お店からのお知らせ

ワクチン2回目、打ってきました

第一回の新型コロナウイルスのワクチン(モデルナ)は、8月18日に打ってきたのですが、2回目は、9月23日に打ってきました。

これでようやくワクチンに関しては、落ち着いた状態になります。2回目の摂取も無事、終わり、私自身も国の一員として、できることは、行いました。

で、このワクチンですが、結論から言いますと、私の場合は、だいぶ症状が重く出ました。幸い、その症状は長くは続かなかったのですが、長く続かなかった分、症状そのものが結構、強く出ました。

熱が特に高くなり、そのことにより倦怠感もでて、さらに頭痛もする。というまるでインフルエンザみたいな状態になり、一時期「どこまで悪くなるんだ?」と感じたこともあります。

こちらでは、共有という事で、記載していきます。

モデルナワクチン2回目

第一回の場合は、そんなに症状は、重くなく、ただ単に腕が少し痛くなる。しばらく痛みが続き、筋肉そのものに痛みがあるような状態でした。

ですので、一回目では、発熱が出るというような大きいものはなく、ただ腕が少し痛い。という状態ですね。

が、2回目は、結構、重く出まして、9月23日の13時に打ったのですが、夜寝た後、12時ぐらいに目が覚めて、体がだいぶ暑く、その時点で、熱が38.6度ありました。

熱が高いせいか強い倦怠感と頭痛までしてしまい「これはだいぶくるな……」と思いました。

さすがにこの状態では、仕事にはならないので、そのままお休みにしたのですが、9月24日の朝の段階(7時)で、熱は、38.1度。解熱剤を飲んで普通に休み、15時ぐらいから熱が下がったせいか、倦怠感も消え、頭痛も消えました。

ですので、ほぼ1日、打ってから、24時間ぐらいがピークだったのですが、その時間を過ぎてから、だいぶ私の場合は、楽になりました。

そんなにひどいことにはならないだろう。というちょっとした慢心があったので、解熱剤は用意していなかったのですが、さすがに体調が悪い状態で買いに行くのは、少しきつかったですね。

幸い、近くに薬局屋がありますので、それはそれで良いのですが「もうちょっと楽にできたな」という感覚はあります。

私の場合は、こんな感じでした。

まとめ

人によって、だいぶ症状は違うようですので、一つの参考に。ぐらいなのですが、私の場合は、だいぶ重く出てきました。

ですので、できれば、ポカリスエットと解熱剤ぐらいは用意しておいて、何かあったときのために備えておければ良いですね。

飲み物は一応用意しておいたので、それは良かったのですが、解熱剤もセットで用意できると良いでしょう。

ワクチン接種は、やはり日本全体で考えると必要なものであり、この状態を少しでも自分も食い止められるように。という事で受けました。

一人が。というより、皆が意識をしてやっていくことが大事だと思いますので、私もその一人として、受けてみました。

以上、私の経験でした。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、難聴の方や補聴器を使っている方の状況をきちんと理解できるお店を作り、安心して相談できる環境作りを心掛けています。

その事から、実際に補聴器を使っている人が対応させていただき、今現在の状況からお困りごと。さらに耳の事や補聴器の事をご相談しやすくしています。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容や聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