補聴器を使う・慣れる

補聴器を使う場合、耳掃除はした方がいい?という質問の答え

深井 順一|パートナーズ補聴器

補聴器による聞こえの改善は、聞こえの改善と補聴器のFAQ、にまとめています。また、個々の症状(症例)ごとの改善は、お客様の聞こえの改善事例にまとめています。

補聴器を使う場合、心配になることの一つは、耳掃除ではないでしょうか。補聴器を使うのであれば、耳の掃除もしっかり行う必要があるのでは?。そのように感じている方も、いるかと思います。

結論から記載しますと、耳掃除は、月に1度くらい行うか、お風呂上がりに、軽く耳の入り口を拭くくらいで大丈夫で、それ以外に、耳鼻科さんへ、半年〜一年に一度、耳をみてもらったり、補聴器で汚れやすい部分を自分でケアできるようになると、なお良しです。

こちらに関して、まとめていきます。

耳掃除は、やりすぎに注意

耳垢というと、汚いイメージがありますが、耳垢は、本来、耳の保湿を行なったり、細菌が繁殖しないようにしたりと、耳を守る役割をしています。

そのため、耳掃除のやりすぎは、かえって逆効果になり、耳垢が多い体質でもなければ、過剰にすることは、オススメしません。

冒頭に記載した通り、月に一度、掃除するくらいか、毎日、お風呂上がりに、軽く耳の入り口を綿棒で拭くくらいで、十分、綺麗にできます。

ゴリゴリ耳の中を掃除したり、力が強いと、耳の中を傷つけてしまうこともありますので、過剰に行うことは、あまり良いことではありません。

補聴器を快適に使うために

とはいえ、耳垢は、多いと、補聴器の音が伝わりにくくなったり、音が出なくなる要因にもなります。

快適に使うためには

  • 耳鼻科さんに半年から一年に一度、耳掃除をしてもらう
  • 補聴器の詰まりを自分で改善できるように

の2つができると、かなり快適に使えるようになります。

耳鼻科さんに半年から一年に一度、耳掃除をしてもらう

オススメなのは、耳鼻科さんに半年から一年に一度、耳掃除をしてもらう事です。

補聴器を使用すると、実は、耳垢は、耳にたまりやすくなります。

補聴器を使う場合、耳に何かしらつけますので、結果的に、耳に栓するような状態になり、本来であれば、自然に耳から出ていくものが、栓することにより、中にたまりやすくなります。

さらに補聴器をつける際、ある程度、耳せんを押し込んだり、耳の中に補聴器を入れるようになりますので、その分、耳垢が奥に行きやすい性質があります。

そのため、耳掃除では、意外にも取りづらく、かつ、無理に行うと、耳の中を痛めることがありますので、できれば、耳鼻科さんにとってもらうのが、理想です。

なお、耳掃除をすると、耳垢を奥に奥にと追いやりやすいため、その部分もあって、耳掃除は、一年に1度ほどは、いけると、耳垢が詰まって、聞こえづらい。ということを防ぎやすくなります。

補聴器の詰まりを自分で改善できるように

今現在の補聴器には、大抵のものに音が出る部分にフィルターがついています。

耳あな形の補聴器には、汚れが補聴器の奥にいかないようフィルターがつけられています。

耳あな形の補聴器には、汚れが補聴器の奥にいかないようフィルターがつけられています。

耳あな形補聴器ですと、この部分に

耳かけ形補聴器の一つ、RIC補聴器には、このように耳せんの先にフィルターがつけられています。

耳かけ形補聴器の一つ、RIC補聴器には、このように耳せんの先にフィルターがつけられています。

耳にかける補聴器ですと、この部分にフィルターがついています。

これらの補聴器は、そのフィルターの先に音を出すレシーバーがついており、耳垢の影響を最小限に抑えるために、フィルターがついていたりします。

しかし、ある程度、補聴器を使っていると、徐々に汚れがついてきて、その部分が詰まると、音が聞こえなくなってしまいます。

できれば、この部分の交換方法などは、お店の人に伺っておき、ご自身で交換できるようになると、その場で、改善できるようになりますので、聞きにくさに困ることは、少なくなります。

いくつかの製品には、上記のように耳の中に入れる部分が詰まることにより、聞きづらくなるものがあります。

そのような製品だった場合は、交換方法を覚えておくと、仮に聞きにくくなったとしても、すぐに改善させることができます。

まとめ

耳掃除に関しては、そこまで頻繁に行わなくて良く、月に一度くらいか、お風呂上がりに、軽く耳の入り口を拭くくらいで十分です。

あまりゴリゴリと掃除したり、回数を多くすると、耳の中を傷つけてしまったり、耳垢をかえって奥に追いやったりと、デメリットの部分が多くなることがあります。

そして、補聴器をつける場合、その性質上、どうしても、耳の奥に耳垢が溜まりやすくなってしまいますので、できれば、耳鼻科さんに年に一度くらいは、見てもらえると、良好です。

耳の奥で詰まってしまうと、自分で取り出すのは、困難で、さらに取り出そうとすると、耳を傷つける可能性が高くなったり、より状況が悪化することがあります。

そのような事がないよう、定期的に見てもらえるようにしておけると、かなり良い状態で使い続ける事ができます。

このページに関連する内容

https://l-s-b.org/2018/12/use-a-hearing-aid-smoothly/

https://l-s-b.org/2018/12/getting-used-to-hearing-aids/

https://l-s-b.org/2015/02/get-used-to-hearing-aid/

https://l-s-b.org/2018/12/how-do-you-use-hearing-aids/

https://l-s-b.org/2018/12/operate-with-smartphone/

https://l-s-b.org/2015/08/volume-hearing-aid/

https://l-s-b.org/2015/09/program-hearing-aid/

https://l-s-b.org/2015/08/replace-hearing-aid-battery/

https://l-s-b.org/2016/08/various-alarm/

https://l-s-b.org/2015/03/peripheral-equipment/

補聴器に関する他の内容

https://l-s-b.org/hearing-ability-improvement-summary/

基本的な改善思考

https://l-s-b.org/2018/10/basics-of-improvement-hearing-aid/

https://l-s-b.org/2018/09/an-idea-of-improvement/

補聴器の形状

https://l-s-b.org/2018/10/shape-and-feature-of-hearing-aid/

補聴器の性能

https://l-s-b.org/2018/10/basics-of-hearing-aid-performance/

補聴器の調整

https://l-s-b.org/2018/10/adjust-the-hearing-aid/

補聴器の適正

https://l-s-b.org/2014/10/measure-hearing-aid/

補聴器の効果を上げる思考

https://l-s-b.org/2019/06/environmental-arrangement/

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

https://l-s-b.org/2018/12/use-a-hearing-aid-smoothly/

補聴器に慣れる

https://l-s-b.org/2018/12/getting-used-to-hearing-aids/

耳が痛くなる場合は?

https://l-s-b.org/2018/12/i-feel-pain-in-my-ears/

耳から外れる場合は?

https://l-s-b.org/2018/10/to-improve-out-of-ears/

大きい音が辛い

https://l-s-b.org/2016/07/relieve-sound/

補聴器がハウリングする

https://l-s-b.org/2018/10/harrowing-countermeasures/

ABOUT ME
深井 順一|パートナーズ補聴器
深井 順一|パートナーズ補聴器
補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店・代表
1986年7月1日生まれ。生まれつき難聴で小学2年生の頃から補聴器を使っています。私自身が生まれつきの難聴者で、補聴器を使っている当事者であること。ここを活かして、お客様に貢献できるお店を目指しています。
記事URLをコピーしました