突発性難聴の事例

【実例解説】左、突発性難聴、右、感音性難聴の方、バイクロス補聴器で改善

こちらでは、実際のお客様のデータを使って、どのように聞こえを改善していったのか。その解説を行なっていきます。

今回のケースは、40代の女性の方で、片耳が突発性難聴により、全く聞こえなくなり、もう片耳は生まれつきの感音性難聴の方となります。

耳の状況に関しては、少し複雑で、元々、両方とも少し聞きにくさを感じており、40代の時に突発性難聴になってしまった事から、片方の耳が全く聞こえなくなってしまいました。

その事から、ご家庭内でのやり取りで困る事が増えたり、お子さんの保護者会などの人との集まりの際に、だいぶ聞きにくさが強くなってしまい、聞こえにくい事で困ることがだいぶ増えてきてしまったご様子でした。

そのことから、ご相談いただくことになるのですが、

  • 家庭内での会話が非常にしやすくなった
  • 今まで聞きにくかった人の声がかなりわかりやすくなった
  • 聞きにくい事による不安は、だいぶ少なくなった

とのことでした。

以前は、聞こえにくい事で困ることがだいぶ多かったようですが、聞こえを改善し、より良くなったようで、こちらとしては、本当に何よりです。

では、どのように聞こえを改善していったのか。その点に関して、ポイントとなる部分をまとめていきます。

耳の状況

まず、耳の状況ですが

  • お名前:W・Hさん
  • 性別:女性
  • 年齢:40代
  • 聴力:右耳、中等度難聴、左耳、重度難聴(全く聞こえず)
  • 症状:右耳、生まれつきの感音性難聴、左耳、突発性難聴

となります。

聴力は、このようになります。

片方は、中等度の難聴で、もう片耳は、ほとんど何も聞こえない状態となります。低下している左側は、聴力検査をしても、音の振動しか感じないような状態です。

耳の状況ですが、小、中学校の頃に、少し聴力に感しては、弱かったものの、その頃は、あまり気にしておらず、30代になってから、少し聞きにくさを感じるようになったとの事。

そして、40代の頃、突発性難聴になり、片耳のみさらに聞こえが低下してしまっていた状態でした。こちら側は、聞こえにくくなった際に耳鼻科さんに相談するものの、改善する事はありませんでした。

今現在の生活環境としては、主婦の方で、お子さんが何人かおり、学校での先生とのお話や周囲の方々との付き合いなど、それらの環境の中で、聞きにくさを感じている状況でした。

特にママ友さん達のグループに食事に誘われたとしてもお断りしてしまったり、会話がしづらいために、消極的になってしまう。という事が度々ある状況でした。

聞きにくい状態だと、なかなかうまく話せないことから、自信喪失をしてしまったり、なかなか話に入れないことから、このようになってしまうケースはどうしても多くなってしまいます。

という事で、この状況を改善していきます。

聞こえの改善案

W・Hさんの改善案として

  • 聞こえを改善する際の注意点
  • 現状から見る聞こえの改善案

の2つに関して記載していきます。

聞こえを改善する際の注意点

まず、W・Hさんのような聞こえの場合、聞きにくさが出やすいのは、主に聞こえにくさが強い側です。

この場合ですと、左側になり、特に左側から話されるとわからない。気がつかない。理解しづらい。といういった事がかなり強く出ます。

そして、このような聞こえの方の場合、いかに聴力低下が大きい耳側を改善できるか。という視点が大事です。上記の通り、聞こえにくさが強い側からの音や音声がわかりづらくなるからです。

ただ、問題になるのは、聴力低下が大きくなりすぎると、補聴器では、聞こえにくい側が補えないケースが出てくる事です。その事から、このような聴力の場合、補う方法として、

