補聴器のFAQ

コミュニケーションコストを甘くみないようにしよう

補聴器において大事なことは?というと、補聴器の形だとか、耳の状況だとか、色々と考えられることが出てくると思います。

個人的に思うのは、大事なことは多いけれども、一番大事なものは、何か。というと、それは、コミュニケーションがしやすいかどうか。だと思っています。

補聴器の調節だとか補聴器の形だとか、そういった部分に関して、相談する方とのコミュニケーションがしやすいかどうか。ということですね。

理由は単純で意思疎通ほど大事なことはなく、 そして、それが伝わらなかった時に多大なストレスがかかるからです。

ですので、今回こちらでお伝えしたいのは、そういったコミュニケーションコストは甘くみないようにしたほうが良い。という事です。

相談で一番大事なのはコミュニケーション力

私も色々とこの業界に関して長くなってきているのですが、補聴器に関することで上手だなと思う方は、大体、補聴器の知識、技術が凄くて上手なのではなく、コミュニケーションの取り方が上手だなと感じています。

一言で言うとコミュニケーション力がある人ということですね。

人には様々な方がいますので、しっかりと聞こえを改善することで、これが良い。となる方もいれば、しっかりと聞こえを改善することで、「うるさくて使う度に辛い」と評価する方もいます。

どんな物事にも良い面だけがあるわけではないため、その人がどんな人なのか。どんなことを良いこととしていて、どんな事を悪いこととしているのか。その価値観によって、評価が変化します。

ですので、そういった人の感覚を読み取れたり、そういった部分を理解しようとしている方は、やはりとても上手だなと感じます。

それに沿って技術や知識を活用しているので、文字通り、難聴の方に貢献できていることが多いなと感じますね。

これは、知識や技術が主体にあるわけではなく、対象となる方がいて、「こういった人だったら、こういう事をしてあげられると良いな」とか「こういった人だったら、この部分を注意した方がいいな」とか、考えられるという事ですね。

上記の通り、人それぞれ何が良いか、何が悪いかは違います。

小型の補聴器を見て「目立ちにくそうだから良さそうだ」となる方もいれば「小さいのは別に構わないんですけど、無くしそうで怖いですね……」と評価する人もいます。

物に対する評価の軸、価値観が違うわけですから、一律で「これは良い」「これは悪い」と決めることはできません。

人というベースを考える事、まさに人をベースとして、知識や技術を使える方、つまりコミュニケーション能力が高く、人そのものをきちんと理解しようとしている人ほど、対応が上手だなと個人的には感じます。

話が伝わる、理解してもらえるが大事な理由

これは、個人的に体験した事ですが、私自身、このお店は、一人でやっているため、自分の仕事に関係ないものは、基本、外注といいますか、別の方にお任せしています。

例えば、このWebサイトのちょっとしたデザイン、絵のイラストなども外注していたりするのですが、その際に私自身が強く感じるのは、こちらの話が伝わる、理解してもらえるというのは、凄く大事であるという事です。

以前あったのは、こちら側が「こういったものが欲しい」と伝えた際、「わかりました。お任せください!」となり、「できました!」と完成品を見た際に「おや?全く違う……」

その際、「こちら側の伝え方が悪かったか?」と思い、やりとりなどをメールで行っていたので、内容を見返したりしていたのですが、「特に変な伝え方はしていないな……」となることがありました。

結局、この方とは、やりとりするたびに疲弊してしまったので、別の方にお任せすることになったのですが、次にお任せした方は、とにかく話が伝わりやすく、こちらの意図を汲み取ってくれ、非常に仕事がしやすくなりました。

この経験で私が思ったのは、話が伝わる、理解してもらえるというのは、すごい価値である。ということでした。知識や技術以上にです。

話が伝わらないと、やり直しの工程も増えますし、何度も話合ったりすることで、その度に疲弊してしまい、文字通り、話にならず、ストレスばかりが増えます。

この経験以降、私は、技術や知識は大事だが、それ以上にコミュニケーション能力が大事なんだなと感じました。

それは、上記に記載した通り、人にはいろいろな人がいて、さらに何を良しとして、何が悪いのか。そういった価値観が違うからです。

この価値観の共有ができないと、そもそもどういった状態になれば良いとなるのか。それが変わる訳ですので、良い対応をすることができません。

コミュニケーションコストを甘くみないようにしよう

こういった意思疎通のしやすさをコミュニケーションコスト(厳密には、情報伝達や意思疎通にかかる時間や労力のこと)といったりしますが、このコストは、馬鹿にならないぐらい非常に大事なことだと感じています。

コミュニケーションコストが高い場合は、やり取りする際の時間や労力が高い状態になりますので、自分の話が伝わらなかったり、何度もやりとりさせられる事になります。そして、こちらがして欲しい事、希望が伝わらないため、大きく心が疲弊します。

この際、本当にしんどいぐらい疲弊しますので、結構キツイです。時間も労力も、そして大体お金や精神も消費します。

逆にコミュニケーションコストが低い場合は、文字通り、話が伝わりやすく、むしろ快適になります。

もちろん、お店側にもできること、できないことはありますので、その線引きはあるにしても話が伝わりやすいということは、相談そのものにストレスが少ないため、快適になりやすいという事ですね。

私もコミュニケーションコストが高い状態を経験していますが、心の疲弊度がかなり大きいので、正直、コミュニケーションコストの低さ(話の伝わりやすさ、理解してもらいやすさ)というのは、とても大事な事だと思っています。

コミュニケーションコストが低い方をどう見つけるのか。というところは、直接、相談してみないとわからないところではあるのですが、もし、そういった方を見つけられたら、大切にしてみてください。

その後の相談や対応、何かあった時にそういった人に相談できるというのは、とても大きな価値であり、安心さにも繋がります。

ということで、私もコミュニケーションコストが低い人間になれるよう、努力していきたいと思います。m(_ _)m

月3名限定で、お困りごとのご相談、承っています。

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店の特徴は、実際に補聴器を使っている人が対応している事です。

聞こえにくい側の状況やお気持ち、補聴器に対するお考えや補聴器をつけて感じる感覚。これらの部分は、当事者や実際に補聴器を使っている人にしかわからないこともあります。

その事からこのお店では、こういったことを汲み取ったご相談ができるよう、実際に補聴器を使っている人がご相談を承っています。

もし、このようなお店に興味がある方は、お気軽にお問い合わせページより、ご連絡ください。

このお店の内容やご利用いただいたお客様の声(お店で良かった事、評価)は、以下よりどうぞ。

お店の特徴お客様の声