補聴器のFAQ

困らないようにするために補聴器修理で知っておきたい事

補聴器が故障したり、調子が悪い場合、お店で直せるものに関しては、お店で直していくのですが、実際には、お店では、直らない場合もあったりします。

その場合ですが、補聴器を預ける必要があり、かつ、7〜10日ほど、補聴器が手元から無くなります。

今回、こちらでは、補聴器の修理に関する事で、困らないように知っておきたい事に関して、まとめていきます。

補聴器修理の概要

  • 修理期間:7日〜10日
  • 修理金額:内容による
  • 備考:代替機を貸してくれるお店もあり

補聴器の修理に関する概要は、上記の通りです。

仮にお店で直らず、補聴器をメーカーにお送りする場合は、だいたい1週間前後ぐらい補聴器が手元から無くなります。

お店で直らない場合は、補聴器が手元からなくなる期間がある点にご注意ください。

修理代金に関しては、内容によって変化します。

音が出る部品や音を拾う部品などの故障であれば、だいたい16,000〜20,000円ぐらいで、アンプ(ICチップ)と呼ばれる補聴器の心臓部分に関して故障してしまっている場合は、それ以上に金額がかかります。

ここの部分は、状況によって変わってしまうので、なんとも言えないのですが、だいたいの修理金額は、余程の事がなければ、20,000円、以内で収まる事が多いです。

困る場合は、代替機を申し出てみよう

補聴器が修理預かりになった際、その間、使える補聴器がある方は、それを使っていただき、仮にない場合、あるいは、補聴器がないと困ってしまう方は、お店の方に代替機に関して、伺ってみましょう。

全く同じ機器に関して、用意してくれるのか、そうでないかは、状況や補聴器によって、変わりますが、代替機をご用意してくれるかもしれません。

耳にかけるタイプの耳かけ形補聴器であれば、既製品になりますので、ご用意してくれる事が多いです。

これは、今現在、使用しているタイプ、全く同じタイプの補聴器をご用意してくれるという部分もそうですし、仮にそうでなくても、別の補聴器で、補聴器がない状態より、困らないようにしてくれる。という部分もそうです。

耳あな形補聴器に関しては、耳の形を採取して作っている補聴器になりますので、残念ながら、全く同じ機器。耳あな形補聴器の代替機は、ないので、耳かけ形補聴器であれば、借りれる可能性があります。

どちらにしても、補聴器がないと困ってしまう方に関しては、修理預かりになった際は、代替機を借りれるかどうか。お伺いしてみる事をオススメします。

まとめ

今回は、補聴器が初めての方に関して、修理に関する内容を記載してみました。

こちらでお伝えさせていただきたかったのは、補聴器がお店で直らなかった場合は、修理をするために、補聴器がない期間が、1週間ぐらい発生してしまう。という事です。

補聴器に関して慣れてくると、補聴器はなくてはならない存在になります。

ですので、仮に補聴器がないと困ってしまう方は、代替機に関して、お伺いしてみる事をオススメします。

そうする事で、修理中、困る期間というのを減らす事ができます。

以上、初めての方に向けた補聴器の修理の内容でした。

【聞き取りづらさに、お困りの方へ】聞こえの改善相談、承っています

当店では、聞き取りづらさにお困りの方へ補聴器による聞こえの改善相談を行なっています。

このお店では、安心してご相談いただくために生まれつき難聴で補聴器を使っている当事者が実際に対応させていただき、

  • 聞こえにくい事によるお困り事
  • 聞こえの改善
  • 補聴器に関するご相談(ご質問)

これらについて、誠実にご対応しています。

完全予約制の一対一で対応しておりますので、聞いてみたい事、ご相談したい事がありましたら、お気軽にご相談ください。

相談を希望される方は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、当店の内容や場所、聞こえの改善に関しては、以下にまとめています。

関連する記事