軽度難聴の改善

【30代・軽度難聴】感音性難聴の方、補聴器で聞きにくさを改善

30代、女性。幼少の頃から軽度の難聴で、職場で聞こえにくさを感じており、小さい声の方やボソボソお話する方がいることから、聞きにくさを感じる。との事でした。

当店にて、状況の改善をさせていただいたところ

  • 職場での聞きにくい人の声がわかりやすくなった
  • 今まで聞こえていなかった音の存在に気づき、聞こえるようになった
  • 聞こえにくさに困る頻度が明らかに減った

との事でした。聞きにくさが改善でき、こちらとしては、何よりです。

では、どのように改善していったのでしょうか。軽度の方の改善に関して、できる限り、ポイントとなる部分を記載していきます。

お客さんの状況

まず、現状ですが

  • お名前:N・Wさん
  • 性別:女性
  • 年齢:30代
  • 聴力:軽度難聴(高い音が聞こえにくい聴力)
  • 症状:感音性難聴?メニエール病?
  • 備考:幼い頃、中耳炎を繰り返した事がある(完治)

になります。

聴力に関しては、

平均聴力は、だいたい40dBほどになります。軽度の難聴で、人によっては、聞きにくさを感じやすい状況になります。平均聴力は、だいたい40dBほどになります。軽度の難聴で、人によっては、聞きにくさを感じやすい状況になります。

こちらの通りです。軽度の難聴に値する内容で、音が徐々に高くなると、なるほど、聞こえにくくなる状態になります。

両耳とも聞こえに大差なく、同じような聞こえになります。

耳の状況ですが、少々複雑で、幼い頃、中耳炎を繰り返し、少しずつ聞きにくくなった。とのことでした。

ただ、聴力の傾向から、それによる難聴は、薄く、耳鼻科さんからは、メニエール病かも?とも言われており、少し、状況がはっきりしない状態になります。

今現在の状況ですが、職場で聞きにくさを感じており、距離が離れた場合の呼びかけや一部の物音、そして、一部の人の話が聞きにくく、会話のしづらさにより不便を感じている状況でした。

聴力に関しては、耳鼻科さんに伺い、治療や耳の状況をみていただき、これ以上よくする事ができなかったことから、現状の聞きにくさを補聴器で改善していく事になります。

聞こえにくさの改善指針

さて、聞こえを改善していくにあたってですが、軽度難聴と補聴器に関して、知っておいたほうが良いことをまとめていきます。

軽度難聴と補聴器

はじめに軽度の難聴の方ですが、補聴器を装用して、聞こえを改善させる人は、私の体感では、半分半分です。

軽度難聴の方の場合、困る場面とあまり困らない場面が結構、分かれます。

聴力というよりも、環境によって変化する。という状況が多く、時々、困る。時々聞きにくい。と感じる部分があります。

軽度難聴の場合の聞こえにくさ。対面では、特定の人以外は、わかる事が多く、周囲が騒がしかったり、複数の人とお話しするときに困りやすかったり、多いのは、距離が離れると、急に聞きづらさを感じる事です。軽度難聴の場合の聞こえにくさ。対面では、特定の人以外は、わかる事が多く、周囲が騒がしかったり、複数の人とお話しするときに困りやすかったり、多いのは、距離が離れると、急に聞きづらさを感じる事です。

聞こえにくくなった場合、主に上記の場面で聞きにくさを感じやすくなります。

軽度の難聴の場合、対面での会話では、あまり問題ないことが多く、特定の人の声が聞きづらかったり、距離が少し離れると聞きづらくなったり、

N・Wさんの場合は、高い音がある程度、低下していますので、距離が離れたりすると、洗濯機が洗濯完了した時のピーッピーッという音が聞こえなかったり、体温計の音などは、聞こえない状態になります。N・Wさんの場合は、高い音がある程度、低下していますので、距離が離れたりすると、洗濯機が洗濯完了した時のピーッピーッという音が聞こえなかったり、体温計の音などは、聞こえない状態になります。

