両耳とも難聴の改善

【職場で聞きやすく】低音が聞きにくい感音性難聴の方、補聴器で改善

30代、女性。低い音が中心に聞こえにくくなった事で、職場での会話や家での生活で、聞きづらさに困ることが多くなったことから、聞こえの改善のご相談をいただきました。

当店にて、ご相談させていただいた結果

  • 今まで聞きにくかった会話が非常に聞きやすくなった
  • 職場では、聞こえることが増え、コミュニケーションが楽になった
  • 聞こえにくい事による不安は、だいぶ軽減した

との事でした。

聞きにくさが改善され、こちらとしては、本当に何よりです。

では、どのように改善していったのでしょうか。実際に改善していった方法に関して、まとめていきます。

お客様の状況

まず、状況ですが、

  • お名前:M・S さん
  • 性別:女性
  • 年齢:30代
  • 聴力:両耳とも低音性難聴
  • 症状:生まれつきの感音性難聴で、徐々に低下
  • 備考:病院には、行ったものの改善はできず

となります。

聴力に関しては、上記のような状態になります。

両耳とも低い音が聞こえづらく、音が高くなると、なるほど、聞こえやすくなる耳の状態です。

低い音が中心に聞こえにくい方は、だいたい1000Hzが40dB、45dBくらいになると、急に聞きにくさを感じやすくなります。低い音が中心に聞こえにくい方は、だいたい1000Hzが40dB、45dBくらいになると、急に聞きにくさを感じやすくなります。

低い音が中心に聞こえにくい方の場合、1000Hzあたりが、45dB、50dBくらいになると、急に聞こえづらさを感じやすくなる傾向があります。

M・Sさんも聴力的には、そのような傾向が出ています。

耳の状況としては、高校生の頃に難聴が発覚したのですが(生まれつきではないかとの事)、なんだかんだ聞こえていたため、そのまま生活されていました。

しかし、会社に勤めるようになり、会議でうまく聞こえなかったり、電話の際にもうまく対応できなかったりなど、聞きにくさを感じている部分がありました。

その状況では、ご友人や周りの人にご迷惑をかけてしまったこともあり、それらのことも含めて、改善したい。とのことで、ご相談に来られました。

ということで、この状況を改善していく事になります。

聞こえの改善案

さて、改善案に関して、載せていきます。

低音性難聴を改善する補聴器は

まず、低い音が聞こえづらく、高い音が聞こえている耳の方の場合、

この低くなっている聴力の部分を補いつつ、高い音は、なるべく下がらないようにする必要があります。

今現在、補聴器は、ある一定の部分までは、改善ができるのですが、それ以上の聞こえの部分は、なるべく影響を与えないようにする必要があります。

そして、耳を塞ぐ事により、高域の部分が下がりやすくなるため、低音が聞きにくい耳の方は、改善が難しいケースの一つとなります。

低い音が聞こえづらい方を改善しやすいのは、この2つです。ただ、実際には、RIC補聴器の方が、改善は、しやすくなります。低い音が聞こえにくいケースは、高い音に関して、影響を少なくし、低い音を大きくしていく必要があるのですが、耳を塞ぐタイプは、どのタイプも、高い音に関して、耳を塞ぐことで低下する傾向があり、その部分も補聴器で補う必要があります。仮にそのようにすると、全体的に音が高く感じやすく、高い音を補う必要があまりない、RICタイプの方が、自然に音を感じるケースが多いです。低い音が聞こえづらい方を改善しやすいのは、この2つです。ただ、実際には、RIC補聴器の方が、改善は、しやすくなります。低い音が聞こえにくいケースは、高い音に関して、影響を少なくし、低い音を大きくしていく必要があるのですが、耳を塞ぐタイプは、どのタイプも、高い音に関して、耳を塞ぐことで低下する傾向があり、その部分も補聴器で補う必要があります。仮にそのようにすると、全体的に音が高く感じやすく、高い音を補う必要があまりない、RICタイプの方が、自然に音を感じるケースが多いです。

その際、使う補聴器の種類としては、主に2種類あり、RIC補聴器(リックほちょうき)と呼ばれるものとCIC補聴器(シーアイシーほちょうき)と呼ばれるものです。

耳にかけるタイプであれば、RIC補聴器で、耳の中に入れて使用したい場合は、CIC補聴器が、改善しやすいタイプになります。

※低い音を補え、かつ、高い音に関して、低下する影響度を薄くできるのであればなんでも良いのですが、形状として、優秀なのは、上記の2つになります。

補聴器で聞こえを改善する値

補聴器で聞こえを改善する際、今現在、ある程度、改善できると良い部分というのが、わかってきています。

こちらは、補聴器の調整画面です。見方は、のちにご説明します。こちらは、補聴器の調整画面です。見方は、のちにご説明します。

それは、補聴器を調整する画面でも出てきますし、

補聴器の世界には、補聴器を装用した状態を調べることができる機器があります。補聴器の世界には、補聴器を装用した状態を調べることができる機器があります。

補聴器を調整した際に調べる測定でもある程度、把握することができます。

M・Sさんの聴力からするおおよその改善目標値。どこまで、改善できると概ね、良いのか。この点を把握しておけると、現状と比較することで、状況を把握しやすくなります。M・Sさんの聴力からするおおよその改善目標値。どこまで、改善できると概ね、良いのか。この点を把握しておけると、現状と比較することで、状況を把握しやすくなります。

