感音性難聴の事例

【改善解説】40代・女性、両耳とも感音性難聴の方、補聴器で改善

こちらでは、実際のお客様のデータを使って、どのように聞こえを改善していったのか。その解説を行なっていきます。

今回のケースは、40代の女性の方で、両耳とも感音性難聴の方となります。耳の状況は、よくわかっておらず、遺伝による難聴では?という状況で、今現在、主に仕事の場から日常生活での聞きにくさを感じ始めた事から、お店へご相談いただきました。

特に仕事の場では、マスクをつけることが当たり前の生活になってきましたので、声が小さい方、あまりはっきり話さない方、そして、呼ばれた際に普通に気がつかない。こういった事が急激に増えてしまったようでした。

お店でご対応させていただいた結果

  • 補聴器をつける事で、周囲の人の話がわかりやすくなった
  • 補聴器がある事で得られるメリットが多い事に気が付いた
  • 聞こえにくい事による不安は、だいぶ軽減した

との事でした。

今まで聞きにくい事で、困る事が度々起こっていたようですが、それがだいぶ減ったようで、こちらとしては、本当に何よりです。

では、どのように聞こえを改善していったのか。その点に関して、そのポイントとなる部分をまとめていきます。

お客様の状況

まず、お客様の状況ですが、

  • お名前:H・Kさん
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • 聴力:両耳とも軽・中等度難聴
  • 病状:原因不明の感音性難聴(遺伝かも、との事)
  • 備考:耳鼻科にかかるものの、治療はできず

聴力に関しては、上記のような状態です。両耳とも同じような聞こえの状態で、ちょうど聞きにくさが強くなる頃合いの聴力となります。

基本的に聴力は、音声が関係しやすい500〜2000Hzの聞こえが50dB付近になると、普通の人の声が聞きにくくなってきます。

その事から、小さい声の方、ボソボソ話す人、さらには、離れた所から呼ばれた際など、様々な所で、聞きづららさが出てきやすく、それにより困りやすくなってくるのが、このような聴力の特徴です。

耳の状況に関しては、よくわかっておらず、急激に聞きにくなった。というよりも、元々、聞きにくさがあった状態で、以前は、そこまで困ることはなかったようでした。

しかし、今現在は、マスクをつける人が多い状況ですので、それにより、困ることが増えた。との事でした。

主に困りやすいのは、職場でした。声が小さい人、あまりはっきり話さない方がおり、聞きにくいとコミュニケーションが取りづらくなってしまい、あたふた困ってしまう。

さらに呼ばれても、気がつかない事も多々あり「う〜ん、このままではまずいな」と感じる事もここ最近、増えてきてしまったようでした。

こちら以外にも、ご家族とのお話の際も聞こえていない事があり、その事をからかわれたりする事もあったようで、これにより、ちょっとした疎外感を感じた時もあったようです。

ということで、この状況を改善していきます。

中等度難聴を補聴器で改善する

ということで、早速、聞こえを改善。と行きたいのですが、まずは、耳の状況から、どのように改善していくと良いのか。そのポイントに関して、記載していきます。

特に難聴は、聞こえていない事を自覚しにくい。という特性も相まって、自分自身の状況がよくわからない。という状況になりがちですので、ご自身の状態に気づく事から始めていきましょう。

その後に、その状況を改善していくための改善指針を記載していきます。

中等度難聴の聞こえとは

初めは、軽度・中等度難聴の方の聞こえの状況です。こちらの方の場合は、どちらかというと中等度難聴に近い状態ですので、以下、中等度難聴の状態を基準に記載していきます。

まず、中等度難聴の特徴ですが、全体的に生活が困りやすくなる傾向があります。その理由は、普通の声の大きさの音声が聞きづらくなる聴力だからです。

その事から、どのような環境でも困りやすさが上がり、困りやすさが特に大きくなりやすいのは、騒がしい環境下でのお話、複数の人とのお話、最後に離れたところからの呼びかけ、音になります。

騒がしい環境下では、周囲の音は少し聞こえるかもしれませんが、声が小さく感じ、周囲の音も加わり話がわかりづらくなります。

この点は、聞きにくさがどうしても出やすく、かつ聞こえている感覚も感じにくくなりがちです。

離れたところからの呼びかけ、そして、音は、だいぶ気がつかない事が多くなります。

音というのは、聞こえないとそれ以外の方法で気づく事ができません。音は、匂いもしなければ、目に見えず、触れられるものでもないためです。

特に距離が離れると、びっくりするぐらい聞こえていないため、「あの人、呼んでるよ」と言われたり、いきなり血相を変えて「何度も呼んでるでしょ!」と言われる事があるのは、このためでもあります。

