2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

【非常に聞きやすくなった】高音急墜形感音難聴の方を改善させました

Pocket

figures-1690800_640

60代、男性、高音急墜型の感音性難聴の方から、ご相談いただき、聞こえにくさの改善を行いました。こちらの方は、加齢により、徐々に聞きにくくなり、家庭内や仕事場でも聞きにくさを感じるようになりました。

当店で聞こえの改善を行なった結果、「居酒屋でも聞きやすくなった」「妻との夫婦ゲンカが減った」「聞きやすくなり、仕事もしやすくなった」との声をいただきました。聞こえにくさが改善でき、何よりです。

では、どのように改善したのでしょうか。そちらに関して載せていきます。

お客さんの状況

お客さんの状況ですが

  • 名前:F・G
  • 年齢:60代
  • 性別:男性
  • 症状:両耳とも高音急墜型の感音性難聴
  • 改善:両耳にCIC補聴器(耳あな型の補聴器)
  • 備考:50代の頃から聞こえにくく、一旦補聴器を装用。しかし、使わなくなり、その後にご相談

このようになります。

今現在も会社で働いており、人との交流は、それ以外にも色々とある方です。人とお話しする際に聞きにくさを感じ、特に騒がしくなると聞こえにくくなるとの事でした。対面でのお話であれば、ある程度、聞こえますが、中には、わかりにくい方もおり、聞きにくさを感じている状況でした。

高音急墜形の聴力。高い音から急に聞きにくくなり、特定の音や騒がしい中での聞き取りが難しくなる。

高音急墜形の聴力。高い音から急に聞きにくくなり、特定の音や騒がしい中での聞き取りが難しくなる。

聴力としては、このようになります。高い音になると一気に聞こえにくくなる聴力です。このような聞こえの場合、特定の人の声が聞きにくかったり、あるいは、音に気がつかないということが増えます。そして、騒がしいところでのお話に関しては、理解しづらくなります。

聞こえにくさを感じたのは、50代の頃で、その頃に補聴器を購入したのですが、あまり効果を感じず、使用されていない状態でした。今回は、今現在感じている聞こえにくさを改善できるのであれば、購入を考えたいとのことで相談を承りました。

改善の方針

このような聴力の場合、考えるポイントは

  • こもりやすさ
  • 音を入れた場合に起こること
  • 音を補う方針

の3つです。この3つについて理解しつつ、改善の方針を考えていきます。結論から記載しますと、こもりやひびきが使える範囲内で、高い音を補っても不快に感じず、効果を出す。となります。

こもりやすさ

低い音に関してはいくらか聞こえていますので、補聴器を装用すると自分の声が大きく感じたり、低く響いて聞こえる感覚を強く感じやすくなります。125〜500Hzあたりまでが聞こえている場合は、特にこのような傾向があります。

音を入れた場合に起こること

ある部分から急に聞こえにくくなっている場合は、その部分に関して、補える人と、そうでない人がいます。補える場合は、そのまま補い、補うと返って苦痛を感じるようであれば、その部分は、軽減させ、入れられるだけいれるようにします。

また、基本的に高い音のみ聞こえにくい状態ですので、基本的に補いにくい聴力型の一つです。高い音のみ聞こえにくいと補うのもそのあたりが中心になり、全体的に機械っぽくきこえる感覚にも拍車がかかります。

そのため、聞こえるようになったとしても機械っぽさが強くあまり良い状態ではなかったり、効果そのものも感じないという方もいたりします。補うのが難しくなる聴力ですね。

音を補う方針

音を補う方針としては、

音を補う方針。入れられる部分が限られる。重要なのは、1500Hzをいかに補うかとなる。

音を補う方針。入れられる部分が限られる。重要なのは、1500Hzをいかに補うかとなる。

のようになります。

補聴器には、補聴器を装用した状態でどのくらい聞こえるのかを調べる道具があるのですが、それをおこなったときの目標がこちらです。補聴器は装用するだけでは、いまいちよくわかりません。聞こえる感覚こそわかるものの、どこまで聞こえさせれば良いのか、自分がどのくらい聞こえているのかがわからないため、装用してどのくらい聞こえているのかを可視化するものがあります。

なお、250〜1000Hzまでは、聞こえているため、それ以降の数値をより良くしていきます。

実際の対応

こちらに関しては

  • 初めて来店された時〜試聴まで
  • 補聴器の形状選定
  • 試聴による最終チェック

の3つに分けて記載していきます。

初めて来店された時〜試聴まで

初めて来店された時は、まずは、状況についてお伺いし、補聴器で効果を感じにくいかもしれないことをお話し。

補聴器が補える上限は、大体赤い枠で囲まれた部分となる。それよりも聞こえているところは、良くはできない。

補聴器が補える上限は、大体赤い枠で囲まれた部分となる。それよりも聞こえているところは、良くはできない。

このような聴力の場合、補えるところにかなり限りがあります。基本的に補聴器は、枠で囲まれた30dB〜40dBの間くらいまで聞こえを改善させるものになり、0の値やそれに近い位置まで改善させることはできません。

