感音性難聴の事例

【改善解説】30代・軽度難聴・感音性難聴の方、補聴器で聞こえを改善

こちらでは、実際に対応させていただいたお客様のデータを使って、聞こえの改善に関する解説をしていきます。

今回のケースは、30代、女性の方で、幼少の頃から軽度の難聴があった方となります。

今現在の状況ですが、軽度の難聴ではあるものの、主に職場で聞きにくさを感じており、あまりはっきり話さない方や声が小さい方。そういった人の声が聞きづらく、困る事がだいぶ増えてきてしまった。との事でした。

その事から、お店の方で対応させていただくのですが、結果

  • 職場での聞きにくい人の声がわかりやすくなった
  • 今まで聞こえていなかった音の存在に気づき、わかるようになった
  • 聞こえにくさに困る頻度が減った

との事でした。

聞きにくくなってきた事で、その事によるストレス、わからなかった事。さらに、困る頻度。そういったものが多かったようですが、それがだいぶ減ったようで、こちらとしては、本当に何よりでした。

では、どのように改善していったのでしょうか。軽度の方の改善に関して、できる限り、ポイントとなる部分をまとめていきます。

お客様の状況

まず、現状ですが

  • お名前:N・Wさん
  • 性別:女性
  • 年齢:30代
  • 聴力:軽度難聴(高い音が聞こえにくい聴力)
  • 症状:感音性難聴?メニエール病?
  • 備考:幼い頃、中耳炎を繰り返した事がある(完治)

となります。

平均聴力は、だいたい40dBほどになります。軽度の難聴で、人によっては、聞きにくさを感じやすい状況になります。

聴力に関しては、こちらの通りです。軽度の難聴に該当する聴力で、音が高くなると、なるほど、徐々に聞こえにくくなる状態になります。

耳の状況ですが、少々複雑で、幼い頃、中耳炎を繰り返し、少しずつ聞きにくくなった。とのことでした。

中耳炎の治療はその都度、行なっていましたので、実際に耳鼻科さんからは、メニエール病かも?とも言われており、少し、状況がはっきりしない状態になります。

今現在の状況ですが、主に職場で聞きにくさを感じており、距離がある程度離れると、呼ばれている事に気がつかなかったり、アラーム系の音、そして、声が小さい方のお話が聞きにくく、会話のし辛さを強く感じている状況でした。

軽度の方の場合、意外にも聞こえているように感じている方は多いのですが、音は離れるとだいぶ減衰しますので、呼ばれている事に気がつかない、そもそも聞こえていない事に気がついていない。という事も多くなります。

そういった事が続くと、人との仲が少し悪くなってしまう事もありますので、ここが難聴の怖いところです。

その事から、現状を改善していきたい。と感じたようですが、耳に関しては、これ以上、治療したり、治す。という事は、できない状況でした。

そこから補聴器を考え、ご来店いただく事になります。という事で、この状況を改善していきます。

聞こえの改善方針

さて、補聴器で聞こえを改善していくにあたってですが、まずは、軽度難聴と補聴器に関して、知っておいたほうが良いことを、こちらでは、まとめていきます。

どんな所で困りやすくなり、どのように改善できると良いのか。その点を中心に記載していきます。

軽度難聴の耳の状況

まず、軽度難聴の方の耳の状況ですが、だいぶ特殊で、困りやすいところと困りにくいところ。これが、はっきり分かれます。

難聴になると、だいたい、対面でのお話から、騒がしいところでのお話、そして、複数の人とのお話、呼びかけられた時に気がつかない。これらの部分が出てきます。

この中で、特に聞きづらさが出やすいのは、

  • 騒がしい中での聞こえ②
  • 離れたところでの呼びかけ、音④

この2つとなります。

騒がしい中での聞こえは、周りの音に邪魔されてしまい、聞きたい人の声が、いまいちはっきりしづらい。という特徴があります。

特に低い音は、聞こえているため、周囲の音は、わかりやすいのですが、高い音が徐々に低下しているため、言葉がはっきりしづらい。という状況なため、より周りの音に邪魔されやすくなる傾向が出ます。

