補聴器の調整

両耳補聴の論文内容より左右差があるフィッティングを考える

聴覚医学会に勉強になる論文がありました。補聴器フィッティングの現状と将来の課題という内容です。

リンク:聴覚医学会 補聴器フィッティングの現状と将来の課題

こちらは、現在の補聴器の現状に加え、そこからどのように将来、研究が進んでほしいかが記載された論文です。この中には、両耳補聴に関する内容がありました。

両耳補聴はどんな時に有効であり、どんな時に無効となるのか。これらが記載されています。

こちらが分かる事で、さらに適切な補聴器の提供ができるのではないかと思い、このブログにも載せてみようと思いました。

今回は、この論文を参考に両耳補聴の概要と左右差があるフィッティングを考えていきます。

両耳補聴の論文の概要

論文の中には、両耳に関する注意が記載されていました。

一般に健聴者は両耳で情報を受けており,音を立体感に感じている。両耳聴は正常者では通常の状態であり,その効果としては1)音源の方向が分かること(方向感があること),2)片耳に比べて両耳だとラウドネスが3dB 増加すること,が上げられることが多い。しかし,この両耳効果については,当然の前提として正常者で得られた結果であり,両耳の聴力が同等である場合に認められる効果であることが忘れられ,補聴器を両耳装用すれば当然に得られるように誤解または曲解される傾向がある。

補聴器フィッティングの現状と将来の課題より引用

そして、方向感に関しては次のように述べています。

方向感の認識では,音の大きさ(ラウドネス)の差と位相との差が判断の根拠となる。音が大きく聞こえる方向に音源があると感じ,音が早く到達した方向に音源があると感じる。もし,聴力に大きな左右差があると音源の位置にかかわらず良聴耳で音が大きく聞こえる。補聴器を使用している場合でも補聴閾値に左右差があると,音源の方向ではなく補聴耳の良聴耳側で大きく聞こえる

補聴器フィッティングの現状と将来の課題より引用

では、どの音量レベルになると左右の方向感が得られなくなるのでしょうか。

立体音響の再生の分野で行われた研究によれば,一側耳を完全に遮蔽して難聴にすると,難聴耳側で3m の距離から発生した音は,良聴耳側で約10dB小さい大きさで聞こえる(小さく聞こえる程度は最大で15dB)。すなわち,補聴閾値の左右差が15dB以上あると,難聴耳側からの音は,良聴耳で難聴耳よりも大きく聞こえることになる。

補聴器フィッティングの現状と将来の課題より引用

この内容は非常に貴重な情報です。補聴閾値の左右差が15dB以上ある場合、適切な方向感が得られなくなる事を示しています。

なお、この先に出てきますが、1000Hzの周波数帯に15dB以上差がなければ、両耳装用は有効であると記載されています。ただし、会話に限定されます。

音量はどうなるのだろう?

両耳装用に関することとして、音がより聞こえやすくなる事が証明されています。

では、両耳の聞こえが均等でない場合は、どうなのでしょうか。こちらについても記述があります。

ラウドネスが 3dB増加することについては,物理的現象として,同じレベルの音を合わせるとデシベルの和の計算通り 3dBレベルが増加する事実がある。これと似た聴覚心理上の実験結果が認められ,両耳にレベルが同じ音を与えると聴覚系を伝わった中枢で 3dB大きく聞こえるという心理的現象がある。物理量について 10dB差がある二つの音を合わせた場合には,レベル増加は 0.4dBである。心理的現象としてラウドネスが 3dB増加することについては,難聴者の左右の聴力が等しいことが条件となり,補聴器装用下では補聴閾値が左右同等であることが求められる。もし,難聴者が補聴器を装用したときの閾値が左右で 15dB以上異なっていればレベル増加は認められないと考えられる(物理量の場合は 0.1dBの増加である)。

