働く

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本

私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よかった。と思う本があります。

仕事に関しては、できるに越したことはなく、本を読むことで、新たな視野や思考を得ることもできます。

私自身が読んでよかった。と、思う本に関して、紹介していきます。

プロフェッショナルの条件 P・F・ドラッガー

リンク:アマゾン

本自体は、2000年に発売された本なのですが、仕事の本質的なものを学べるかなり深い一冊です。

プロフェッショナル、というよりも仕事、全般に関して学べる良書で、働いてから、2〜3年くらいした方であれば、この本が言おうとしている事、そして、自分が何かにつまづいているのであれば、そのヒントをくれる一冊になるかと思います。

成長と自己改革を続けるための内容を見るだけでも、自分自身を成長させるヒントをつかめるはずです。

究極の鍛錬 ジョフ・コルヴァン(米田隆/訳)

リンク:アマゾン

才能か、努力か。天才とは、作られるものなのか、それとも、自然に生まれるものなのか。これらに関する内容をまとめた本です。

タイトルで、ほぼネタバレですが、世に言う才能があるひと、天才と呼ばれる人は、この本の中にある”究極の鍛錬”による産物で、その方法やその事例に関する内容をまとめています。

自分をよりよくさせたいと考えている人には、非常に刺さる本だと思います。

仕事ができるやつになる最短の道 安達 裕哉

リンク:アマゾン

元々、Books&Appsと言うブログのまとめの本になるのですが、このサイトは、仕事や社会的に話題になっているものに関して、ブロガー的な人やある程度、仕事で成績を出している様な方々が書いているブログ運営サイトになります。

仕事に関する内容であれば、個人的には、随一の質を誇り、個人的には、よくみているサイトにもなります。

そこのまとめ本で、仕事に関する本質やする上で、気をつけること、ある種の人生観ではありませんが、その様な内容を学ぶことができます。

こちらも仕事をして、2〜3年ほど経過した人にとっては、良い本だと思います。

エッセンシャル思考 グレッグ マキューン

リンク:アマゾン

大事な仕事に集中することに関して書かれた本。日々の忙しい仕事に関して、どう考えて、行動するのか。その点に関して書かれた本になります。

少し日本の場合は、行うのが難しいとは思うのですが、考えとして、持っておいたほうが良いものではあります。

こちらも結構、おすすめです。どちらかと言うと戦略を考えたりする人向けかもしれません。

ルーキースマート リズ・ワイズマン

リンク:アマゾン

業界のことを何も知らない人が成功するのは、なぜか?という観点から新人とベテランで、どう違いがあるのか。をまとめた本です。

ルーキーがベテランよりも良いケースや逆にベテランの方が良いケースなど、色々な観点から物事を教えてくれる一冊ですね。

新しいものがどんどん出てくる世の中になってきている今、この時代を生きる人に必要な本だと、私は、思います。

小さな習慣 スティーヴン・ガイス

リンク:アマゾン

仕事といえば、仕事ですが、こちらだけ、少し毛色が異なります。

人生をよくする。とした場合、これに関する答えは、結構、単純で、良い習慣を身につけ、悪い習慣は、無くしてく。ただそれだけです。

これが難しいからこそ、あまりうまくいかないのですが、では、良い習慣を身につける。自分がしたい思う習慣を身につけるには、どうしたら良いか。その点に関して、記載された本です。

個人的にもかなり好きな本で、面白く、具体的に乗っている本でもあります。

これのおかげで、私自身も、自分で身につけたい習慣を少しずつ、身につけられる様になってきています。

まとめ

上記には、仕事。と言うことで、この5冊を出してみました。

自己の成長。と言う意味では、究極の鍛錬とプロフェッショナルの条件さえあれば良い気がしますが、最短で、仕事ができる様になる本、も簡単に書かれており、かつ、読みやすい本ですので、おすすめですね。

あとは、エッセンシャル思考に関しても、やりたいことややるべきことが多い現代に関して、有効な考えに関して、書かれています。

本を読むことで得られるのは、自分にはない考えや思考が広がることです。

自分自身で考えて、獲得するのももちろん大切ですが、先人が頭を働かせて、得た知恵もあります。

学ぶのは、一番、効率が良い方法ですので、良い本を読むことは、自分自身の知恵を増やすことにも繋がりますし、選択肢や別の考えを得るのにも繋がります。

本の場合は、それが安く手に入りますので、個人的には、本を読むのは、おすすめですね。

自分の状況を改善するシリーズ

補聴器での基本の改善思考

中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか

中等度難聴の私が聞こえを改善させるまで(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか

中等度難聴の私が、自分の耳の聞こえを改善させるまで(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、どう改善させたか

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器購入後のケアについて

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える方法

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係を学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:仕事でオススメする本(←今、これ)

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

仕事編:耳のことは、伝える?

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

人生観:ものの見方を広げる

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...
ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、聞こえの改善のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちら。実際に対応したお客様の改善例は、こちら。に詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、当店で扱っている補聴器、製品に関しても、まとめています。

お店の特徴を見る取り扱い製品を見る