定期点検

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう

さて、前回までで、補聴器で聞こえを改善させる。もしくは、補聴器を選ぶ。という部分に関しては、全て、終わりになります。

補聴器を購入した後は、聞こえのケアと必要になるものを、まとめていきます。

聞こえを改善した後は、ケアする事を覚えておこう

補聴器を購入後は、なるべく聞こえにくくならない様にケアすることが大切です。

このケアですが、

  • 自分の補聴器で聞きにくくなる要因を理解しておくこと
  • できれば定期点検で6ヶ月〜12ヶ月に一度くらいは、見てもらう

の2つです。

補聴器は、聞こえを改善した後は、なくてはならないものになります。

そのため、聞きにくくならない様にできると、それだけ、ご自身の状況を困りにくくすることができます。

自分の補聴器で聞きにくくなる要因を理解しておくこと

補聴器をご購入後ですが、できれば、自分でケアすることで、改善できるものに関しては、教わっておいたほうが良いです。

私が使っているこのタイプは、自分でできるケアは、掃除することくらいしかないのですが、

この様なタイプや

耳の中に入れるタイプは、

この先端に付いているフィルターが詰まったりすると、聞こえなくなりますので、その部分の交換方法に関しては、ご自身でできる様になっておいた方が無難です。

すると、仮に詰まった場合でも、その場で、自分で改善させることができる様になります。

私の場合は、補聴器をお渡しする際に同時にお伝えしています。

また、補聴器の場合、乾燥ケースが付属で付いてくることがあります。

補聴器は、汗や湿気によるものの故障が、大半で、なるべくその様な故障を減らすために、乾燥剤を利用した乾燥ケースがあります。

その中にできれば、夜寝る前に保管し、朝起きて、ケースから補聴器を取り出す。という様な保管ができると、なお、故障は、しづらくなります。

自分で行える補聴器のケアに関しては、このくらいですね。

できれば定期点検で6ヶ月〜12ヶ月に一度くらいは、見てもらう

補聴器販売店では、定期点検。というものを行なっており、補聴器の動作チェックや補聴器のクリーニングを行い、故障していないか。故障前にケアして、故障を防ぐ。という事をしています。

上記には、自分でできるケアの部分を載せましたが、補聴器によっては、難しい部分もありますので、できれば、半年に一度、ほど、定期点検に伺い見てもらえると、ベストです。

難しい場合は、一年に一度でも良いので、見てもらえると、故障する前にケアできたり、色々と予防できたりするので、オススメです。

お願いする場合は、定期点検をお願いします。といえば、補聴器屋さんには、伝わります。

補聴器を購入した後に必要になるもの

補聴器を購入した後に必要になるものは、

  • 補聴器の電池
  • 一部のケア用品

の2つでしょうか。

補聴器の電池

補聴器の電池は、最近は、アマゾンでも購入できます。

ご自身が使用する補聴器の電池の種類を聞いておき、アマゾンで注文する。でも、大丈夫です。

プライム会員であれば、1日くらいで届きます。

ただ、ちょっと気をつけてほしいのは、電池の消費期限です。電池には、消費期限があり、パックの裏には、必ず、消費期限が書いてあります。

注文時は、なるべくここを確認し、2年くらい先まで保つ様な電池であれば、新品の電池が出ていますので、安心です。

その部分が極端に短い場所からは、購入しないほうが良いかと思います。

通販だと、この部分の確認ができないため、少し不安は、残りますね。当たりさえ引けば、定期的にそこを利用し続ければ、安く手に入る様になります。

一部のケア用品

一部のケア用品とは、

  • 乾燥剤の様なケア用品
  • 補聴器の部品、交換用品の購入

になります。

上記に紹介した乾燥ケースの中に入れる乾燥剤の様なケア用品や

補聴器の部品の交換用品。

これらは、補聴器屋さんでしか扱っていないので、定期点検のついでに購入できるとベストです。

それらの事からも、定期的にいけると、良い流れを作ることができます。

補聴器購入後は、壊れない様にすることが大切

補聴器は、耳に慣れると、なくてはならないものになります。

そのため、補聴器が聞こえなくならない様にしたり、仮に聞こえなくなったら、どの部分を見れば良いのか。その点に感して、予め、補聴器屋さんに聞いておけると、困る事を少なくできます。

個人的には、自分でできるケア用品系は、ご自身でできる様になっておけると、いいですね。

その様にできると、仮に聞きにくくなった際に、自分で改善させることができるためです。

壊しそうで怖い。という方は、無理に行う必要はありませんが、できる方は、できる様になっておいた方が、いざという時に、自分で改善できる様になります。

これらを覚えておければ、困る事は、少なくなるかと思います。

後は、わからないところがあれば、補聴器屋さんに気軽に聞いてみる事です。色々と教えてくださるかと思います。

このページに関連する内容

補聴器購入後の定期点検と聞こえをキープする環境作りの大切さ補聴器を購入後は、聞こえの良い状態をキープする事が大切です。その方法である定期点検とその理由に関して記載してみました。良い状態で使い続けられると、結果的に困ることを少なくできます。...
聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...
補聴器メンテナンスの裏の目的は、良いサイクルを見つけ出す事補聴器のメンテナンスといえば、補聴器の点検や掃除、部品の交換を行う事です。一般的なアフターフォローと言われており、補聴器を装用している方...

自分の状況を改善するシリーズ

補聴器での基本の改善思考

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(自己紹介〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、どう改善させたか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器購入後のケアについて(←今、これ)

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える方法

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係を学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:仕事でオススメする本

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

仕事編:耳のことは、伝える?

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

人生観:ものの見方を広げる

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【お困りの方へ】個室による予約制の補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

只今、適切に聞こえを改善する個室による予約制の補聴器相談、実施中です。日常生活で試せるよう補聴器の貸出、試聴も、無料で行なっています。

  • 以前、別のところでうまくご相談ができなかった方
  • 近くに安心して相談できるお店が見当たらない方
  • 補聴器の事を相談したいけれども不安がある方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめにまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例