感音性難聴の事例

【改善解説】20代・女性、感音性難聴で高い音が聞こえない方を補聴器で改善

こちらでは、実際のお客様のデータを使って、どのように聞こえを改善していったのか。その解説を行っていきます。

今回のケースは、20代の女性の方で、両耳とも生まれつきの感音性難聴により、聞きにくさを感じている方となります。

特に仕事の際に困りやすく、小さい声の方、あまりはっきり話さない方の声。そして、会議の際に困る事がよくあり、聞こえにくい事によるストレスがどんどん溜まってきてしまったようでした。

その事から、ご相談いただき、改善していく事になるのですが、その結果

  • 職場での会話は、だいぶしやすくなった
  • 会議の際も、聞きやすくなり、重宝するようになった
  • 趣味の山登りの時でも、鳥の声が聞こえるようになった

との事でした。聞きにくい事によるストレスがだいぶ強くあったようですが、そのストレスもなくなり、仕事、さらには、プライベートでの生活も良くなったようで、こちらとしては、本当に何よりです。

では、どのように聞こえを改善していったのでしょうか。その点に関して、ポイントとなる部分をまとめていきます。

お客様の状況

まず、お客様の状態ですが、

  • 名前:H・Sさん
  • 年齢:20代
  • 性別:女性
  • 症状:生まれつきの感音性難聴(両耳)
  • 聴力:軽・中等度難聴(高音漸傾型)
  • 備考:耳鳴りが左右であり

となります。

音が高くなってくると聞きにくさを感じる聴力です。音声もわかりづらくなるのは、もちろん。アラーム系などは、かなり聞きにくい傾向が出ます(気がつかない)

聴力としては、低い音から、1000Hzぐらいまでは、まだ聞こえており、それ以上高い音になると、急に聞きにくくなる状態です。

低い音は、まだ聞こえる事から、そのあたりの音は、わかりやすいのですが、高い音に関して、聞きにくくなっていますので、特にアラーム系や距離が離れた際に呼ばれてもわからない。ということが起こりやすい状況となります。

現状ですが、特に会社で聞きにくさを感じており、声が小さい方。あまりはっきりお話しない方。そして、会議の際などで困る機会が多く、それらの部分を改善したい。との事でした。

以前にも補聴器は他の場所で試されており、その際は高い音が辛く、その割には、聞こえない。という事で非常に消極的な状態でした。

しかし、同時に聞きにくさにも悩んでおり、その経験から数年経って、ご来店となりました。来店のきっかけになったのは知人からの勧めがあった事です。

という事で、この状況を改善していきます。

耳の状況と聞こえの改善

では、早速、聞こえを改善していこう。となる前に、このような聞こえになるとどのような状態になるのか。そして、どういったことに気をつけていければ良いのか。その点に関してまとめていきます。

  • 高い音が聞こえにくい方の状況
  • 高い音が聞こえにくい方の聞こえの改善案

主にこの2つに分けて記載していきます。

高い音が聞こえにくい方の状況

まず、高い音が聞こえにくくなっている方の状況ですが、だいたい上記の4つのところで聞きにくさが出てきやすくなります。

その中で、特に聞こえにくさが強くなりやすいのは、

  • 騒がしい環境下でのお話
  • 離れたところからの音、呼びかけ

の2つです。

騒がしい所でのお話や周囲がガヤガヤ騒がしい時は、周りの音に邪魔されてしまい、聞きたい人の声が小さくなりがちです。

これは、聴力的に周囲の音は、わかりやすいけれども、高い音が低下している事で、音声がはっきりしづらく、周りの音と混ざりやすくなってしまう事により、だいぶ音声がわかりづらくなります。

この点は、聴力的にどうしてもわかりづらさが強く出やすくなってしまう部分になります。

離れたところからの音、呼びかけに関しても、わかりづらさ、気づきづらさが出やすい部分です。

特に高い音に関しては、聴力にもよりますが、距離が4〜5mと離れるだけでも、さっぱりわからず、気がつかない。ということも結構多くあります。

音は聞こえないとそれ以外の方法で気づくことができないため、本来はしているものが認知できず、気がつくことができません。音は匂いもしなければ、目に見えるものでも触れられるものでもないためです。

この特性も相まって、特に距離が離れると呼ばれているのに気がつかなかったり、音がなっていてもまるで気がつかない。ということが起こります。

これらの部分は、状況によっては「話を聞いてない」「聞く気がない」というような誤解に繋がりやすくなってしまいますので、人間関係に繋がりやすい。という意味では、被害が大きくなりやすい部分でもあります。