その事から、このような聞こえの方で聞こえにくさが出やすいのは、騒がしい中でのお話しになります。

そして、距離が離れた場合による聞きにくさが軽度難聴の方の場合は、だいぶ強く出ます。

音は、聞こえないとそれ以外の方法で気づくことができない。という特徴があり、目に見えず、匂いもしないためです。

その事から、距離が離れると呼ばれた事に気がつかない、離れている所で鳴っている音に気がつかない。という事が起こりやすくなります。

この部分は、当事者が感じている以上に聞こえていないことが大半です。ですので、よく周りの方から指摘されて、気づく事が多くなります。

次点が複数の人とのお話で、聞きにくい人が離れていたり、距離が離れやすい会議室などは、距離が離れる事により、話がはっきりせず、わかりづらい。という問題が出やすくなります。

割とはっきり話してくれる方が近くにいたり、多かったりすれば大丈夫なのですが、ちょっと声が小さい方がいると、その人の話がわかりづらくなり、そのグループ内のお話がわかりづらくなる。という特徴があります。

あとは、対面でのお話の際では、声が小さかったりすると、一部、何を言っているのか、わからない。ということが起こります。

はっきり話してくれる人は、普通に理解できるのですが、声が小さい方、あるいは、距離が離れると、急激に聞きにくさを感じやすくなるのが、軽度難聴の方の特徴です。

その事から、人により、困りやすい方、実は、あまり困っていない方。で分かれやすい傾向があります。

家の中では、困らないけれども、働く際や職場では、困ることがある。というのが、軽度難聴の方の大きな特徴です。

軽度難聴の聞こえの改善案

ここから、軽度難聴の方の状況を最大限、改善していくためのポイントについて、まとめていきます。

  1. 補聴器をつける耳(補い方)
  2. 聞こえをどこまで改善するか
  3. 選べると良い補聴器の形

それぞれ、この3つに分けて、記載していきます。

特に①と②の2つにより、聞こえの改善の8割が決まるため、ここの部分は、ぜひ押さえておきましょう。

①補聴器をつける耳(補い方)

補聴器をつける耳とは、そのままの意味で、どの耳に補聴器をつけるか。になります。

両方の耳につける、片耳につける。片耳の場合は、左側、右側、どちらにつけるか。があります。

結論からお話しさせていただくと、仮にできる限り、聞きにくさを無くしていきたい場合は、両方の耳に補聴器を装用し、なるべく全体的に聞こえを改善していく事をオススメします。

両方の耳に装用することのポイントは、

  • 騒がしい所での聞こえの改善効果を下げづらくする
  • どこから話されても、わかりやすくする

の2つが主にあります。

まず、上記に記載させていただいた通り、軽度難聴の方は、騒がしい所での聞き取りと特に距離が離れた際の聞きにくさが強くなります。

ですので、なるべくその部分は、聞こえの改善度を落とさないようにする。あるいは、改善度を上げられるようにする事がとても大切です。

補聴器を片方の耳につけた場合と両方の耳につけた場合の違いは、こちらの通りです。

静かな所では、そんなに変わらないのですが、騒がしい所での聞き取りは、両耳の方が、より良くなります。

不便な部分を少なくしていく事を目指すなら、なるべく両方につけ、騒がしいところでの聞こえの改善度は、下がらないようにする事が大切です。

そして、このような聞こえの場合、左右、どこからでも聞こえるようにする事もとても大事です。

片耳のみでも全ての音が聞こえるようなイメージを持ちますが、片耳だけだと、つけていない側からの音は、意外とわかりません。

そして、軽度難聴の場合、離れると呼ばれていても、気がつかない。という問題が結構、起こりますので、なるべくその部分を改善するためにも、両方の耳に補聴器を装用し、どの方向からも聞こえるようにするのが、ベストです。

