難聴の人は、仕事についてどう考えれば良いのか

深井 順一|パートナーズ補聴器

補聴器による聞こえの改善は、聞こえの改善と補聴器のFAQ、にまとめています。また、個々の症状(症例)ごとの改善は、お客様の聞こえの改善事例にまとめています。

難聴の方の場合、仕事についてどう考えるか。という課題があります。

どうしても補聴器をつけても耳が治らないこともあり、聞きにくさを抱えた状態で、仕事をする場合、いろいろと気になる事が出てきてしまいます。

それは、周りの人とのコミュニケーションが取りづらいことで、実際に仕事に差し支えてしまうとか、あるいは、就職の際、面接の際に聞こえにくいことを伝えると「落とされるのでは?」という不安が出てきてしまうのは、仕方がない部分でもあります。

私自身も生まれつきの難聴者ですので、仕事については、いろいろと考えてきました。

あまり良い言い方ではないのですが、仮に難聴じゃない自分と難聴の自分、スキルや知識が同じだったら、難聴じゃない自分、言い方を変えれば、欠点が少ない方が就職にせよ働くにせよ、有利そうです。

この問題に関して、自分なりに考えてきたのですが、その中で出した結論、方向性は、自分の強みを軸にしながら、仕事を考える。ということでした。

今回は、この点について、まとめていきます。

難聴の人に向いた仕事?

この仕事をしていると(実際に自分が補聴器を使っていて、同じように難聴の方とお会いすると)、会話の中で割と高い頻度で出てくるのが、仕事の話です。どのような仕事が難聴の方に合うのか、もっというと難聴の方に合う仕事は、あるのかどうか。という議題ですね。

ここに関しては、私自身も興味があることなのですが、今の所の結論は、”おそらくない”ということです。

それは、難聴の方といっても、その持っているパーソナリティ、能力、才能、力を発揮する領域が全く異なるからです。

私の立場の良いところは、実際に私自身が補聴器を使っており、さらに同じような難聴の方にお話を聞けることです。

そこで、例えば、どのようにして仕事を選んだのか、とか、そのように仕事を選んでみて、どうだったのか、とか、うまくいった要素、逆にそうじゃなかった要素を聞いて、自分なりに分析できることですね。

難聴の方は、どうしても少ないので、そういった方々に話を聞ける機会が多いというのは、おそらく、一般の方と比較すると、なかなかレアなケースだと思います。

なので、「これも自分の能力を活かすに入るかな」と思いながら、ヒアリングをしていたりします。

そこで気がついたのは、難聴の方といっても、話すのが好きな方もいれば、自分のペースで黙々と仕事をするのが好きな方、さらには、人と協力しながら、大きな成果を出すのが好きな方など、さまざまであるということです。

確かに言われてみればそれは納得です。

というのも”難聴の人”という人種が存在するのではなく、元々持っているパーソナリティや能力、物事の考え方、好き嫌いのところに”難聴”という状態が加わっているだけなので、難聴の人に合う仕事なんてものはありません。

ベースは、その方が元々持っているパーソナリティや能力、物事の考え方、好き嫌いになるからですね。

どうしても簡易的に考えがちなのですが、難聴の人も色々になります。であれば、それをベースに考えていく必要があります。

自分の強みを軸にする

で、そのことに関して、自分なりに考え続けていたのですが、私自身、本を読むのが好き(どちらかというと異なる考え方を知るのが好き、パラダイムシフトが好き)ということもあり、色々と本を読みます。

その中で、最近、仕事に関して、すごく学びになった本がピーター・F・ドラッカーさんの経営者の条件です。(時点で、プロフェッショナルの条件、ただし、こっちは堅苦しすぎて読むと眠くなる)

この本は、知識社会になった今現在において、どのようにしたら仕事で成果を出せるのか。について書かれた本で、その中の言葉を要約すると”自分の強みを軸にして、他者に貢献しなさい”になります。

この本のすごいところは、突出した能力なんていらないし、頑張る必要もない。必要なのは、成果を出す習慣を身につけることだ。と喝破しているところです。

どんな人にも得手不得手はありますし、全ての能力が優れた人などいません。さらに大体の場合において、突出した能力を持っている人ほど、その分、致命的な弱点があったりします。

つまり、人の能力の総和は決まっているということです。

突出した能力があればあるほど、どこかが致命的に欠けている、あるいは、欠けているどころかマイナスになっているということですね。

だからこそ、人は協力しあって成果を出したり、この社会を生きてきたわけですが、ここから私は、難聴の方の仕事の探し方、もっというと仕事の仕方を学びました。

まとめ

さて、取りまとめのないような内容になってしまいましたが、私がお伝えしたいことは、自分の強みを軸に仕事を探したり、していくこと。こちらになります。

この仕事をしていると、仕事の話は結構出てくるのですが(そういったところも相談できるのが私の強みですね、一般のお店では、なかなかできないと思いますので)、その中で繰り返し出てきたフレーズは、「難聴の方に向いた仕事はあるか?」でした。

その点に関しては、今の所「おそらくない」が私の返答です。

しかし、難聴の方に向いた仕事はないかもしれませんが、今、このページを見ているご自身に向いている仕事はある可能性があります。

それを探していくことが大事ということですね。

では、どのように探していくのか。そこで大事になってくるのがまず方向性ですね。その方向性が、先ほどの自分自身の強みを軸にして、他者に貢献していくこと。こちらになります。

自分にはどんな事ができるのか、そして、できないのか。これを知ることから始めるということです。

ここで大事になってくるのは、何もできないことで貢献する必要はないという事です。

自分の強みを軸に他者に貢献しなさい。というフレーズは、裏を返せば、自分の弱みを軸に他者に貢献する必要はない。になります。(ここ重要)

また色々とわかってきたことがありましたら、こちらで報告していこうと思います。

ABOUT ME
深井 順一|パートナーズ補聴器
深井 順一|パートナーズ補聴器
補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店・代表
1986年7月1日生まれ。生まれつき難聴で小学2年生の頃から補聴器を使っています。私自身が生まれつきの難聴者で、補聴器を使っている当事者であること。ここを活かして、お客様に貢献できるお店を目指しています。
記事URLをコピーしました