感音性難聴(両耳)の改善

生まれつき感音性難聴、左:高度難聴、右:中等度難聴の方の改善事例

30代、女性。幼少の頃に難聴が発覚し、その頃から補聴器は使用されていたのですが、今現状、聞きにくさを強く感じていたことから、補聴器の買い替えについてご相談をいただきました。

当店でご相談いただいた結果

  • 完全ではないものの、聞きにくさについては、大きく改善された
  • 音の方向感覚も以前に比べ、掴みやすくなった
  • 聞きやすくなることにより、聞きにくいことによる不安が少なくなった

とのことでした。よりよくすることができ、こちらとしては、何よりです。

では、どのようにして、改善していったのでしょうか。こちらについて記載していきます。

お客様の状況

まず、状況ですが、

  • お名前:A・H さん
  • 年齢:30代
  • 性別:女性
  • 聴力:右、中等度難聴、左、高度難聴
  • 症状:生まれつきの感音性難聴
  • 備考:補聴器については、他店で購入済で、買い替えのご相談

となります。

なお、結論から記載しますと

  • 改善:両耳とも補聴器を使用
  • 形状:耳かけ形補聴器
  • 金額:500,000円

となります。

聴力については、こちらになります。左右で聞こえが異なり、右側の方がまだ聞こえやすく、左側は、さらに聞きにくい状態になります。

幼少の頃に難聴が発見されたことにより、当時は、左側のみ装用。しかし、徐々に右側の聴力も低下してきたことから、数年前から、両耳に補聴器を装用して、聞こえを補っていました。

しかし、左側からは、聞こえている感覚は、あまりせず、こちら側から話されたり、騒がしい環境下になると、聞きにくくなってしまい、それらの部分に関して、改善できないか。とご相談いただきました。

ということで、こちらに関して、よくしていくこととなります。

現状の改善案

現状の改善に関してですが、

  • 現状の把握
  • そこから考える改善案

の2つに分けて記載していきます。

現状の把握

改善をしていく場合、基本的には、お使いの補聴器がどのような状態なのか。そして、そこから、どうよくしていければ良いかを考えていきます。

ということで、早速、耳の状況から、調べ直していくことになります。

聴力については、上記の通り、測定しましたので、次は、語音明瞭度測定という音を大きくすることで、音声がどのように理解されるのか。こちらについて、見ていくことになります。

こちらを調べる理由ですが、左右で聴力が異なる場合、悪化している耳側は、補聴器で音を入れたとしても改善に繋がらない耳の方が一定数います。

そのような場合は、そちらの耳に補聴器を装用しても思うように改善されなかったりします。

その測定結果が上記の状態になります。左右の聴力差があるケースでは、比較的、珍しいのですが、左右とも音を大きく入れることにより、ある程度、理解がしやすい耳であることがわかりました。

この数値の部分ですが、一番良い数値が50%以下になると、音を大きく入れたとしても、音声として、捉えにくく、補聴器の効果は、非常に限定的になってしまいます。

そのような場合は、他の方法で聞こえにくさの改善を考えていくこともあります。

しかし、A・H さんは、両耳とも適性がありますので、このまま、両耳に補聴器を装用して、聞きにくさを改善していった方が良いことがわかりました。

それぞれ、▲が補聴器を両耳ともつけた状態。△が補聴器なし。▲が右側のみつけた状態。▲が左側のみつけた状態。△は、左側のみで補聴器なしの状態を調べたもの。左右で聴力が異なる場合は、両耳ぶん、調べないと状況がわかりにくいため、このように調べて、状況をまず把握することが改善の一歩となります。それぞれ、▲が補聴器を両耳ともつけた状態。△が補聴器なし。▲が右側のみつけた状態。▲が左側のみつけた状態。△は、左側のみで補聴器なしの状態を調べたもの。左右で聴力が異なる場合は、両耳ぶん、調べないと状況がわかりにくいため、このように調べて、状況をまず把握することが改善の一歩となります。