補聴器フィッティングの現状と将来の課題より引用

両耳効果については、両方の耳から同じように音を感じる事で起こっている……という事ですね。

両方の耳から音を感じるだけでなく、同じ音量で聞こえる事が重要なポイントです。

左右差のあるフィッティングを考える

上記の内容を踏まえて、左右差がある聞こえのフィッティングについて改めて考えてみます。

条件として、両耳とも難聴であり、片側がより重いケースに限ってお話を進めていきます。

両耳とも同じような難聴であれば、よほど変な事をしないかぎり、聴力差は、生まれませんので、左右で聴力が異なる方の聞こえのフィッティングに関して、考えていきます。

このケースに適合する補聴パターンは、補聴器を両耳に装用するか、バイクロスで補聴するかの二つになります。

上記の事を踏まえて考えてみると語音明瞭度の結果+補聴器装用後の音場閾値で判断できると、ベターな選択ができるように感じます。

バイクロスが合うケース

バイクロスが合うケースは、

  • 語音明瞭度が片耳のみ低いケース
  • 片耳が全く聞こえないケース
  • 音場閾値の検査で、左右差が15dB以上差が出たケース

と、考えられます。

これらのケースでは、両耳効果が期待できません。一部のものは、そもそもの問題として、補聴器の効果が得られない状態ですので、なかなか改善が難しい状況です。

であれば、両耳装用するより、バイクロス補聴器を装用した方がお客さん、患者さんの満足度は高くなると考えられます。

※以下に疑問点を記載しています。

両耳装用が合うケース

両耳装用する事により、音場閾値の検査で、左右差が15dB以内にできるケースです。

左右の聴力に差があったとしても、左右差が15dB以内にでき、さらに装用していて、聞こえてくる音の違和感を感じなければ、最も良ベストな方法と考えられます。

この場合は、両耳効果も期待できますので、最もよい聞こえを提供できます。

なお、左右左があるケースは、できれば、左右の聞こえの差を15dB以内に抑えられると、より良くなることもわかり、改善方針として、考えることもできます。

わからないところ

問題は、音場閾値の検査で、左右差が15dB以上差が出てしまったケースでは、バイクロスの方が良いのか、両耳装用の方が良いのかがわかりません。

語音明瞭度が低い場合は、聞き取る力そのものが低いため、却って両耳装用すると良い聞こえを妨げる事もありますので、即決できます。

そして、聴力低下が大きいケースは、補聴器で改善できる部分もかなり限られるため、こちらも即決できます。

しかし、音場閾値の左右差が15dB以上差が出るケースは、両耳の方が聞こえる感覚があるため、両耳装用を選択しそうなイメージがあります。

これらは、両耳装用したケースとバイクロスで使ってみたケースで、実際に使用いただき、どのように異なるかを見極める必要がありそうです。

音場の結果やお客様に状況をお伺いしてみて、判断するのがよさそうですね。

あとがき

聴覚医学会に非常に勉強になる論文がありましたので、記載してみました。こうした情報を提供してくれるのは、非常にありがたい事です。

元々の論文の趣旨とは異なるものですが、有効な情報でしたので、載せてみました。

また、論文そのものも非常に勉強になります。補聴器に興味がある方なら読んでみて損はありません。

両耳補聴に関しては、上記の内容を知り、なるべく左右差をつけないようにして、しっかり改善できるようにしよう、と考えるのも良いですし、左右の聴力が異なる方へのフィッティングに活かすのも良いでしょう。

この内容をどのように活かすかは、みなさん次第です。

このページに関連する内容

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...
左右の聴力が違う場合の補聴器の調整と改善させるポイント左右の聴力が異なる場合、それぞれ別々の改善目標値があります。それを把握できるようにしつつ、聴力ごとの改善目標値まで聞こえを改善できると、聞こえを改善しやすくなります。その方法からどのようにしていければ良いかを記載してみました。...
補聴器の慣れる、慣れないの問題と補聴器調整者ができる事補聴器における、慣れる、慣れないは、非常に難しい問題で、中には、補聴器の音に慣れない耳もあります。 そのため、私の場合は「補聴器の...
生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...
私がしている適切な補聴器を提供するためのPDCAの回し方私自身がより改善できるようになったのは、補聴器のPDCAの回し方を覚えてからになります。目標を決め、そこにたどり着く方法を考えて、改善すると、改善度や満足度は、上がるようになりました。...
補聴器を調整しすぎてわからなくなったら、一度、白紙に補聴器を調整する過程で、様々な事を行うと、何が良くて、何が悪いのか。時にわからなくなってしまうことがあります。 そのような場合は、...
補聴器の効果を測定するのは、仮説を検証するため補聴器の効果を調べるのは、仮説を検証するためです。どのように補ったら良いのか。実際に行なってみて、効果を調べる。そのようにすると、今行なっていることは、ちゃんと成果に繋がっているのか。確認することができます。...
補聴器におけるベント(空気穴)の概要と注意点補聴器のベントは、適量に空けられると、ベストですが、空けすぎると、逆効果になります。ベントの概要とその注意点に関して、まとめてみました。...
補聴器の評価がしづらい場合は、周りの方に聞いてみよう補聴器の評価は、自分では、なかなか難しいものです。こちらでは、3つの評価方法と周りの方にきく事のメリットに関して、お伝えしていきます。...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【改善事例あり】聴力別、聞こえの改善方法をまとめてみました

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

聞こえにくさにお困りの方のために、こちらでは、聴力別、補聴器による聞こえの改善方法に関して、まとめてみました。

もし、

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • 他のところで相談したけど、よくわからなかった

などありましたら、参考にしていただき、聞こえの改善にお役立ていただければ幸いです。

なお、こちらのページには、実際のお客様を改善した事例まで、載せています。同じような症状の方、聴力の方を参考にしていただき、改善のヒントを掴めたのであれば、幸いです。

聴力別、改善方法お客様の改善事例