例えば、こちらの測定の場合は、先ほどの補聴器の画面で目標の値まで、改善すると、概ね、この辺りまで改善されます。

あくまでも傾向ですが、500〜2000Hzのあたりが改善されると、その分、音声の聞き取りも改善しやすくなる傾向があります。あくまでも傾向ですが、500〜2000Hzのあたりが改善されると、その分、音声の聞き取りも改善しやすくなる傾向があります。

そして、特に500Hz〜2000Hzのあたりが目標値付近まで改善されていると、聞こえの改善度は、上がりやすくなります。

改善のイメージです。補聴器は、改善できてもせいぜい、30dBくらいまでです。そのため、元の耳で、その数値よりも良いところは、なるべく下がらないようにできると、良いです。改善のイメージです。補聴器は、改善できてもせいぜい、30dBくらいまでです。そのため、元の耳で、その数値よりも良いところは、なるべく下がらないようにできると、良いです。

先ほどの内容とかぶる部分はあるのですが、低い音は、できるだけ補うようにし、かつ、高い音の部分も下がらないようにします。

そうすることで、聞きにくさを感じている部分で、改善がしやすくなります。

補聴器は、あくまでも器でしかないため、聞こえを改善する場合は、しっかりと改善できる位置まで、改善させることが大切です。

もちろん、無理せず、できる範囲内で構いませんので、なるべく改善できるところまで、改善できると、聞こえにくさは、改善しやすくなります。

補聴器を使用する耳

両耳とも聞こえにくいため、両耳装用で、改善。両耳とも聞こえにくいため、両耳装用で、改善。

両耳とも聞こえにくいため、両耳に装用し、できる限り、改善していくようにしました。

片耳と両耳の聞こえの違いは、このようになるのですが、どうしても騒がしい中や聞こえない耳側から、話されるとわかりづらいことがありますので、なるべく聞こえを改善させるために、両耳装用にして、改善していくことにしました。

実際の改善

初回時の内容

さて、初めの状態ですが、まず、耳の状況に関してお伺いし、状況の確認をしていきました。

そこから、上記のように改善する方法に関して、お伝えしました。

その過程で、実際に補聴器の試聴も行うことになります。

こちらは、RICタイプの補聴器です。こちらは、RICタイプの補聴器です。

試聴した補聴器は、このような形状のもので、RIC補聴器と呼ばれるものです。

補聴器に関しては、初めてともあり、扱いやすいものが良いとの事で、こちらにしました。

幸い、形状的には、そんなに目立つものではなく、自然に使えるタイプでもありますので、こちらで、改善していくことになります。

初回に関しては、このようになります。初回に関しては、このようになります。

初回に関しては、補聴器の設定側は、このような状態になりました。

こちらは、音場閾値測定での結果です。ちょっと高い音が元の聞こえより、低下していますね。そんな事も、実は、調べる事で、把握できます。こちらは、音場閾値測定での結果です。ちょっと高い音が元の聞こえより、低下していますね。そんな事も、実は、調べる事で、把握できます。

そして、補聴器を使用した状態を測定した結果は、このようになります。

先ほどの、補聴器の画面の説明ですが、今現在、補聴器には、どのくらい補えているのか、そして、聴力から、補えると良い数値というのは、どのくらいなのかが出ています。そのため、現状がわかりやすく表記されています。先ほどの、補聴器の画面の説明ですが、今現在、補聴器には、どのくらい補えているのか、そして、聴力から、補えると良い数値というのは、どのくらいなのかが出ています。そのため、現状がわかりやすく表記されています。

補聴器の設定側ですが、基本的にこのように使用する側の聴力に対して、どのくらい改善すると良いのかという目標のラインと、今現在、出ている音のラインがあります。

その点に関しては、初めの状態から、音に関しては、それなりに入れても大丈夫でしたので、初回から改善するようにしていきました。

※<span style="color: #ff0000;">▲</span>は、補聴器使用時の改善目標になります。目標と現在の改善値を比較すると、どのような状況なのか。その部分は、改善されていて、どの部分をあと、どのくらい補ったら良いかがわかりやすくなります。あとは、使用感覚と相談して、どれだけ上げていくか。になります。は、補聴器使用時の改善目標になります。目標と現在の改善値を比較すると、どのような状況なのか。その部分は、改善されていて、どの部分をあと、どのくらい補ったら良いかがわかりやすくなります。あとは、使用感覚と相談して、どれだけ上げていくか。になります。

