補聴器のFAQ

【重要】片耳のみ難聴(一側制難聴)を補聴器で改善するには?

片耳難聴の場合、どのようにして、補聴器で聞こえを改善していければ良いのでしょうか。

こちらに関しては、結論からいいますと、聴力低下した耳側が補聴器で補えるのであれば、一般的な補聴器を使って、聞こえにくくなった耳を改善し、

仮に聴力低下した耳側が補聴器では、補えないほどのレベルだった場合は、クロス補聴器と呼ばれる、聞こえる耳側に音を転送して聞こえを改善する補聴器で、改善できると良いです。

片耳のみ難聴の方の場合、耳の状況によって、改善する方法が異なりますので、こちらでは、その点に関して、まとめていきます。

片耳難聴を補聴器で改善する方法

冒頭の通り、片耳のみ難聴の方の場合、

  • 低下した耳側が補聴器で補える場合は、補聴器
  • 補えない場合は、クロス補聴器

という2つの方法があります。

低下した耳側が補聴器で補える場合は、基本的に一般的な補聴器で改善していきます。

基本的には、ここの範囲内に入る聴力が対象です。これを超えると、超えるほど、補聴器による改善効果は、薄くなります。

聴力としては、だいたい70dB以内が対象になり、これより、聴力低下が大きくなると、低下した耳側に補聴器をつけても、効果を感じづらくなります。

このような聴力の場合は、基本的に低下した耳側に一般的な補聴器を装用して、聞こえを改善していくのがベストです。

クロス補聴器とは、音を転送するクロスと補聴器の2つを合わせた機器です。

一方、クロス補聴器。という少し特殊な補聴器もあります。

こちらを使うケースは、片耳の聴力低下が非常に大きく、補聴器を装用しても、ほぼ効果が見込めない場合が対象になります。

このようなケースでは、低下した耳に音を入れても、ほとんど聞こえの改善効果が得られないため、聞こえなくなった耳側で音を聞くのではなく、聞こえない耳側の音を聞こえる耳側に音を転送して、聞こえを改善します。

このようなやり方で、聞こえを改善するのが、クロス補聴器です。

仕組みとしては、聞こえる耳側には、補聴器を装用し、聞こえない耳側には、音を転送するクロス。と呼ばれる機器を使います。

そうする事で、クロスに入った音を補聴器に送り、聞こえない耳側の音を聞けるようにします。

簡単にいいますと、聞こえない耳側に音の転送機を置いて、常時、聞こえる耳側に音を送るようにしている。という事ですね。

改善を理解するポイントは?

改善を理解するポイントは、補聴器は、どんな難聴の方の状況もたちまちよくできる訳では、ない点です。

もしかしたら、このページを見ている方の中には、聴力が非常に低下してしまい、「補聴器で改善できますか?」とお医者さんに質問した事がある方もいるかもしれません。

その際「補聴器は残念ながら改善の効果がない」という風に言われたと思うのですが、それは、正解です。

まず、上記に記載した通り、仮に片方のみ難聴の方の場合、補聴器を装用して、聞こえの改善ができる聴力というのは、せいぜい70dBぐらいまでです。

できれば、60dBまでで抑えられていると良く、70dBより、下がると下がるほど、改善効果は、下がります。

70dBより聴力が下がると、片耳が聞こえているため、仮に補う事で、聞こえは、数値的に改善されたとしても、片耳の聞こえが良いため、その耳で、ほとんど聞いてしまいます。

補聴器の聞こえの改善値というのは、基本的に聴力によって、左右されます。

聴力低下が軽ければ、それだけ、改善はしやすいのですが、逆に聴力低下が大きくなりすぎてしまうと、改善値は、下がりやすくなります。

補聴器は、残念ながら、どのような難聴の方にも効果があり、かつ、聞こえるようにしてくれる訳ではありません。

特に片方のみ難聴の方の場合は、それが色濃く出る傾向があります。

まとめ

片耳のみ難聴の方の場合、耳の状況によって、大きく改善する方法が異なります。

聴力低下した耳側が補聴器で補える範囲内であれば、補聴器を使った方がよく、仮に補えない、何らかの理由により、改善ができない場合は、クロス補聴器で、改善すると良かったりします。

大事なポイントは、どんな聴力の方でも、補聴器は、聞こえを補える訳ではない事です。

そのことから、聴力や耳の状況によって、変わります。

無理に合わない方法で改善しても、聞こえの改善には、繋がりにくくなりますので、その点にご注意ください。

関連する記事