あとは、周囲の人とのお話ですね。こちらに関しては聞きやすい人が近くに来てくれたり、離れなければ分かることもあるのですが、距離が離れると急に聞きづらくなり、声が小さい方がいると聞きにくさを感じやすくなります。

まさにそこに参加される人(声)の質で大きく影響を受けやすい部分です。

最後は対面でのお話ですね。対面でのお話に関しては、はっきり話してくれる方の場合は全然、問題なかったりするのですが、声が少し小さかったり、あまりはっきり話さない方の場合は、何をいっているのかよくわからず、音は聞こえるけれども話の内容がわからない。となりがちです。

高い音が下がると、はっきりした感覚に感じず、なんとかわかる所から言葉を聞き取ってる。という方が多いです。

高い音が聞こえにくくなる事により、大きく影響が出てくるのは、音声の聞きづらさ。そして、距離の問題です。音声は、高い音が聞こえない事で、はっきりしづらく、さらに距離が離れると、気がついていない事も多くなります。

聞こえている部分とそうでない部分の差が大きいため、困りやすい環境とそうでない環境で結構分かれやすいです。

そのような傾向があるのが、このような聞こえの方の特徴です。

高い音が聞こえにくい方の改善案

では、ここから本格的に聞こえの改善に関して、考えていきます。

  1. 聞こえの補い方(使用する耳)
  2. どこまで聞こえを改善するか
  3. 合う補聴器の形状

の3つに分けて記載していきます。

聞こえを改善するにあたり、①と②は聞こえの改善の8割を占めるほど、大事な部分になります。

本当に聞こえを改善するなら、この2つだけでも、押さえておきましょう。

①聞こえの補い方(使用する耳)

まずはじめは、聞こえの補い方です。こちらは、どの耳に補聴器をつけるか。という部分になります。

両方の耳につけるのか。それとも、片方のみ、つけるのか。片方であれば、左側、右側、どちらにつけるのか。

結論から記載しますと、もし、しっかりと聞こえを改善していきたい場合は、両方の耳に装用する事が大事です。

両方の耳に補聴器をつけるポイントは、

  • 騒がしい環境下で、なるべく聞きにくくならないようにする事
  • どこから話されても、気付きやすくする事

この2つになります。

片方の耳に補聴器を装用した場合と両方の耳に補聴器をつけた場合の聞こえの違いは、上記の通りです。

簡単に言いますと、片耳のみの場合、静かなところでは、ほとんど聞こえは変わらないのですが、周囲が騒がしくなってくると、周りの音に邪魔されやすくなってしまい、聞き取りが下がりやすくなります。

特に高い音が低下している方は、この騒がしい環境下での聞き取りが低下しやすくなりますので、できるのであれば、なるべくここは補えるようにできると良いです。

実際には、騒がしい環境でも聞きづらいところは出てくるのですが、改善できるところは改善し、なるべく聞きにくくなるところを減らしていけると良いですね。

また、このような聞こえの場合、特に離れたところからの呼びかけ、音に関して、だいぶ気付きにくくなります。

これは、聞こえないと音がしている事にその他の方法で気がつく事ができない。という部分も合わさるからなのですが、なるべく「無視している」あるいは「聞いていない」というような誤解をなくしていくためにも、どの方向からも聞こえるようになると良いです。

そういったトラブルは、ないに越したことはありませんし、単なる誤解ですので、どの方向からもなるべくわかるようにして、なくしていきましょう。

なお、片方だけ、つけていれば全ての音が聞こえそうなイメージがありますが、実際につけていない側の音はそのまま結構、分かりづらいままとなります。

ですので、理想は両方につけて、なるべくどの方向からも聞こえるようにする事になります。

特に離れた音、音声は、気づいていない事が多いので、なるべくわかるようにしていく事が大切です。

②どこまで聞こえを改善するか

今現在、補聴器では、聴力別にどのぐらい聞こえを改善できると良いか。おおよそではありますが、わかってきています。

H・Sさんの場合は、おおよそこのぐらいですね。高い音が低下していますので、その部分に関しては、大体の目算でやっています。

ポイントをいくつか記載しますと、音声が関係しやすいのは、500〜2000Hzの間になります。

この部分は、できれば30〜35dBまで改善できると、少し小さい声の方から、離れたところからの呼びかけ、お話。これらの部分をわかりやすくする事ができます。

ですので、目標のところまで、改善したいところです。

そして、高い音の部分に関しては、できれば、40dBまで改善できると良いです。この部分まで改善できると周りのアラーム系の音、さらに音声の明瞭性。離れたところからの呼びかけ。こういった所の聞きやすさを上げやすくなります。

