感音性難聴の事例

【改善解説】20代、女性。左右の聴力が異なり、両耳とも軽・中等度難聴の方を補聴器で改善

こちらでは、実際のお客様のデータを使って、どのように聞こえを改善していったのか。その解説を行なっていきます。

今回のケースは、20代の女性の方で、両耳とも生まれつき聞きにくく、左右の聴力は、異なる状況の方です。

生まれつき聞こえにくく、大学生の頃から聞きにくさは感じていたようですが、学生の頃は、まだ聞こえていたものの、会社で働くようになってから、聞きにくさをより感じるようになってきてしまったようでした。

声が小さい方、あまりはっきり話さない方。さらに複数の人との会議では、聞こえにくい事による不便さ、不自由さが特に仕事の際に強くなってしまい、この状況をなんとか良くしたい……とお考えでした。

その事からご相談いただく事になるのですが、対応させていただいた結果

  • 聞きにくさに困っていた会議は、聞きやすくなった
  • 職場では、あると聞きやすく、安心感も得られた
  • 聞きやすくなることで、ストレスに関しても軽減した

との事でした。聞こえにくい事による不自由さ、不便さがだいぶ強く感じていたようですが、それらの部分をよりなくす事ができ、こちらとしては、本当に何よりです。

では、どのように聞こえを改善していったのか。その点に関して、そのポイントとなる部分をまとめていきます。

お客様の状況

まず、お客様の状況ですが、

  • 名前: S・Y さん
  • 年齢:20代
  • 性別:女性
  • 症状:生まれつきの感音性難聴
  • 備考:聞きにくさを感じたのは、大学生の頃から
  • 備考:耳以外にも他の疾患もあり

となります。

聴力は、このようになります。左右で少々聞こえの差があり、どちらかというと左側の方が聞きにくい状況です。

耳の状況や現状について伺いますと、聞こえにくさに関して指摘されたのは、中学校の頃で、耳鼻科で診ていただくと、一般の方より、聴力は低下している。とのことでした。

当時は、聞きにくさはあまり感じていなかったため、そのまま生活してきたようですが、大学生の頃に聞きにくさを感じるようになって、再び受診。ただ、当初は聴力の状況から「まだ必要ないのではないか」と医師よりあり、そのまま過ごすことになります。

しかし、学生から社会人になり、職場や働いている環境下で聞きにくさに困る事がだいぶ増えてきた事から、この状況を改善したい。と感じるようになります。

聞こえにくい事で、仕事がしづらく、声の小さい方や会議などでは聞こえない事も多々あり、生活のし辛さ。それがだいぶ強くなってきてしまったようで、その事により、耳の事、聞こえにくい事で悩む事が増えてしまった。との事でした。

という事で、この状況を改善していきます。

聞きにくさの改善案

さて、早速、聞こえを改善していきましょう。このような聞こえの場合における

  • 聞こえの改善の注意点
  • 補聴器で意識できると良い事

この2つについて、初めに記載していきます。

聞こえの改善の注意点

まず、このような聞こえのケースですが、基本的に聴力低下が大きい方が聞こえにくさは、強くなります。さらに補聴器で聞こえを改善する際は、左右のバランスを整えながら、聞こえを調節することが大切です。

S・Yさんの場合は、左側の方が聴力が低下していますので、こちら側に気をつけて、さらに右も左も補聴器による聞こえの改善を確認しながら、行なっていく。という事ですね。

補聴器を装用した際ですが、音の感覚だけで判断しようとすると、特に聞こえにくい側は、本当に改善されているのかどうかがわからない事があります。

その際は、補聴器を使った時の聞こえの改善効果を見れるものがありますので、現状の聞こえを見える化して、なるべく聞こえにくい側も改善できるようにしていきましょう。

左右の聴力が異なる方の場合、聞こえにくさを感じやすい耳側が改善されにくい。という特徴が出ますので、その耳側がちゃんと補聴器で改善されているのかの確認は、とても大事な事となります。

補聴器で意識できると良い事

補聴器で意識できると良い事は、

  • 両方の耳に装用して、なるべく聞きにくさを減らす
  • どこまで補聴器で聞こえを改善するか
  • 適する補聴器の形は?

