【複数の人との会話もわかるように】左右で聴力が異なる方、バイクロス補聴器で改善しました


60代、女性。原因不明の感音性難聴によって聞きにくくなった方で、左右の聴力が異なる方より、聞きにくさの改善の依頼をいただきました。

状況としてですが、補聴器は、既に使用されており、特に聞こえにくい左側からの音がわからず、かつ、左側に補聴器をすると、辛くなってしまう。という状況でした。

耳の状況や補聴器の状況を把握した上で、少し特殊なバイクロス補聴器というもので改善していくのですが、その結果

  • 今まで左から話されてもわからなかった話がわかるようになった
  • 友人と囲んでお話しする際は、わかることが増え、会話も増えた
  • 周りに人がいる状況下でもわかることが増えた

との事でした。現状をより良くでき、こちらとしては、何よりです。

では、どのようにして改善していったのでしょうか。こちらについて記載していきます。

お客様の状況

まず、お客様の状況ですが

  • お名前:R・Tさん
  • 年齢:60代
  • 性別:女性
  • 聴力:右耳、軽・中等度難聴、左側、中・高度難聴
  • 症状:原因不明の感音性難聴
  • 備考:補聴器は、他店で購入済み。今回は、買い替え相談
  • 備考:聴力は、どちらも高音急墜型に近い状態

となります。

聴力は、このようになります。左右の聴力が異なることに加え、中音域あたりから、急激に落ち、高い音になると、なるほど、聞きにくくなる状況でした。

耳の状況ですが、60歳頃から聞きにくくなり、聞きにくさを感じた後に病院にかかるものの治療はできず、原因不明の感音性難聴という状況でした。

いまいち原因がわからず、最近は、落ち着いているようですが、当時は、聴力に関して下がったり、上がったりし、何度か、聴力の変動を経験し、今現在に至っています。

聞きにくくなった後に補聴器を装用するものの、特に左側については、つけても聞こえにくく、かつ、つけると音の響き(音が割れる感覚)が辛くなってしまったり、装用しない方が良いなど、なかなか補聴器に関して、合うことは、ありませんでした。

その状況では、特に複数の方とお話しする際に聞きにくさを感じやすくなったり、左側に人がきたりすると、急に聞きにくくなってしまうため、この状況に関して、改善したい。との事でした。

という事で、こちらの状況に関して、改善していくこととなります。

現状の改善案

さて、改善していくにあたり、

  • 現状の把握
  • そこから考える改善案
  • 補聴器の聞こえ、効果を出すために

の3つに関して、記載していきます。

現状の把握

さて、聞きにくさの改善をしていくにあたり、はじめにするのは、現状の把握になります。耳の状況から、補聴器の状況に関して、一通り、状況の把握を行い、どのようにしていったら改善できるかを考えていきます。

聴力については、上記に乗せた通りになりますので、次は、言葉を聞かせた際に、どのように理解できるか。を調べる測定(語音明瞭度測定と言います)を調べていきます。

耳の世界には、音声をどのくらい理解できるのか。を調べる測定があります。こちらを行うと、補聴器の適正や補聴器を使用することで、耳の状況を改善しやすいか。という部分をある程度、理解することができます。

耳の世界には、音声をどのくらい理解できるのか。を調べる測定があります。こちらを行うと、補聴器の適正や補聴器を使用することで、耳の状況を改善しやすいか。という部分をある程度、理解することができます。

左右の聴力が異なる場合、音を大きく入れたとしても、言葉の理解に繋がらない耳が一定の確率で存在しており、耳の状況がどのようになっているのかをまず、把握していきます。

縦軸が正解数。横軸が音の大きさ。左側は、音を大きくしても理解できる感覚はなく、かなり厳しい状況でした。判断する場合は、数値も重要ですが、実際に受けて見て、どう感じたか。理解できる感覚なのか、基本的に何をいっているのかさっぱりな状況なのか。その感覚も大切になります。