中等度の難聴の方の場合、聴力にもよりますが、5〜6m(すぐそこ)ぐらいからだいぶ分かりづらくなりますので、ご自身が思っている以上に聞こえていない事が大半です。

次点で、複数の方とのお話です。この部分は、隣に来る人や会議室の大きさ、どのぐらいの人数でお話するのかにより、大きく変わってきます。

隣にいる人がはっきり話しする方の場合は、わかるケースもあるかもしれませんが、少し大きめの会議などで人が離れ始め、その際に少し声が小さい方がいると、もうその人のお話は、だいぶ分かりづらくなってきます。

お話の内容がわからない人が増えてくると、会議の内容が「今、何を話しているのか」の全体像を掴みにくくなってきてしまいますので、話の流れがわかりづらくなりがちです。

対面でのお話では、はっきり話してくれる人は、まだわかる事もあるのですが、ちょっと声が小さかったり、ボソボソ話す人がいたりすると、分かりづらさを感じやすく、そういった人の場合は、聞きにくさを感じやすくなります。

この点は、人によって、分かれやすい。という事ですね。

中等度難聴の方の場合、全体的に聞きにくさを感じやすくなる頃合いです。そして、特に距離が離れると、一気に聞きにくくなり、離れたところから呼ばれても、全く気がついていない。という事が、かなり増えてきます。

その事から、中等度難聴ぐらいから補聴器をつける方が多くなります。困る頻度が大きく増えるためです。

聞こえの改善案

さて、ここから聞こえを改善していく内容に入ります。難しい内容になりがちなのですが、なるべく簡易的にお話をしていきます。

H・Kさんの場合、改善していくために意識したいのは、

  1. どの耳に補聴器を装用するか(補い方)
  2. どこまで補聴器で聞こえを改善するか(補聴器の調整)
  3. 合いやすい補聴器の形

の3つになります。

そして、補聴器は、①どの耳に補聴器を装用するか、と、②どこまで補聴器で聞こえを改善するか、の2つにより、聞こえの改善の8割が決まります。

ですので、この2つは、押さえておきましょう。

①どの耳に補聴器を装用するか(補い方)

初めに記載していくのは、どの耳に補聴器を装用するか。という部分です。

ここは、両方の耳に補聴器をつけるのか、それとも、片耳のみにつけるのか。片耳であれば、左側、右側、どちらにつけるのか。という部分です。

結論からお伝えしますと、しっかり聞こえを改善したい場合は、両方の耳に補聴器をつける事が大事です。

中等度難聴の方が意識できると良いことは、

  • 騒がしい環境下での聞こえの改善度をなるべく下げない
  • どの方向からもわかるようにして、気づくようにする事

の2つです。

まず、片方のみと両方につける場合の聞こえの効果については、上記の通りです。

簡単にお話をさせていただくと、静かなところでの改善効果は、あまり変わらないのですが、騒がしい環境下になった場合、片耳のみつけている場合は、下がりやすい。という状況です。

上記でも記載させていただいたのですが、中等度難聴の方(中等度の方に限らず、難聴の方)は、周囲が騒がしくなると、周りの音に邪魔されて、音声が聞き取りづらくなりがちです。

ですので、なるべく聞き取りづらくならないようにするために、できれば両方の耳に補聴器を装用して、そういった環境でも、なるべく聞きにくさが落ちないようにする事が大切です。

また、両方の耳に装用する理由は、こちらだけではなく、どの方向からも呼びかけや音に気づくようにする。という意味もあります。

中等度の難聴ぐらいから、離れたところからの呼びかけ、そして、音に関しては、だいぶ気がつきにくくなります。

ですので、どの方向からも、できればわかるようにする。気づくようにする事が大事です。この部分は、聞こえていなくて、人との関係が悪化したり、人間関係にヒビが入るのを防ぐためでもあります。

難聴の怖いところは、聞こえていなかったり、気づかなかったりしただけなのに関わらず、「無視している」「あいつは話を聞く気がない」と誤解されやすい部分にあります。

誤解に関しては、なるべく無くしていった方が良いですし、人と仲が悪くなって得することは、何一つありません。どのようにしたら、周りの方とうまくやりとりできるようになるのか。を中心に考えられるようになると良いです。