なお、両方とも補聴器をつけると金額が単純に2倍になり、金銭面が気になりがちです。

その場合は、価格を抑えたものでも大丈夫ですので、まずは、両方の耳に使うようにする事。そこを意識していきましょう。

②聞こえをどこまで改善するか

今現在、補聴器は、ある程度、どこまで改善できると聞こえの改善がしやすくなるのか。という所がわかってきています。

補聴器を使った状態で聞こえの状態を調べられる音場閾値測定(おんじょういきち測定)。というものがあるのですが、こちらで表現させていただくと、

人によって、改善値が異なりますので、N・Wさんの聴力を元にしますと、このような状態になります。今現在、補聴器には、ある程度、改善できると良い改善目標がありますので、その数値付近まで、改善できると、それだけ、聞きにくさも改善しやすくなります。

おおよそですが、N・Wさんの場合は、このくらいまでくると、聞こえにくさの改善は、しやすくなります。

ここから、いくつかポイントを記載していきます。

まず、低い音に関しては、聞こえている状態になりますので、その部分に関しては、補聴器がある事により、より聞こえが下がらないように目指していきます。

聞こえている所は、聞こえている所で、その良い状態を利用していきます。

そして、音声が影響しやすい部分は、500〜2000Hzの部分です。

数値としては、30〜35dBあたりで、ここまで改善できるようになると対面でのお話で、普通の声の大きさの方から少し声が小さい方。さらには、離れたところからの呼びかけ、お話。そういった声、全般を聞きやすくする事ができます。

高い音の部分は、アラーム系の音、さらに離れたところからの呼びかけ、音。そういったところに影響します。

この辺りは、35dBぐらいまで改善できるようになると、さらに音声の聞き取りの向上、そして、音に気付きやすくなり、気づいていなくて、注意される。という事を少なくする事ができます。

N・Wさんの場合は、このあたりまで全体的に改善できるようになると、離れたところからの音声や少し小さい声の方、そういった聞きにくさを感じていた部分を全体的に改善しやすくなります。

選べると良い補聴器の形

軽度難聴の場合、気をつけなければならないのは、補聴器を装用する際に不快感を感じやすい事です。自分の声が耳の内側で響いて聞こえたり、自分の声が大きく聞こえやすい傾向があります。

装用の妨げになりやすい自分の声の響きの部分は、囲んだ部分の聞こえが、60dB以内だと、感じやすいです。聴力が軽ければ、軽いほど、感じやすくなりますので、その点に注意ですね。

この感覚は、125Hz〜500Hzが60dBよりも軽いと軽いほど、自分の声の不快感を感じやすい状態になります。

補聴器は、各形状により、音を出せる範囲(聞こえを改善できる範囲)が異なります。ただ、軽度難聴の場合は、どの補聴器も当てはまる状態になります。

補聴器には、いくつか形があります。補聴器ごとに補える聴力が変化するのですが、どれも軽度難聴の方の場合、使える補聴器になります。

その中で、軽度難聴に合いやすい補聴器の形状(種類)は、

  • 耳あな形だったら、CIC補聴器
  • 耳かけ形だったら、RIC補聴器

になります。

この2つは、それぞれの形状において、耳に装用した時の響き、耳の中が塞がれた感覚を軽減しやすく、これらの補聴器を使えると、聞こえの改善に繋げやすくなります。

N・Wさんも、聴力的には、そのような傾向がありますので、なるべく良い状態で改善できるよう、これらのどちらかで、改善していくのがベストですね。

実際の改善編

初回の対応

初回の対応は、耳の状況をお伺いした後、補聴器のことをお伝えしつつ、聞こえの改善に関して、上記で記載した内容をお伝えしました。

そこから実際にどのくらい聞こえを改善できるのか。そもそもの問題として、N・Wさんの場合、補聴器があった方が良いのか。それを考えるために、試聴していく事になります。