  • 両方の耳に補聴器を装用して、聞こえを補う
  • 低下した耳側は、補聴器では補えないので、バイクロスで改善する

の2つの方法があります。

両方の耳に補聴器を装用して、聞こえを補う

こちらは、両方の耳に補聴器を装用する事により、聞こえを補えるケースに適応される改善方法です。

文字通り、補聴器を両方につけ、聞こえを改善していく事ですね。

聴力低下が大きくなりすぎると、聴力低下が大きい耳側は、補聴器を装用しても、まるで聞こえの改善効果を得られないケースもあります。

のその場合は、その耳に補聴器をつけても、あまり聞こえの改善は、できなかったりしますので、その点に注意が必要です。

低下した耳側は、補聴器では補えないので、バイクロスで改善する

こちらは、仮に聴力低下が大きい耳側に補聴器を装用しても、聞こえが改善できないケースに適応する改善方法です。

基本的に補聴器で改善できる幅というのは、決まっており、聴力低下が大きくなりすぎると補聴器を装用しても、ほとんど効果を得る事ができません。

その事から、バイクロス補聴器。というものがあり、そのような耳の場合は、こちらで改善する事もあります。

バイクロス補聴器とは、聞こえる耳側には、補聴器をつけ、聞こえない耳側には、音を転送するクロス。と呼ばれる機器をつけます。

その事により、聞こえない耳側に乗せたクロスから音を拾い、その拾った音を聞こえる耳側につけている補聴器に転送して、聞こえない耳側の音を聞こえるようにしたのが、バイクロス補聴器です。

聞こえの改善のイメージは、このような状態ですね。聞こえている耳側は、そのまま補聴器の役割をして、聞こえを改善し、聞こえを補えない耳側は、その耳に音を入れても、改善できないので、聞こえる耳側に音を転送して、聞こえを改善させます。

そのようにして、聞こえを改善するのが、このバイクロス補聴器になります。

現状から見る聞こえの改善案

では、ここから実際の聞こえの改善案について、記載していきます。

  • 改善に使っていく補聴器
  • どこまで音を入れて改善していくか

の2つに分けて、記載していきます。

改善に使っていく補聴器

改善に使っていく補聴器に関しては、結論から言いますと、バイクロス補聴器で改善していく事になりました。

聴力検査にて、聞こえを改めて確認した際、聞こえない耳側に関しては、音の高さ。周波数がわかるか。を確認させていただいたのですが、それは、全くわからない状況でした。

検査時、ほぼ鼓膜が振動している状態しかわからず、音が聞こえている。というよりも、ただ音が強くなる事により、振動として感じている状況だったためです。

聴力低下が大きいケースでは、音の音色がわからないケースが一定数あり、このようなケースは、音の区別がつかないため、音声の認識は、ほとんどできない事が多くなってしまいます。

その事から、左側は、音を感じることは、ほとんどなく、補聴器を装用しても改善の効果が薄い事が想定されるため、少しでも、左側の聞こえにくさをなくしていくために、バイクロス補聴器で改善していく事になります。

どこまで音を入れて改善していくか

バイクロス補聴器で聞こえを改善していく場合、基本的にどこまで聞こえを改善できたか。で改善度が決まる事が多いです。

特にバイクロス補聴器の場合、その補聴器での調整状態が、聞こえている耳側と聞こえにくい耳側の聞こえに影響するため、できれば、改善目標となる部分まで改善できると、聞こえの改善度を上げやすくなります。

補聴器の世界には、補聴器を装用した状態で、聞こえの状態を調べられる測定がありますので、それで表現させていただくと、以下のようになります。

W・Hさんの場合は、このような状態ですね。

人の音声の部分は、概ね、この辺りが影響しやすいです。この部分だけ、改善すれば良いというわけではありませんが、改善の優先順位としては、あげておく必要がありますね。

いくつかポイントをお話しさせていただくと、まず音声に影響しやすいのは、500〜2000Hzになります。

この辺りは、35dBまで改善できるようになると普通の声の大きさのケースから、少し声の小さい方、さらに離れたところから呼ぶ声など、様々な音の大きさの声が聞きやすくなります。

ですので、できれば、ここは、目標となる35dBまで改善できると聞こえの改善に貢献しやすくなります。

そして、W・Hさんの場合、高域も下がっており、チャイムの音や湯はり、洗濯機といった家電のアラーム、高い音がかなり聞こえづらく、周囲の状況がわかりづらい状態です。

この部分は、だいたい40dBくらいまで改善すると、周囲の状況は、かなりわかりやすくなります。すると、聞こえやすくなることで、周りの状況がわかりやすくなりますので、その分、より良くすることができます。

主婦の方ですので、外出先での状況もそうですが、家の中でも様々な物をわかるようにする事。さらに、お子さんの声に気付く事、お話しをしやすくするなど、改善できる幅を増やしてあげられると、日々の生活は、だいぶしやすくなります。