次は、補聴器を装用した状態の聞こえです。こちらは、補聴器を使用した状態で、どのくらい聞こえを改善できているのかを見れるもので調べた結果です。

聴力が左右で異なりますので、▲が補聴器を両方とも使用した状態。が右耳のみ、つけた状態。が左耳のみ、つけた状態になります。

右のみ、もしくは、左のみは、反対側で聞こえる可能性があるため、耳を塞いで、測定(特に左を調べる際は、右側が聴こえる耳側なため、塞ぐ必要あり)を行なっていきます。

その結果が上記の状態なのですが、まず、全体的に右側でほとんど聞こえている状態となり、左側は、それよりも低い状態であることがわかります。

もう少しわかりやすくするために、仮に上記のような聴力の場合、左右の耳は、どのくらいまで補えると良いのか。という比較で、記載してみます。

こちらでは、現在の聞こえ。右側のみの聞こえを▲。目標値を▲としています。こちらでは、現在の聞こえ。右側のみの聞こえを▲。目標値をとしています。

右側は、このようになります。そのラインからすると、低い音は、かなり聞こえているのですが、逆に高い音の方は、足りていないことがわかります。

このようなケースでは、音は、聴こえるけれども、何をいっているのかがわかりづらい、はっきりしない、という感覚が強くなります。

低い音が強いことで、音の感覚は、自然だけれども抑揚をあまり感じず、はっきりしない感覚が強い……といえばわかりやすいかもしれません。

こちらは、左側のみの聞こえを▲。改善目標値を▲としています。こちらは、左側のみの聞こえを▲。改善目標値をとしています。

こちらは、左側です。左側は、全体的に音量が足りていないことがわかります。A・H さんの評価でも左側は、あまり聞こえているきがしない。という表現は、そのまま、この数値の評価に繋がってくる状況となりました。

なお、補聴器の使用状況を調べる測定には、補聴器を使ったまま言葉の聞こえがどのくらい改善しているのかを見れるものがあります。その結果が上記のものです。

測定値についてですが、いいか悪いかで判断しますと、極端に悪いことはなく、もう少しバランス、高い音の方もしっかり補えるようになると、もう少しあげることができるかもしれない。と感じる数値になります。

そこから考える改善案

さて、状況を見た後は、改善案を練っていきます。

まず、現状に関しては、語音明瞭度測定の結果が良いことから、単に聞こえにくさを補うための音量が足りないだけなのではないか。というように感じます。

▲が右側の聞こえの目標値、▲が左側の聞こえの目標値です。が右側の聞こえの目標値、が左側の聞こえの目標値です。

左右の聞こえが異なる場合は、なるべく両耳ともバランスよく補えるようになると、いい状態です。このバランスよく、というのは、上記のように、左右の耳で、音の高さ別の聞こえがなるべく離れないようにすることです。

左右の聴力差が大きいと大きいほど、バランスを整えることは、難しくはなってしまうのですが、できる範囲内でも、そのようにした方が、改善に関しては、しやすくなります。

また、左右とも先ほどのような目標のラインに到達するように改善していければ、今現在の状況をよりよくすることは、可能ではないかと感じます。

音声の部分で影響するのは、500〜2000Hzが多いため、この部分は、なるべく達成したいところです。だからと言い、無理に改善させることは、するべきではありません。音声の部分で影響するのは、500〜2000Hzが多いため、この部分は、なるべく達成したいところです。だからと言い、無理に改善させることは、するべきではありません。

特に音声の聞きにくさを改善するために500Hz、750Hz、1000Hz、1500Hz、2000Hzあたりは、できれば目標のラインまで、到達したいところです。

この部分が、音声の聞こえに関しては、影響しやすく、この部分を中心的に改善できるようになるだけでも、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

実際の改善

さて、早速改善していきます。こちらについては、

  • 初回時のご相談
  • より改善させるための思考と実際のチャレンジ
  • 補聴器の形状選定
  • 補聴器の調整と最終調整

の4つに分けて記載していきます。

初回のご相談

初めのご相談ですが、各種、測定を行い、状況について、ご説明しました。そこから、今までと同じように、両耳に補聴器を装用して、聞きにくさを改善していくことになります。

聴力がある程度、重いため、両耳とも少しパワータイプで補うことにしました。左右で聞こえが異なる場合でもできれば、同じ補聴器を使って、補えるとバランスが整えやすくなり、結果的によくしやすくなります。聴力がある程度、重いため、両耳とも少しパワータイプで補うことにしました。左右で聞こえが異なる場合でもできれば、同じ補聴器を使って、補えるとバランスが整えやすくなり、結果的によくしやすくなります。

