聞こえを改善する基本

補聴器の調整のPDCAを実際にどう活用したのか、その実践編

さて、先日、記載した通り、【快適に聞きやすく】老人性難聴の方、補聴器で改善しましたの例を実際に、どうPDCAを回したのか。その点に関して、まとめていきます。

補聴器の調整のPDCAに関して、重要になる点は、

  • 目標を決める
  • 使用状態を確認する

の2つしかありません。

どこまで改善すれば良いのか。そして、どのくらいまで改善できると概ね、良いのか。その点に関して、目標を決め、その後、使用状況を確認し、そこまでできる限り、改善する。それが、基本的な流れですね。

なお、のちに紹介する目標のところは、賛否両論かもしれませんが、あくまでもこのブログを書いている人は、こんな感じでやっている。という部分が参考になれば、幸いです。

目標は?

PDCAにおいて重要になってくるのが、目標ですね。それもできるのであれば、数値にするのが、望ましい。と前回は、記載しました。

M・Nさんの例では、音場閾値測定で、概ね、このくらい聞こえを改善できると良い。という目標を立てました。

音場閾値測定とは、補聴器を使用した状態で、どのくらい聞こえが改善できているのか。その点がおおよそ、把握できる測定の一つです。

欠点もいくつかありますので、それだけで判断する事は、ないのですが、補聴器を使用して、どのくらい改善できているのかが、把握しやすくなりますので、私は、よく活用しています。

赤の500〜2000Hzは、主に音声に関係しやすく、その部分が目標まできていると、改善しやすくなります。2000〜4000Hzあたりは、チャイムや周囲の音の気づきに影響しやすく、それが目標まできていると、周囲の状況もかなりわかりやすくなります。赤の500〜2000Hzは、主に音声に関係しやすく、その部分が目標まできていると、改善しやすくなります。2000〜4000Hzあたりは、チャイムや周囲の音の気づきに影響しやすく、それが目標まできていると、周囲の状況もかなりわかりやすくなります。

中等度難聴くらいの方であれば、この音場閾値測定上で、このくらい改善できると、聞こえの改善度も上がりやすくなり、一部分の周波数のみではなく、できれば全体的に改善することができれば、聞こえの改善度も上がりやすくなります。

大事なのは、音場語音との関係性。経験上ですが、音場閾値が改善されている方は、全体的に音場語音も良くなっているケースが多いです。中等度の場合は、音場閾値が、35dBくらいになると、50dB(3〜4m離れたところ、少し声が小さい人の声)、60dB(普通くらいの声の大きさ)、70dB(ちょっと声が大きい人の声)が全体的に改善される傾向があります。大事なのは、音場語音との関係性。経験上ですが、音場閾値が改善されている方は、全体的に音場語音も良くなっているケースが多いです。中等度の場合は、音場閾値が、35dBくらいになると、50dB(3〜4m離れたところ、少し声が小さい人の声)、60dB(普通くらいの声の大きさ)、70dB(ちょっと声が大きい人の声)が全体的に改善される傾向があります。

そして、ここからは、あくまでも経験上ですが、音場閾値測定で、35dB付近まで改善できると、50dBまでの音声の聞き取りが、よくなる傾向があり、50dB、60dB、70dBと全体的に音声を理解しやすくするために、私の場合は、中等度難聴の方の場合は、35dB付近まで改善する様にしています。

どの音声も聞きやすくするのは、人の声の大きさには、色々とあり、普通の声の音量で話す方もいれば、ちょっと声が小さい方もいるためです。全体的に、どの音声も理解しやすくなれば、それだけ、聞こえの改善度は、上がりやすくなります。

そして、補聴器の使用状態に関しては、問題なく補聴器を扱える事。こちらを目指しました。

これは、なかなか数値では把握しづらいもので、簡単に言いますと、補聴器を使う上で、問題なく使えるのか。使いづらいところは、ないのか。などの操作性、使いやすさの部分ですね。

この点は、音に関しても同様です。補聴器の音の大きさに関しても、使える範囲内を目指しました。

音を入れる量は、計測できても、その状態で使っていただいて、ちょうど良いと感じるのか、小さいと感じるのか。それとも、大きいと感じるのか。その感覚は、流石に計測できません。