その事から、両方の耳に装用して、なるべく気づくようにしていく。聞こえにくさが低下しないようにしていく。という事ができると、日々の生活をより良くしやすくなります。

②どこまで補聴器で聞こえを改善するか

次は、どこまで補聴器で聞こえを改善するか。です。これは、補聴器で、どこまで聞こえが改善できると、聞きにくさの改善に繋がりやすくなるのか。という部分になります。

補聴器の世界には、補聴器を装用した状態で、聞こえの状態を調べられる測定があり、かつ、どこまで聞こえが改善できると、効果を出しやすくなるのか。という点は、少しずつわかってきています。

その測定で、お話をさせていただくと、おおよそ、このぐらいまで聞こえが改善できると、現状をより良くしやすくなります。

この数値は、聴力的に言いますと、正常の範囲より、少し下に来るようなレベルです。正常の範囲に近づけられるようになる事で、聞こえの改善に貢献しやすくなります。

まず、音声が関係する部分は、500〜2000Hzになります。この辺りは、35dBまで全体的に改善できるようになると普通の大きさの声、少し小さい声、そして、離れたところから呼ばれる声、お話。これらの部分がだいぶわかりやすくなります。

ですので、ここは、目標となる数値、35dBまでは、できれば改善させたいところです。

そして、高い音の部分に関しては、35〜40dBぐらいまで改善できるようになると、離れているところからの音や呼びかけ。こういったものにも、さらに気づきやすくする事ができます。

音声の明瞭性にも繋がりやすくなりますので、無理は禁物ですが、改善できると良い部分は、35〜40dBの範囲になります。

すると、全体的に聞こえを改善していくことになるのですが、このあたりまで改善できるようになると、全体的に聞きにくさを改善しやすくなります。

ご自身の使える範囲内と改善できると良い範囲。それらを見比べながら、ご自身の使える範囲内で改善できると良いです。

③合いやすい補聴器の形

最後は、合いやすい補聴器の形です。

今現在、補聴器の形には、いくつかあります。これらは、聴力によって、使える、使えないが決まるのですが、H・Kさんに関しては、良くも悪くも、全ての形が使えます。

この中で、あえてお勧めさせていただくとすると、

  • 耳かけ形補聴器は、RIC補聴器
  • 耳あな形補聴器は、CIC補聴器

この2つになります。

H・Kさんの場合、低い音の聞こえがほどほどに聞こえており、125〜500Hzの間の聴力が、60dBの範囲内だった場合、補聴器を装用した時に自分の声が大きく聞こえたり、閉塞感を感じたり、こもって聞こえやすくなります。

この感覚は、この範囲の聞こえが良いと良いほど、強く感じやすく、H・Kさんの場合も、例外ではありません。

この感覚は、なければないほど、補聴器を快適に使いやすくなりますので、その範囲の補聴器を使えると、結果的に聞こえの改善に繋がりやすく、かつ、ご自身にとって、使いやすい補聴器を得る事に繋がります。

実際のご対応

さて、ここから、実際のご対応となります。いくつかの段階に分けて、記載していきます。

初回

H・Kさんの場合は、初めお越しいただき、聴力検査した内容が少し古かった事から、改めて、お店の方で、調べ直させていただきました。

そして、耳の状況から、今までの事をお伺いしつつ、補聴器のご相談をしていく事になります。

その際、まずは、補聴器があると良いのかどうかを知るために、上記のRIC補聴器を貸出し、様子を見ていきます。

その際ですが、初めの段階で、ここまで聞こえを改善していく事になります。

音の感覚として、だいぶ入っており、これでも、うるさく感じる事はない。との事で、念のため、ご自身で音量を変えられるようにして(うるさい場合は、下げられるようにして)貸出する事になります。

2週間ほど、貸出した結果は、

  • 今まで聞きにく感じていたところで聞きやすくなった
  • 補聴器がある事によるメリットは、大きい事に気がついた
  • 聞こえにくい事による不安や自信喪失がだいぶ減った

という事でした。

今現在、聞きにくさを感じ、困っている状況だったものの、補聴器の値段が結構、高い。という事もあり、本当に自分にとって必要なものなのか。ある事によって、どう生活が変化するのか。その点に関しては、少し疑問を持っていたところがありました。