補聴器には、いくつか形状があるのですが、今まで使用されていた耳かけ形補聴器であまり不備がない事、左側は、聴力が重いため、耳あな形が合いづらい事(ハウリングと出力不足の可能性)、その点を踏まえて、耳かけ形で考えていくことになります。

右側は、初回からそれなりに改善できたのですが、左側は高域になると改善が急にできなく。この事態受け、次回からは、もう少し改善していけるように修正していくことにしました。右側は、初回からそれなりに改善できたのですが、左側は高域になると改善が急にできなく。この事態受け、次回からは、もう少し改善していけるように修正していくことにしました。

早速、改善のために新しい補聴器で、調整をしていくのですが、初めの状態は、このようになりました。右側、左側、それぞれ、目標の数値に近くなるように設定し、使える範囲内までで音を大きくしていきます。

この状態であれば、使えるとのことで、このまま試聴、貸出し、どのように変化があるのか。見ていくことになります。

幾日か貸出し、様子を見て見ますと、

  • 以前の補聴器より、聞きやすくなった感覚は、感じる
  • 左側から話されたり、そちらからの音もわかりやすくなった

とのことでした。

ということで、さらに改善を加えていくことになります。

より改善させるための思考と実際のチャレンジ

貸出した補聴器の調整状態なのですが、ある程度、しっかり入れたものの、

右側は、初回からそれなりに改善できたのですが、左側は高域になると改善が急にできなく。この事態受け、次回からは、もう少し改善していけるように修正していくことにしました。

このように左側の高い音に関しては、なぜかあまり改善せず、少し足りない部分の音の高さの部分もあります。そのため、試聴する補聴器を変え、改めて調整していくことになります。

その結果ですが、このようになりました。相変わらず、左側の聞こえは、高い音が少し足りないのですが、こちらは、さらに今後もよくしていく予定です。

語音明瞭度測定の補聴器版の結果。この段階で、結構な改善値ですが、まだ改善を伸ばせそうでしたので、さらに少し伸ばしていくことになります。語音明瞭度測定の補聴器版の結果。この段階で、結構な改善値ですが、まだ改善を伸ばせそうでしたので、さらに少し伸ばしていくことになります。

さらに、補聴器を使用した状態での言葉の聞こえのテストについては、このようになります。

バランス良く全体的に改善させることを目標にしたことで、それなりに結果も出てくるようになりました。

補聴器の形状選定

補聴器の形状ですが、片側、聴力がある程度、重い状態である事から、耳かけ形になります。

その場合、あまり選択肢がなく、このようなパワータイプの耳かけ形補聴器になります。

厳密には、耳あな形の補聴器も選択肢に入れようと思えば、入れられるのですが、

  • 音を大きくできる量が足りず、聞きにくさが改善できなくなる可能性
  • 音が強いことにより、ハウリングがしやすくなる可能性

の2つがあり、今まで、耳かけ形補聴器を使っていたものの、特に不備を感じていなかったため、同じような耳かけ形補聴器にすることになります。

補聴器の調整と最終調整

さて、補聴器についてですが、A・Hさんと相談しつつ、上記の状態より、さらに煮詰めていくことになります。

前回の状態は、ここまで改善させたのですが、この状態でもまだ、もう少し音を大きくしても良さそうでしたので、目標改善値を上方修正していくと共に、できるなら、左側の高域の部分もよくしていきます。

ただ、実際には、音は、大きくするけれどもご自身で補聴器の音量を操作できるようにし、大きかったりしたら、下げてもらう。というように操作できる状況にして、行いました。

最終的には、このような状態にまで改善させることになりました。実際には、耳につけていたイヤモールドを変えたり、補聴器の音の調整そのものも変えたりし、こちらまで、改善させることができました。

そして、音の感覚は、聞こえは良いようですが、大きすぎることはなく、使用できる状態。との事でした。

音量に関しては、たまに音を下げたり、あげたりすることはあるものの、その操作も、一時的なもので、設定した音量で使うことが多かった。とのことで、その状態に落ち着くことになります。

なお、補聴器を使った状態での言葉の聞こえのテストは、このような状態になります。結果もそれなりに良好ですね。

これで、補聴器の調整及び、改善は、一旦終了となります。

お客様の声

実際にこちらへご相談になってどうだったのか。その声に関しても記載していきます。

どのような事でお悩みでしたか?

実際に改善をご相談されていかがだったでしょうか?