特に高い音が全然、聞こえていない状態になりますので、しっかり補って、ちゃんと周りの状況がわかるようになると「何か鳴っているのに気がつかない」という事を大幅に減らせます。

ただ、聴力低下が大きい部分がありますので、できる範囲で、行っていく事が大事です。それを加味すると、上記ぐらいの改善ができると良い状態になります。

なお、一つ注意点として、特にこのような聴力の場合、低下している高い音を中心的に入れることが多く、異質な感覚を感じやすい傾向があります。

補聴器で聞こえを改善させていく場合、音声の改善に繋がりやすいのは、500〜2000Hzあたりになります。だからと言い、ここだけを改善させるのは、よくないのですが、仮に高い音が辛い。など、何らかの方法で、使用が厳しい場合は、改善の優先順位を考えていきます。

その場合は、どの周波数を一度に全体的に上げるのではなく、優先順位を決めて改善していくと良いです。

例えば、初めは、聞こえの改善に重要な500〜2000Hzを中心的に改善していき

優先順位を考えた場合、高い音は、使用を妨げるくらいなら、少し落とし、まずは、使用できる状態にする。というのも考え方の一つです。

高い音の部分は、使える範囲内に抑える。などです。

優先順位を考えた場合、高い音は、使用を妨げるくらいなら、少し落とし、まずは、使用できる状態にしていき、補聴器の音に慣れながら、徐々に改善していく。というのも改善に関する考え方の一つです。

基本的に補聴器を使っていて辛くなりやすいものは、決まっており、お皿や食器の音、水の音など、高い部分は、2000Hz以上を下げると、少し楽になります。

仮に使っていてきつい場合、高い音の部分は、厳密に言いますと、1500Hzより先。この場合は、2000Hzあたりから、下げられると、ベストです。

特に2000Hzは、ご自身の声の感覚や金属的な音、補聴器の機械的な感覚を抑えるのに、役に立ちます。※下げすぎに注意です。

聞こえの改善的にいうのでしたら、本来は、抑えてしまうと、音声も聞きづらくなってしまいますので、すべき事ではありません。

しかし、高い音が入って辛い。という場合は、初めは、少し抑え、補聴器の音に慣れてきた後に、徐々に改善していく。というようにし、補聴器の効果を出しやすくしつつ、少しずつ慣れさせて入れられる量を増やせると良いです。

大事なのは、補聴器を買う。という観点ではなく、どうやって自分の聞こえを改善していくか。という観点ですね。

目的は、補聴器を得ることではなく、聞こえを改善し、ご自身の生活をより良くする事だからです。

③合う補聴器の形

最後は、合う補聴器の形です。

補聴器には、今現在、耳にかけて使用するタイプの耳かけ形補聴器と耳の穴の中に入れて使う耳あな形補聴器があります。

これらの補聴器の形は、聴力ごとに使えるか。使えないかがあり、高い音が低下している方に関しては、良くも悪くも全ての形のものが使えます。

この中で選択肢を絞るとしたら、

  • 耳かけ形補聴器なら、RIC補聴器
  • 耳あな形補聴器なら、CIC補聴器

の2つです。

まず、このような聞こえの場合、低い音の聞こえが良い状態になりますので、補聴器を装用した時に自分の声が大きく聞こえたり、こもって聞こえたり、閉塞感を感じやすくなります。

この感覚は、125〜500Hzの間が、60dBの範囲内で聞こえていると起こりやすく、聞こえていればいるほど、その感覚は、強くなります。

ですので、その感覚は、なるべく軽減できると良いのですが、それが、上記で紹介した

  • 耳かけ形補聴器なら、RIC補聴器
  • 耳あな形補聴器なら、CIC補聴器

の2つです。

補聴器は、どれを使えば良いか。というより、自分の聴力の場合、補聴器を使う際、どんな事が起こりやすいのか。を知り、それを避けられるものを使った方が、使いやすさ、そして、聞こえの改善に繋げやすくなります。

