補聴器の調整

補聴器におけるベント(空気穴)の概要と注意点

補聴器には、ベントと呼ばれる空気穴を設けることがあります。この空気穴は、耳を塞いだ時に生じるこもった感覚、閉塞した感覚を軽減してくれるもので、適量で使えると、快適性をあげることができます。

しかし、こちらは、あまりにも空けすぎると、補聴器の効果が薄れてしまう。という大きなデメリットもあります。

そのため、あくまでも適量で使うのが、大切です。

こちらでは、ベントに関して、まとめていきます。

ベントとは

ベントとは、冒頭の通り、空気穴の事です。

ベントは、特に耳あな形補聴器やイヤモールドといった耳の形を採取して作る製品によく用いられます。ベントは、特に耳あな形補聴器やイヤモールドといった耳の形を採取して作る製品によく用いられます。

上記のような写真のように主に耳あな形の補聴器、イヤモールドにつけられるもので、この穴が空いていると、耳を塞いだ際に起こりやすいこもった感覚、自分の声が大きく聞こえる感覚、これらを軽減してくれます。

ベントは、特に耳あな形補聴器やイヤモールドといった耳の形を採取して作る製品によく用いられます。補聴器をつけることのデメリットの一つは、耳を塞いでしまうことです。耳を塞ぐと、自分の声が内側で大きく響くようになったり、聞こえてくる音が低く唸るような音に聞こえてきたりと、あまり良いことが起こりません。それらを改善させるために作られたのが、ベントです。

補聴器は、耳を塞いで使うものですので、どうしても、自分の声が低くこもった感覚に感じてしまったり、自分の声が内側で大きく聞こえる、響いて聞こえる感覚があります。

そのような感覚を軽減させるのが、ベントになります。

私自身も補聴器を使用していますが、ベントで少し穴を開けています。そのようにすることで、低く響く感覚が軽減され、すっきりとした聞こえに感じます。

ベントの欠点

ベントの欠点は、やりすぎてしまうと

  • 補聴器の効果が薄れる
  • ハウリングが起こりやすくなる

の2つが起こりやすくなる事です。

ベントを開けるということは、音を外に逃がすことを意味し、補聴器の効果が薄れたり、ハウリングが起こりやすくなり、使いづらくなってしまいます。

補聴器の効果が薄れる

ベントを過剰に開けることのデメリットは、補聴器の効果が薄れることです。

今現在、補聴器は、聴力別に改善できると良い部分というのがわかってきているのですが、あまりにもベントを空けてしまうと、仮にそこまで、音を出しても、その音が、直接、耳に伝わりづらくなり、聞こえの改善がしづらくなります。今現在、補聴器は、聴力別に改善できると良い部分というのがわかってきているのですが、あまりにもベントを空けてしまうと、仮にそこまで、音を出しても、その音が、直接、耳に伝わりづらくなり、聞こえの改善がしづらくなります。

補聴器は、基本的に聴力別に補えると良い部分まで、しっかりと音を補うことで、聞きにくさを改善していきます。

補聴器を使用した時に起こりやすい事は、上記の通り、耳を塞ぎますので、自分の声が内側で大きく聞こえたり、こもった感覚で音が聞こえてしまう事です。

その際、先ほどの感覚を軽減する事に力を注いでしまうと、ベントを大きくすることになり、結果的に、補聴器の聞こえまで、薄くなります。

ベントは、音を逃がす働きがあります。それは、音を逃がすことによって、不快感が軽減されるのも逃がすことによるものですし、逃がしすぎると、音が、耳に伝わりづらくなり、聞こえの改善は、しづらくなるのも、音を逃がすことによるものです。

ハウリングが起こりやすくなる

もう一つの欠点は、ハウリングが起こりやすくなる事です。

ハウリングとは、補聴器が出した音を補聴器が拾う事で、ピーっ!となる現象の事です。

この音は、結構、大きい音で、ハウリングがしていると、自分も含めて、周りの方も気がつき、高い音がするため、少々、うっとうしく感じます。

ハウリングは、耳がしっかり塞がれておらず、補聴器から出た音を補聴器が拾うことによって、起こっていることが大半です。

ベントを開けることによって、ハウリングもしやすくなり、かつ、ハウリングがしやすいと、これもまた、音を補いづらくなります。

今現在の補聴器は、ハウリングを調べ、その直前までで音を止めるようにしています。ハウリングしていると、満足に補聴器を使えないためです。今現在の補聴器は、ハウリングを調べ、その直前までで音を止めるようにしています。ハウリングしていると、満足に補聴器を使えないためです。