このお店でご相談(購入)されたのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

ご協力いただきましてありがとうございます。そして、聞きにくさを改善させる事ができ、こちらとしても何よりでした。

実は、かなり遠いところからお越しいただいていたこともあり、少しプレッシャーを感じていたこともあるのですが、状況を見た後に改善できそうなことは、一通りさせていただきました。

確かに補聴器は、耳を治すことはできない機器ではありますが、活かせるものはできる限り、活かせるようにできると、それなりに改善させることは、できるようになります。

それにより、少しでも、現状をよくさせることに貢献できたのであれば、こちらとしては、何よりでした。

改善のポイント

A・H さんの場合の改善ポイントは、

  • 左右の耳の改善値を理解しながら、改善を行なっていった事
  • 左右の耳のバランスを整えるように改善した事

の2つになります。

左右の耳の改善値を理解しながら、改善を行なっていった事

はじめに耳の状況と補聴器の状況を確認した際に、聞きにくさの要因となっているのは、単に出力不足である可能性が高い状態でした。

そのため、補聴器の調整を行うと共に、その状況をA・H さんに伝えながら、改善を行なっていきました。

補聴器を調整していく際で重要になるのは、

  • 自分の耳でどのくらい聞こえがよくなるといいかを理解する(補聴器の改善目標値を理解する)
  • 今の補聴器を使っている時の聞こえを理解する(現状の把握)
  • その状態で使っている時の音の感覚と目標値、そして、現状を比較する

の3つです。

補聴器は、自分で使用していても、なかなかどこまで聞こえていれば良いかわかりませんし、どのくらい聞こえているのかもわかりません。使っていてわかるのは、感覚だけで、この音が大きい、耳につく、くらいでしょうか。

使う上で感覚は、非常に重要なのですが、それだけだと、現状が把握しづらくなります。

客観的に数値で自分の状況を把握し、そして、自分の感覚と比較しながら、改善できると、改善させた際に、音が大きく聞こえてしまい、厳しい状況であれば、そこまでの改善にする。もう少し改善できそうなら、もう少し音を入れてみる。など、状況を把握した上での改善(調整)ができるようになります。

この点について、説明しつつ、ご自身の感覚と実際の改善数値、そして、改善目標数値をお伝えしながら、改善していきました。

そのおかげか、A・H さんと協力しながら聞きにくさの改善を行え、補聴器の状態を相談できましたので、その部分が1番の改善に繋がったのではないか。と思います。

左右のバランスをなるべく整えるように改善した事

あとは、聴力が左右で異なりますので、なるべく左右のバランスも整えるようにしてみました。

そのおかげか、左側からでもお話がわかるようになったり、使用していても、右が聞こえやすい、左が特に聞こえにくい、という感覚もなくなり、バランスよく改善させることができるようになりました。

バランスを整えることは、音の方向感覚をわかりやすくすることにおいても重要ですので、この部分に関しては、非常に重要な要素になります。

はじめの状態は、記載していませんでしたが、改善していくにつれて、わかりづらかった音の方向感覚も掴めるようになってきました。

本当に何よりですね。音の方向はわかりづらいと、非常に不便なので、わかるに越したことはありません。

改善例のまとめ

さて、A・H さんの状態の改善例について、記載してみました。聴力が左右で異なる場合、考え方が難しいのですが、両耳とも補える範囲なら、両耳で補い、なるべく左右のバランスも整えられるようにしていきます。

そして、補聴器の音の状態や補聴器を使用している時の聞こえの状態は、測定を通じて理解し、ちゃんと改善されるようになっているのか。その点を見ながら、一歩一歩、改善していけるとよくしやすくなります。

特に左右の聞こえが異なる場合は、左耳、右耳で感じている感覚が違うことが多いため、測定を行わないと状況はかなり分かりづらくなります。感覚で比較すると、左右で異なるのが当たり前ですので、判断する術がありません。

なるべく合わせるためにも、そして、本当に合わせられているのかを確認するためにも兎にも角にも測定が重要になってきます。

左右の耳を調べながら、改善していく必要があるため、改善に時間は、かかりやすいのですが、補聴器の適性がある耳であれば、このようにして、聞きにくさを改善させることができます。

あくまでも、こちらの方の耳の場合……というようにはなってしまうのですが、仮に似たような方であれば。同じようにすれば、それなりに改善できるはずです。

ということで、こちらが役に立ったのであれば、幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。

お店の特徴を見てみる