はじめに試聴したものは、こちらのタイプです。

RICタイプ(リックタイプ)と呼ばれるもので、上記で記載した通り、閉塞感及び、ご自身の声が大きく感じる感覚を抑えつつ、聞こえを改善できる補聴器の形です。

はじめに補った感覚は、このような状態です。

音声に関係しやすい部分に関しては、初期の段階から補えるようにし、そこまで入れても大丈夫そうでしたので、はじめから、その部分まで改善していきました。

ただ、日常生活上で使用するにあたり、聞こえを改善させると、様々な音が聞こえやすくなりますので、念のため、ご自身で音量を調整できるようにしました。

仮にうるさかったりした場合は、下げられるようにして、貸出する事になります。

幾日か、使用していただいた結果

  • 補聴器がある事により、聞きやすくなる事が増えた
  • 今まで、音がしているものに気がつかなかった音にも気がつくようになった
  • 聞きにくさに困る頻度が減った

との事でした。

職場でのお話の時や呼びかけなど、今までわかりづらかったところでわかりやすくなり、高い音も気づきにくい傾向があったのですが、アラームや合図系の音にも気づくようになってきたとの事です。

気付きやすくなれば、それに関係した行動はしやすくなりますし、周りの方に指摘されることも少なくなります。すると、自分自身に関しても、少しずつ自信を持てるようにもなってきます。

どうしても難聴の場合、聞こえていない事に気付きにくいのですが、補聴器をつける事で「一般の人はこれ以上に聞こえているのか」と感じることもあったようです。

特に補聴器をつける事で、意外に聞こえていない事に気がつき、あった方がいい。と、改めて感じた事が多かったようでした。

そのことから、N・Wさんの状態を改善させる補聴器を選んでいく事になります。

補聴器の選定

補聴器には、いくつか種類がありますが、軽度難聴の場合は、どの補聴器も対象となる補聴器になります。

補聴器には、いくつか形状があります。主には、耳の中に入れる補聴器、耳にかける補聴器、の2つです。

そして、N・Wさんの場合、適する補聴器は、

  • 耳あな形だったら、CIC補聴器
  • 耳かけ形だったら、RIC補聴器

になります。

ポイントは、耳かけ形補聴器を使っていて、メガネやマスクの邪魔になるか、もしくは、電話をよく活用するか。になります。

もちろん、目立ちにくさ。という部分で、耳あな形補聴器を選ぶこともありますが、それ以上に、上記の部分の要素が違いとしては、大きいです。

N・Wさんの場合は、CICという耳の中に入る補聴器を選びました。

結論から記載しますと、N・Wさんは、耳あな形補聴器(CIC補聴器)にしました。

職場でよく電話をとり、かつ、マスクなどもよく使うため、それらの邪魔にならない。それらをスムーズに使える状況が良い。との理由からです。

耳の裏に本体がかかるのですが、その部分に重なるものがあると、邪魔に感じやすくなります。その点が、耳かけ型は、欠点ですね。

耳にかけるタイプの補聴器は、耳にかけるため、特にマスクやメガネの邪魔になる事が多く(特にマスクは、耳の裏に引っかかり鬱陶しい感覚が強くなります)、かつ、電話も上にづらして電話する必要があります。

また、音を拾うマイクが上にあるため、電話の数が多い場合は、少し手間かもしれません。

上記の部分が音を拾うマイクの部分になるのですが、その部分まで、受話器を上げる必要があります。

これらの数が、そこまで多くないのであれば、良いのですが、多い場合は、耳かけ形補聴器ですと、使いづらさを感じる事があるため、そのような方は、耳あな形の方が普段の生活の中で、使いやすい補聴器になります。