縦軸が正解数。横軸が音の大きさ。左側は、音を大きくしても理解できる感覚はなく、かなり厳しい状況でした。判断する場合は、数値も重要ですが、実際に受けて見て、どう感じたか。理解できる感覚なのか、基本的に何をいっているのかさっぱりな状況なのか。その感覚も大切になります。

その結果が上記の結果になるのですが、右側は、音を大きく入れることにより、音声の理解度がある程度あるのに対し、左側に関しては、あまり伸びず、R・Tさんもあまり聞こえている感覚は、ないようでした。

こちらは、音場閾値測定というもの。聴力検査の補聴器版で、上に行くと行くほど、聞こえやすく、横軸は、音の高さを表します。

こちらは、音場閾値測定というもの。聴力検査の補聴器版で、上に行くと行くほど、聞こえやすく、横軸は、音の高さを表します。が右のみ補聴器使用。が右のみの補聴器なし。が左のみの補聴器あり、が左のみの補聴器なし。

次は、補聴器の状況に関して把握していきます。補聴器については、音がどのように聞こえているのかの測定、音場閾値測定を行い、状況を可視化して行きます。

その結果が上記の内容になるのですが、このままだと少しわかりづらいので、それぞれの聴力別にどれほど、入っていると良いのか。という比較を入れていきます。

▲は、補聴器を装用した時に改善できていると良いおおよその数値。右側は、だいたい35dBから30dBくらいになります。

は、補聴器を装用した時に改善できていると良いおおよその数値。右側は、だいたい35dBから30dBくらいになります。

聞こえが良い右側は、このようになります。

こちらは、左側のみの状態。▲の位置が左側における改善目標値です。〜2000Hzあたりまでは、40〜45dBくらいが目安になります。

こちらは、左側のみの状態。の位置が左側における改善目標値です。〜2000Hzあたりまでは、40〜45dBくらいが目安になります。

そして、左側は、このようになります。

右側は、一部、改善目標となる部分まで改善できているのですが、補聴器で聞こえを改善させているのに関わらず、補聴器なしと変わらないところも一部あり、かつ、少し足りない部分もあります。

左側に関しては、全体的に足りていない状況でした。

そのため、補聴器の状態に関して、R・Tさんにお伺いすることになるのですが、右側は、それなりに良いものの、左側は、音を大きくすると、響きがかなり強くなってしまい、装用するのも辛くなってしまう。という状況でした。

そのため、左側は、抑えめにして使用しており、そのせいか、ほとんど効果を感じない状況のようで、つけてもつけなくても変わらない。むしろ、つけると響きが強くなる分、少しマイナスになる。という状況のようでした。

なお、左側に関しては、かれこれ5、6年ほど調整し続けており、一向に良くなる気配も感じないとのことでした。

こちらは、補聴器内部の設定。取り扱っている補聴器メーカーでしたので、内部も拝見。

こちらは、補聴器内部の設定。取り扱っている補聴器メーカーでしたので、内部も拝見。

次は、補聴器の内部設定を見ていきます。幸いにも、私のところで扱っているフォナックの補聴器でしたので、内部の設定まで見ることができました。

これは、補聴器の状態を示しているのですが、ここで比較するのは、聴力から出している改善目標値と現状の値です。

状況の良し悪しを判断する場合、必ず現状の状態と比較するものが必要です。上記の場合は、実際に出ている数値と聴力ごとに必要になる音の大きさを比較する事で、良し悪しを判断しています。

状況の良し悪しを判断する場合、必ず現状の状態と比較するものが必要です。上記の場合は、実際に出ている数値と聴力ごとに必要になる音の大きさを比較する事で、良し悪しを判断しています。

補聴器のソフトには、大抵、聴力ごとにどのくらい改善していると良いか。を示す数値が振ってあり、現状、どのくらい改善できているのか。そして、どのくらいあげられると良いか。という部分を見れるようになっています。

注目するのは、特に左側になります。左側に関しては、聴力目標値より、現状値がかなり下になっています。この状態で、響きを感じる。もしくは、つけると辛い。となりますと、補聴器で聞こえを改善させる。という点に関しては、かなり厳しい状況であることがわかります。