聞こえにくくなっている一部の音域帯に気がつかない。という事が多いです。

そのため、職場や仕事場では、困りやすいけれども、家や職場以外では、そこまで困らない。という方も意外といます。

ですので、補聴器を装用するか、しないかは、人によって大きく分かれやすい状態になります。

個人的には、困りやすい環境が多いのであれば、装用を考え、現状が明らかに補聴器があることによって、よくなるのであれば、考えても良いかと考えています。

聞こえを改善させるポイント

補聴器で聞こえを改善させる場合、ポイントとなるのは、どのくらい聞こえを改善させられると良いかを把握し、その部分まで、できれば、改善する事になります。

補聴器の聞こえは、形状や性能というよりも、この部分でほとんど決まると言っても過言ではありません。

現状の状態を可視化するためのツールの一つ。実際に聞こえが改善できているところと、そうでないところを見ることにより、どこをどう改善させると良いのかが見えやすくなる測定です。現状の状態を可視化するためのツールの一つ。実際に聞こえが改善できているところと、そうでないところを見ることにより、どこをどう改善させると良いのかが見えやすくなる測定です。

補聴器の世界には、補聴器の状態をある程度、可視化できるツールがあります。

そちらを活用し、現状の聞こえの改善度を調べつつ、その方の聴力から改善できると良い数値まで、改善させられると、聞こえにくさの改善は、しやすくなります。

人によって、改善値が異なりますので、N・Wさんの聴力を元にしますと、このような状態になります。今現在、補聴器には、ある程度、改善できると良い改善目標がありますので、その数値付近まで、改善できると、それだけ、聞きにくさも改善しやすくなります。人によって、改善値が異なりますので、N・Wさんの聴力を元にしますと、このような状態になります。今現在、補聴器には、ある程度、改善できると良い改善目標がありますので、その数値付近まで、改善できると、それだけ、聞きにくさも改善しやすくなります。

例えば、N・Wさんの場合は、軽度の難聴になりますので、おおよそですが、このくらいまでくると、聞こえにくさの改善は、しやすくなります。

重要なのは、聞こえの改善度を見えるようにしながら改善していく事です。

このようにできれば、仮にそこまで達していなかった時にどの部分を改善したら良いかわかりますし、仮に状況があまり良くないのであれば、修正する事も可能になります。

うまくいく方法を行う、というよりも失敗しない方法で改善する方が、総合的な聞こえの改善度は、高くなります。

軽度難聴の場合に気をつけると良い補聴器選定

軽度難聴の場合、気をつけなければならないのは、補聴器を装用する際に感じる、自分の声が耳の内側で響いて聞こえる、自分の声が大きく聞こえる。という症状です。

これは、イヤホンを耳に入れた際や耳の中に水が入った時に聞こえる感覚と似ています。

補聴器を耳に装用するということは、耳を塞ぐ事になりますので、この感覚を軽度難聴の方は、特に感じやすくなります。

補聴器は、各形状により、音を出せる範囲(聞こえを改善できる範囲)が異なります。ただ、軽度難聴の場合は、どの補聴器も当てはまる状態になります。補聴器は、各形状により、音を出せる範囲(聞こえを改善できる範囲)が異なります。ただ、軽度難聴の場合は、どの補聴器も当てはまる状態になります。

補聴器には、いくつか形状があります。補聴器ごとに補える聴力が変化するのですが、どれも軽度難聴に関しては、補える補聴器になります。

その中で、軽度難聴に合いやすい補聴器の形状(種類)は、

軽度難聴の方を改善しやすい補聴器の形状は、この2つになります。装用する際に気になりやすい、こもり、閉塞感、自分の声の響き、それらを一般的な補聴器より、軽減しやすいためです。軽度難聴の方を改善しやすい補聴器の形状は、この2つになります。装用する際に気になりやすい、こもり、閉塞感、自分の声の響き、それらを一般的な補聴器より、軽減しやすいためです。
  • 耳あな形だったら、CIC補聴器
  • 耳かけ形だったら、RIC補聴器

になります。

この2つは、それぞれの形状において、耳に装用した時の響き、耳の中が塞がれた感覚を軽減しやすく、これらの補聴器を使えると、改善がしやすくなります。

装用の妨げになりやすい自分の声の響きの部分は、囲んだ部分の聞こえが、60dB以内だと、感じやすいです。聴力が軽ければ、軽いほど、感じやすくなりますので、その点に注意ですね。装用の妨げになりやすい自分の声の響きの部分は、囲んだ部分の聞こえが、60dB以内だと、感じやすいです。聴力が軽ければ、軽いほど、感じやすくなりますので、その点に注意ですね。

