補聴器を使う・慣れる

補聴器を使っている人は、どんな風に補聴器を使っている?

補聴器を使用する。と、考えた際、少し気になるのは、他の人は、どんな風に補聴器を使用しているのだろう?という部分です。

この点に関しては、データがないため、私が見る限り、というお話になってしまうのですが、聴力、すなわち、その人の聞こえにくさによって、結構、大きく変わってきます。

本当の意味で、補聴器がないと何も聞こえない。という方は、朝から晩まで、そのまま使用している方が多いですし、中等度くらいの人ですと、朝から使用して(仕事から使用して)、家についたら、外す。という方もいます。

意外に他の人がどう使用しているのか、気になる方もいるかと思いますので、あくまでも私が見ている範囲内で、記載していきます。

他の人は、補聴器をどう使用している?

こちらについては、

  • 補聴器を一日中使用している
  • 補聴器をほぼ一日中使用している
  • 仕事や困りやすい時だけ使用している

の三つがあります。

補聴器を一日中、使用している

こちらは、文字通り、補聴器を一日中使用しているケースです。

朝起きて、補聴器をつけ、夜寝る前まで、補聴器をしっかりつけて、生活している方です。

聞こえの程度が重い方や補聴器について、しっかり効果を感じている方は、文字通り、一日中、補聴器を耳につけているケースが多いですね。

補聴器をほぼ一日中、使用している

こちらは、朝起きて、仕事前ぐらいに補聴器をつけ、家についたら、補聴器を外す。といいうような、ほぼ一日中、使用しているケースです。

こちらは、中等度の聞こえにくさを持つ人ぐらいから、少し軽度の難聴の方に多く、家では、あまり困らないけれども、仕事や友人とお話する際に、困る。という方がそのような使い方をしているケースがあります。

使いたい時だけ使用する。という方より長く使用するため、少し異なるのですが、このような使い方をしている方もいます。

もちろん、家ですと、話す人がいない。という事で、外している方もいますので、使用する人の状況によって、変わってくる。というのが、実情です。

仕事の時だけ使用する、使いたい時だけ使用する

中には、仕事の時だけ使用する。使いたい時だけ使用する。という方もいます。

こちらは、軽度の難聴の方に多く、比較的、普段の生活の中では、聞こえていて、そこまで不自由を感じないけれども、仕事の時や困る機会があるため、その時だけ使用する。という使い方です。

軽度の難聴の場合、困るときは、困りますが、困らない時は、本当に困らないため、聞こえる時と聞こえないときの差が大きく出やすい傾向があります。

そのため、このような使い方をしている方もいます。

補聴器は、どう使うのが良い?

基本的に、使用できるなら、普段から補聴器は、使っておいたほうが良いです。

これは、軽度の難聴、中等度、重い難聴、関係ありません。

これは、私自身もそうですが、難聴の方は、自分がどのくらい聞こえていないのか。なかなか自分では、実感しにくい状態にあります。

そのため、いつ話されたり、もしくは、自分にとって聞こえていた方が良い音を聞けるようにするために、つけていた方が、生活は、ずっとしやすくなります。

家の中にいる時でも、ご家族といる場合は、補聴器をつけておいたほうが相手の方にとっても、自分にとっても、やりとりがしやすくなり、コミュニケーションがうまくいきやすくなることで、些細な行き違い。というのは、無くなります。

一人暮らしをしていて、話す人がいないケースは、家の中でも使用する必要があるか。と言われれば、使っていた方が、洗濯の際やチャイムの音が聞きやすくなり、やりっぱなし、居留守をしないでも済む。という利点はあります。