補聴器に関して良いのであれば考えたいが……。という状況で、使ってみた感想は、自分自身が思っている以上に自分は聞こえておらず、聞こえやすくなった事で、だいぶ仕事に関しては、しやすくなったようでした。

聞きにくさを感じにくくなると、聞こえにくい事による不安も自信喪失も以前と比較するとだいぶ減り、補聴器に関する不安も減っていったようです。

総合的に考えていった結果、補聴器がある事によるメリットは大きい事に気付かれたようで、そこから、より聞こえを改善していったり、合う補聴器を選んでいく事になります。

補聴器の選定

さて、補聴器に関する選定ですが、改善案でも記載させていただいた通り、閉塞感や自分の声のこもり、大きく聞こえる感覚が強くなりやすい事から、

  • 耳かけ形ならRIC補聴器
  • 耳あな形ならCIC補聴器

が理想です。

結果からお話ししますと、H・Kさんは、RIC補聴器になりました。その理由は、閉塞感やご自身の声のこもりは、できる限り、避けたい。不快な感覚は、ない方が良い。との事からです。

そして、今現在、RIC補聴器の場合、充電形の補聴器とボタン電池形の補聴器があるのですが、この2つのうち、充電形の補聴器の場合、使いにくさが出てしまう事から、ボタン電池形のRIC補聴器に決まりました。

最終調整と補聴器

ご自身に合う補聴器に関して決まり、補聴器の最終調整に関しては、

ひとまず、このような状態になりました。初めに貸出した状態で、一日、8〜10時間ほど使えており、問題なく使えている事。そして、改善目標値まで、聞こえを改善できている事から、この状態で使っていく事になりました。

正直な事を言いますと、もう少し改善できそうな部分は、ありますが、使っていただきながら、追々より良い改善を目指していきたいと思います。

以上、補聴器による聞こえの改善については、一旦終了です。

実際のお客様の声

こちらでは、実際にお越しいただいて、どう感じたのか。その声に関して、ご紹介します。

どの様な事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみていかがでしょうか

このお店で、ご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか

実際のアンケート

アンケートのご記入。誠にありがとうございました。

職場やご家庭でも聞きにくさが強くなってしまった事から、ご対応させていただきましたが、現状の改善に貢献する事ができ、こちらとしては、本当に何よりです。

お会いした時にもおっしゃっていましたが、聞こえにくい事で、職場での仕事に支障が出てしまったり、さらにご家庭でも、安心して話せる、安心して過ごせる。という事がしづらくなってしまいますと、自信喪失、無気力感に苛まれる事があります。

聞きにくい状態というのは、なかなか聞こえている人には、伝わりづらく、さらに、時には誤解を与えてしまい、人間関係に関して影響を与えたりする事もあります。

特に中等度難聴になると、全体的にお話や音がわかりづらくなり、かつ離れたところからの呼びかけ、音は、絶望的に聞こえない、気がつかない。という事も増えてきます。

その事から、こちらでは、なるべくそういった所を無くしていけるよう、改善できるところは改善させていただき、より良く生活できるよう、聞こえの改善をさせていただきました。

初めて補聴器を使う。という事で、恐らく、不安もあったと思います。「本当にちゃんと良くなるのだろうか?」「これでも良くならなかったら、どうしよう?」こういった不安ですね。

ですので、改善で大事なところは、しっかり押さえつつ、貸し出しを通じて、体験していただく事で、どんなものなのか。をわかりやすくした上で、ご対応させていただきました。

その結果、今現在の状況をより良くする事に貢献でき、こちらとしても、本当に何よりです。

まとめ

H・Kさんのケースを使って、中等度難聴の方の聞こえの改善に関して、解説してみました。

中等度難聴の方の場合、大事な部分は、①どの耳に補聴器を使うのか、②どのぐらい聞こえを改善するのか、③合いやすい補聴器の形は、何か。の3つになります。

その部分をしっかり押さえて、聞こえにくい事によるお困り事、お悩み事を減らしていけると良いですね。

H・Kさんも押さえるべきところを押さえて、なるべくより良く生活できるよう、こちらで対応させていただきました。それにより、聞こえの改善、さらに生活の質の改善。それらに貢献できたのは、私としても何よりです。

もし、同じような聞こえの方でお悩みの方がいらっしゃいましたら、こちらの内容を参考にしていただければと思います。

最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店の特徴やお客様から評価されている事は、上記の通りです。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容やお問い合わせ先。聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ

関連する記事