ただ、耳あな形補聴器の場合、耳かけ形補聴器以上に、耳の中を密閉するため、閉塞感が出る傾向があります。

そのため、その部分が使える範囲内なのかを確認しつつ、より聞こえに関して、改善していく事になります。

補聴器のチェックと最終調整

RIC補聴器を貸出した時の状態は、このような状態でした。

少し高音域の部分を抑えつつ、使いやすい状態にしていたため、今回から、よりその部分も入れて、改善していくようにしていきます。

耳あな形補聴器は、耳の形を採取して、その人、専用の補聴器を作っていきます。

その後、補聴器を調整した結果は、このようになります。若干、改善の値がよくなりすぎている感覚を感じるのですが、音の感覚を聞いてみますと、使用できる範囲内。との事で、このまま貸出する事になります。

なお、もちろん、音量に関しては、ご自身で、下げられるように設定し、貸出をします。仮に騒がしかったり、きつかったりする場合に、自分で下げられるようにするためです。

使用していただいたところ、そこまでうるさく感じることは、なく、聞こえに関しては、それなりに良いようです。

ただ、耳かけ形補聴器は、もう少し高い音に関して、聞こえやすかったようで、その部分に関して、もう少しだけ、改善していく事になります。

最終的には、このくらいの改善値になりました。数値としては、ほぼ目標と同じくらいにまで、改善することができました。

ここまで改善してくると、N・Wさんも補聴器の補聴器の使用にも慣れてきて、かつ、補聴器の活用もだいぶ良くなってきました。

音の改善と使い勝手も良くし、より良くする事ができました。

お客様の声

こちらでは、実際にお越しいただいた方へ、アンケートをお取りし、ご相談されてみて、どうだったのか。その点に関して、お伺いしてみました。

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

アンケートにご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

N・Wさんの場合は、軽度の難聴でしたが、主に職場で困りやすい。という事から、聞こえの改善に関して、対応させていただきました。

聞きにくい事によって、自信を失ったり、他の方は普通にできている事で指摘される。そういった目に見えないものだからこそ、コミュニケーションがしづらくなったり、人との関係が少し悪くなる経験も恐らくあったと思います。

実際、聞こえにくい事や気づいていない事は多々あり、その事によりストレスがどんどん溜まってしまっていた様子でした。

補聴器で聞こえを改善していくと、少しずつ現状が良くなるにつれ、困る事。聞こえにくい事による不安、ストレス。そういったものは徐々に改善されていったようで、こちらとしては、本当に何よりです。

個人的に印象的だったのは、聞こえを改善していく過程で、どんどん表情が明るくなっていった事でしょうか。

恐らく、元々、明るい方だったのだと思うのですが、聞こえやすくなる事で、徐々に本来のご自身に戻っていく様子を見れた事。その事に貢献できたことは、こちらとしても、本当にありがたい限りです。

そのようにできるよう、日々の生活をより良くできるよう対応させていただいた甲斐がありました。

こちらこそ、ご対応させていただき、本当にありがとうございました。

まとめ

以上、N・Wさんの改善ケースのご紹介でした。N・Wさんのケースというよりも、軽度難聴の方を改善させる際のまとめとして、記載してみました。

軽度難聴の場合、一番のネックは、自分の声の不快感を感じやすい傾向がある事、そして、実際に環境により、補聴器があった方が良い方、そこまで補聴器があっても状況が変わらない方と分かれる事です。

今回は、そのような方のケースを取り上げさせていただき、改善するポイント、その点に関してまとめてみました。

もし、同じような聞こえでお悩みの方がいらっしゃいましたら、この内容を参考にしてみていただければと思います。

最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、難聴の方や補聴器を使っている方の状況をきちんと理解できるお店を作り、安心して相談できる環境作りを心掛けています。

その事から、実際に補聴器を使っている人が対応させていただき、今現在の状況からお困りごと。さらに耳の事や補聴器の事をご相談しやすくしています。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容や聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ

関連する記事