補聴器のFAQ

迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段なら買うな

深井 順一|パートナーズ補聴器

自分自身が難聴者で補聴器を使っている当事者であること。ここを活かしながらnote(ブログ)(https://note.com/junichi_fukai)を書いています。興味がある方は、どうぞ。

補聴器で生活をより良くしていくための内容は、【FAQ】補聴器で生活をより良くするために、へどうぞ。また、個々の症状(症例)ごとの改善を知りたい方は、お客様の聞こえの改善事例へどうぞ。

補聴器の金額は、お世辞にも安いと言えるものではありません。金額はそれなりにしますので、どの補聴器を買うのか、もっというと、それだけのお金を出しても大丈夫なのかどうか、ここに関しては、迷う方もいると思います。

その場合に私がお勧めしている言葉がタイトルの通り、”迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段なら買うな”、になります。

迷っている理由が値段であるということは、価値は感じているけれども価格に難あり。ということです。逆に買う理由が値段なら「まぁこのぐらいなら許容範囲かな」と妥協しているということですね。

大事なのは、価値をベースに考えていくことです。

価値を感じていない(高額な)補聴器を買う必要はどこにもありませんが、もし価値を感じている、この補聴器良いなと感じているのでしたら、思い切って購入することをお勧めします。

補聴器は、購入後、5〜6年は使う

補聴器で大事なのは、補聴器は購入した後、5〜6年は少なくとも、その購入した補聴器を使うということです。

ですので、仮に価値を感じている場合は、その補聴器を使い、その先の5〜6年について、より良くしていくことに繋がります。

上記の通り、価値を感じていない場合は、無理にそういった補聴器を購入する必要はありませんが、価値を感じている場合は、ちょっと奮発するかもしれませんが、そのお金を使った分、自分自身に見返りが返ってきます。

特に聞こえの部分は、だいぶ人生に大きく影響してきますので、出せるのであれば、出したほうがいいというのが私自身の考えです。

私は補聴器は投資だと思っています。自分自身の体に関する投資ですね。

やはり聞こえにくいと自分自身に自信がなくなってしまいますし、自分ができることが少なくもなってしまいます。仕事もしづらくなりますので、できるのであれば、そういったところは、私も無くしていきたいと考えています。

ですので、あくまでも出せる範囲内であること、そして、いいなと感じてることが条件ですが、そういった条件を満たしているのであれば、私は買いだと思っています。

まとめ

補聴器はなかなかの高い買い物になりますので、悩む方も多いと思います。

その場合に大事なのは、タイトルの通り、迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段なら買うな。になります。

これは補聴器に限らず、どのような製品にも通じます。迷う理由が値段であるのであれば、その価値は感じている、認めているけれども、金額が高く、迷っているということです。

逆に買う理由が値段の場合、妥協していたり、適当に考えているということです。

日用用品や消耗品であれば、あるいは、そこまで気にしていないのであればいいのですが、耳はだいぶ大事な部分になりますので、なかなかここの考えは当てはまりにくいですね。

私がお勧めする考え方は、まさにここですね、迷う理由が値段ならかえ、買う理由が値段なら買うな。このような考え方をして、自分自身に投資していけると良いです。

その投資をした分、自分自身に返ってきやすくなります。

投資をする際に考えていただきたいのは、最高の投資先は、自分自身だということです。

ということで、迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段なら買うな、でした。

ABOUT ME
深井 順一|パートナーズ補聴器
深井 順一|パートナーズ補聴器
使っている人が対応している補聴器専門店・代表
1986年、7月1日生まれ。生まれつきの難聴者で小学2年生の頃から補聴器を使っています。自分自身が難聴者であり、補聴器を使っている当事者であること。ここを活かしながら、お困りの方に貢献できるお店を目指しています。
記事URLをコピーしました