お店からのお知らせ

新型コロナウイルスワクチン(1回目)接種してきました

深井 順一|パートナーズ補聴器

自分自身が難聴者で補聴器を使っている当事者であること。ここを活かしながらnote(ブログ)(https://note.com/junichi_fukai)を書いています。興味がある方は、どうぞ。

補聴器で生活をより良くしていくための内容は、【FAQ】補聴器で生活をより良くするために、へどうぞ。また、個々の症状(症例)ごとの改善を知りたい方は、お客様の聞こえの改善事例へどうぞ。

ようやくですが、新型コロナウイルスワクチンの接種(モデルナ)ができました。

私自身が住んでいるところは、墨田区なのですが、墨田区は、ワクチン接種が早い。と聞いていたものの、全然、回って来ず、ようやく1回目、2021年8月18日(水)に打ってきました。

2回目は、9月下旬になるのですが、それも既に予約済みで、続けて打ってきます。

今現在、全国的に新規感染者が多くなっている状況ですので、私自身もなるべく気をつけ、感染を抑えられる行動を心がけていきます。

新型コロナウイルスワクチン、接種の状況

上記の通り、私自身は、東京都墨田区に住んでおりまして、墨田区は、だいぶワクチンの普及が早い。と聞いていました。

しかし、墨田区のワクチン接種のWeb予約ページを見てみると、既に全て一杯。という状況でした。

7月から予約開始。という事で、その際見て見たときは、既に全て、どの会場でも一杯で打てず。7月後半に予約ページを覗くも、全て一杯。

8月になったときに予約ページを見た際に少し空きがあり、わずかな空いているところに予約し接種する事ができました。

だいぶ余裕があるかと思いましたが、墨田区では、こんな状況でした。

新型コロナウイルスワクチンを打った後の状況は?

ワクチン打った時が、2021年8月18日(水)19時になりますので、今、このブログを書いている時刻が、8月20日(水)の約10時です。

そのタイミングでお伝えさせていただくと、注射の際は、ちくっとする程度ですが、次の日あたりから、筋肉痛が結構きました。

表面というよりも、筋肉そのものが痛い感覚で、この内容を打っている今現在は、少し痛みが引いていますが、だいぶ筋肉痛は、強いですね。

ただ、それ以外の症状は、全くなく、発熱、体のだるさを含む、体調不良は、特にありません。

不思議な感覚ですが、内面的な部分は、良いのですが、外部的な部分。筋肉が痛い。という状態です。

筋肉痛は、しばらくすると、治るようなので、このまま様子を見たいと思います。

まとめ

ようやく全体的なワクチン接種の数が、半分を超えてきていますが、それでも新規感染者に関しては増えており、私自身も気をつけられるところは、今後も気をつけていこうと思います。

お店に関しても、私自身を含む感染リスクを減らせるよう、今後も行なっていきたいと思いますので、よろしく御願い致します。

ABOUT ME
深井 順一|パートナーズ補聴器
深井 順一|パートナーズ補聴器
使っている人が対応している補聴器専門店・代表
1986年、7月1日生まれ。生まれつきの難聴者で小学2年生の頃から補聴器を使っています。自分自身が難聴者であり、補聴器を使っている当事者であること。ここを活かしながら、お困りの方に貢献できるお店を目指しています。
記事URLをコピーしました