に分けて、記載していきます。

両方の耳に装用して、なるべく聞きにくさを減らす

こちらは、補聴器をつける耳になります。

両方の耳に補聴器をつけるのか、それとも、片耳のみにつけるのか。片耳であれば、左側、右側、どちらにつけるのか。という部分ですね。

結論からお伝えしますと、しっかり聞こえを改善したい場合は、両方の耳に補聴器をつける事が大事です。

両方の耳に補聴器をつけるポイントは、

  • 騒がしい環境下で、なるべく聞きにくくならないようにする事
  • どこから話されても、気付きやすくする事

この2つになります。

まず、片方のみと両方につける場合の聞こえの効果については、上記の通りです。

簡単にお話をさせていただくと、静かなところでの改善効果は、あまり変わらないのですが、騒がしい環境下になった場合、片耳のみつけている場合は、下がりやすくなります。

さらに片方のみつける場合、自ずと聞こえの良い方につける事になりますので、聞こえない耳側からの音に関しては、今まで通り、わからないままとなります。

そして、両方の耳に補聴器を装用する理由は、どの方向からも呼びかけや音に気付きやすくする。という意味もあります。

音というのは、聞こえていないと、その他の方法で気づくことができません。音は、匂いもしなければ目に見えるものでもないためです。

その事から、どの方向からも、できればわかるようにする。気づくようにする事はとても大事で、この部分は、聞こえていなくて、人との関係が悪化したり、人間関係にヒビが入るのを防ぐためでもあります。

特にこのような聞こえの方は、聞こえにくい側から言われると、気がつかない。わからない。話がわかりづらい。という特徴が色濃く出ます。

聞こえていないとそのほかの方法で気づくことができない特性も相まって、誤解や人間関係に響きやすくなってしまいますので、なるべくそういったところは、改善していけると、ご自身の状況を良くする事に繋がります。

どこまで補聴器で聞こえを改善するか

次は、どこまで補聴器で聞こえを改善するかです。これは、補聴器で、どこまで聞こえが改善できると、聞きにくさの改善に繋がりやすくなるのか。という部分になります。

補聴器の世界には、補聴器を装用した状態で、聞こえの状態を調べられる測定があり、かつ、どこまで聞こえが改善できると、効果を出しやすくなるのか。という点は、少しずつわかってきています。

S・Yさんの場合は、このあたりまで聞こえの改善ができるようになると良いです。

ポイントを記載していきますと、音声が関係しやすいのは、500〜2000Hzになります。この部分は、35dBまで聞こえが改善できると、普通の声の方、少し声が小さい方、さらには、離れたところから呼ばれた時の声、お話。そういった部分を聞きやすくできます。

ですので、できればこの部分は、目標となる35dBまで改善できると良い部分です。

そして、2000〜4000Hzに関しては、離れたところからのアラームや呼びかけ。さらに音声の明瞭性。そういった部分の聞きやすさに影響します。

ここも35dB、40dBまで改善できるようになると、離れたところで鳴っている音、さらに離れたとこから呼ばれた声。そういったものにだいぶ反応しやすくなります。

特にS・Yさんの場合、聴力としては、結構下がっていますので、どの方向からでもわかるようにし、さらに高い音に関しては、このぐらいまで聞こえが改善できると、日常生活、職場での不便さ。そういったものを改善しやすくなります。

そうなると、結局、このぐらいまで聞こえを改善していく事がより良くしていくためのポイントになります。

なお、左右の聴力が少々、異なりますので、なるべく左右の聞こえは、一緒になるように調整してあげるとバランスも取れるようになります。

特に聞こえない耳側。S・Yさんの場合は、左側ですが、こちら側の聞こえの改善が疎かに可能性がありますので、しっかり確認し、ちゃんと音を入れて、改善していくことが大事です。

適する補聴器は?

