働く

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かす

さて、次は、仕事編です。

今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。

聞こえにくさがある場合は、さらにそれに拍車がかかり、働くことは、周囲とコミュニケーションを取りながら、行うことになりますので、聞きにくさがあることにより、少し、自信がない方もいるかもしれません。

そこで、私自身が、自分なりにではあるのですが、考えた事や、やってきた事に関して、まとめてみたいと思います。

考え方には、色々とありますが、自分なりに自分を活かす方法を考えると

  1. 自分の耳の状況を活かす方法
  2. 自分の能力、特徴を活かす方法

の2つに分かれるように感じます。

①に関しては、お話をよく聞きますので、あまり語られる事がない②について、記載していきます。

その場合、まず、自分の特性を知る事が大切です。

タイトルの通りですが、ストレングスファインダーというもの(それ以外でも全然大丈夫です)で、私の場合は、それで自分の特性を知り、それを活かすようなやり方をしてきました。

どこか参考になる部分があれば、幸いです。

自分の特性を知る大切さ

さて、質問ですが、これをみている方は、何が得意で、何が苦手かわかりますでしょうか。

わからなくても、全然大丈夫です。なかなか人は、自分の長所や特徴などは、わかりづらい傾向があります。

私自身も、正直、自分で把握しているか。と言われますと、人から「この部分は、すごいよね」と言われたり「よくこんなことできますね」と言われることで、改めて、理解することが多いです。

この場合の長所は、他の人は、するのが難しく、自分では、割と簡単にできてしまう事。といえば、わかりやすいかもしれません。

長所を理解する、特性を理解することの重要性は、色々とありますが、一言で言えば、人は、長所によってのみ、人より抜きんでることができるためです。

誰にでもできるものができるより、誰でもができるわけではなく、かつ、その人にしかできないようなものがあると、人材としての価値も上がっていきます。

そして、ここからは、個人的に感じることですが、どうしても聞こえにくい。もしくは、何かしらのハンディがある場合は、特にこれらの事を意識し、自分自身は、どんな事が得意なのか、どんな部分だったら、聞きにくさのハンディがあっても、やっていけるのか。その部分を考える事が、大切だと思っています。

仮に一般の健康的な人と自分が難聴で、両者、同じ能力を持っていたとした場合、比較されたら、どちらが選ばれやすいのか。は、想像してみると、結果は、わかるかと思います。

もちろん、実際には、能力の他に、人柄や話しやすさ。組織のなじみやすさ。など、様々な要因が含まれますが、考え自体は、持っておいても損は、ありません。

私の場合は、まず、これらの部分を考え、自分の特性を知る事を行いました。

ストレングスファインダーとは?

あくまでも私の場合ですが、ストレングスファインダーというもので、自分の思考の元となるものを調べた事があります。

ストレングスファインダーとはギャラップ社が40年にわたって行ってきた「人間の強み」に関する研究に基づいて人々に共通する34の資質を言語化し、それを発見するために開発されたツール。

177問の質問に答えることで34種類の資質の中から自分を特徴づけるTOP5の資質を知ることが出来る診断です。

2017年末の段階で、全世界1700万人以上がストレングスファインダーを活用した診断を受講していて、個人の才能を伸ばしたり企業内でのマネジメントに使用されたりと様々な用途に使われています。

自分コンパスより引用

ストレングスファインダーの詳細は、上記の通りです。こちらの特徴は、自分が無意識に行なっている思考・感情・行動パターンを知る事ができる事です。

才能。というと、野球がうまい、運動神経がいいなど、そのような部分をいう場合がありますが、こちらでは、そのような部分ではありません。

その人がどういった思考・感情・行動パターンがあるのかを、探し、それを強みとして発見して磨き上げるための、ものとなります。

これらを調べられる自己診断ツールが、ストレングスファインダーです。

私のストレングスファインダーは?

私のストレングスファインダーの結果は、こちらの通りです。私のストレングスファインダーの結果は、こちらの通りです。

2015年に受けた結果ではありますが、私の結果は、こちらの通りです。

ストレングスファインダーでわかったこのブログを書いている人の資質今更ながらですが、書籍:さあ、才能(じぶん)に目覚めようーあなたの5つの強みを見出し活かす、という本を読んでみました。 2001年...