125Hz〜500Hzの聴力が、60dBよりも軽いと軽いほど、その傾向を感じやすくなりますので、上記の補聴器の方が、楽に使いやすくなります。

N・Wさんも、聴力的には、そのような傾向がありますので、なるべく良い状態で改善できるよう、これらのどちらかで、改善していくのがベストですね。

実際にした事

初回の対応

初回の対応は、耳の状況をお伺いした後、補聴器のことをお伝えしつつ、聞こえの改善に関して、上記で記載した内容をお伝えしました。

そこから実際にどのくらい聞こえを改善できるのか。そもそもの問題として、N・Wさんの場合、補聴器があった方が良いのか。それを考えるために、試聴する事になります。

はじめに試聴したものは、こちらのタイプです。RICタイプ(リックタイプ)と呼ばれるもので、上記で記載した通り、閉塞感及び、ご自身の声が大きく感じる感覚を抑えつつ、聞こえを改善させることができます。

はじめに補った感覚は、このような状態です。

音声に関係しやすい部分に関しては、初期の段階から補えるようにし、そこまで入れても大丈夫そうでしたので、はじめから、その部分まで改善させました。

ただ、日常生活上で使用するにあたり、聞こえを改善させると、様々な音が聞こえやすくなりますので、念のため、ご自身で音量を調整できるようにしました。

仮にうるさかったりした場合は、下げられるようにして、貸出する事になります。

幾日か、使用していただいた結果

  • 補聴器がある事により、聞きやすくなる事が増えた
  • 今まで、音がしているものに気がつかなかった音にも気がつくようになった
  • 聞きにくさに困る頻度が減った

との事でした。

職場でのお話の時や呼びかけなど、今までわかりづらかったところでわかりやすくなり、高い音も気づきにくい傾向があったのですが、アラームや合図系の音にも気づくようになってきたとの事です。

特に補聴器をつける事で、意外に聞こえていない事に気がつき、あった方がいい。と、改めて感じた事が多かったようです。

そのことから、N・Wさんの状態を改善させる補聴器を選んでいく事になります。

補聴器の選定

補聴器の選定ですが、上記に記載した通り、

補聴器には、いくつか種類がありますが、軽度難聴の場合は、どの補聴器も対象となる補聴器になります。補聴器には、いくつか種類がありますが、軽度難聴の場合は、どの補聴器も対象となる補聴器になります。

補聴器には、いくつか形状があります。主には、耳の中に入れる補聴器、耳にかける補聴器、の2つです。

軽度難聴の方が使用しやすい補聴器は、主にこの2つになります。軽度難聴の方が使用しやすい補聴器は、主にこの2つになります。

そして、N・Wさんの場合、適する補聴器は、このようになります。

ポイントは、メガネやマスクの邪魔になるか、もしくは、電話をよく活用するか。になります。

もちろん、目立ちにくさ。という部分で、耳あな形補聴器を選ぶこともありますが、それ以上に、上記の部分の要素が違いとしては、大きいです。

N・Wさんの場合は、CICという耳の中に入る補聴器を選びました。N・Wさんの場合は、CICという耳の中に入る補聴器を選びました。

結論から記載しますと、N・Wさんは、耳あな形補聴器(CIC)にしました。

職場でよく電話をとり、かつ、マスクなどもよく使うため、それらの邪魔にならない。それらをスムーズに使える状況が良い。との理由からです。

耳の裏に本体がかかるのですが、その部分に重なるものがあると、邪魔に感じやすくなります。その点が、耳かけ型は、欠点ですね。耳の裏に本体がかかるのですが、その部分に重なるものがあると、邪魔に感じやすくなります。その点が、耳かけ型は、欠点ですね。

耳にかけるタイプの補聴器は、耳にかけるため、特にマスクやメガネの邪魔になる事が多く(特にマスクは、耳の裏に引っかかり鬱陶しい感覚が強くなります)、かつ、電話も上にづらして電話する必要があります。

また、音を拾うマイクが上にあるため、電話の数が多い場合は、少し手間かもしれません。また、音を拾うマイクが上にあるため、電話の数が多い場合は、少し手間かもしれません。

