値が上に行くと上に行くほど、聞こえがよくなっていることを表す。

その時に試聴した補聴器の状況は、このようになりました。改善値は、なかなかですが、できれば、もう少し改善が欲しいところです。

補聴器の基本は、どれだけ補聴器で聞こえが改善できたかになります。上記の数値がよくなるとよくなる程、聞こえにくさは、軽減される傾向が出ます。K・Mさんのような聴力からすると、できれば、赤い△のあたりまでは、改善させたかったのですが、上記の状況でも、少し大きく音が感じるようで、まずは、そこからのスタートとなります。

次は、良いものでやってみて、どのくらい改善値が異なるのか。その点もみてみることにしました。

なお、はじめは、かなり音が大きい……と、補聴器の適合がなかなかうまく行きませんでした。そのため「もしかして?」と、聴力に関して測定し直し。

すると、主に低域の部分は、もう少し軽いことがわかりました。そのデータで調整すると、無事、大きいという感覚は、少なくなり、OK。

聴力測定は、どうしても相手の反応の良し悪しで異なったデータが取れてしまうため、ご年配の方の場合は、特にデータを疑いながら、調整していく必要があります。

幾日か、貸出しし使用していただいた結果、騒がしさはあるようですが、ある程度は聞きやすくなっており、意思疎通や会話はしやすくなっているとのことでした。また、取り扱いに関しては、良く、ご自身で使用できる状況でした。その点は、クリアですね。

とはいえ改善の数値も低いといえば低いので、もう少し改善できないか。補聴器の選定を含め、調整を煮詰めていくことになります。

調整と改善の第二ステップ

状況を整理しますと、周囲の音が結構、大きく聞こえてしまうようで、その点を考慮しつつ、補聴器を変えながら行なっていくことになります(主に性能ですね)。

その人、専用の耳せんを作ることもある。聴力が重いと、ほぼ必須になる。その人、専用の耳せんをイヤモールドと呼ぶ。聴力が重いと、改善させるには、ほぼ必須になる。

また、聴力が重い方は、そのままだと、満足に補うことが難しくなります。音を強く出そうとするとするほど、ハウリングという現象が起こり、使いづらくなってしまいます。そこで、イヤモールドというものを作り、しっかりと補える様はじめのうちに作り、一気にここから、改善させていくことにしました。

一歩、一歩、進めて改善。一気に改善できる人は、改善しても良いが、それができない方は、一つずつ改良して行く。一歩、一歩、進めて改善。一気に改善できる人は、改善しても良いが、それができない方は、一つずつ改良して行く。

結論から言いますと、結構な良い補聴器を使用することと、何回かに分けて、使っていただきながら改善を行なったところ、最終的にここまで、改善。

無事、目標値までは、改善させることができました。使っていただいた評価としては、周囲の音は、そこまで気にならず、何よりも会話が非常にしやすくなっているようで、補聴器を変えることで、一気に良くすることができました。その効果は、ご本人様もそうですが、何より、ご家族様が強く感じており、効果は、間違いなく異なっている状況でした。

改善の仮説ですが、性能が良いものとそうでないものの大きな違いは、周囲の音や周りの音の抑制機能が強く働くか、そうでないか。そして、騒がしいところでの、聞き取りをなるべく邪魔しないようにする機能が強く働くか、ほとんどないか。になります。

補聴器で改善できる基本の改善値は、性能により、大きく変わることはないのですが、周囲の音が大きすぎて基本の改善値まであげにくい、もしくは、特定の音が気になってしまってあげにくい。という場合は、その音を抑制する機能がついているものがあった場合、効果的にその部分を抑制させ、結果、全体的な聞こえの底上げをすることができたりします。

実は、この部分は、私の中でまだ仮説の段階で、本当にその通りに改善できるのか。検証中(確認中)だったのですが、ちょうど、それをできる方がいらっしゃいましたので、改善できるのであればやってみよう。と、実際にやってみた結果、想像以上によくなりました。

なお、途中経過ですが、実際には、上記の数値にあげる前に

このくらいにして、音量を調節しました。その後、日常生活を通じ、ボリュームで音量を下げたりせず、かつ、音が大きくて苦痛な感覚はなかったとの確認を経て、最終的には、改善できる数値まで引き上げました。もちろん、最終調整の状態でも、苦痛な感覚は、無いとのことで、良好でした。改善できて、何よりですね。