その結果、補聴器を使用した時の聞こえの測定も、ほぼ目標のあたりまで、改善するようになり、改善状況としては、良い状態です。

初めから聞こえを改善していく場合、問題となるのは、実際につけた時の音の大きさです。

その点に関しては、良く聞こえる状態なので、このくらい聞こえるとよい。とのことでした。音が大きすぎる感覚は、ないようでしたので、この状態で日常生活から、職場で、使っていただくため、貸出す事になります。

補聴器には、いくつか設定があり、こちらは、音量の設定です。特に、初めての場合は、音量設定も仮定の状態ですので、ご自身で変えられるようにしておけると、使いやすくなります。補聴器には、いくつか設定があり、こちらは、音量の設定です。特に、初めての場合は、音量設定も仮定の状態ですので、ご自身で変えられるようにしておけると、使いやすくなります。

なお、お店の中では大丈夫でしたが、日常生活上では、様々な音の状態があります。

そのため、音量を調整できるようにしておき、仮に大きすぎたりした場合は、下げ、逆に聞きにくい時は、あげられるように、使用者側で、自由に調整できるようにもしました。

このようにできると、自分で調整でき、かつ、様々なところで使った際に、音量を調整したかどうかで、補聴器の状況に関して、適性が調べられるようになります。

補聴器、試聴の結果は

この状態で使っていただき、2週間ほど試していただいた結果、

  • 今まで聞きにくかった会話が非常に聞きやすくなった
  • 職場では、聞こえることが増え、コミュニケーションが楽になった
  • 聞こえにくい事による不安は、だいぶ軽減した

とのことでした。

補聴器をつける事により、大きく変わったのは、全ての音の聞きやすさで、テレビから、会話まで、全体的に聞きやすくなったとの事でした。

特に職場では、離れたりすると、呼ばれたりすることがわからなかったり、ご自身にとって、聞きにくい声の人がおり、それらも全部含めて、聞きやすくなり、補聴器ありの状態となしの状態は、だいぶ聞こえが異なるとの事でした。

今まで、聞こえにくさにより、呼ばれている事に気がつきにくかった事で、聞こえにくい事による不安を抱えていたのですが、聞こえやすくなる事により、それらの不安は、一気に改善されてきたようです。

補聴器がある事により、良くなってきたことから、補聴器を考えていく事になります。

補聴器の選定と最終調整

補聴器に関しては、初回でほぼ決まっていたのですが、お店側の都合と言いますか、メーカー側の都合により、新製品が、のちに出ることがわかっていたため、急遽、お客様に、その旨、お伝えし、どのようにするか。希望を伺う事にしました。

今まで貸していたタイプは、こちらでした。今まで貸していたタイプは、こちらでした。

当時、現行機種だったものは、オーデオBというもので、上記に記載したものは、こちらのタイプになります。

新しいオーデオMのタイプ。新しいオーデオMのタイプ。

その次に出てくるのは、オーデオMという製品で、オーデオBの次の機種になります。

新しくなる事により、少し金額は、上がりますが、聞こえの性能面が向上されるとのことで、その状況をお伝えし、新しいタイプで、改善を行う事になりました。

発売後、改めて、オーデオMというもので、試聴していく事になります。

新しいタイプの調整。少し見づらいのですが、基本的には、改善目標値のところまで、改善。新しいタイプの調整。少し見づらいのですが、基本的には、改善目標値のところまで、改善。

今回は、前回のものでうまく行っていた事もあり、目標値に合わせるようにしていきました。

前回と同じような結果に。少し若干、高域が低下している様子がある。前回と同じような結果に。少し若干、高域が低下している様子がある。

その結果、補聴器を使用した状態は、このような測定結果になりました。数値の状況は、正直、そこまで変わらず、同じような状態です。

その状態の使用時の感想は、そこまで音は、大きくなく、聞こえやすい。との事でしたので、そのまま、貸し出す事になります。

その後、使用状態に関しては、良い状況でしたので、新しいタイプの補聴器で決まる事になります。

500Hzだけ、少し上昇。特に低音に関して、元々聞きづらいため、そのようなケースは、500Hzあたりは、改善目標値まで改善できると、改善度が上がりやすい傾向があります。500Hzだけ、少し上昇。特に低音に関して、元々聞きづらいため、そのようなケースは、500Hzあたりは、改善目標値まで改善できると、改善度が上がりやすい傾向があります。