上記の数値で把握できるのは、あくまでも理想の改善値で、かつ、目指せれば良い数値になります。

その数値にするとうるさすぎるケースがあったり、使用できない方もいますので、あくまでも、目指すべき数値以外に使用状態の目標も作ります。

そうする事で、バランスよく改善する事ができる様になります。

M・Nさんに関しては、目標について、この2つを作りました。

目標をできるだけ明確にする理由

目標をできるだけ明確にする理由については、明確にしないとゴールがわかりづらくなってしまうためです。

聞こえを改善する。というゴールは、あるようで、ないゴールになります。それは、どの様になったら、良いのか。が不明確だからです。

少し意地悪な感じにはなってしまいますが、補聴器を装用して、ちょっとでも改善していれば、ある意味、聞こえは改善されている。という風に捉える事もできますし

違和感が強く、とても長くは使えないけど、つければ聞こえやすくなる補聴器であれば、それもまた、聞こえを改善できている。と、捉えられるかもしれません。

ですので、そうならないためにゴールは、なるべくはっきりさせた方が良くなります。

私の場合は、”難聴の体でもなるべく人生を楽しむために”という目的を持って、行なっています。

じゃあ、そういった状態にするには、どうしたら良いか。

その一つには、使用する人の聴力から、改善できるところを明らかにし、なるべく改善できる様にする。も一つですし、

扱いやすい補聴器を提供する事で、その人が使いたい時にしっかりと聞こえる様にする。なるべく不自由を軽減できる様にする。という事も一つですよね。

補聴器の場合は、大きく分けると

  • 聞こえの効果
  • 扱いやすさ(使いやすさ)

の2つしかありませんので、この2つの部分で、目標を立てる事が、聞こえの改善に役立つ事になります。

目標と現状を見比べて、修正を繰り返す

さて次は、実際にPDCAを回して行きます。

目標を作った後にすべきことは、実行して、現状を見比べる事です。

M・Nさんの場合、目標はわかりました。そして、補聴器の使用感覚については、問題なく補聴器を使える事。こちらにしました。

実際に行動した結果がこちら。実際に行動した結果がこちら。

そのために行動して行くわけですが、実際に補聴器を使用して、聞こえを改善した後、この様な状態でした。

行動した結果と目標を比べてみると、どこが足りていて、どこがどれだけ足りていないのかがわかりやすくなります。あとは、感覚と相談して、どのくらい改善するか。ですね。行動した結果と目標を比べてみると、どこが足りていて、どこがどれだけ足りていないのかがわかりやすくなります。あとは、感覚と相談して、どのくらい改善するか。ですね。

この状況からすると、数値だけで判断した場合は、もう少し上げたいところです。

そのため、聞こえの改善状況に関して、お伝えした後に実際にあげても大丈夫そうか。そして、補聴器の音量を上げ下げするボリュームを搭載していた事から、日常生活上、それで操作してあ上げたい事は、あったかどうかを確認しました。

前回にも記載したのですが、全体的に音量が小さければ、音量をあげている事が多く、全体的に音量が大きければ音量を下げている事が多くなります。

つまり、上記の様な数値で、実際にどの様に補聴器を使っていたのか。それを確認してみた訳ですね。

その結果ですが、その状態でほとんど使っており、さらに上げると音が響きやすくなってしまう事から、その状態までで一旦終了としました。

響きがないようであれば、もう少し改善し、より良くしてもいいかとは、思いますが、辛くなってしまう事は、なるべく避け、そして、その中で、聞こえをなるべく改善させる事で、

  • できる限り、聞こえを改善する
  • 問題なく補聴器を扱える様にする

の2つの目標をクリアする様にした訳ですね。

まとめ

さて、簡単にではあるのですが、PDCAのサイクルに関して、記載してみました。

基本的な流れとしては、目標を作り、それに沿って聞こえを改善していく。という流れになります。

書き忘れてしまったのですが、PDCAの注意点としては、目標がないとPDCAが回せなくなってしまう事。(何を改善及び、修正したら良いかわからない)。

そして、現状を把握する方法がないと、良くなっているのか、あまり変わっていないのかがわからない事。

さらに目標は、なるべく明らかにしないと(Checkできるものにしないと)現状を把握しづらく、PDCAが機能しづらくなる事。これらがあります。

この3つには、注意しましょう。

M・Nさんのケースでは、これらの確認をして、聞こえの改善をしてみました。

そのポイントもまさに、目標を作り、PDCAを回す事で、できた訳ですね。

こちらについては、こんな風に補聴器屋さんは、改善しているんですよ。という事が伝われば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。聞こえにくさを抱えている方が、聞こえを改善し、より良い生活ができるようになるお店。という考えのもと、お店の内容やサービスを考え、補聴器による聞こえの改善をしています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえにくくて、プライベートや仕事でお悩みの方へ

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞きづらくてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

当店では、補聴器を初めてお考えになる方や他の場所でうまくご相談できなかった方でも、安心してご相談できるよう、完全予約制にして、補聴器のご相談をしています。

聞こえの改善相談を行い、実際に日常生活や職場で使ってみて、補聴器があると良い。あると生活が楽になる。という方のみ、ご自身に合った補聴器を提供しています。

当店でのご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

聞こえの改善方法については、【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法に、まとめており、そして、お店の内容やお客様の実際の改善事例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例