そこから考える改善案

いくつか、耳や補聴器の状況を確認させていただき、私の方で、考えたのは、左右の耳を補聴器で補う。というよりも、バイクロス補聴器で改善した方が良い結果になるのではないか。という事です。

その理由は

  • 左側は、明瞭度が低い
  • 補聴器で補ったものの全く効果を発揮しなかった
  • 今感じている聞きにくさは、左側から話されたり、複数の人とのお話しなど

の3つがあります。

特に補聴器に関しては、音量が足りなかったというよりも入れようとしても、耳が受け付けず、入れられなかった。という状況でしたので、無理に同じ方法で改善させても仕方がない。と考えました。

また、左側からの聞きにくさを感じている。というところもあり、この3つの特徴を見た上での判断が、バイクロス補聴器での改善です。

バイクロスの聞こえのイメージ。R・Tさんの場合は、左側にクロスをのせ、右側に補聴器を乗せることで、左にきた音を右側に送ることで、左側の音も理解することができるようになります。

バイクロスの聞こえのイメージ。R・Tさんの場合は、左側にクロスをのせ、右側に補聴器を乗せることで、左にきた音を右側に送ることで、左側の音も理解することができるようになります。

バイクロス補聴器とは、まだ聞こえやすい耳側に補聴器をのせ、聞こえを改善できない耳側には、クロスという音の転送機をのせる事で、聞こえない耳側からくる音を常時、聞こえる耳側へ転送する補聴器です。

かなり特殊な補聴器ではあるのですが、見た目は、補聴器そのもので、全く同じになります。

バイクロスで改善できるところ。特に①と③のところは、よくなりやすい。

バイクロスで改善できるところ。特に①と③のところは、よくなりやすい。

このようにできると、特に左側からの呼びかけや複数人がいる際の会話などは、わかりやすくなり、改善しやすくなります。

ただ、一つだけ欠点があり、それは、音の方向感覚がわかりづらい事です。

聴力を見て見ますと、幸いにも、低い音は、聞こえており、この部分に関しては、音の方向感覚は、わかるようでした。

しかし、聴力通り、音が高くなるにつれ、音の方向感覚はわかりづらく、例えば、高い音であるアラーム系の音(例えばタイマーなど)、そのようなものは、どこから鳴っているのかはわかりづらい状況でした。

聞こえの改善をしていくために、こちらで改善していく事になります。

バイクロス補聴器に関する補足①
バイクロス補聴器は、かなり特殊な補聴器になりますので、実際に上記のような条件が当てはまる方の場合、一度、試してみて、ご自身に適するか確認した方が良い補聴器です。片耳で全て聞くことになるのですが、特に今まで両耳で聞いていたようなケースでは、違和感を感じやすい傾向があり、聞こえは良くても、違和感が強く、使いづらいと感じるケースをいくつか経験しています。そのため、基本的には、試聴してみて、使えるかどうかを確認することをオススメします。

バイクロス補聴器で改善させる際に効果を出すためには

ここで少し補足なのですが、バイクロス補聴器で効果を出すためのポイントに関して、記載していきます。

基本的に補聴器は、聴力ごとにどこまで補えると良いかの数値がある程度、決まっています。そこまで改善させることが聞こえを改善させる上で、最も重要になります。

基本的に補聴器は、聴力ごとにどこまで補えると良いかの数値がある程度、決まっています。そこまで改善させることが聞こえを改善させる上で、最も重要になります。

基本的に補聴器は、聞こえの改善値が聞こえの8割ほどをしめ、形状の違い、性能の違い等は確かにあるのですが、低下してしまった聞こえの部分を改善目標値まで改善させることが、最も改善に貢献します。

▲が右のみつけている状態。▲が補聴器を装用した状態での目標値。△が補聴器なしの状態(右のみ)。それぞれの状態がわかると、状況の把握もしやすくなる。

が右のみつけている状態。が補聴器を装用した状態での目標値。△が補聴器なしの状態(右のみ)。それぞれの状態がわかると、状況の把握もしやすくなる。

R・Tさんの場合は、上記の通りで、改善値は、おおよそ、平均35dBくらいになります。この数値くらいまで改善できると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