それが、ご自身にとって、どれほどの利点になるのか。と言われれば、人によって、異なるため、最終的に、使用する方法は、ご本人の自由になります。

ただ、使用してる私から言えるのは、使っていた方が、自分にとって、必要な音が、拾えるようになるため、生活は、グッとしやすくなる。ということですね。

まとめ

基本的に補聴器は、使用できるなら、ずっと使用しておいた方が良いです。

音は、聞こえないと存在していることに気がつかず、かつ、いつ、自分に対して、必要な音がするかは、わかりません。

そのため、補聴器を使い、周りの状態がわかるようにできるとベストですね。

補聴器の使い方に関しては、その人の状況によって、大きく変わります。

聞こえにくさのレベルが高い人ほど、本当の意味で、一日中、使っていることが多く、程度が軽い人ほど、部分、部分で使用する傾向が強くなります。

このように耳の状況によって、使い方は、異なりますが、できるのであれば、補聴器をずっと使用し、ご自身にとって必要な音は、理解できる、拾えるようにしておけると、生活は、しやすくなります。

このページに関連する内容

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...
補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...
補聴器の音に慣れてくると、どのように聞こえが変化するのか補聴器をつけると、色々な音が聞こえてきたり、機械的な音が聞こえてきたりし、一番初めは、少し違和感を感じがちです。 しかし、補聴器を...
補聴器の操作がスマホでできるようになった事の実際の評価結構前から、スマートフォンを通じて、補聴器の音量を操作したり、プログラム、という補聴器の中の音の状態を切り替えられるようになってきました...
補聴器を使う場合、耳掃除はした方がいい?という質問の答え耳掃除に関しては、月に一度行うか、毎日、お風呂上がりに耳の入り口を掃除するくらいで、大丈夫です。それよりも、耳鼻科さんで、年に一度見てもらったり、目詰まりした場合の対処方法などを知っておいた方が、快適に使いやすくなります。...
補聴器のボリューム機能とボリュームの注意点補聴器のボリューム機能とその注意点に関して、記載してみました。ボリュームは、音量を自分で可変できますので、補聴器の使いやすさに直結します。一方、効果が得にくい場面もありますので、注意が必要です。...
補聴器のプログラムスイッチ機能と使う上での注意点補聴器のプログラムスイッチに関する内容です。補聴器には、プログラムを組む事ができ、そのプログラムを切り替えるのが、プログラムスイッチです。その概要と注意点に関して、まとめてみました。...
補聴器の電池は、なくなりかけたらすぐに取り替えよう補聴器の電池は、なくなりかけるとアラーム音がします。仮にアラーム音が聞こえたら、すぐに交換する事が大切です。その理由に関して、まとめてみました。...
補聴器の状態を音で教えてくれるアラーム音とその調整方法補聴器には、音を切り替えたり、音を変えたりした際にアラーム音を使って、変化を教えてくれます。このようにしないと、実際に変わったかどうかを...
補聴器の力をさらに引き出す周辺機器まとめ補聴器には、補聴器にプラスα、別の機器を使う事で、さらに補聴器を活用できるものがあります。 その中で有名なのがFM機器、Roger...

補聴器に関する他の内容

8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめ軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お困りの方へ】聞こえのご相談、承っています。

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

補聴器を使っている人の視点で、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方がより良い生活が送れるよう、支援しています。

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

適切なご相談ができるよう時間をとってご対応させていただき(予約制)、補聴器のご説明から、日常生活〜職場で補聴器を試せるよう、補聴器の無料レンタルも行っています。

当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

お会いする機会がございましたら、よろしくお願い致します。

関連する記事
補聴器を使う・慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法

2018年12月6日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
補聴器をつけると、良くも悪くも色々な音が聞こえてくるようになります。 補聴器の付け始めは、様々な音が聞こえることで、びっくりすることも …
補聴器を使う・慣れる

補聴器の電池は、なくなりかけたらすぐに取り替えよう

2015年8月27日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
補聴器は、電池がなくなりかけると「電池がなくなりかけています」。とお知らせしてくれます。 たまにもったいないという事で、お知らせ音が聞 …
補聴器を使う・慣れる

補聴器を使う場合、耳掃除はした方がいい?という質問の答え

2016年9月28日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
補聴器を使う場合、心配になることの一つは、耳掃除ではないでしょうか。補聴器を使うのであれば、耳の掃除もしっかり行う必要があるのでは?。そのよ …