今現在、補聴器には、いくつか種類があります。

大きく分けると、耳にかけて使用する耳かけ形補聴器。そして、耳の穴の中に入れて使用する耳あな形補聴器です。

補聴器の形は、聴力によって、使える。使えないが決まるのですが、S・Yさんの場合、どの補聴器も使える状態です。

ですので、ご自身にとって、使いやすい補聴器の形を選べると良いですね。

実際のご対応

さて、改善案について、記載しましたら、実際に改善していきます。

私の方で行った事ですが、

  • 初回にやったこと
  • 補聴器の選定
  • 聞きにくさを改善する補聴器の調整

の三つに関して記載していきます。

初回にやったこと

初回ですが、各種、測定しつつ、耳の状況から聞こえにくさの改善案についてお伝えしました。補聴器について基本的な部分をご説明しつつ、実際にどんなものなのか。試していくことになります。

初めに試したもの。形状はいくつかあるが、試すものは、どうしても既製品に限られるため、その一つであることで試聴。

初めは、このような耳かけ形補聴器で試すことにしました。

補聴器を装用した状態で、使える範囲内まで音を入れた結果、上記のような状況になりました。この数値は、だいぶ良い数値なのですが、その状態でも、そこまで音がうるさくなることはなく、全然、使える状態。とのことでした。

その事から、この状態で貸し出しを行い、様子を見ることになります。

その結果ではありますが、

  • 補聴器があることで、今まで聞きにくい所では、分かりやすくなった
  • 仕事の際は、ある方が明らかに分かりやすく、会議の際も分かりやすくなった
  • 補聴器がある事で、聞こえにくい事の不安を軽減できた

との事でした。

聞こえにくさに悩んでいた事は事実でしたが、しかし、補聴器でどこまで改善できるものなのか。そもそも補聴器で自分の状態は改善されるものなのか。初めての事でしたので、実際には、補聴器の体験から始めていきました。

補聴器をつけて日常生活、職場にいってみて、感じた事は「自分ってこんなに聞こえていなかったんだ」という事。そして「自分の状態は改善できるんだ」という感覚だったそうです。

補聴器をつけて、今まで会議の際や声が少し小さい方。そういった人の声は、だいぶ聞きづらく、さらに長い間、聞きにくかった事から、自分が聞きにくさを感じるところは、苦手意識まで出てきてしまい、聞こえにくい事による不安、自信喪失も出てきてしまったようですが、聞こえやすくなる事で、その不安まで解消されてきたようです。

仕事の際は、ある方がだいぶわかりやすくなり、今まで体験していなかった事からわからなかったのですが、良くなるなら考えたい。という事で、補聴器の選定及び、聞こえの改善に関して、煮詰めていく事になります。

補聴器の形状選定

さて、ここから、補聴器の形について考えていく事になります。

結論から言うと、Y・Sさんの場合は、この耳あな形補聴器に決まりました。音量の調整がしやすく、かつ、耳の中に入れることにより、自然に使える補聴器の形のためです。

まず、Y・Sさんの場合は、聴力的にほぼ何でも使うことができます。この中で、大きく分かれるのは、耳にかけて使う耳かけ形補聴器と耳の中に入れて使う耳あな形補聴器です。

耳かけ形補聴器の特徴は、補聴器を装用した時の不快感、それを軽減しやすい事です。補聴器は、耳を良くも悪くも塞ぐことにより、自分の声が大きく聞こえる感覚、そして、低く響いて聞こえる感覚を感じやすくなります。

その不快感を軽減しやすいのが、耳かけ形補聴器の特徴です。

逆に耳の上に乗せて使いますので、メガネやマスク。そして、電話をする際ですが、上にずらして行う必要がありますので、そういったところでの使いづらさが出てきます。

これらの部分は、慣れの部分もあるのですが、人によっては、だいぶ気になりやすい所となりますので、これらの部分が気になる方は、耳あな形の方が使いやすいくなります。

耳あな形補聴器は、耳かけ形補聴器の逆になり、耳の中に補聴器を入れますので、メガネやマスク。さらに電話に関しては、今まで通り、自然に行うことができます。

ただ、一つだけ欠点があり、閉塞感やこもった感覚、自分の声が大きく聞こえる感覚を感じやすくなります。この部分は、人により、許容範囲が変化するのですが、気になる人は、気になりやすい特徴があります。

Y・Sさんの場合は、耳あな形補聴器になりました。理由は、職場でよく電話を取る機会があり、かつ、中に入っている方が、自然に使いやすいと感じた事からです。

厳密には、耳あな形補聴器の場合、2つあるのですが、音量の操作を自由に行いたい、音の変更を自由に行いたい。とのことから、小型のCIC補聴器ではなく、標準サイズのITC補聴器になりました。

