基本、使い方、できる事

補聴器のボリュームに関する概要とボリュームができる事

補聴器には、ボリュームというボタンを押して、音を大きくしたり、小さくする装置がついています。このボリュームは、手軽に音を大きくできる装置とあり、多くの方が使用しています。

こちらでは、ボリュームの仕様や種類、できる事について載せていきます。補聴器のボリュームとは、このようなものであると理解できれば幸いです。

主流のボリューム

補聴器のボリュームとは、冒頭に記載した通り、音を大きくしたり、小さくする装置です。この装置は、テレビのボリュームと同じようなイメージをされるとわかりやすいと思います。

現在のボリュームは、ワンステップ、ワンステップで大きくなるような仕組みになっています。耳かけ形補聴器の場合は、ボリュームを押して操作するのですが、押す度に、ワンステップ音が大きくなり、もう一度押すと、またワンステップ大きくなるという事の繰り返しをしています。

bte-vl

そして、上限までくると上限であるお知らせの音がします。ここまで大きくすると、それ以上大きくできないようになります。これは、大きくしずぎないようにするために、行っています。耳あな形補聴器の場合、回して操作するのですが、こちらも回す度にワンステップ、ワンステップ大きくなるような仕組みになっています。

mimiana-vlu2

※画像は補聴器メーカーフォナックジャパンより引用

上限については、耳かけ形補聴器と同様です。

今現在は、アナログ補聴器、ポケット形補聴器でない限り、このような仕組みで、音を大きくするようになっています。主にデジタルボリュームと呼ばれています。

なお、耳あな形補聴器の種類によっては、ボリュームがないものもあります。写真の一番左にある機器は、ボリュームがありません。しかし、このような機器でも遠隔操作でボリュームを操作する事もできます。ただし、遠隔操作できる補聴器である事と遠隔操作を行う装置が必要になります。補聴器のボリュームは、このように操作する事もできます。

ボリュームは、ほとんどの機種に搭載している一般的な機能になります。

連動するボリューム

ボリュームの中には、連動するボリュームがあります。これは、補聴器を両耳装用している事が条件ですが、片耳を操作するともう片耳も連動してボリュームを操作してくれるものです。片耳でボリュームを上げる操作をすれば、もう片耳も上がり、片耳でボリュームを下げれば、つられてもう片耳もボリュームを下げます。今現在のボリュームには、このようなボリュームもあります。

一つ注意点として、連動する事により、片耳だけ操作したい場合、操作する事ができないという欠点があります。片耳だけ操作する事は、あまりないかもしれませんが、連動するボリュームには、このような欠点もあります。

ちなみに、片耳の補聴器の電源を切って、もう片耳の補聴器を操作すると片耳のみ操作する事ができます。そして、操作後、先ほど電源を切ったもう片耳の電源を入れれば、ボリュームを操作した側の補聴器は、そのままの状態(音を変化させた状態)で補聴器を使用できます。その状態で、ボリュームを操作すると、変化させた分は、そのままで大きくなったり、小さくなったりします。例を出しますと、左耳だけ、一つボリュームが大きい状態にした場合、その状態でボリュームを大きくすると、左が1→2、右が0→1に変化します。その後も、大きくしたとすると左は2→3、右は1→2に変化します。小技としては、このような事もできます。

連動するボリュームは、あくまでも同じボリュームにしているのではなく(同じ音量にしているのではなく)、単に操作のみを連動して行っているだけになります。

デジタル補聴器のボリューム

アナログ補聴器のボリュームとデジタル補聴器のボリュームで大きく違うのは、ボリュームそのものの設定ができるようになった事です。アナログ補聴器の頃は、ボリュームの上限をボリュームそのもので決めていましたが、デジタル補聴器の場合は、パソコンで調整する事により、ある程度自由に変えられるようになっています。この点が大きく変化しました。

ボリュームをパソコンで自由に操作できるようになると、ボリュームそのものをOFFにしたり(押しても効かなくなります)、ボリュームの上限を変化させたり(より大きくしたり、より小さくしたり)、さらには、ボリュームを下に下げる事のみ許可するなんて事もできます。この場合は、ボリュームを下に下げる動作をした時のみ、ボリュームが反応し、上げる動作をしてもボリュームは上がりません。こんな事までできるようになってきたのが、今の補聴器です。

なお、下に下げる事のみで上に上げられないと小さいままではないか?と心配になる方もいらっしゃいますが、今の補聴器は、電源を切れば、元の状態に戻ります。ですので、下げた状態で電源切った場合、元の下げる前の状態に戻ります。そのため、このような事もできるようになっています。もちろんこの技術は、ボリュームを操作しすぎて、よくわからなくなってしまった場合でも有効です。電源切れば、ボリュームを操作する前の状態に戻してくれます。

補聴器は、こんなところまで、進化してきました。このように進化する事で、今では、様々な事ができるようになっています。例えば、ボリュームをOFFにする事で、小さい児童が勝手に操作してしまう事のないように予防したり、音を大きくしすぎる傾向がある方には、ボリュームの上限を低くし、下に下げる上限は、普通の状態にしたり……と操作する事ができます。

ボリュームは、考え方一つで色々な風に変える事ができます。デジタルになって様々な事ができるようになったのは、大きな進化となります。

気になる事があれば、お願いしてみよう

ボリュームに関しては、上記のように色々と操作できるようになっています。不意にボリュームが動いてしまい、煩わしい、こんな風にしてくれたら良いかもしれないなどあれば、補聴器屋さんに相談してみてはいかがでしょうか。要望によっては、できない事もあるとは思いますが。「こんな風にできませんか?」と相談する事そのものは、悪い事ではありません。今現在の補聴器は、色々と操作できるようになっていますので、相談してみるのも一つの手になります。そして改善されれば、儲け物です。

これらの内容が身近な問題を改善させるヒントになれば、幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器で行える2つの操作と使う上で必要な3つの操作

リンク:補聴器のボリュームを上げても聞きやすくならない理由

リンク:補聴器の機能の一つ、自動プログラムはお勧めできる機能

リンク:補聴器の指向性機能の基本をまとめてみました

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