実際のご対応

さて、ここからは、実際のご対応です。

  • 初回時にした事
  • バイクロス補聴器の選定
  • 聞こえの改善

の3つに分けて、記載していきます。

初回時にした事

はじめにお越しになった際は、現状の把握から行なっていきました。

耳の状況をお伺いした上で、耳の状況を一通り調べさせていただき、聞こえの改善案について、お話ししていく事になります。

そして、補聴器の試聴を初めていくことになります。

こちらは、耳にかけるタイプのバイクロス補聴器を試していき、どのぐらい改善できるのか。その点に関して、見ていく事になります。

初回に音を入れたレベルとしては、このようになります。補聴器を使った感覚を伺いながら、入れられる分は、入れ、なるべく改善していきました。

初回にしては、入れられているのですが、高い音に関しては、少し入れづらく、こちらの部分は、後ほど徐々に改善していくことになります。

ただ、初めて補聴器を相談する。ということもあり、今現在の聞こえている状態が、辛くなってしまった場合に備え、音量は、操作できるようにし、使いやすい状態にして、貸出しました。

この状態で、幾日か、普段の日常生活上で使っていただいたのですが、その結果

  • 補聴器があることにより、今まで聞きにくい人の声が非常に聞きやすくなった
  • 聞こえにくい側に人がいても、わかることが増えた
  • 学校の母親の集まりや子供の集まりなどにも参加できる事が増えた

との事でした。

補聴器に関して、日常生活上で体験してみて感じたのは、自分がどれだけ聞きにくい状態だったのか。ということだったそうです。

今まで補聴器に関しては、使ったことがなく、どんな感じかわからなかった様子で、ただ、補聴器でも聞こえが改善されなかったら、どう生活を良くしていこうか。と悩んでいたこともあったようです。

さらに突発性難聴という病気になった後、補聴器に関して考えたようですが、あまり良い噂を聞かなかったことから、行動するのがだいぶ遅れてしまっていたようでした。

使ってみて感じたのは、ご自身の状態が聞こえにくい状態で「自分の状態って、もっと良くすることができるんだ」という一種の希望を感じた。ともおっしゃっていました。

聴きやすくなることで、今まで聞きにくく感じていた人の内容がわかりやすくなった事は、精神的にも、だいぶ助けになったようです。

もちろん、全てが改善されたわけではないのですが、あるとより良くなる事から、補聴器に関しては、考えたい。その事から、補聴器の選定と聞こえの改善に関して、より行っていきます。

バイクロス補聴器の選定

さて、バイクロス補聴器の選定ですが、上記の通りとなります。基本的に一般的な補聴器と同じく、耳にかけるタイプ、耳のあなの中に入れて使うタイプの2つがあります。

一つ、注意したいのは、W・Hさんの聴力です。それは、低い音の聞こえが良い事から、補聴器を装用すると、自分の声が低く大きく聞こえたり、閉塞感を強く感じやすい事です。

この感覚は、125〜500Hzの間が60dBの範囲内にあり、さらに聞こえが良いと良いほど、その不快感は、感じやすくなってしまいます。

その事から、その不快感をできれば、感じにくい補聴器が使いやすい補聴器となります。

その点を踏まえて、耳かけ形補聴器の特徴をお伝えしますと、耳かけ形補聴器の良いところは、補聴器を装用する事による閉塞感や自分の声が大きく聞こえる感覚。そういった不快感を軽減しやすい事です。

この不快感は、補聴器を初めて使う方にとっては、結構、きつく感じることもありますので、初めて補聴器を使われる方にオススメの形状でもあります。

欠点は、耳の上に乗せて使うものになりますので、マスクやメガネの邪魔になる事があったり、電話をする際に上にずらして、行う必要がある事です。

音を拾う位置は、このように上の方にありますので、電話の場合は、そこまで受話器を上に持ってくる必要があり、少しコツが必要になります。これが、欠点ですね。

耳あな形に関しては、耳かけ形補聴器の逆です。耳の穴の中に入れる事により、マスクやメガネの邪魔にならず、さらに電話は、そのまま今まで通り、行えます。

ただ、耳をふさぐ感覚が強いため、自分の声が低く大きく聞こえたり、閉塞感を感じる事があります。

この感覚は、割と強く感じやすい方もいますので、仮にこちらの方が良い場合は、実際にこの欠点の部分が使える範囲内なのか。その点を確認しながら、改善していけると良いです。

結論からお伝えしますと、W・Hさんの場合は、耳かけ形補聴器になりました。ご自身にとって、使いやすい補聴器が良い。とのことで日常生活で使っていただき、問題なく使えていた事から、こちらに決まりました。

聞こえの改善(補聴器の調整)

ここからは、実際の聞こえの改善です。バイクロス補聴器を貸出し、ある程度、聞こえの改善は、行なっているのですが、まだ、目標の部分からすると低い状態です。

改善値と目標改善値が近い位置は、いいかもしれませんが、高い音(3000Hz、4000Hz)に関しては、足りておらず、もう少し音を大きくしても良いのであれば、補っていく事が望ましいです。