聞きにくさを改善させる補聴器の調整

さて、補聴器での聞こえについて、さらに改善させていきます。

はじめに耳にかけるタイプで、貸出した状態が、このような状態でした。

こちらでもそれなりに良い状態ではあるのですが、その結果と、補聴器で改善できると良い数値の部分を比較しますと、少し、差があります。

そこで、この状態で、使用いただいた時の感覚について、伺ってみますと

  • 音量の操作は、ほとんどなし、ただ少しあげたことはあった
  • 音が大きいということはなかった
  • もし聞こえに関して、改善できるならもう少ししたい

との事で、少し足りていなかった部分をあげていくことになります。

この際、ちょうど、補聴器の形状に関して、耳あな形補聴器が良いとの事で、この形状を製作することになります。

ということで、耳あな形補聴器を制作し、聞こえの改善を行なっていく事になります。その結果は、上記の通りです。

左右とも少し聴力が異なりますので、なるべく合うように設定し、補聴器を使用した状態も確認しましたが、左が大きい、小さいなどは、感じず両方ともバランスよく入っているようで、良い状態になりました。

左右の聞こえが異なりますので、なるべく左右での聞こえを同じようにし、前回、足りていなかった部分の高い音を、改善目標値まで入れました。

その状態で使っていただき、よりよく改善できている事。使っていて、音が辛い。きつい。ということは、ない事から、このまま決定となりました。

以上、補聴器の調整は、一旦、終了となります。

お客様の声

ご購入になったお客様にご相談いただいてどうだったのかお伺いしてみました。

どのようなことにお悩みでしたか?

補聴器をご利用になっていかがですか?

このお店で購入しようと思ったのは、なぜですか?

実際にご記入いただいたアンケート

アンケートへのご協力、誠にありがとございました。

生まれつき聞こえにくい状態で、さらにそのままなんとか来れたものの、社会人になり、状況が一変した事から、お越しいただきましたが、現状の改善に貢献できた事、私としては、本当に何よりです。

聞こえにくい状態がかなり長く続いていたようで、聞きにくい事による不安、そして、自信喪失。もしかしたら、ただ単に聞こえていないだけだったのに関わらず「お話を聞く気がない」「態度があまり良くない」という風な一種の誤解を受けてしまった事もあったかもしれません。

聞こえにくい状態というのは、ただ単に聞こえない状態なのではなく、聞こえにくい事により人とコミュニケーションが取りづらくなりますので、場合によっては、人間関係にも影響を与えてしまいます。

その事から、なるべく聞こえを改善する事。そして、そういった部分をなくしていくために、こちらの方でできる事をしっかりとさせていただきました。その結果、現状の改善に貢献でき、こちらとしても、本当に何よりです。

私の方こそ、対応させていただいた事。深く感謝いたします。ありがとうございました。

まとめ

今回は、左右の聴力が少し異なる方の聞こえの改善解説。ということで、S・Yさんのケースを紹介させていただきました。

ポイントとなるのは、聞こえにくい側の方から話されたり、言われたりする事の方が聞きにくさを感じやすい状態になりますので、なるべくその部分に関しては、改善できると良い事です。

そうなると、聞こえている耳側も聞こえにくい側も補聴器をつけて改善していく事になるのですが、その場合の注意点は、上記で紹介した通り、聞こえにくい側の補聴器の効果は、体感ではなかなかわかりづらい事です。

そのため改善する際は、聞こえの改善効果を確認し、バランスよく改善する事。そして、聞きにくい側もちゃんと改善できているのかどうか。の確認をするようにすると、聞こえの改善及び、生活の改善に貢献しやすくなります。

大事なのは、聞こえにくい側をちゃんと改善する事。こちらに尽きますね。

もし、同じような聞こえの方でお悩みの方がいらっしゃいましたら、こちらの内容を参考にしていただければと思います。

最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、難聴の方や補聴器を使っている方の状況をきちんと理解できるお店を作り、安心して相談できる環境作りを心掛けています。

その事から、実際に補聴器を使っている人が対応させていただき、今現在の状況からお困りごと。さらに耳の事や補聴器の事をご相談しやすくしています。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容や聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ

関連する記事