今現在、補聴器の調整では、ハウリングがしていても、ハウリングキャンセラーというものを使うことによって、ハウリングを抑えられるようになっています。

音が抜ける量が多いと、こちらのように、明らかに音が下がり、それ以上、聞こえを改善させることができなくなってしまいます。その点に注意です。音が抜ける量が多いと、こちらのように、明らかに音が下がり、それ以上、聞こえを改善させることができなくなってしまいます。その点に注意です。

しかし、このハウリングキャンセラーは、ハウリングこそ止めてくれるのですが、あまりにも抜ける音の量が多いと上記の通り、音を抑えてしまうことで、聴力を補うのに必要な数値まで、改善させることができ無くなってしまいます。

その結果、必要とする音量まで、あげられなかったり、必要とする音量まで、補えなければ、それだけ、聞きにくさも出やすくなってしまいます。

ハウリングがしやすいと、このような欠点もあります。

やりすぎに注意

あくまでもベントは、適量を行うのであれば、非常に良いものです。

自分の耳の閉塞感、自分の声の大きさを抑え、かつ、すっきりとした聞こえにしてくれます。

しかし、ご自身の声が気になる。ということで、あまりにもベントを大きく開けたり、補聴器自体を緩く作ったりすると、音がしっかり伝わらなくなったり、ハウリングしやすくなり、結果的に、聞こえを補いづらくなります。

この点は、実際の状況によって、変わってきてしまうのですが、表現すると、このようになります。

こちらは、あくまでも、私の感覚ですが、自分の声が少し大きい程度で、かつ、使える範囲内であれば、良好です。

そのくらいであれば、ベントのサイズは、そこまでに抑えておき、なるべく聞こえの改善がしっかりできるような状態にした方が、最終的に改善できる量は、増えやすくなります。

ベントは、適量にするのが、改善のためには、重要な部分になります。

このページに関連する内容

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...
左右の聴力が違う場合の補聴器の調整と改善させるポイント左右の聴力が異なる場合、それぞれ別々の改善目標値があります。それを把握できるようにしつつ、聴力ごとの改善目標値まで聞こえを改善できると、聞こえを改善しやすくなります。その方法からどのようにしていければ良いかを記載してみました。...
両耳補聴の論文内容より左右差があるフィッティングを考える左右の聴力が異なる場合の改善方法に関して、補聴器の論文から改善を考えてみました。左右の聴力が異なる場合、いくつか注意点があります。その点に関してもまとめてみました。...
補聴器の慣れる、慣れないの問題と補聴器調整者ができる事補聴器における、慣れる、慣れないは、非常に難しい問題で、中には、補聴器の音に慣れない耳もあります。 そのため、私の場合は「補聴器の...
生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...
私がしている適切な補聴器を提供するためのPDCAの回し方私自身がより改善できるようになったのは、補聴器のPDCAの回し方を覚えてからになります。目標を決め、そこにたどり着く方法を考えて、改善すると、改善度や満足度は、上がるようになりました。...
補聴器を調整しすぎてわからなくなったら、一度、白紙に補聴器を調整する過程で、様々な事を行うと、何が良くて、何が悪いのか。時にわからなくなってしまうことがあります。 そのような場合は、...
補聴器の効果を測定するのは、仮説を検証するため補聴器の効果を調べるのは、仮説を検証するためです。どのように補ったら良いのか。実際に行なってみて、効果を調べる。そのようにすると、今行なっていることは、ちゃんと成果に繋がっているのか。確認することができます。...
補聴器の評価がしづらい場合は、周りの方に聞いてみよう補聴器の評価は、自分では、なかなか難しいものです。こちらでは、3つの評価方法と周りの方にきく事のメリットに関して、お伝えしていきます。...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえにくさにお悩みの方へ

聞こえにくい事でお困りだったり、使用されている補聴器が聞きにくいなど、お困り事がございましましたら、お気軽にご相談ください。

お困りごとを改善させるお手伝いをさせていただきます。

当店では、上記のような補聴器の無料お試しセットをご用意し、実際に日常生活や職場でご体験いただいた後に、補聴器について、改めて、お考えいただけるようにも、しています。

予約制にして、ご相談を承っておりますので、ご希望の方がいらっしゃいましたらお問い合わせフォームへ、ご連絡ください

なお、お店のサービスやお客様の実際の改善例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例