その点に関して、確認してみると「より改善できるなら改善していきたい」とのことで、より聞こえの改善にチャレンジしていく事になります。

補聴器には、有償ですが、このようなオーダーメイドで作る耳せんがあります。

その際ですが、このような耳の形を採取してSPシェル。というものを作りました。

補聴器には、ハウリング、という現象があり、高い音をある程度、入れようとすると音漏れ(ハウリング)を起こし、それ以上、音を入れにくくなる事があります。

W・Hさんもそのような傾向が出ており、それを防ぐには、こういったものを作り、ハウリングを止め、さらに聞こえの改善を行えるようにしていきます。

という事で、実際に製作し、再度、補聴器の調整をし直します。すると、ここまで改善するようになりました。

改善値に関しては、だいぶ良い状態になります。高い音が聞こえにくいため、補聴器なしの状態は、結構、わかりづらい状態になるのですが、補聴器を使用すると、より良くなっています。

ただ心配なのは、一部、聞こえすぎている部分があり、その点についてお伺いしてみますと、そこまできつい感覚はないとの事でした。

念のため、音量を操作できるような状態にし、この状態で日常生活上で使っていただきましたが、日常生活でも、音が大きすぎることは、あまりないとの事で、この状態で使っていくことになります。

改善状況に関しては、良くなってきたため、補聴器の調整に関しては、以上になります。

お客様の評価

こちらでは、実際にご相談いただいた方に相談いただいて、どうだったのか。その声をいただきました。

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

アンケートにご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

はじめにお会いした時は、耳の状況を見て、私自身は、非常にびっくりしました。片方は、全く聞こえず、さらにもう片方も聞こえにくい状態でしたので「これはだいぶ生活がきついだろうな……」という感覚を感じたからです。

W・Hさんの場合は、片方が全く聞こえず、さらにもう片耳は、聴力が低下している状態になりますので、聞こえない耳側から離されると絶望的にわからない状態になり、気付くことがそもそもできません。

音というのは、聞こえていないと気がつくことができません。音は、匂いもなければ、見えるものでもないためです。

そうなると、呼ばれているのに反応できないことで「無視している」と思われたり、「態度が悪い」と周りの方から思われてしまうことがあるため、誤解がとにかく発生しやすくなってしまいます。

ですので、お会いした時は「これはだいぶ苦労してきただろうな……」という感覚を感じました。

案の定、それは的中するのですが、その事から、できる限り、生活が楽になるように。今まで少し苦しい生活をしてきた事だろうから、これからは、なるべく充実した生活ができるように、という事で、お店の方でできる限りのことをさせていただきました。

一つ一つ、補聴器に関して、説明させていただき、さらに聞こえの改善に関すること。補聴器を使った感覚。そういったところも一つ一つ確認させていただき、できることをさせていただきました。

その結果、今までより、だいぶ聞きやすくなり、困ることが劇的に減ってきたとのことで、こちらとしては、本当に何よりでした。

聞こえの改善に貢献でき、さらに生活がしやすくなることにも貢献できたこと。私としては、大変嬉しく思います。

こちらの方こそ、本当にありがとうございました。

まとめ

こちらでは、左右の聴力が大きく異なる方の改善解説に関して、記載していきました。

このような聞こえの方の場合、大事になってくるのは、いかに聞こえにくい耳側の聞こえを改善するか。になります。

仮に聞こえにくくなった耳側も補聴器が適応するのでしたら、補聴器で改善していくのが望ましいのですが、中には、そうでない方もいます。

そのような場合は、バイクロス補聴器を使って、聞きにくい耳側の聞こえをなるべく改善できるようにすると良いです。聞きにくい側からの音、音声が一番困りやすいからですね。

W・Hさんの場合は、残念ながら、聞こえにくい耳側は、補聴器が合わなかったため、バイクロス補聴器を使って、なるべく聞きにくい側も改善できるようにしていきました。

その結果、より良くする事につながり、こちらとしては、本当に何よりです。

もし、同じような聞こえの方でお悩みの方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければ幸いです。

最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、難聴の方や補聴器を使っている方の状況をきちんと理解できるお店を作り、安心して相談できる環境作りを心掛けています。

その事から、実際に補聴器を使っている人が対応させていただき、今現在の状況からお困りごと。さらに耳の事や補聴器の事をご相談しやすくしています。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容や聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ

関連する記事