上記の聴力を見てみますと1000Hzまでは、補聴器での補える改善値よりも聞こえていますので、それ以外の部分を補うこととなります。

説明後は、耳かけ形補聴器を試聴。実際に装用し、こもり、響きに関しては、我慢できる範囲にし、補聴器の調整を行いました。

初フィッティング。△は、補聴器がない状態の聞こえ。▲は、補聴器を装用した状態の聞こえとなる。

初フィッティング。△は、補聴器がない状態の聞こえ。▲は、補聴器を装用した状態の聞こえとなる。△は、概ね聴力検査時の結果と近い位置になる。

補聴器を装用した状態の結果としては、このような状態に。少し、大きいかなと思いましたが、お店で聞く限り、大丈夫そうであること、お連れの方のお話が理解しやすくなっていることから、そのまま貸出にしました。

後日、結果を伺いますと、聞こえに関して大きく改善しており、以前のような効果があるのか、ないのかさっぱりわからないということはないとのことでした。装用することにより、お話がしやすくなったり、聞きにくさについては減り、ご自身としても負担が軽減したとのことでした。

補聴器で耳を補うことにより、効果を感じていただけましたので、ここから本格的に、どのタイプの補聴器を選ぶか。それについて相談していくこととなります。

補聴器の形状選択

上記のような聴力の場合、考えなければならないのは、こもり、響きを軽減しつつ、補うべきところを補うことです。こもり、響きに関しては、補聴器ごとに異なりますので、使える範囲内のものを選ぶ必要があります。

選択肢としては

  • 耳あなであればCIC
  • 耳かけであれば通常の耳かけ形補聴器

となります。耳かけ形と耳あな形では、こもり、響きは、耳かけの方が感じにくい傾向があります。そして、耳あな形補聴器でこもり、響きが比較的少なくなるのは、CICという小さい補聴器です。

耳あな形の主な形状の種類。いくつか種類があり、それぞれに特徴がある。

耳あな形の主な形状の種類。いくつか種類があり、それぞれに特徴がある。

CICとは、耳あな形の中でも小さい補聴器で、一番左にある補聴器です。耳あな形にはいくつか形状があるのですが、この中でこもり、響きに関して少なくなるのは、CIC形になります。

耳かけ形にもいくつか種類がある。こちらも同じくそれぞれに特徴がある。

耳かけ形にもいくつか種類がある。こちらも同じくそれぞれに特徴がある。

一方、耳かけ形補聴器の場合、こもり、響きを少なくできるのは、RIC、標準タイプの2つになります。私の場合は、標準タイプの方がこもり、響きを調節しやすいので、こちらの方で改善させることが多くなります。

上記で貸出した補聴器は、通常の耳かけ形補聴器でした。その際、気になったのは、形状の大きさです。また、趣味がテニスとあり、今現在もその趣味をつけられていることから、邪魔になりにくく、かつ汗に関しても考慮することに。

そのことから、CIC補聴器に仮決定し、製作して試すことにしました。

試聴による最終チェック

CIC補聴器を製作し、実際に試していただきますと、

  • 聞こえに関しては良好
  • こもり、響きは使える範囲内
  • 機械音や大きい音は気にならない 
  • 耳に入っている感覚は、良好
  • 耳から外れる感覚はない

とのことでした。聞こえに関してですが、補聴器を装用することで

  • 家族との会話が円満に
  • 仕事でも聞きやすくなり、良好に
  • 騒がしい飲みの席でも聞こえるように

との評価で、耳かけ形を試聴した際よりも良好でした。取り扱いも問題なく、かつ耳に入れた感覚も良いため、そのまますぐに決定になりました。

高い音に関しては入れると響きや耳に刺さるような感覚になるため、それは軽減。しかし音声に重要なところだけは、しっかり入れた状態になる。

高い音に関しては入れると響きや耳に刺さるような感覚になるため、それは軽減。しかし音声に重要なところだけは、しっかり入れた状態になる。

なお、最終的な音の聞こえに関しては、こちら。補うべきところは補い、不快感をなるべく軽減させた状態がこちらになります。

お客様の声

実際にご購入になられたお客様より、改めてご相談されてどうだったのか。直接、お伺いしてみました。その結果、

co-e-f-g-03

とのことでした。お話をお伺いした時もご家族とのお話がスムーズになったとおっしゃっていましたし、飲みの席でも聞きやすくなっているとのことで、聞こえにくさを改善でき、何よりです。

なお、当店にご相談いただいて良かったところは、

coe-f-g-02

とのことでした。当店に関して評価いただきまして、ありがとうございました。

担当者:深井からコメント

いつも遠いところからお越しいただきまして、ありがとうございました。今回、改善が難しい聴力でしたが、聞こえが無事改善でき、何よりです。正直、居酒屋でもそのまま聞こえるようになるくらいまで改善できるとは思わず、聞こえが良くなって、本当に何よりですね。

趣味もあり、会社の人とのコミュニティもあり、かつ会社のOBとも飲む機会があるとのことでしたが、どんどん積極的に参加していただき、聞こえるようになった世界でより人生の質を良くしていただければと思っています。様々なことを行う人にこそ、補聴器は、ふさわしいです。家の中にこもっており、人と接する機会がほとんどない人には、正直、補聴器は、おすすめできません。

聞こえもより良くなりましたので、今後の生活が楽しみですね。

さて、当店では、このように聞こえにくさを改善しています。今現在、聞こえにくいことでお悩みな方やご相談したいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。聞こえにくさを改善させるお手伝いをいたします。

なお、聞こえに困っていなければ特に相談する必要はありません。聞こえにくいことで困っている方のみご相談ください。お問い合わせ、おまちしております。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!