補聴器のFAQ

耳かけ形補聴器を使っている場合のマスク、メガネのつけ方とは?

耳かけ形補聴器を使っているケースで、マスクやメガネを使う場合、マスクが補聴器に引っかかってしまったり、メガネを使う際、ちょっと邪魔に感じることがあるかと思います。

しかし、これらのものですが、ちょっとした工夫をするだけで、だいぶこれらのものは、使いやすくすることができます

新型コロナウイルス により、マスクをつけることがデフォルトスタンダードになってきましたので、これを気に楽な付け方を身につけておきましょう。

こちらでは、

  • マスクのみつける場合
  • マスクとメガネをつける場合

の2つに分けて記載していきます。

なお、わかりづらい場合も含め、念のため、動画での解説も置いておきます。仮に文章だとわかりづらい場合は、こちらをご覧ください。

マスクのみつける場合

初めは、マスクのみつける場合です。結論からいいますと、マスクをつける場合は、マスクの紐(耳にかかる部分)を補聴器の外側にやるようにします

頭があり、補聴器があり、マスクの紐がある。という状態ですね。このようにできると、マスクの紐は、マスクを外す際、ほとんど引っかかりません。

耳かけ形補聴器を使っていて、マスクの紐が引っかかるケースというのは、マスクの紐が補聴器の内側に入ってしまっているケースが大半です。

頭があって、その次にマスクの紐があって、最後に補聴器がある状態ですね。補聴器が一番耳側(頭の外側)になっている場合は、補聴器に紐が絡まりやすくなってしまうんですね。

ですので、その点に気をつければ、だいぶ楽にマスクの付け外しができるようになります。

メガネとマスクを使う場合

メガネとマスクを使う場合は、それぞれ、メガネのツルは、補聴器の内側(頭側)。マスクの紐は、補聴器の外側(耳側)。このようにしていただければ、スムーズに使えます

まず、メガネですが、メガネは、補聴器の外側にツルがきてしまうと、頭を締めつけることになってしまいますので、こうすると、人によっては、頭痛が起こる可能性があります(押し付けているので、血流が悪くなります)。

ですので、必ず、メガネのツルは、補聴器の内側、頭側にツルを入れるようにします。

こういう状態ですね。これだけでメガネは、だいぶスムーズに付けられます。

次にマスクですが、マスクは、上記の内容と同じです。マスクの紐は、補聴器の外側、耳側につけるようにします。

上記の通り、マスクの紐が引っかかる原理は、補聴器の内側にマスクの紐がきてしまい、補聴器に紐が絡まりやすくなってしまうことによるものです。

ですので、マスクの紐が補聴器の外側、耳側にくれば、自然と引っかかることは、ほとんど無くなります。

メガネとマスクを使う場合は、それぞれの位置を気をつけていただければ、一緒に使うことができますし、一緒に使っても、そんなにこんがらがることもありません。

適切に使おう

これらのものは、耳かけ形補聴器であっても、適切な位置に置いていただければスムーズに使えます。

そんなに難しいものではありませんので、ぜひ覚えて、スムーズに使えるようになりましょう。

ちょっとした工夫で、補聴器は、こんなにも使いやすくすることができます。

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、聞こえにくさにお困りの方へ、一対一で、お困り事やご相談してみたい事をちゃんと相談できる環境を作り、補聴器を実際に使っている人が、お一人、お一人のご希望に合わせた聞こえの改善や補聴器のご相談を行なっています。

もし、聞こえにくさにお困りの方や使用している補聴器が不調な方がいましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

ご相談ごとがございましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、このお店の内容や場所、聞こえの改善内容については、以下にまとめています。