上記の部分が音を拾うマイクの部分になるのですが、その部分まで、受話器を上げる必要があります。

これらの数が、そこまで多くないのであれば、良いのですが、多い場合は、耳かけ形補聴器ですと、使いづらさを感じる事があるため、そのような方は、耳あな形の方が普段の生活の中で、使いやすい補聴器になります。

ただ、耳あな形補聴器の場合、耳かけ形補聴器以上に、耳の中を密閉するため、閉塞感が出る傾向があります。

そのため、その部分が使える範囲内なのかを確認しつつ、より聞こえに関しては、改善していく事になります。

補聴器のチェックと最終調整

RIC補聴器を貸出した時の状態は、このような状態でした。

少し高音域の部分を抑えつつ、使いやすい状態にしていたため、今回から、よりその部分も入れて、改善していくようにしていきます。

耳あな形補聴器は、耳の形を採取して、その人、専用の補聴器を作っていきます。

その後、補聴器を調整した結果は、このようになります。若干、改善の値がよくなりすぎている感覚を感じるのですが、音の感覚を聞いてみますと、使用できる範囲内。との事で、このまま貸出する事になります。

なお、もちろん、音量に関しては、ご自身で、下げられるように設定し、貸出をします。仮に騒がしかったり、きつかったりする場合に、自分で下げられるようにするためです。

使用していただいたところ、そこまでうるさく感じることは、なく、聞こえに関しては、それなりに良いようです。

ただ、耳かけ形補聴器は、もう少し高い音に関して、聞こえやすかったようで、その部分に関して、もう少しだけ、改善していく事になります。

最終的には、このくらいの改善値になりました。数値としては、ほぼ目標と同じくらいにまで、改善ができました。

そして、補聴器を使用した状態で、言葉の聞こえを調べる測定があるのですが、そちらに関する値は、このようになります。

私自身のところでの目標は、基本的に補聴器なしでの最良値の値を、70dB(少し大きめの声)、60dB(普通くらいの声の大きさ)、50dB(少し小さい声の方の音量)での聞こえで、-10%以内で、改善できていれば良しとしています。

N・Wさんの場合、補聴器なしの最良の値が、95%でしたので、70dB、60dB、50dBで、85%以上にする。という状態ですね。

結果としては、概ね良い方で、全体的に補聴器を装用して、聞こえが改善できているため、こちらで、決定になります。

なお、耳あな形の閉塞感に関しては、そこまできつい事は、なく、使用できる範囲内。との事でした。

耳かけ形か耳あな形か、は、マスクの邪魔にならない事から、耳あな形の方が使いやすく、活用しやすい補聴器との事で、こちらで、決定です。

補聴器の選定及び、調整に関しては、一旦、終了となります。

お客様の声

実際にご来店いただき、改善された事に関して、アンケートをお取りしてみました。

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

アンケートのご協力、誠にありがとうございます。

改善のポイント

聞こえを改善したポイント(よりよくする事ができた要素)は、

  • しっかりと改善できると良い部分まで音を入れる事ができた事
  • N・Wさんが使いやすい補聴器を提供できた事(確認も込みで)

の2つです。

しっかりと改善できると良い部分まで音を入れる事ができた事

こちらの要素が非常に大きいのですが、しっかりと聞こえにくさを改善できる部分まで、音を入れる事ができた事が、うまく行ったポイントになります。

補聴器で聞こえを改善させる際、補聴器を装用した状態だけですと、自分自身で、どこまで改善できているのか。聞こえるようになっているけれども、どのくらい改善しているのか。は、なかなかわかりづらい状態になります。

そのため、上記のように聞こえの状況を可視化できると、聞こえの改善状況を把握する事につながり、聞こえにくさを改善しやすくなります。

N・Wさんのケースでも、補聴器を装用して、改善できると良い部分、そして、現状を把握し、より良い状態へ一歩、一歩、改善していきました。

わかりづらくて申し訳ないのですが、補聴器の目的は、音声を聞きやすくさせる事です。そして、上の方にあった測定で、全体的に改善できていると、音声の聞きやすさも、改善しやすい傾向を感じています。N・Wさんも全体的に改善させ、なるべく改善できるようにしました。わかりづらくて申し訳ないのですが、補聴器の目的は、音声を聞きやすくさせる事です。そして、上の方にあった測定で、全体的に改善できていると、音声の聞きやすさも、改善しやすい傾向を感じています。N・Wさんも全体的に改善させ、なるべく改善できるようにしました。