片耳での改善は、ここまでできることがわかり、次の段階へ進むことになります。

片耳のみの補聴器かバイクロスか

さらに聞こえを改善させるべく、次は、バイクロスに関してお話し、やってくことになります。

結論から言いますと、あまり聞こえの改善がされず、効果があるのか、良くわからないということで、やめに。操作に関しても少し面倒にもなってしまい、使いやすさ、そして、効果の面を考えて、片耳のみ補聴器を使用するようになりました。

補聴器の選定

基本的に補聴器の選定ですが、一応、補聴器には、

これらの種類があります。しかし、聴力が比較的重く耳あな形はハウリングという音漏れのリスクがかなり高くなるため、耳かけ形補聴器で補っていきました。

形状に関しては、このような形をしたものになります。一般的な補聴器で、ちゃんと補えることも確認し、取り扱いにも問題なく、使用できましたので、良い状態でした。

お客様の声

こちらは、ご本人様、そして、ご家族様にこちらへお越しになり、実際に対応を受けていただいた感想に関してお伺いしてみました。

ご本人様より

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際に使用されてみて、いかがでしょうか?

このお店でご相談(購入)されたのは、なぜですか?

実際のアンケート

ご協力いただき、ありがとうございます。こちらとしても、聞きにくさを改善でき、何よりです。

ご家族様より

どのようなことでお悩みでしたか?

ご本人様が補聴器を実際に使用されてみて、いかがでしょうか?

このお店でご相談(購入)されたのは、なぜですか?

実際のアンケート

ご協力いただきまして、ありがとうございます。そして、状況をより良くできて、こちらとしても何よりです。

改善のポイント

個人的に感じた改善のポイントは

  • 音が大きいなどあれば、データの見直しを行う
  • 取り扱い及び、聞こえに関して確認しながら改善したこと
  • 改善ができなかった場合は、どこに要因があるかを理解し、なるべく改善できるようにしたこと

の3つでしょうか。

音が大きいなどあれば、データの見直しを行う

データを疑うことも重要です。特に聴力検査は、ボタンを押すタイミングで、聴力がどうしても変動してしまいますので、理解した上で行うのと、そうでない状態で行うと、補聴器の調整は、変化します。

特にご年配の方の場合、ちゃんと測れているのか。という部分は、意識した方が良いポイントです。そして、そうでない場合は、改めて測定し、現状を把握し直していきます。

取り扱い及び、聞こえに関して確認しながら改善したこと

基本的にご年配の方の場合は、扱えるのかという部分も含めてみていきます。どんなに聞こえが良くなっても、扱えないものだと、使いづらく、ご家族の方も付きっきりになってしまいます。

この点は、人によって評価が異なるのですが、私自身は、極力、扱えるもので、改善できるもの。と、考えて、改善していますね。

改善できなかった場合は、どこに要因があるかを理解し、なるべく改善できるようにしたこと

この部分は、結果論なのですが、実際に調整した際に、どこが原因となって改善しにくいのか。その点を理解した上で、より改善できるものを提供できたのは、よかったのかなと思います。

実際には、金額も上がってきますので、できる方とそうでない方がいるのは、事実なのですが、今現在の技術でできる限りのことを行い、結果として、より良くできました。

この点は、私自身の方が学ぶ部分が多かったのですが、少しでもより良くでき、何よりでした。

まとめ

ご年配の方で、かつ、複数の聴力低下の原因を持つ方の例では、基本的に、機器の操作ができるのか、改善は、どこまでできるのか。などを考えながら、改善を行なっていきます。少し時間がかかってしまうのは、申し訳ないのですが、そのようにすると、今現在できる限りの改善ができるようになります。

補聴器は、残念ながら買うことで改善できるものではなく、補聴器の調整や耳に合わせてこそ、聞こえの改善ができるものです。そのため、耳の状況を確認しながら改善していくことが求められます。

それらの部分が提供でき、こちらとしては、何よりでした。と、こちらが参考になれば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、お店を開いています。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。

お店の特徴を見てみる