実際にお店でした事

さて、ここからは、実際にお店でしたことになります。

  • 初回のご相談
  • 補聴器の選定
  • 補聴器の調整と最終調整

の三つに分けていきます。

初回のご相談

初回のご相談時は、耳の状態を調べさせていただき、耳の状況に関して、お伺いしました。

その後、補聴器に関して、説明させていただき、補聴器の試聴も行なっていくことになります。

試聴で使ったのは、RICという機器です。

その際に使ったのは、このようなRIC補聴器。というタイプです。

初めは、500〜1500Hzくらいまでは、入れるようにし、それ以外は、抑えるように。ただ、以外にも入れても大丈夫そうな印象でした。あくまでも使える範囲内を目指し、このような状態になりました。なお、3000Hzが下がっているのは、耳鳴りにより、わかりづらいためです。

そして、初めの状態ですが、H・Sさんに音の感覚(音の大きさ、強さなど)を伺いながら、使える範囲を目指していきました。

H・Sさんの場合は、赤い▲の部分まで補えていると良い状態なのですが、以外にも、高い音以外は、それなりに良い状態です。

そして補聴器の聞こえに関しては、そこまで辛い感覚はなく、使用できる範囲。とのことでした。

補聴器には、音量を調整できるものがあります。H・Sさんにももちろん設定し、仮に音が大きかったら、下げられるようにしました。逆に小さかったら、音量を大きくすることもできます。

補聴器には、自分自身で自由に音量を変えられるボリュームという機能があります。何かがあった時用のために、ボリュームを設定し、ご自身で音量を調整できるようにしていきます。

このようにして、まずは、使用できるのか、どのくらい改善されるのか、ひとまず、やってみることになります。

幾日か貸出し、使用していただくと

  • 社内ではだいぶ聞きやすさが上がった
  • 会議の際もある事で、聞きやすくなった
  • ただ、聞きにくい人は、相変わらず、聞きにくい部分もある

との事でした。

補聴器に関しては、聞こえの改善に繋がるなら考えたいものの、どうしても以前、試した感覚が残ってしまっており、消極的な状況でした。

特に高い音がきつく、とても使える様子がなかった事。無理して使っても、思うように改善できなかったためです。

その事から、使いやすい状態にして、まず貸出させていただいたのですが、その結果、補聴器がある事により、だいぶ社内での人の声は、わかりやすくなり、かつ、ご自身がどれだけ聞こえていないのかを自覚する事になったようでした。

距離が離れると急に聞きにくさが出たり、声がはっきりせず、薄く聞こえる感覚になってしまうのですが、それも補聴器を使う事で、より良くなったようで、会議での会話、お話も改善されやすくなったとの事でした。

その事から、補聴器の形状選定と聞こえの改善をより行っていく事になります。

補聴器の選定

補聴器で聞こえを改善していくと同時に、どのような補聴器が良いか。こちらを選んでいく事になります。

上記の通り、聴力の状態から、使えると良いのは、

  • 耳かけ形補聴器なら、RIC補聴器
  • 耳あな形補聴器なら、CIC補聴器

の2つです。

耳かけ形補聴器の特徴は、上にかけることにより、耳を閉塞した感覚や自分の声の不快感。これを軽減しやすい事です。

逆に欠点は、耳の上に補聴器が乗っていますので、メガネやマスクの邪魔になる事がり、電話に関しては、上にづらして行う必要があります。

耳あな形補聴器は、全て逆で、耳の中に入っていることにより、メガネやマスクの邪魔にならず、電話もそのまま行えます。

ただ、耳を塞ぎますので、それによる自分の声の不快感、声の大きさ、閉塞感を感じやすくなります。

実際には、途中で、耳あな型も試してみたい。ということで、試すことになります。

結果からお話ししますと、H・Sさんの場合は、CIC補聴器が良い。という事で、こちらにしました。

決め手は、実際に使ってみて、小さく小型で目立ちにくく、使いやすい形状だったためです。

補聴器の調整と最終調整

さて、調整に話が戻ります。今度は、耳あな形補聴器で、改善をしていきます。

CIC補聴器で初めのうちは、このような状態に。バラバラな状態になったため、まずは、修正していくことにしました。

CIC補聴器で改善していくのですが、初めに調整した状態は、このような状態でした。

ここから、左右のバランスも少しずつ確認し、より良い状態になるよう補聴器の調整に関して煮詰めていく事になります。

実は、耳の型に関してもあっていない部分があったため、全体的に修正。その後、補聴器の調整をし直しました。まずは、左右のバランスを整えることにし、全体的に改善していくことにしました。