ここからが大切ですが、上記の部分まで改善できるようになると、音声の聞こえの部分も改善できるようになってくる傾向を感じます。

音声には、

  • 70dB:少し大きい声
  • 60dB:普通くらいの声の大きさ
  • 50dB:少し小さい声の大きさ
  • 40dB:声の小さい方の大きさ

と、それぞれあり、全体的に改善できると、それぞれの音量で理解しやすくなるため、ベストになります。

あくまでも私自身が感じている感覚ですが、全体的に30dB付近まで改善できると、40 dBの小さい入力音の部分も改善しやすくなる傾向を感じます。50dBまででいいのであれば、35dBまで、改善できると、改善しやすくなります。あくまでも私自身が感じている感覚ですが、全体的に30dB付近まで改善できると、40 dBの小さい入力音の部分も改善しやすくなる傾向を感じます。50dBまででいいのであれば、35dBまで、改善できると、改善しやすくなります。

仮に小さい声の方の大きさ(40dB)まで、改善するには、聞こえの改善値が、30dBくらいまで必要なのですが、その部分まで改善できたことが非常に大きいですね。

ただ、この部分は、あくまでもそこまで改善できる人は、改善してあげたほうが聞きやすくなる。という内容になります。

音を聞きやすくすれば、自ずと周りの音も少し聞きやすくなってしまう傾向がありますので、過剰に改善させるのは、避けるべき事です。

しかし、どの部分まで、改善すると、聞きにくさが改善しやすいのか。という部分は、理解しておけると、その部分まで改善させる事により、聞きにくさを改善しやすくなります。

もちろん、その部分まで改善させても、耳が治るわけではありませんので、聞きにくさは、出てきてしまいます。

しかし、できる限り、改善できると、その分、聞きにくさは、感じにくくなります。

N・Wさんが使いやすい補聴器を提供できた事(確認も込みで)

N・Wさんが使いやすい補聴器を提供できた事も、非常に大きいです。

耳にかけるタイプですと、メガネやマスク、電話がしづらい傾向があり、その部分が気になる方は、耳あな形タイプの方が、使いやすくなります。

ご自身にとって使いにくい補聴器ですと、いくら聞こえがよくなっても、最終的に面倒さ、使いづらさが強く出てしまい、ストレスを感じながら、使う事になってしまいます。

さらに補聴器は、ほぼ毎日使うものになりますので、毎日、それを感じながら、生活することになり、そのストレスは、徐々に溜まっていってしまいます。

私自身、補聴器を使用している人間ですが、この部分は、切に感じます。

まとめ

以上、N・Wさんのケースになります。N・Wさんのケースというよりも、軽度難聴の方を改善させる際のまとめとして、記載してみました。

軽度の難聴の場合、一番のネックは、自分の声が大きく聞こえやすくなる傾向がある事、そして、実際に環境により、補聴器があった方が良い方、そこまで補聴器があっても状況が変わらない方と分かれます。

今回は、そのような事があったため、実際に試聴から始めたのですが、試聴の結果、よりよくなる事がわかりましたので、軽度難聴の場合に気をつけるべきところを気をつけ、聞きにくさをなるべく改善できるようにしていきました。

こちらが、同じような軽度難聴で聞きにくさを感じている人の参考になれば、幸いです。

各難聴の改善方法まとめ

軽度難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント軽度難聴を改善させるための聞こえを改善する基本、軽度難聴に合う補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、改善に重要な補聴器の調整。この4つに関してまとめました。実際の改善事例ものせてみましたので、お悩みの方は、ご参考にどうぞ。...
中等度難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント中等度難聴を改善させるための聞こえを改善する基本、中等度難聴に合う補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、改善に重要な補聴器の調整。この4つに関してまとめてみました。改善実例をのせ、理解しやすくしてみました。...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お困りの方へ】適切に聞こえを改善する補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

只今、適切に聞こえを改善するための予約制による補聴器相談、実施中です。日常生活上で、実際にお試しできるよう、貸出、試聴も、無料で行なっています。

  • 以前、別のところでうまくご相談ができなかった方
  • 近くに安心して相談できるお店が見当たらない方
  • 補聴器の事を相談したいけれども不安がある方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめにまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例