補聴器の形状

補聴器に抵抗がある人の場合における補聴器の選択と改善プロセス

聞きにくさを抱えている人の中には、聞こえを改善したいけれども、目立ったり、聞こえにくい事がわかるようになるのは、避けたい。という方がいます。

そのような場合は、目立ちにくい補聴器を使用し、まずは、自分が気にせず使えるもので、聞こえにくさの改善ができるとベストです。

聞こえにくさや一般の人と異なる感覚は、自分自身に劣等感を感じやすかったり、周りの方に、聞こえにくい事を言いにくい環境の方もいます。

そのようなケースを改善していく際に考えている事を載せていきます。

補聴器に抵抗ある場合の補聴器の選択

意外かもしれませんが、自分自身が聞こえにくく、聞こえにくい事を受け入れているケースと、なかなか自分の状況を受け入れがたく感じているケースの補聴器の選択は、異なります。

聞こえにくい事を容認しているケースは、補聴器自体が見えてもよく、周囲の方にご自身が聞こえにくい事を伝えたり、聞こえの環境を整える部分も含めて、聞こえにくさの改善ができるとベストです。

逆にあまり容認していないケースでは、目立ちにくいものを使い、まずは、聞こえの改善だけでもできるようになると、今現在の状況をよりよくする事に繋がります。

目立ちにくい補聴器の一つ、CIC補聴器。補聴器には、こんなものもあります。目立ちにくい補聴器の一つ、CIC補聴器。補聴器には、こんなものもあります。

目立ちにくい補聴器は、いくつか出力の制限(補える聴力の範囲が狭い)がありますので、明らかにご自身の聴力が補えないものは、使うべきではないのですが、補える範囲内のものであれば、私は、全然、問題ないと考えています。

そのような方には、まずは、聞こえを改善し、状況をよりよくする事が先決です。

補聴器は、見える方が良い?

たまに補聴器は、見えた方が良い。という意見を聞きます。

この点に関しては、補聴器を使用している私の意見は、その通りです。

これには、

  • 補聴器での改善には、限度があること
  • 自分から耳のことを伝えるのは、タイミングが難しいこと

この2つがあります。

補聴器での改善には、限度があること

今現在、残念ながら補聴器を使用しても、耳が治るレベルまで、改善することは難しく、音環境によっては、本当に何もわからない事があります。

聴力が低下するとするほど、この傾向は強くなり、たとえ、聴力が軽くても、騒がしい環境下や難しい環境になると、聞きにくさは、強くなりがちです。

自分から耳の事を伝えるのは、タイミングが難しいこと

そのことから、聞こえにくい事を事前に伝えられるような。自分から、何も言わなくても、それが伝わるような状態にしておけると、それが、セーフティーネットになったりすることもあります。

その一つの方法が補聴器が見えるようにする事です。補聴器の事がわかる方であれば、聞こえにくい事が伝わりますし、見える事で、自分から言わずとも、伝える事ができます。

この見えると言うのが非常に強いです。

と言うのも、自分から聞こえにくい事を伝えるのは、いうタイミングが非常に難しく、耳が聞こえにくい事を伝えやすいタイミングは、耳の事を聞かれたり、補聴器の事を聞かれたりするタイミングだからです。

それ以外のタイミングで「実は、耳が聞こえにくくて……」と伝えると「ん?急にどうしたの?」や「…そ…そうなんだ……」と言うような少し空気が重くなることもあります。

このようにカミングアウトのタイミングが非常に難しい。と言うのが、自分なりに感じる事です。

補聴器を隠せば、わかりづらくなる反面、その事により、伝えるタイミングや言うタイミングが難しかったりしますので、その部分に関しては、見えた方が、伝えやすさは、上がります。

補聴器に抵抗がある人の改善思考

見える方が良い理由に関しては、記載しましたが、とはいえ、そのような内容を見るだけで、人の意見は、変わりません。

その人には、その人なりに気になっている事や、そうせざるを得ない環境にいることもあります。

この際に優先すべきことは、

  • 聞こえの改善をできる限り行うこと
  • 自分にとって使いやすい、抵抗がないもので改善すること

の2つです。

この2つを重視する理由は、どの補聴器を使うかではなく、どのようにしたら、その人の状況をよりよくする事に繋がるか。を考える事が大切だからです。

聞こえの改善をできる限り、行う事

聞こえの改善は、できればできるだけ、悩みも聞こえにくさも改善できる事に繋がります。

限度は、もちろんありますが、限度がある中でも、なるべく改善できれば、それだけ、悩みも減り、さらに、徐々に自分に対して、自信を持つ事につながり、今現在の状況を好転しやすくなります。

自分にとって使いやすい、抵抗がないもので改善すること

2つ目は、こちらです。この場合ですと、目立ちにくい補聴器を使用して改善する。と言うのも、この部分によるものです。

いくら小さいものや目立ちにくいものと言っても、実際に使用する際は、少し抵抗を示すかもしれませんが、その点に関しては、なるべく、聞こえを改善できる事、そして、自分が使いたいと思うもので改善する事、の2つを考えながら、選定していけると、現状をよりよくしやすくなります。

経験がないものを判断するのは、難しいため、実際に使っていただき、徐々に受け入れができるようになってくると、補聴器に関するイメージ、耳に関することも、徐々に変わってきます。

重要なのは、体験による理解

重要なのは、実際にご自身で補聴器の体験をしていただき、ご自身で理解をしていただく事です。

補聴器を使う事により、意外に補聴器に関しては、気がつかれなかったり、聞こえやすくなる事により、少し希望が湧いたり、補聴器をつける事で、感じることは、色々な事があります。

