補聴器のサポート

補聴器をより活用しやすくするために補聴器トラベルセットを作ってみよう

補聴器を使い始めると、バックの中に補聴器用ケースを入れたり、仮に電池が切れたとしても、すぐに使えるよう、補聴器用電池を入れておいたり、補聴器に関する道具をバックの中に入れておく事が増えたりすると思います。

ただ、これらのものですが、単品で入れたりすると、入れ忘れたり、ちゃんと入れたり確認する手間が発生する事があります。

仮に少し面倒に感じる場合は、一つのポーチに必要なものをまとめておくことをオススメします。

そのようにできると、管理も、補聴器自体もだいぶ使いやすくする事ができますので、このセットを補聴器トラベルセットと呼んでいます。

お客さんの中にも、何名か使われている方がいますので、こちらについて、記載していきます。

補聴器トラベルセット

トラベルセットというのは、このようなものです。

補聴器に必要な道具を予め、ポーチにまとめておき、管理やどこか出かけた際にも、簡単に使えるようにしたものです。

上記のは、私のものですが、私が入れているものは、

  • 補聴器用電池(1〜2セット)
  • ウエットティッシュ(アルコールタイプ)
  • 補聴器用ケース

の3つですね。

私の場合は、耳が飴耳(耳垢が湿っているタイプ)ですので、とにかく耳の中に入る部分が汚れやすく、それを拭くためのウエットティッシュや電池がなくなった時のための交換用電池。この2つを主に入れています。

一つにまとめておけると、バックを変えた際だとか、持っていく際に電池を入れ忘れたり、何か入れ忘れる。というのが、かなり少なくなりました。

特にいくつか入れる場合は、その中の一つだけ入れ忘れたりする事があったので、まとめておいたほうが良いかな。という事で、このようにしています。

女性の方の場合、結構、余っているポーチ(化粧ポーチなど)があるかと思いますので、そういったもので、活用できれば大丈夫です。

中に関しては、見えやすいものが管理しやすいとは、思いますが、私も、そんなに透けるようには、していません。

サイズに関しては、今、私が使っているものが、縦13.5cm、横18cm、幅2cmくらい(奥行)です。

このくらいのサイズであれば、ほとんどのものが活用できるかと思います。

一つのもので管理できるようになると、入れ忘れたり、確認し忘れたりする事がほとんどなくなります。

ある程度、形状も大きくなるので、その点は、だいぶわかりやすくなりましたね。

おまけ・それぞれのタイプで入れられると良いもの

補聴器には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があり、それぞれ必要なもの、入れておいたほうが良いものが少し異なります。

耳あな形補聴器の場合

耳あな形補聴器の場合は、

  • 補聴器用ケース
  • 交換用フィルター
  • 交換用電池
  • ウエットティッシュ

の4つです。

まず、耳あな形補聴器で気をつけなければならないのは、音がでる部分にフィルターがある事です。

この部分ですね。ここの部分が塞ると、音が聞こえにくくなってしまいますので、この部分の交換道具は、できれば、常に所持しておいた方が良いです。

交換方法さえ覚えておければ、急に聞きにくくなった際(聞きにくくなる場合は、大抵が急です)仮にこの部分が原因だった場合は、すぐ改善させる事ができます。

それ以外には、補聴器用ケース、補聴器用電池、そして、汚れてしまった場合のウエットティシュ(ポケットティッシュでも可)あたりがあれば、大抵の事に対応できるようになります。

耳かけ形補聴器の場合

耳かけ形補聴器の場合、RIC補聴器と言われるものと、標準サイズのBTEタイプの補聴器で異なりますが、

まずは、RICタイプの場合ですね。こちらの場合は、

  • 補聴器用ケース
  • 交換用フィルター
  • 交換用電池
  • ウエットティシュ

の4つです。

上記の耳あな形と同じなのですが、この補聴器も先端の部分のフィルターが詰まったりすると、聞こえにくくなります。

ですので、できれば、そこの部分の交換方法や交換道具は、持っておいたほうが良いです。

その場で交換できるようになると、仮にそこが原因だった場合、すぐに改善する事ができます。

そして、あとは、補聴器用ケースと電池、ウエットティシュと続きます。

これらがあれば、大抵の事は、対応できるようになります。

次は、BTEタイプですね。このような少し大きいタイプです。私が使っているのと同じタイプとも言えます。

この場合は、上記で出した通り、

  • 補聴器用ケース
  • ウエットティシュ
  • 補聴器用電池

の3つのみで大丈夫です。

このタイプは、どこかが目詰まりして、聞こえにくくなる。という事がほとんどないタイプですので、綺麗にできるようにする道具さえ、入れておければ、それだけで大丈夫です。

まとめ

意外に知らない方もいらっしゃったので、改めて、こちらについて、紹介してみました。

一つのものにまとめておけると、いざという時に改善できたりするので、オススメです。

私の場合は、バックの中にものを入れた際、電池入れたかな?とか、ケース入れ忘れていないかな?と確認する事が多かったので、こういったもので、一つにまとめ、忘れにくく、そして、確認の手間を減らしました。

ある程度、形状が大きくなるため、入れているか、入れていないかは、すぐわかりますし、中のものを確認すれば、状況がすぐわかるので、もし、手間を感じる場合は、このようにしてみると良いです。

以上、保管に関するお話でした。ちなみに、このような保管方法をすると、旅行をする際だとか、ちょっとしたお出かけも、だいぶ楽になります。

忘れるとまずい場合は、このようにまとめておくとだいぶ楽になります。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。聞こえにくさを抱えている方が、聞こえを改善し、より良い生活ができるようになるお店。という考えのもと、お店の内容やサービスを考え、補聴器による聞こえの改善をしています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえづらくて、プライベートや仕事でお困りの方へ

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞きづらくて、プライベートや仕事でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

当店では、補聴器を初めてお考えになる方や他の場所でうまくご相談できなかった方でも、安心してご相談できるよう、完全予約制にして、補聴器のご相談をしています。

聞こえの改善相談を行い、実際に日常生活や職場で使ってみて、補聴器があると良い。あると生活が楽になる。という方のみ、ご自身に合った補聴器を提供しています。

当店でのご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

聞こえの改善方法については、【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法に、まとめており、そして、お店の内容やお客様の実際の改善事例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例