こちらに関して、これらの意味まで、記載すると、かなり長くなってしまいますので、私の思考パターンや自己診断ツールででた才能に関しては、上記をご覧ください。

なお、その後ですが、34個の資質解放の結果は、こちらの通りです。

自分の特性×努力

自分の特性を理解したら、あとは、自分の仕事に活かす事です。

ここからが非常に難しいのですが、例えば、私の場合は、自分でこのようなブログを書き、難聴の人の聞こえの改善方法を書いたり、補聴器の事を書いていたりしています。

これは、①回復思考、②収集力、③個別化、の3つを利用して、記載している状態ですね。

ブログを書く事自体、私は、そんなに苦ではなく、回復思考がTOP資質ですので(回復思考は、物事を改善させる事を好む思考)、それに関して、書くことは、私自身、そんなに苦にはなりません。

ですので、それを利用して、記載しているわけですね。

正直、わかりやすく伝えるのには、どうしたら良いかの部分は、試行錯誤している状態で、まだまだ磨いていかなければならないのですが、誰もやらないので、やっている部分でもあります。

また、補聴器で聞こえを改善させる。という基本業務も、回復思考そのものが役に立ち、耳の状況から、どのように改善させようか。その点をいつも考えます。

正直、補聴器が先に来るわけではなく、耳の状態が先にありますので、患者さんやお客さんには、わかりやすく伝えるのが、難しいのですが、この資質は、その点でも役に立っています。

あとは、そのような資質がある事を理解しつつ、どう長所を伸ばしていくか。になります。

ダイヤの原石は、磨かないとダイヤにならないのと同時に、その資質に関して、自分なりに磨いていく必要があります。

ただ、個人的に思うのは、自然と行なっている事が多いため、進んで自分が好きな勉強をそのまま続け、アウトプットするなり、インプットを記録するなり、努力を継続できる方法を見つけられれば、活かし続けられそうな気は、します。

ストレングスファインダーの注意点

なお、このストレングスファインダーですが、いくつか注意点があります。

資質そのものに適切な仕事、職業がある場合もありますが、ストレングスファインダーは、あくまでも、自身の強みとなる資質を出してくれるだけであり、何が適正かを出すわけではありません。

書くのが得意だよ、とも、お話が得意だよ。とも言ってくれるわけではありません。何か物事を行う際に、自ずと出る思考プロセスを出してくれるだけになります。

私の場合は、幸いにも、飛び込んだ先が、偶然、自分に合うものだった。という幸運に恵まれすぎている部分があり、そのまま仕事を続けていますが、今現在している事、自体が合わない方も、もしかしたらいるかもしれません。

その場合は、改めて、自分自身に関して理解し、どのように自分を活かしていくのか。その点を考えていけると良いかもしれませんね。

私の場合は、一人でやっている。ということもあり、資質を理解した後は、主にその部分を強くしようと、ブログを書いたり、他の事をしました。

偶然、その資質が有効活用できる環境だったからこそ、ここまでできたのかも?と思うことは、自分でも感じています。

まとめ

あくまでも私自身が考え、そして、してきたことに関して、記載してみました。

あくまでも一つの考えになりますので、参考になれば幸いです。

どのような資質があるのか。だけでも分かれば、何か、業務や仕事をする際に「この仕事は、もしかしたら合うかもしれない」「これは、厳しいそうだ」という部分も判断できるかもしれません。

世の中、たくさん仕事はありますので、私自身は、自分が合う、もしくは、自分の特性が一番、活用できる環境にいるのが、一番良いと思っています。

もちろん、状況によっては、難しいこともありますし、決断しなければならないこともあるかもしれません。

只、自分の事を理解する。という部分は、非常に大事な事だと、私は、思っています。

なお、ストレングスファインダーに関する説明は、

ここが一番、わかりやすいです。

自分の状況を改善するシリーズ

補聴器での基本の改善思考

中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか

中等度難聴の私が聞こえを改善させるまで(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか

中等度難聴の私が、自分の耳の聞こえを改善させるまで(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、どう改善させたか

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器購入後のケアについて

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える方法

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係を学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る(←今、これ)

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:仕事でオススメする本

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

仕事編:耳のことは、伝える?

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

人生観:ものの見方を広げる

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえを改善する補聴器専門店
補聴器を売るお店ではなく、聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている人です。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

なお、聞こえの改善方法に関しては、8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめに、記載しています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
働く

就職及び、バイト、パートの面接時、耳のことをいうのか問題について

2017年9月27日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
引き続き先日の「神奈川県聴覚障害者福祉センターの難聴者サロンに参加してみた」に関連する内容なのですが、難聴の体で生きていると、タイトルの通り …