なお、最終調整ですが、少し、低い音の部分が足りておらず、かつ、もう少し改善しても大丈夫そうか。とお伺いしたところ、改善できるなら、改善したいとの事で、低域だけ、より改善するようにしました。

補聴器には、補聴器を使った状態での言葉の測定があります(音場語音明瞭度測定)。その結果がこちら。主に使われる音量である、70dB(ちょっと声が大きい方の大きさ)、60dB(普通の声の大きさ)、50dB(ちょっと声の小さい方の声の大きさ)で、補聴器なしの状態より、よくすることができました。補聴器には、補聴器を使った状態での言葉の測定があります(音場語音明瞭度測定)。その結果がこちら。主に使われる音量である、70dB(ちょっと声が大きい方の大きさ)、60dB(普通の声の大きさ)、50dB(ちょっと声の小さい方の声の大きさ)で、補聴器なしの状態より、よくすることができました。

補聴器を装用した状態で言葉の聞き取りを調べる測定があるのですが、その結果は、こちらの通りです。

こちらも概ね、良い状態になりました。

これらのことを行い、聞こえの改善に関しては、終了です。

お客様の評価

実際にお店に来ていただき、ご相談した結果、どうだったのか。その点に関して、お伺いしてみました。

どの様な事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみていかがでしょうか

このお店で、ご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか

実際のアンケート

アンケートにご協力いただきまして、ありがとうございます。

また、残念ながら耳が治る。というレベルまでいかない点は、誠に申し訳ないのですが、当店にて、できる限り改善したことで、以前の生活より、だいぶ良くなったのは、こちらとしても何よりです。

この度は、ご相談いただき、誠にありがとうございました。

M・S さんの改善ポイント

改善ポイントですが、

  • 耳の状況を確認しながら改善した事
  • 改善すると良い部分まで改善した事

の2つです。

基本的に補聴器で聞こえを改善していく場合、補聴器でどこまで聞こえを改善できたか。により、聞こえが決まることが多いです。

そのため、補聴器を使用した状態を調べたり、補聴器の調整状態に関して、お伝えさせていただきながら、改善できるところまで、改善していきました。

補聴器で改善する際にポイントになるのは、自分が今現在、聞こえている状態と自分の聴力の場合、どこまで聞こえが改善できると良いかを把握することです。

なぜなら、補聴器を装用することで、聞こえが改善されている様子は、わかるものの、その聞こえの状態は、どこまで改善されているのか。自分の聴力からして、改善すると良いところまで改善されているのか。までは、体感では、わかりづらいためです。

特に補聴器は、感音性難聴という音は、聞こえるけれども、言葉がはっきりしない。という症状の方が使用するため、それも相まって、耳が治る。というところまでは、行きません。

だからこそ、耳の状況を把握しやすくし、できる限り、改善できるところまで、改善できると、聞きにくさは、その分、改善しやすくなります。

もちろん、無理をする必要はありません、聞こえが改善できるとこまで、改善するだけも、普段の状態より、聞きにくさは、改善しやすくなります。

その点をM・S さんの方でも把握できるようにお伝えさせていただき、M・ S さんと共に聞こえの状況を改善するようにしました。

その結果、改善させることができ、こちらとしては、本当に何よりでした。

まとめ

さて、M・S さんの症例改善に関して、記載させていただきました。

低音が聞きづらい方で、どちらかというと珍しいタイプなのですが、こちらの方の改善に関しては、上記の通りです。

低い音を中心に補うようにし、高い音に関しても、なるべく下がらないようにして、なるべく聞こえが改善されるようにして行きました。

その結果、補聴器がない状態と比較するとM・S さん的には、だいぶ異なるようになり、聞きにくさが改善でき、何よりです。

こちらは、あくまでもM・S さんの内容になりますが、参考になる部分があったのであれば、幸いです。

そのほかの症例

上記のような聞こえの改善内容ですが

にもあります。

こちらから探すこともできます。ご活用ください。

低音性難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント低音性難聴を改善させるための聞こえを改善する基本、この聴力に合う補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、改善に重要な補聴器の調整。この4つに関してまとめてみました。改善実例をのせ、理解しやすくしてみました。...

なお、低音障害の方の聞こえを改善するまとめに関しては、こちらの通りです。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お困りの方へ】聞こえのご相談、承っています。

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

補聴器を使っている人の視点で、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方がより良い生活が送れるよう、支援しています。

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

適切なご相談ができるよう時間をとってご対応させていただき(予約制)、補聴器のご説明から、日常生活〜職場で補聴器を試せるよう、補聴器の無料レンタルも行っています。

当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

お会いする機会がございましたら、よろしくお願い致します。