いくら見えない、見えにくいと言っても、気になる人には、気になるもので、そのような場合は、言葉で伝えるよりも、実際に体験していただいて、ご自身で理解していただくのが、もっとも良い理解に繋がります。

実際には、見えないと言うよりも、そんなに人は、そこまで自分以外の他人を見ておらず、単にそこまで見ようとしないだけだったりするのですが(自分以外の人をまじまじと、ジロジロとじっくり見る方は、ほとんどいません)、使った事がない方には、言葉で言っても経験がないため、わかりません。

経験を通じて一つずつ理解し、聞こえを改善する事により、自分ができる事が増えてきたり、今まで、悩んでいた事が少なくなってくれば、自ずと、自分自身の状況を改善させる事に繋がります。

言葉よりも体験する事で、理解を深めていけると自分にとって、何が本当なのか。理解できるはずです。

まとめ

補聴器そのものに抵抗がある場合、実際には、どの部分に抵抗があるかにより、変化します。冒頭の通り、聞こえを改善したいけれども、見えるのが、嫌だ。という方は、まず、その要望を満たせるもので、改善していきましょう。

少しでも改善されれば、聞きやすくなる事により、心が楽になったり、今までより、落ち着いて、物事を理解できるようにもなります。

そして、補聴器を使用する事により、徐々に補聴器の事も理解できるようになるはずです。

どうしても体験したことがないものは、イメージだけで決めてしまう傾向がありますが、実際のものを経験すれば、そこから、ご自身にとって、良いものを選べるはずです。

という事で、こちらの内容が役に立ったのであれば、幸いです。

このページに関連する内容

小型耳かけ形補聴器RICがお勧めな人と形状によるメリット、デメリット耳かけ形補聴器の一つに、RIC補聴器(リック)があります。こちらの概要と特徴をまとめてみました。この補聴器は、ある聴力の方には、非常にお勧めできる補聴器です。...
耳かけ形補聴器が合う人と形状によるメリット、デメリット耳かけ形補聴器の特徴と合う人に関して、まとめてみました。耳かけ形補聴器は、扱いやすさ、使いやすさに優れており、耳あな形補聴器に比べ、どのような方でも使えるようにしているのが、大きな特徴です。...
耳あな形補聴器がお勧めな人と形状によるメリット、デメリット耳あな形補聴器は、耳の中に入れることの利点と欠点があります。形状の概要から、利点、欠点、注意点に関してまとめてみました。どのような補聴器が良いか、お考えの方にお勧めの内容です。...
小さい耳かけ形補聴器を使う場合に確認したい2つの事今現在、小型の耳かけ形補聴器が増え、小さくて目立ちにくく、かつ、耳に負担がかかりづらくなり、扱いやすい補聴器が増えてきています。 ...
左右の聴力が異なる場合の補聴器の基本と理解しておきたい出力(形状)の事左右の聴力が異なる場合、補聴器に関しては、なるべく聞こえが重い方に合わせて、両方とも同じような機種、補聴器を使用することが大切です。そのような聞こえを改善させる上での大切な内容をまとめて見ました。...
充電タイプの補聴器のメリットと懸念材料最近、各社、充電タイプの補聴器を出してくるようになりました。こちらでは、私が扱っているフォナックの充電補聴器。オーデオBーR、ボレロBーRに関する内容をまとめてみました。...
最近の補聴器にみられる防滴(防水)加工の注意点最近の補聴器は、ほぼ全ての補聴器に防水加工が加わり、昔の補聴器より、故障しづらくなってきました。 補聴器は、汗や湿気といった水系に...
耳かけ形補聴器を使っていて、マスクが邪魔になる場合は、こうしてみよう風邪を引いた時、花粉症の時、耳かけ形補聴器の場合、マスクが邪魔に感じることがあります。その場合、太い紐のタイプのマスクを使うと、使いやすくなります。...
耳かけ形補聴器のサポート品、イヤモールドと改善できる2つの事イヤモールドは、耳かけ形補聴器を使っていて、ハウリングする、補聴器が耳から外れやすい、を改善するサポート品です。その概要から、利点、欠点をまとめてみました。...

補聴器に関する他の内容

【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめ軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【お困りの方へ】個室による予約制の補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

只今、適切に聞こえを改善する個室による予約制の補聴器相談、実施中です。日常生活で試せるよう補聴器の貸出、試聴も、無料で行なっています。

  • 以前、別のところでうまくご相談ができなかった方
  • 近くに安心して相談できるお店が見当たらない方
  • 補聴器の事を相談したいけれども不安がある方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめにまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
補聴器の形状

耳かけ形補聴器のサポート品、イヤモールドと改善できる2つの事

2014年5月26日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
耳かけ形補聴器には、補助品、サポート品として、イヤモールドと呼ばれる耳の形を採取して、作る専用の耳せんがあります。 こちらは、耳から補 …
補聴器の形状

耳あな形補聴器がお勧めな人と形状によるメリット、デメリット

2016年2月20日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
耳あな形補聴器とは、耳の穴の中に入れて使用するタイプの補聴器です。 耳の穴の中に入ってしまう補聴器から、耳の入り口を塞ぐタイプ、耳その …
補聴器の形状

最近の補聴器にみられる防滴(防水)加工の注意点

2016年1月9日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
最近の補聴器は、ほぼ全ての補聴器に防水加工が加わり、昔の補聴器より、故障しづらくなってきました。 補聴器は、汗や湿気といった水系に弱く …