H・Sさんの場合、初め高い音に関して、きつい感覚がありました。その事から、補聴器の音に慣れる事から初め、徐々に音を入れられるようになり、このぐらいまで改善。

実は、耳の型に関してもあっていない部分があったため、全体的に修正。その後、補聴器の調整をし直しました。まずは、左右のバランスを整えることにし、全体的に改善していくことにしました。

そして、さらに少し調整し、最終的には、このくらいまで改善しました。音に慣れてきた事もあり、このくらい音を入れても、補聴器に関しては、大丈夫なようになってきました。

目標値との比較は、この通りです。若干、大きい部分は、あるものの、この状態で使っていただき、辛いことはないようでしたので、そのまま、こちらの通りにしています。3000Hzは、耳鳴りがある事もあり、少し改善しにくい状態でした。とはいえ、音が入っていることには、変わりないため、耳鳴りでわかりにくいのであれば、必要以上に入れないようにしました。

目標の部分からすると、それなりに達成できている状態です。この状態でも、音量を特に下げることはせず、使用できる。という状況も確認した上で、このようになりました。

補聴器の音に徐々に慣れていただきながら、聞こえを改善し、少し時間はかかりましたが、このようにして聞こえを改善していきました。

お客様の評価(お客様の声)

実際にご相談されてみて、どうだったのか。お客様にアンケートをお取りしましたので、こちらの内容も記載させていただきます。

ご相談される前は、どのような事でお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか?

このお店で相談(購入)されたのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

アンケートにご協力いただき、誠にありがとうございます。

はじめ、聞こえにくい事で、主に職場での会話、会議。そのような部分でお悩みだったため、ご対応させていただいたのですが、より良く改善させる事ができ、こちらとしては、本当に何よりです。

聞こえにくい状態というのは、とてもきついものがあります。

聞こえない事で、こちらとしては、別に無視しているわけではありませんが、無視しているように思われてしまったり、聞こえていないだけで、他の人から「態度が悪い」「やる気がない」みたいな状態に見られることもあります。

これらは全て誤解ではあるのですが、どうしてもコミュニケーションがうまくできなくなってしまうことから、誤解されやすくなったり、さらにうまくお話ができず、人とのやりとりにストレスを感じてしまう事も増えてきてしまいます。

H・Sさんに関しては、以前の補聴器の体験があまり良くなかった事から「悩んでいるけどどうしようか……」という期間が長く、その状況は、とても苦しい状況だったとお察しします。

ですので、このお店では、今感じている不自由な部分は、できる限り、改善できるように考え、より良く生活できるよう聞こえの改善をさせていただきました。

その結果、今感じている不自由な部分を大きく減らせるようになり、こちらとしては、本当に何よりです。

その状況の改善に貢献できた事。こちらとしても、本当に嬉しく思います。こちらこそ、ご対応させていただき、本当にありがとうございました。

まとめ

さて、まとめになります。

聞こえを改善する上で大事になってくるのは、上記の通り、聞こえの補い方(補聴器をつける耳)、補聴器の形状、補聴器の調整。この3つが大事になります。ですので、この3つを押さえていけると良いです。

加えてH・Sさんに関しては、元々、高い音がきつく感じていた事から、初めから無理に改善させるのではなく、聞こえの改善に優先順位をつけ、その後、弱いところを徐々に改善していく。このような方法で、改善をしていきました。

補聴器に慣れてきた頃から、音は、徐々に入れられるようになってきましたので、その後に、今まで不慣れだった高い音に関しては、改善しています。

実際に聞きにくさを改善していく上では、ご自身にとって、都合の良い音にする。というよりも、聞きにくさを改善する上で、必要な音をどのように入れていくか。を考えた方が、最終的な聞きにくさは、改善しやすくなります。

その結果、補聴器で改善できるところを改善しやすくなり、さらに、コミュニケーションの行き違いを少なくする事や、聞こえも、今まで以上に良くする事ができました。

より良く生活できるようになる事に貢献する事ができ、こちらとしては、本当に何よりです。

もし、同じような聞こえの方でお悩みの方がいらっしゃいましたら、こちらの内容を参考にしていただければと思います。

最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、難聴の方や補聴器を使っている方の状況をきちんと理解できるお店を作り、安心して相談できる環境作りを心掛けています。

その事から、実際に補聴器を使っている人が対応させていただき、今現在の状況からお困りごと。さらに耳の事や補聴器の事をご相談しやすくしています。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容や聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ

関連する記事