補聴器に慣れている方やもう少し改善できそうな方だと、30dB付近まで改善できることもありますが、音は、大きくなれば、なるほど、周囲の音も入りやすくなるため、その部分は、聞こえを改善させるか、快適性を優先するか。この2つのうち、どちらかになります。

どちらにしても、聴力からどのくらい改善できると良いのか。というところは、改善する上での基礎となりますので、この部分を理解しながら、実際に補聴器を調整し、その部分までできれば改善させることが望ましいです。

だからと言い、無理に音を大きくすることは、避けるべきですが、使える範囲内なら、しっかりと補う。このようにできると、聞きにくさは、改善しやすくなります。

それでも、耳が治るというところまでは行かないのですが、改善されることにより、できること、聞きやすくなること、そして、聞きにくさに対するご自身の不安なども変わってきます。

実際に行なった対応

さて、ここからは、実際に行なった対応について載せていきます。

  • 初回の対応
  • バイクロス補聴器の形状選定
  • 補聴器の最終調整

の3つに関して、記載していきます。

初回の対応

初回の対応ですが、各耳の状況を把握し、どのような状況なのか。どこに聞きにくさの原因があるのか。その点について調べていきました。

そして、上記の改善案の通りではありますが、こちらの内容をお伝えしました。その後、バイクロス補聴器で改善していくことになります。

バイクロス補聴器には、いくつか種類があり、それぞれ特徴も異なります。中央のものは、もうすぐ販売中止(2018年9月末までの販売)になるのでオススメしません。

バイクロス補聴器には、いくつか種類があり、それぞれ特徴も異なります。中央のものは、もうすぐ販売中止(2018年9月末までの販売)になるのでオススメしません。

バイクロス補聴器には、いくつか形状があり、

このような耳にかけるタイプ

耳の穴の中に入れるタイプがあります。

耳の中に入れるタイプは、耳の型をとり、その人のように製作しなければなりませんので、初回時には、試すことができません。

そのため、初めは、まず、バイクロス補聴器でそもそもの問題として、聞きやすくなるのか。そして、どんなものなのかを耳かけ形のタイプで試していただくことになります。

バイクロス調整後の測定結果。目標値付近まであげるようにしたが、いくつか上がりきらなかった部分もあり。

バイクロス調整後の測定結果。目標値付近まであげるようにしたが、いくつか上がりきらなかった部分もあり。

音の設定は、このようになります。

わかりやすくすると、このように。▲が改善目標値、▲が実際の数値。

わかりやすくすると、このように。が改善目標値、▲が実際の数値。

それなりに改善するようにしたのですが、一部は、目標値までいき、いくつか、それ未満のところもあります。

お店で聞いていただく分では、今まで聞こえなかった耳側(実際には、聞こえなかったというよりも理解がかなりしづらかった)でも、話がわかるようになり、感覚としては、良いようでした。

このまま日常生活上で使用していただくために試聴、貸出していくことになります。

幾日か使用していただいたところ

  • 今までわかりづらかった左側からの話もわかる事が多くなった
  • 友人と囲んでお話しする際でも、あることにより、よく聞こえるようになった

との事でした。

特に変化が大きかったのは、聞こえない側から話されたり、ふとした時に聞こえない側から呼ばれた時などで、このような時は、わかる事が多くなり、よくなった。との事でした。

また、知人や友人と囲んでお話しする際や趣味などで集まる会などでも、聞きやすくなり、かつ、聞こえる耳側にずっと人がいるように位置をキープしなくても、ある程度、わかるようになった事で、負担も楽になっているようでした。

懸念していたのは、バイクロス補聴器の特殊性で、今まで、片耳でずっと聞いていたせいか、あまりバイクロスにしても、違和感を感じないようでした。

上記のように左右で耳の状態が異なり、それでも両耳に使用されている場合は、バイクロス補聴器にすると、違和感を強く感じる事があるのですが、それはなく、そこも良い事がわかりました。

という事で、こちらで聞きにくさをより改善させていくことになります。

バイクロス補聴器の形状選定

バイクロス補聴器には、上記の通り、いくつか形状があります。

その違いは、上記の通りで、

改善度のイメージは、このような感じ。耳かけ形は、聞こえない側からの音、音声の改善が優れている代わりに騒がしいところでの話が少し邪魔されやすい傾向がある。

改善度のイメージは、このような感じ。耳かけ形は、聞こえない側からの音、音声の改善が優れている代わりに騒がしいところでの話が少し邪魔されやすい傾向がある。会議が多い方や聞こえない側からよく話され、困りやすい人にオススメ。

聞こえの部分が、耳かけ形は、このようになり

耳あな型の方は、全体的に改善できる傾向があるが、どちらかというと、騒がしい中での聞こえは、まだこちらの方が良いという方が多い。

耳あな型の方は、全体的に改善できる傾向があるが、どちらかというと、騒がしい中での聞こえは、まだこちらの方が良いという方が多い。

耳あな型は、このようになる傾向があります。

形状に関しては、聞こえの部分と使用感。この2つが出てきます。使用感とは、実際に補聴器を使用した時に、どう感じるか。というところです。

例えば、耳あな形の場合、耳の型を採取し、その方にあった補聴器をオーダーメイドで作るのですが、そのようにすると、耳を塞ぐことになり、自分の声がより大きく聞こえるようになったり、低く響いて聞こえるようになったりします。食事の際の噛む音なども大きくなり、一部の方は、結構な不快感になったりします。

一方、耳かけ形は、耳を塞がない構造になっているため、そのような感覚はなく、自然に使える。という特徴があります。

R・Tさんと相談して、形状に関して決めていくのですが、結果は、耳にかけるタイプになりました。元々、耳あな形を使用されていたのですが、ご自身の声がこもって聞こえる、低く響いて聞こえる。という感覚を常に感じており、この感覚は、ないほうが快適に使用できる。となったためです。

という事で、こちらで、さらに改善していきます。

補聴器の最終調整

形状も決まり、さらに調整について煮詰めています。

わかりやすくすると、このように。▲が改善目標値、▲が実際の数値。

今までの状態は、このような状況でした。もしできるのであれば、足りない部分だけ、もう少し改善したいところです。

先ほどの数値より、さらに改善。なぜか500Hzのところが大きくなっているが、ご本人的には、そんなに大きくなった感覚はなく、全然使用できる範囲内とのこと。

先ほどの数値より、さらに改善。なぜか500Hzのところが大きくなっているが、ご本人的には、そんなに大きくなった感覚はなく、全然使用できる範囲内とのこと。

そのため、実際にその部分に関しては、そのまま改善させることになります。

補聴器をつけることにより、どのように理解できているのか。を調べる測定も実施。結果としては、それなりに良い結果に。実際に効果が大きいのは、聞こえなかった左側で、これと同等くらいにまで改善できていることを考えると、バイクロス補聴器にすることで、改善できた例としては、それなりに良いケース。

補聴器をつけることにより、どのように理解できているのか。を調べる測定も実施。結果としては、それなりに良い結果に。実際に効果が大きいのは、聞こえなかった左側で、これと同等くらいにまで改善できていることを考えると、バイクロス補聴器にすることで、改善できた例としては、それなりに良いケース。

補聴器の世界には、補聴器を装用したまま言葉の聞こえに関して調べる測定があるのですが、それに関しても、それなりの結果になりました。

使用感覚としても、そこまで大きく感じることはなく、使用に問題ないようでしたので、このくらい音を入れ、一旦、終了となります。

今現在は、この状態で、ずっと使用されています。

お客様の声

実際にこちらへご相談になってどうだったのか。その声に関しても記載していきます。

どのような事でお悩みでしたか

実際に改善をご相談されていかがだったでしょうか?

このお店でご相談(購入)されたのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

今まで左側が聞きにくく、そちら側からの聞きにくさに関して、改善させることができ、何よりです。

また、別のお店では、行くごとに異なる人が対応し、人により行っていることが異なったり、以前言っていたことが伝わっていなかったりして、意思疎通も苦労されていたようですが、こちらは、良くも悪くも私のみになりますので、状況を把握した上で、ご説明しつつ、改善させていただきました。

そのおかげか、人と会った際も、左側が聞きにくいことで今まで、なかなか囲んでお話しする際に聞きにくくなってしまったり、話づらかったことが多かったようですが、今現在は、あまり気にせず、お話しもできるようになってきたとのことでした。

人とお会いする機会がかなり多いようでしたので、その分、改善できたことによる聞こえの効果やあると良い状態に関しては、感じれたかと思います。

少し変わった補聴器ですので、試しながら改善していき、より良くすることができました。この度は、本当にありがとうございました。

R・Tさんの改善のポイント

実際に対応させていただき、改善のポイントとなったところについてまとめていきます。R・Tさんの場合は、

  • 耳の状況からバイクロス補聴器で改善させたこと
  • 補聴器の音を補う量も目標値まで入れられたこと

の2点になります。

耳の状況からバイクロス補聴器で改善させたこと

はじめに耳の状況から補聴器の状況まで見させていただき、特に聞こえにくい側に関しては、補聴器で改善できる可能性が低いことから、補聴器で無理に補うのではなく、バイクロス。という特殊な補い方に変えました。

バイクロス補聴器の特徴は、片耳は、補聴器で補えても、もう片耳は何らかの理由により、補えなかったり、そもそも補聴器を使用できるような耳ではない場合に有効な補聴器です。

実際には、そのような耳に有効というよりも、音を入れても改善できないため、もうその方法しか改善ができない。というのが実際の状況を表しているのですが、現状を把握した上で、このように判断していきました。

注意点として、上記にも載せましたが、バイクロス補聴器は、少し聞こえ方が特殊なので、実際に使っていて、違和感は、感じないのか。使えそうか。というところは、見ながらやっていった方が良い機器ではあります。

補聴器の音を補う量も目標値まで入れられたこと

2つ目は、こちらです。いくら、バイクロスの方がいいとしても、補聴器での改善目標値まで改善、もしくは、その付近まで、改善できなければ、聞きにくいままになります。

こちらに関しては、上記の通り、補聴器の調整をしつつ、実際の状況を測定を通じて把握し、少しずつ調整し、目標の数値まで入れることができました。

補聴器の聞こえには、色々な要素が関わりますが、聞こえを改善させる場合、一番重要になるのは、この点です。しっかりと自分に必要な音を入れることができれば、補聴器の力を引き出すことにつながり、聞きにくさの改善もそれに伴いできるようになってきます。

それをしても、聞きにくいところがでてくるのは、申し訳ないのですが、このようにすることで、なるべく聞きにくさを減らすことができます。

改善のまとめ

さて、R・Tさんのケースに関して記載してみました。上記の通り、耳の状況を把握した上で、どのようにしたら改善できるのか。その点を考えながら、改善していきました。

特殊な補聴器を使用することもあり、試聴を通じながら、改善していき、今まで聞きにくさを感じていた部分でより良くすることができました。こちらとしては何よりです。

特によかったなと思うのは、趣味の集まりがあるのですが、そこでのお話がわかりづらかったのが、わかりやすくなり、少しずつ、自信を取り戻していったことでしょうか。

聞きにくいとどうしても自信がなくなりやすく、少しの事で落ち込んでしまったり、悩んでしまう。ということが少なからず、起こりやすくなります。

そうではなく、聞きやすくなることにより、それをあまり感じなくなったり、楽しめることが増えるようになった事は、すごくよかった事なのかなと思います。

確かにそこまでしても、耳を治す事はできないかもしれません。しかし、然るべきことをすれば、それなりに改善させる事は、できるようになります。

こちらがお悩みの方の参考になれば幸いです。